8月31日


susuri     フルッターパンツ

color      black (cotton 100%)

price       19000+tax 

SIZE        F

color      beige (linen 100%)

price       21000+tax 

SIZE        F SOLD

前回ご紹介した際に、BLOGを見て気になって・・・と嬉しい反応が多かったsusuriの万能フルッターパンツ。
ワンピースやチュニック、スカートなど薄手の素材の透け防止に一枚重ねて頂いたり、着丈が微妙に短く感じたり
ちょっと一癖欲しいなと思った時に、サッと穿くだけで心を満たしてくれる&ちら見せプリーツが至高の一着。
前回は繊細な綿ローンを用いた薄地のタイプに、金糸がキラキラ光のように差し込んだデザインのものでしたが
今回秋冬のコレクションでは、素材違いでベージュとブラックの二型でリリースされました。
ブラックの真っ黒さは静かで暗く冷たい気配を感じさせますが、実際に触れた生地はネップ感のある柔らかな素材。
もう一方のベージュもつぶつぶとしたネップとシボのある表情がどこか切なくも映る、淡く滑らかなリネン素材。
インナーとして穿く事を考えると、どちらの生地も通年活用出来そうな気もしますし、リネンとコットン二つの
素材を同時に見てしまうとどちらも甲乙付け難く、春夏で展開したより薄地のものを着用している身としては、
その使い勝手も知ってしまっている分、二本目・三本目と持っていてもいいんじゃなかろうかと・・・
何処からともなく囁く声が聞こえてきます。それぐらい優秀で万能で、何よりもこの甘さを抑えつつも幅しっかりで
大人が楽しく重ね着できる裾プリーツのデザインが大好きです。


ウエストはゴムでサイズもフリーですが、腰回りワタリ幅などもある程度余裕はあるものの
スカートやワンピースがたっぷり膨らんだり、ゴワついたり、変に広がったりはしない、
すっきりとしたシルエットです。
ワンピースやチュニックと重ね合わせた際に、揺れ動く裾から覗いたヒラヒラの裾が、
どちらも一緒になって繋がっている様にも見えたりと、主役を惹き立てるアイテムでありながら
インナーパンツその物も主役の一部を担うという働きっぷりが素晴らしいのです。

合わせているスモックワンピースも届いたばかりのsusuriのものです。
小さくリボン、チェックに見える凸凹の生地、袖口と袖の膨らみ、ネックラインなど、叫びたくなるくらい素敵です。
ワンピースの詳細はまた少し季節が進んだらお伝えします。気になる方は店頭まで。


ブラウンやカーキ、そしてグレーや黒。
季節が進めば、自然と気分も移ろいで、気になったり手に取る服の色目が変わってきます。
柔らかなベージュも、凛としたブラックも、どちらも秋や冬の静かに落ち着きのある色合いとの
相性が良さそうですし、お手持ちの服の印象をほんのりと変えてくれるパンツでもあるので
ちょっとした見た目の変化が、見慣れた服に新鮮さを与えてもくれます。
一枚あれば良いなと思うニッチなアイテムですが、一度穿いて頂くと生地違いで欲しくなってしまう理由が
きっと分かると思います。先ずは、ぜひ一度お試しください!

8月30日


TEMBEA     3CAP

color        NAVY

price        5500+tax 

SIZE        2 SOLD

color        BLACK SOLD

color        CHARCOAL SOLD


個人的にも愛用していて、毎シーズン展開を続けているTEMBEAが作るワークキャップ。
ロゴが入ったタイプを数シーズン続けてきましたが、今回は別注というカタチでロゴ無しバージョンを展開中です。
ベースボールキャップとアンパイヤーキャップの丁度「間」を取ったようなデザインは、
被り口が浅すぎず、かと言って深過ぎずで、その加減もなんとも絶妙。単品だけで見ると伝わり難いかもしれませんが
色々CAPを被り比べるとわかる、如何にもベースボールキャップ!といった風貌にならない点が流石のTEMBEAです。
似たような形の帽子を被ってはいますが、中でもここ数年は頻繁に登場する帽子の中の1つです。


