9月8日


ASEEDONCLOUD  Csangos Dress

color           beige  

price           36000+tax 

SIZE           F


出張から戻った翌日から、続々と届く秋冬を彩る服の数々。(特にレディス!)
心なしか涼しさも増してきたように感じられるのと、東京が想像以上に暑かったこともあり
気候が気分と相まって、物欲急上昇です。店頭に出す度に「良い!欲しい!」と言っています。
今季、ASEEDONCLOUDよりリリースされた″Csangos Dress″を生地別注と言う形でオーダーさせて貰い、
コート色が強めな、上品さと恰好良さがバランス良く混ざり合ったワンピースに仕上げていただきました。
毎シーズン、様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得て、その職業の人、時には人とも言えない
何者かが着ている作業着や部屋着など、生活の匂いもスパイスとして香らせて、表現されるASEEDONCLOUDの服。
いつも思うことは、この圧倒的な世界観や服の可能性や面白さを、どう自分達に落とし込み提案するか。
難しさも感じますが、そこを考えるのが楽しくもあります。


ASEEDONCLOUDが得意とする、古い時代の作業着に含まれるシンプルな美しさをデザインに落とし込んだ
ワンピースは、前後どちらでも着られる仕様になっていて、見た目の印象も大胆に変化するところや、
自然と着方のバリエーションを考えたくなるディテールは、毎回見応えがありますし、素直に着るのが楽しいです。
自分で想像を膨らませて・・・と言うと、ちょっと着るのは難しいかも?と躊躇してしまうかもしれませんが、
ASEEDONCLOUDの服は、決して押しつけがましい感じでもなくて「もし前後逆に着たくなった時は着れます。」
ぐらいの立ち位置で居てくれるので、無理しないところで着方を遊べる点も嬉しいなと思います。


医療用ユニフォームなどに見られるちょっと癖のある衿の形。きゅっと詰まっている訳では無いので、
苦しさなどは無く、見た目にも凛とした印象を与えてくれます。
肩や袖には細かくギャザーが施されていて、ふっくらとした女性らしいシルエットが生まれます。
ボタンを留める留めないでも、袖の見え方が少し違ってくるので気分次第で。


横と後ろから見た時、すっきりさせる所と楽にする所、あとは丸みを出す所。
表情豊かで綺麗なシルエットは着ていて気持ちが良いですし、デザインが多少個性的でも
それが目立つというよりは、人を惹き立てるという感覚があります。
大きめなボタンが三つ。右下にポケットがひとつ。背中で紐を交差させフロントで結びます。
後姿はよりユニフォーム的な要素が色濃く出ていて、デニムや軍パンなどのメンズライクなボトムとも
相性が良いので、カジュアルに着たい気分の日にも合わせられます。
素材はコットン100%で生地にはハリと程良い光沢感があります。
生地感はやや強めですが、光沢によってエレガントな雰囲気もあるワンピースですので、
ふり幅も広く、足元を変えたり、色々な組み合わせで着こなしを楽しんでいただければと思います。


前後を逆にして羽織って見た所。立ち襟が凛々しいです。
釦が高めに位置するので、下の方がスリットの様になっています。
インにスカートやキュロットを合わせて、色や柄を覗かせるのも素敵です。
勿論かちっと釦を留めベルトを通して後ろで結ぶも良し。さらには内側には隠し?ベルトループが
あったりして、紐を中にしまっておくことが出来たりと、他にも秘密の仕様があるのでは?と
探したくなってしまうような服。


デザイン性は強く感じるのに、着ると不思議とそこまで個性的過ぎずに馴染んでしまうのは、
本来洋服の元ともなる作業服や職業服などをインスピレーションとして要所要所に落とし込まれているからこそ。
今回別注した素材も、気兼ねなく日常使いでタフに着る事をイメージしています。
洗ってシワがあっても気にせずに着て頂きたいですし、秋と春の一重のコート代わりにもお使い頂けますので
ご自身のライフスタイルに合わせた着方を楽しんで頂ければと思っております。
コレクションブランドらしいファッショナブルな一面と日常着としての役割との両面をバランス良く取り入れた
一着に仕上がりました。どうぞお試しください。

PageTOP