5月28日


MITTAN     カディロング羽織

color       藍

price       29000+tax 

SIZE        1   /   2


気温が上がって、外を歩くとちょっと汗ばむ陽気。時折、さーっと吹き抜ける風が気持ち良く感じます。
そんな気候にぴったりなのが、MITTANのカディを使用した衣服たち。
同素材で幾つかの型の展開があり、rasikuではカディシャツや、よりリラックスして着られるワイドシャツなどを
毎年ご紹介していますが、自分達も含め、お選び下さった方々の今時期から真夏の間の″MITTAN・カディ着用率″は
かなり高いのではと、調べてはいませんが実感としてそう思います。
「一度袖を通してしまうと、こればかり着てしまうので着ない様にしないと。焦」と変な決意をしてしまう程に、
何と言っても、素肌に触れた時の感触が素晴らしいので、気持ちの良い季節を、より一層心地良く過ごす事が出来る
自分の為の一着として、ぜひお試し・お選びいただけたらなと思います。
そんなカディを使用した、これは着てしまう!であろう、魅惑的な羽織が届いてましたのでご紹介いたします。


元々展開していた違う羽織のパターンをベースに丈の長さをプラスした、カディロング羽織。
素材にカディを用いる事で、膝丈ほどの長さがあっても見た目に重さを感じさせずに、
見た目と着心地の両方が、より軽やかな印象になるように仕上げています。
日中と朝晩との気温差が今でも感じられる盛岡の気候には、薄手の羽織は手元にあるととても便利で、
留め具も無く脱ぎ着も楽なものであれば尚のこと、手に取り易く重宝するのは間違いありません。
寒がりな方は薄手の長袖カットソーやシャツの上に重ねたり、ワンピースの上に纏っても素敵です。
気温がぐんっと上がった日には、羽織り自体が長袖なので暑いかなとも思うかもしれませんが、
強い日差しから肌を守ってくれるのと同時に、サラサラと乾いた生地の間を風が通り抜けるので
汗が滲んだ肌に生地が纏わりつく不快感もなく、Tシャツやノースリーブなど素肌に生地が触れる面積が
多ければ多い程、快適なのではと思うくらい涼しい羽織です。


ショールカラーの様なデザインの衿元はしっかり形を整えても、くしゃっと無造作に立ち上げても良いです。
その人の肩位置に合わせてストンと落ちる肩と、太めな袖は長めな設定なのでくるっと捲くってラフさを出します。
サイズは1と2の2サイズ展開ですが、男性でも女性でもお好きなサイズで着て頂けます。
異なるのは身頃や腕周りのちょっとしたシルエットの変化であったり、着丈の違いといったくらいで
勿論、体型にはよりますが、基本的にはサイズは合って無いようなデザインですので、どちらが合うかと言うよりは
ご自分の着たいイメージでお選びいただくことをお勧めします。


付属の腰紐。
ただ羽織った時の見え方ともまた違いますし、腰で紐をきゅっと締めて着ると、布がぴたっと身体に沿うので
まさに着物を着ている様でもあり、また別の清々しさというのか、服を纏う気持ち良さを感じられる気がします。

MITTAN     カディロング羽織

color       松煤

price       31000+tax 

SIZE        1   /   2


お色は藍と松煤の二色展開になります。
夏の青空の下や、青々と生い茂る新緑の中にいても、はっと目を惹く潔さと華やかさを持つ藍色。
落ち着いたトーンの中に凛とした美しさがあって、派手さは無いけれど袖を通した瞬間に心掴まれる松煤。
両方を並べておきながら、自分達自身もどちらも甲乙付け難く、選ぶのが苦しくなるくらい良い色です。
うっすらと微かに見える、染めによる滲んだような色の濃淡も生地の雰囲気を一層引き立てます。


インドにて手で紡いだ糸を、手織り機でゆっくりと織り上げたカディ。
一度手にして下さった方が色違いをと選んで下さる事も増えてきて、着れば着る程にその人と共に時を経た生地は
もちろん新品の状態からは少しずつ消耗しながら、自分の身体の癖も何もかも知っているかのようにくたくたで、
そのくたくたが何とも言えない、着古した布の気持ち良さ。大事に沢山着て、着繋いで行くという事。
そういった物や事が少しずつでも届いているのかなと思うと、とても嬉しいです。
手仕事による生地なので、お洗濯は最低限ネットに入れるなどすると長持ちしますし、
MITTANの服は、1シーズン限りでは無く、擦り切れたり、穴が空きそうになった際には、
手で修繕を加えることで、そこからまた新しく、尚着続けられる服で在る様にデザインされています。
お取扱いがスタートしてから、3年ぐらいが経ちました。
店頭でお買い上げいただいたお客様にはアナウンスして参りましたが、もし何かそういった点でご相談があれば
承りますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

PageTOP