今シーズンはクラシックな素材、60/40クロスを用いてリリースされています。
普段使いや、カジュアルな街着に合わせての提案ですが、物作りする方が作業する時に被ったり、
アウトドアやレジャーを楽しむ際に、多少の雨は弾く素材なので雨除けとしてなど。様々な場面で活躍すると思います。
マットな生地感なので服にも合わせ易いですし、アジャスターが付くのでサイズ調整が幅広く対応出来る点も
人気の理由です。汚れたタイミングでじゃぶじゃぶ洗えて、扱いが楽なのも手に取り易いと思いますし、
はじめは照れるかもしれませんが、素材がくたっとなったくらいの雰囲気だと意識せず格好良く被れますよ。


帽子は被る被らないがはっきり分かれるアイテムですが、自分が気に入ったものを見つけると色違いや素材違いで
毎シーズンリリースしていると、男性特有かもしれませんがどうしても収集したくなるもの。
洋服以上にしっくりくるものに出逢うまでの道のりが険しく、失敗する事も多々あるかもしれません。
そういった経験や投資は何か物を買う以上は必要だと思いますが、感覚的に「これっ」というのが見つけた時の嬉しさは
何とも言えない喜びがあります。被る人のアイコンにもなり得るので帽子選びは楽しいですし、少しずつでも気に入って
被ってくれる方が増えたら良いなと思っています。


カラーはベーシックな色を3色で揃えました。今時期はロンTEEやスウェットなどが相性抜群で気温が下がりウール素材が
着れる気候になれば、発色の良いシェットランドセーターなどと合わせるのも良いなと思っています。
TEMBEAの作るキャップは、帆布で作るバッグや小物と同様に、分かり易く人目を惹くデザインという訳でもなく
クリアで淡々とした表情が好みです。フラットな目線で作られるアイテムだからこそ、使う人や被る人の色に
徐々に染まっていくそんな過程が楽しいんだと思います。自分の個性を少し引き立たせるアイテムと思って、
挑戦して頂ければ嬉しいです。今までになかった、新しい引き出しが増えるかもしれませんよ。

定休日のお知らせ


明日29日(水曜日)は定休日となります。
どうぞ宜しくお願い致します。

8月28日


homspun     ノーカラーチャイナJK

color        ネイビー

price        32000+tax 

SIZE        M

homspunの藍染シリーズ。
展開しないシーズンは無い!と言いきれるくらい、展示会でもこのシリーズが掛かるラックの前に立つと、
吸い込まれそうな勢いで手に取って、デザインをチェックして何を選ぶか考えます。
手が染まるほど濃い藍色、ふわっと漂う藍の香、藍染の魅力がたっぷりと詰め込まれた服です。
rasikuでも少し目立つ様な場所にディスプレイしていると、ふらっと来店された方が、バチっと目を合わせ
そしてそのまま目が離せず、試着をし、購入された方と何人か出逢いました。。
今まではワンピースを選ぶ事が多かったですが、今回は少し趣向を変えてジャケットとパンツをセレクト。
いつもの何気ない装いにちょっとスパイスになるような、そんなジャケットとパンツですので
何だか夏服に飽きてしまったな・・・という夏の終わりの今時期には気分転換になるのではないかと思います。


先にご紹介するのはノーカラーのチャイナジャケット。
素材はコットン100%で、先染めの生地なので既にくったりと柔らかさを含んだ生地は肌触りも良いです。
そこまで厚地でも無く、ジャケットというよりもシャツを羽織る様な感覚で着て頂けると思います。
無地やボーダーなどTシャツ一枚ではちょっと物足りなく思う時や、肌寒さを感じる様な時に、
カーディガンやパーカなど、軽い羽織の選択肢のひとつとして一枚あると重宝するのではないかと思います。
着丈も大体腰の位置にかかるぐらいで長すぎず、スクエアの裾がすっきり見せてくれるので
パンツ・スカートどちらにも合わせ易い着丈と身頃のシルエットになっています。


