8月25日


trippen     COMMON

color       BROWN

price       45000+tax 

SIZE       35    /    36    /    37    /    38    /    39

TRIPPENから今季の春夏でオーダーしたモデル ″COMMON″
TRIPPENの数あるラインナップの中には、スリッポンタイプのモデルは幾つかあるのですが
その中でもrasikuでも常時展開している Closedコレクションの″YEN″は、ブランドがスタートした
初期の頃に作られた代表的なモデルで、TRIPPENと聞いてこの靴をイメージする方も多いのではないかと思います。
YENの履き心地の良さを知ってしまうと、ついついシーズン問わずフル出場させたくなるのですが、
見た目のぽってり感やコバの重厚さ加減など、もう少し春夏はすっきり履けて見た目も重さも軽やかな形の
スリッポンを展開したいと思って選んだのが、COMMONというモデルでした。
正面から見た感じはコロンとしたシンプルなスリッポンといった印象ですが、外側・内側・後ろ、そしてソールと
ぐるりと全体を見てみた時に、実はとてもユニークで特徴的な形なのだという事に気が付きます。
じっくり見ると実は変わっているのに、いざ履くとそれをあまり感じさせないという不思議。
そしてもう一つ、これはとても個人的な感想ですが、靴その物だったり自分が履いた靴を直接見るよりも、
こうして着用写真であったり、誰かが履いている姿であったり、客観的に見た時の方がよりこの靴が可愛く見える・・!
というのは私だけかもしれませんが、そんな何とも不思議な印象を抱かせる靴だったりするので、
もし気になる方は見ているだけでは無く、ぜひ履いて試していただきたいなと強く思います。


履き口からアッパーは縫い目のないすっきりとしたデザイン。コバも無い分見た目もコンパクトです。
サイド外側の下部分から後方にむかって、革の継ぎ目が特徴的なモカシンシューズの様なデザインが現れます。
そして内側部分にはゴムの仕様。
物静かな雰囲気にカジュアルな一面がプラスされて、洋服を合わせて全体で見た時にも、さり気なく「お!」と
なるようなポイントになっていて、前後の印象の違いも履けば履く程に、じわじわと良さが込み上げてきます。
足を優しくすっぽりと包み込むのは、足に馴染みやすい柔らかなカーフレザー。
最初は若干、履き口が狭く感じるのですが、後ろ側のベロを持って後ろにゴムを広げる様に引っ張りながら
ゆっくり足をいれていくと、足と靴の間には隙間が無いくらいぴたりと張り付く様な感覚で納まります。
履き始めは本当にジャストフィットと言った様な感じか、むしろ少し小さいのでは?と思う位のサイズ感です。
あまり馴染の無い感覚というか、慣れないフィッティングにサイズに迷う方もいるかもしれません。
素材自体が比較的伸びやすく、柔らかいカーフレザーを使用していますので履いて少し時間が経てば、
すぐに自分の足型に革が馴染みます。
初めが少し履き心地が窮屈な為に、大き目を選びたくなってしまうかもしれませんが、履く人によっては
素足に近い環境で履きたかったり、靴下が厚めだったり色々異なると思うので、そういった事も考慮して
サイズを選ぶのが良いかもしれません。

COMMONは「Penna」ソールというソールを用いたコレクション。
くぼみのあるデザインは衝撃吸収性にも優れていて、歩くと柔らかくも弾力のあるソールが
ふわふわっと「羽が生えた様に軽い」履き心地を実現します。
自社でソールまで開発するTRIPPENだからこそ、可能にする他にない足裏の感覚。
デザインに偏り過ぎず、デザイン以上に靴と足の環境が、いかに人の歩行にとって大事かと言うことを
履いて実感する事が出来るTRIPPENの靴は、ただ足が気持ち良いが良いだけではなく、靴を選ぶ事はもちろん
靴に合わせて服を選ぶ事・靴を履いて出掛ける事など、楽しいが様々な方面に派生していくように思います。


春、夏、秋と3シーズンはその季節の服に合わせて履いて頂けると思います。
暑さが戻ってきてはいますが、不思議と足元はサンダルよりも革靴が履きたくなって
今日は久しぶりに二人とも揃って、TRIPPENを選んで履いてきていました。
久しぶりに履いて思う事は、一年目よりも二年目、二年目よりも三年目と年々靴が良く見えてくるという事。
服やそれ以外のことも、少しずつ趣味や趣向が変わっていく中で、オールコンフォートシューズらしく
どんな場面でも柔軟に適応してくれる、懐の深さがあるTRIPPENのシューズ。
その魅力をぜひ体感し、知っていただけたらなと思います。

PageTOP