INFO


明日から2日間、出張の為臨時休業とさせて頂きます
営業日をご確認のうえ、ご来店をお待ちいたしております。
5月7日(月曜日) 臨時休業
5月8日(火曜日) 臨時休業
5月9日(水曜日) 定休日
5月10日(木曜日) トートーニー 靴の受注会 2018AW @rasiku スタート

<トークイベントのご案内>
10日(木曜日)に一回目は14時~、二回目は19時30分~2回に分けて、デザイナーの神田さんから
ブランドのことや靴の製作にまつわる事などのお話をしていただく時間を設けたいと思います。
時間は30分程予定しております。その後、フィッテングを試したり、質問をしていただくなど全体で60分ぐらい。
人数は10名前後を予定しておりますので、ご興味がある方は是非その時間に合わせてご来店を頂ければと思います。

5月5日


TEMBEA    BAGUETTE TOTE LOGO

color       MID INDIGO  

price       15500+tax 

SIZE       23×37×14 SOLD

TEMBEAから色鮮やかなインディゴブルーのバッグが3型入荷をしています。
キャンバスにレザーの組み合わせと言えば、TEMBEAのロゴがPRINTされるロゴシリーズ。
今シーズンは目にも鮮やかなインディゴを用いてリリースをされています。(ロゴは無し)
インディゴを使ったバッグは僕らが好きなアイテムで毎シーズン欠かさずに展開をしてきましたが、
持ち手にレザーが入ることによって、より洗練された大人な雰囲気がぐっと増した様に思います。
色目に関しても″MID INDIGO”というカラーで、濃すぎず薄すぎずの丁度良いブルーの塩梅に仕上げています。
キャンバス素材のバッグは通年を通して持つ事が出来るのですが、使う頻度であったり洋服との相性で言えば
春夏シーズンの方が断然使い勝手が良いと感じますし、軽装になればなるほどに存在感が増してきます。
″BAGUETTE TOTE″のこのサイズは見た目の大きさと、軽く肩に掛けて背負った時の雰囲気が特に良くて、
お財布などの貴重品と飲み物だけ入れて持ち歩くのに便利なバッグだと思います。


生地の耳を使ったデザイン、持ち手を真ん中ではなく少し横にずらして取り付けている点、インナーポケットなどは一切ない
とてもシンプルな構造ですが街中で持っている方を見かけると、ついつい目で追ってしまいたくなるよう不思議な魅力が
このバッグにはあるように思います。デザインだけではなく素材に用いられるコーマ糸は、短い繊維や不純物を取り除いた
ムラのない糸で構成されています。程良く光沢があって使用していくにうちにクタッとはなりますが、
きちんとバッグ自体が自立する点もTEMBEAの魅力だと思っています。
帆布のバッグは購入する際にはパラフィン加工(蠟引き)されているので、どれも生地が強そうに感じるのですが、
時間の経過と共に大きく善し悪しが分かれてしまいます。
自分達も色々と試した中でTEMBEAの帆布の素晴らしさに気付かされました。
素材が良いから良いという訳ではないのですが、物としての要素の1つとして納得させれる部分はあるかと思います。


インディゴ染料で後染めをしているので、衣服などへの衣染は気候や着ている服との相性によっては起こらないとは
言い切れませんが、TEMBEAのインディゴはそこまで激しい色落ちはしないと使っていて思います。
季節を考えるとやはり白いシャツやカットソーに合わせて持ちたいですね。
インディゴは外の景色の中でも映えますし、人を惹きつけるオーラがあるように思います。
強く、柔らかく、そして温かみと、どこか落ち着きを覚える不思議な色です。

TEMBEA    DELIVERY TOTE

color       MID INDIGO  

price       16500+tax 

SIZE       27×31.5×27


底が円形のカタチをした″DELIVERY TOTE″は牛乳瓶など買い出しした物を運ぶ為のバッグ。
マチが広く見た目よりも容量のある形は、それこそ普段の買い出しから休みの日のお出掛けまで、
幅広い場面でお使いいただけるサイズ感になります。
トートバッグでは案外珍しい円形の底は独特なフォルムを生みますし、物を入れても安定感があります。
お弁当と水筒を入れて、近くの公園でピクニック気分を味わったり。そんな風にして持ちたくなる形。


短い持ち手や丸い底のデザインなど、どちらかと言えば女性にお選びいただくことが多いバッグでしたが
すっきりと晴れた空の様に爽やかなインディゴと経年変化が楽しいレザーのコンビになると、どんな形でも
男女問わずにお持ちいただくイメージが湧いてきます。
兼用のバッグとしてお選びいただくのも良いですし、夏のギフトとしても喜んで頂けそうなバッグです。

TEMBEA    GAME POUCH

color       MID INDIGO  

price       13500+tax 

SIZE       20×28×20 SOLD


持ち方にバリエーションが出せる長いロープとレザーのタッセルがポイントの″GAME POUCH″
コンパクトながら、DELIVERY TOTE同様にマチがある分、意外と物が入り持つのも気軽な万能バッグです。
ロープは長くすると斜め掛けも出来、二重にするとプラプラとハンドバッグタイプに変わります。
お財布と携帯、その他頻繁に取り出す物を入れておいて、ちょっとそこまで出掛けるという時に頼りになります。
僕らは出張の際には必ず持ち歩くバッグで、無くてはならない存在です。
見た目よりも容量があって、500MLのペットボトルも立てにすっきりと納まります。


TEMBEAのインディゴシリーズ。
今までリリースされたモデル、今回の新しい3型も含め何度見ても素晴らしいと思えるバッグです。
僕らには欠かす事の出来ない、作り続けられる限り提案をし続けていきたいです。


みどりが一段と濃く鮮やかで、風がさわさわと木々を揺らす気持ちの良い5月は、連休後も各地でイベントが目白押しです。
新たにバッグを新調して、外へ出掛ける理由を作るのも良いのではないでしょうか。
きっと気持ちも変わり、盛岡の景色の色も更に良く見えてくると思いますよ。

PageTOP