チャイナジャケットの顔とも言える、フロントのデザイン。
コロンと丸いチャイナボタンにループを掛けて留める仕様は、いつ見ても色褪せない魅力的なデザイン。
ただ、どうしても伝統的な民族衣装の印象が強く前に出過ぎてしまうと、普段着として着るには難しく
手にするのを躊躇ってしまうのも正直な所あると思います。
このチャイナジャケットに限らず、和花柄、エスニック、フォークロア、大胆な丸衿などなど、
homspunの手に掛かれば、古いも新しいも、個性的な柄やデザインもたちまち身近なものになるのです。
″いつでも、そこに ひっかけておける 洗いざらしで気軽にずっと着られる服″
homspunの服作りの根底にあるのは、シンプルさや飾らない美しさ。
着る人が、無理をせず自然体で気持ち良く過ごすことが出来る服だと、素直に感じます。
だからこそジャンルも年齢も問わず色んな職業だったり、色んな場所で一生懸命日々の生活を送る方の元へ
選ばれ着続けられているのは、服に込められた想いが着る人にも伝わっているからだと。


袖口、裾のスリット、そして大き目なポケット。さり気なく目立つステッチ。
何でもない様で、ちょっとした工夫と遊び心が施してあって、ただ着易いという訳では無く
どう着るのが楽しいかなと想像することが出来ます。
例えば「スリットの隙間から覗かせるTシャツの色はどうしようか。」など、決して難しくなく
自分の中でこっそり楽しむ。ぐらいの洋服の楽しみ方が出来ると思うので気負わずに試して頂きたいです。
何度も着ているうち生地もより雰囲気が増してきた頃には、デザインも顔に馴染んでくることと思います。

homspun     ギャザーPT

color        ネイビー

price        24000+tax 

SIZE        F


同生地の藍染めギャザーパンツ。
ウエストは総ゴムで、腰・お尻・太腿まわりには適度な空間が生まれるのですが、
裾に向かってかなり大胆にテーパードした個性的なシルエットは、穿くと茶目っ気たっぷりで
シンプルに丸衿シャツなどの合わせも良いですし、ワンピースやチュニックなどイメージするのは
ドットやテキスタイルの生地など、あえて個性的な物と組み合わせたいと思うパンツです。


股上の深さにより、ウエストを高い位置にするか少し落として穿くかで、シルエットが変わります。
着用モデルは166cmで、腰よりさらに落とし気味に穿いているので、しっかりウエストに合わせると
丈は膝下ぐらいともう少し短くなります。
穿く方の身長によっても見え方は変わってくると思いますが、基本的には体型問わずですし、
小柄な方にもバランスが取り易い丈の長さや、裾の細さだと思います。


朝も夜も、様々な秋の虫の鳴き声がまた一段と何重にも飛び交って、とても賑やか。
吹く風も涼しさを感じる様になり、手に取る服にもちょっと変化が生じる頃では無いでしょうか。
ただ、いきなりガラッとは変えられないとは思うので、着たいもの・食べたいものなど、
夏と秋との境目の時期ですし、身体の声に耳を澄ませて手に取ってみるのも良いのではと思います。
店内も、靴下やバッグなどが秋物に変わったり、カットソーの袖が長くなったり少しずつ変化しています。
ぜひ、ふらりとお立ち寄りください。

8月26日


TEMBEA     PARK TOTE

color        WOODLAND

price        14800+tax 

SIZE        32.5×35×14


今日は朝からシトシトと雨降りの日曜日。
今週からは秋の気配が漂いそうな天気予報だったので、ゆっくりと暖かな飲み物を飲みながら読書をしたいと思います。
TEMBEAから届いた今季の新型バッグはショルダーとハンドルの2通りで持つ事が出来る″PARK TOTE”
以前に展開をしていたブリーフケースにも似たデザインで、日常使いに適した大き過ぎず小さ過ぎずのサイズ感は
1泊くらいの旅行にも重宝しそうです。TOPはZIPで開け閉めが出来るので中の荷物も安心して収納できますし
個人的に一押しの″WOODLAMD柄″はシンプルな服装をした際に良いアクセントになるので、大きさなども含めて男性に
お勧めしたいバッグです。TEMBEAのバッグは力が入り過ぎずにフラットな目線で作られている点が好みで、
着ている洋服の雰囲気や持つ方の個性を程よく引き出してくれるような感覚が心地良いと思っています。
僕自身も日々の服装に合わせてだったり、その時の気分で使い分けたりしています。
ずっと使い続けたくなるのも、定番とその時々で展開される色や形などデザインのバリエーションが豊富で
その目の付け所や、アイデアを形にする力に毎回心を動かされるからだと思います。


