7月2日


susuri     フルッターパンツ

color      goldlinc white

price       19000+tax 

SIZE       F


盛岡の夏はとても短いと毎年思いますが、短いけれど暑い日は当たり前に暑くて、
そんな短い夏に着たい服は何だろうと、あれこれ試行錯誤しながら、7回目の夏を迎えています。
7年前と今とでは、ブランド構成が大きく変わった訳ではないのですが、自分達の感覚や大事にしたいと思う事や物が
変化するのは自然な事で、そういった面で並ぶ物が多少変わってきたのは確かだと思います。
細く繊細な表情の麻や綿の糸を高密度に織り込んだ上質な生地、シルクと綿の艶やかさと芯に強さを兼ね備えた生地。
など、特にレディスではワンピースやスカートでも選ぶ物によっては生地の特性を活かして薄くて透け感のある服も、
並ぶようになりました。
そんな時にちょっと困るのがインナーに何を合わせるか。
透けるので当然一枚では着れないので、デニムなどのボトムやレギンスなどを合わせるでも良いと思うのですが、
なんとなく着たいイメージと違ったり、同じ様な着合わせに飽きてしまったり・・・

color       goldlinc brack

SIZE        F


susuriの前回の秋冬のシーズンで初めて展開された素敵なペチパンツ。
今シーズンも出逢えたら!と思っていましたら、嬉しい事に生地を夏仕様に変更して継続でリリースされました。
薄手ながらハリコシと柔らかさを感じさせる繊細な綿ローンに、ゴールドのラメ糸が縦にかけられた今季の生地。
よくよく見ると、お!っとなる生地は、国内の機屋さんと作り上げたsusuriのオリジナルの生地になります。
エレガントに見えがちなラメ糸は、くっきりと入らず遠目では分からないくらいに所々細かな点が線を描き、
更には不規則なピッチで縦に入った線は、まるで儚くキラキラと水面に差し込む光の様にも感じさせます。
ただのインナーパンツとしてだけではなく、裾にあしらわれたプリーツがヒラヒラと見え隠れするあたりも
ニクイ演出ですし、プリーツ部分の長さがあるので、着丈が少し短いなと思っていたワンピースも
気にせず着られるなど、この一枚が在ることでメインの洋服の着こなしが何倍も楽しくなる様な名脇役的存在。


白いワンピースやスカートは、夏の特に太陽が眩しいくらい晴れた日にこそ着たくなります。
うっとりとする様な繊細な糸で織り上げた上品な生地に、デニムやラフなボトムでカジュアルダウンして
着るのも良いと思いますが、時と場合によっては繊細さを存分に活かして心の中でうふふっとなる様な、
装いを堪能してみるのも良いのではないでしょうか。
裾は見えても見えなくても、ちょっとした時に裾からちらりと覗くぐらいでもテンションは上がります。
透け防止にもなりますし、インナーに一枚穿くだけで安心感もあります。それでいてサラッとした生地は
汗を掻いた時のベタつきも軽減してくれて、色んな面で心地良さを与えてくれるのも穿いて実感しています。


こういった、在ったら良いなと思うようなインナーアイテムは出逢った時が買い時だなと思います。
いざ必要となった時に探しだすと、中々出逢うことができないですし、インナーパンツという狭いジャンルの中で、
自分の好みのものと出逢うのは、それこそ出逢いだなぁと思うのです。
今回は一目見てこの生地に惚れ込み、同素材で展開しているブリューゲルワンピースもオーダーしております。
ペチパンツと組み合わせて着ていただくのも、お薦めです。
ぜひ店頭へ見にいらして下さいませ。

PageTOP