9月15日


MITTAN    野袴 

color         黒

price         18000+tax 

SIZE         2   /   3

color         濃紺

SIZE         2   /   3


昨日から始まった盛岡の秋祭り。威勢の良い掛け声と共に、山車がお店の前を何台も何台も通過していきます。
お店に来るまでの遊歩道にもすすきが出てきていたので、季節の移り変わりを目や耳で感じながら楽しんでいます。
MITTANの新作パンツ″野袴″は、商品名にある通りで「袴」をモチーフにしたベルトレスのパンツ。
元々あるシルエットから若干のアレンジを加えています。裾にかけて綺麗なテーパードをさせる事で野暮ったい
イメージを無くし、すっきりとしたバランスは現代服としての役割をより一層惹き立てた仕上がりに感じます。
腰回りに特徴があり、叩き付けられている腰紐をウエストでぎゅっと結ぶ事により独特のシルエットが生まれます。
ハイウエストにして紐を結んで穿く事で、ベルトでは感じる事の出来ない腰をしっかりと支えられている感覚があります。
元々は野良仕事や作業する際に穿いていたという背景からも、単純な作りですが理に適ったパターン構造と言えます。
色々とアレンジが効きそうなパンツですので、自分なりの穿き方を探してみるのもお勧めです。


ウエストは紐で縛った状態で上部を折り返して穿くのも良いですし、写真のようにそのまま立てていても問題ありません。
生地の厚みがあるので、穿き始めはごろつきが出てしまうかもしれませんが洗いを繰り返す事でカタチが付け易くなり
納まりが良くなってくると思います。フロントはZIP付き、ポケットは前と後で合計4つ付きます。
通常の5ポケットパンツと同様の機能を持たせていると言えるので、穿き慣れるまでに少し時間は掛かるかもしれませんが
今まで体験した事のないフィッティングは、洋服が本来持っている単純な機能性や作りなど本質的な側面を改めて感じて
頂けるはずです。素材は超高密度に織られた凹凸のはっきりとした厚地のコットン100%の平織りの生地で
履き込んでいく程に雰囲気が増してきます。
僕自身も展示会で見た時にはクセが強そうに見えたのですが、試着をしてみて思っていたよりも普通のパンツ同様
日常使い出来ると感じでオーダーしました。


バックポケットはベイカーパンツなどに用いられるポケットのデザインで、プロダクトとしての冷たさの様な部分を
感じられる点かもしれません。このポケットがある無しで機能性も大きく変わってきますし、袴パンツである事を
良い意味で感じさせないバランス感になると思います。


男性・女性に関係なく、ユニセックスで着れるMITTANの洋服。
僕らも夫婦でジャケットやコートを兼用して着ているアイテムが多くあります。
野袴に関してはウエストのサイズ感を気にするよりも、履いてみた時のシルエットでサイズを選んで頂きたいです。
パンツの丈も最初から短めに設定をされていますが、穿き方によってはすっきりと短く穿くのも良いなと思っています。
穿き方にアレンジが色々と加えられると思いますので、自分自身の気に入った着方を見つけて頂きたいです。
久しぶりにテーパードシルエットのパンツを購入しましたが、これはこれで新鮮で良いなと感じています。
気温が下がって秋冬本番になるタイミングでベージュのコートに合わせてみたいなと思っています。
見た目よりも、ずっと穿き易いパンツだと思いますので是非店頭でお試しください。

PageTOP