底のマチは広めに設定をして、ZIPは持ち手に○の付いたタイプを使用。
バッグの中はインナーポケットなどは一切付かないシンプルな構造でポーチなどを使って中の荷物を整理しながら
自分らしい使い方で自由に使って欲しいという意図が込められています。
バッグは機能性も大切な要素の1つですが、一度使いはじめると何もない事の良さにも気づいて頂けるはずです。
逆にこの潔さを変わらずに続けているTEMBEAというブランドの揺るがない物作りにも惹かれてしまいます。


ショルダーの長さは変える事は出来ません。
コートなどを着てもギリギリ斜め掛け出来るくらいの長さに設定をされているので、男性女性どちらにも対応可能です。
ショルダーバッグは自転車に乗られる方にもお勧めですし、スポーティーになり過ぎない天然素材の帆布で作られた
バッグを背負うのも組み合わせ方としては格好良いなと思ってしまいます。
バッグのバリエーションはお仕事やレジャーなどの目的に応じてトート・ショルダー・リュックの最低で3つくらいの
バリエーションで持っていると臨機応変に使えるはずです。
シンプルで汎用性の高いバッグの他に、遊び心のある迷彩柄のバッグを持ってみるというのも良いのではないでしょうか。
出掛ける事が楽しくなる要素の1つになると思います。

TEMBEA     PAINTER TOTE MEDIUM

color        ペンキ

price        15800+tax 

SIZE        41×39×13


もう一型、rasikuで初めて展開となる″PAINTER TOTE MEDIUM″
大胆に飛び散ったペンキと補強を兼ねた鋲との組み合わせが、道具としての意味合いを強くするデザイン。
ざっくり物を入れて「運ぶ」という事に特化をしたバッグで、ツールバッグとして車のトランクなどに入れておいて
レジャーをする際に使うのも良さそうですし、スーパーに沢山の食料品などを買い物に行く際にも大容量の機能性を
発揮してくれるはずです。この手の大きさのバッグは最初にあれこれと考えるよりも、どちらかと言えば使いながら
ご自身のライフスタイルに合わせていく方が面白い使い方が出来ると思います。


持ち手は短く設定されているので、肩に掛けたりする事は出来ません。ハンドルのみの持ち方になります。
TEMBEAのバッグは様々自分達でも使っていますが、時間の経過と共に使いたいと思える用途や場面が見つかる事が
多い気がしています。機能性という部分を付け加えれば、きっと様々な場面で使えるかもしれませんが
あえて、そうではない良さみたいなものを感じています。
勝手な解釈かもしれませんが、じっくり物と向き合う事で見える世界があって、簡単に直ぐに正解を見出さない事の
面白さに気付くと物の見方がより面白くなるかもしれません。


日々使うものが少しずつ自分の好みのものになっていく。
本を入れるケース、クッションカバー、普段持ち歩くバッグに野球用のバッグ、気付けばTEMBEAで揃えていた
我が家のお気に入りの道具あれこれ。今ではどれもが自分達の生活の一部として大事な存在になっています。
汚れやキズなど気にする事無く使っていて、あまりに汚れが酷くなれば洗濯機でガラガラと洗っています。
クッションカバーとブックトートは我が家の毛ものにかじられて、小さい穴がいくつか空いていますがそれもまた良し。
そんな風に、使う方の生活や装いにゆっくりと溶け込んでいって使う事が楽しく、何かしらの変化があるかもしれません。
段々と愛着も湧いて、くたくたになるまで使いたい。そう思っていただけたら嬉しいなと思います。
TEMBEA、現在新型や新柄などずらっと展開してますので、ぜひご覧ください。

PageTOP