10月5日


STYLE CRAFT WARDROBE  SHIRCKET♯1

color       BROWN TWILL

price       28000+tax 

SIZE           /        /    Ⅲ

昨日から旧石井県令邸でスタートしました「entwine
初日から沢山のバイヤーやお店の方に足をお運び頂きました。
天候も丁度良く、出展者の方にも気持ち良い盛岡の気候を感じて頂けるのでほっと肩を撫で下ろしています。
今日からは一般の方も入場可能で作り手の方から直接商品を購入する事も可能ですので
中津川沿いを散歩しながら、是非足をお運び頂けたらと思います。

今季の春夏でリリースされたSTYLE CRAFT WARDROBEの新作ジャケット″SHIRCKET”
シャツとジャケットの丁度間をとったデザインで、堅苦しくなり過ぎずにさらりと羽織る事が出来ます。
寒暖差のある季節に、まだコートは早い気がするし何を羽織ったらという時に重宝するアイテム。
ラペルがあるので、インナーにシャツやタートルネックなどを合わせてきちんとしたスタイルも演出出来ますし
あえてスタンドにしてカバーオールの様に着崩すのもお勧めです。
今シーズン選んだ素材は、コットン100%のブラウンの色目が奥深い裏起毛素材。
保温性があるので冬場はインナーとしても活躍しますし、肌あたりも良いのでついつい手にとってしまいそうです。
今回はトップスとパンツでセットアップでも着れるようにご用意を致しました。
どちらも単品で着ても格好良いですし、いつもと雰囲気を変える為に上下で揃えてみるのも良いのではないでしょうか。


フロントの釦は3つ。
左胸にパッチポケットが1つ付きますが、通常のジャケットとの大きな違いとして左右にポケットが付きません。
癖でポケットに手を入れたくなってしまいますが、無い事で表情がよりすっきりとミニマムに映ります。
機能性も大事な要素ですが、機能だけに捉われてしまい美意識が薄くなってきてしまうのは
デザインであったりパターンなどの面白味を失ってしまう要因の1つかもしれません。
裾は緩やかなラウンドで、身頃に絞りが入らないので直線的なシルエットを描きます。
身体に沿うようなバランスではなく、洋服と人との間に空間が生まれるデザインでゆとりを楽しんで頂きたいです。
人によっては、この余ったように感じる空間が苦手という方もいるかもしれませんが、少しずつ慣れてくると
洋服を着る幅がぐっと広がりますし、自分が思い込んでいるサイズの基準が変わるきっかけになるかもしれません。


ラペルはノッチドラペルを採用し、小振りにしているので着る人を程良く惹き立てるカタチと大きさ。
カフスはシャツカフスで、インナーにシャツなどを合わせた際にはくるりとロールアップすると綺麗に納まります。
腕と袖周りはゆったりと設定しているので、これからの季節はセーターなども着る事が出来ますし
厚みのあるものを着たとしてもストレスにならない作りになっています。
動きを制限されにくい洋服は、袖を通した時よりも年数が経てば経つほどに良さを実感出来ますし
年齢を重ねても無理をせずに着れるというのも、最近は選ぶ基準の1つとしてより重要な気がしています。


色目は複雑に色が混じり合って出来たている″ブラウン″なので、奥行きがあります。
今シーズンは茶系の色目が気になり様々セレクトしましたが、全体のトーンを落として渋く着熟して頂きたいです。
シンプルにデニムやチノなどに合わせて、天気の良い日は足元はスニーカーで軽さを出すも良いですし
季節がより深まれば、黒の革靴や茶のスウェード靴などクラシックなバランスで合わせるのも◎です。
色を意識した着方をしてみるのも、また違った楽しみがあるかもしれません。

STYLE CRAFT WARDROBE  PANTS♯5

color       BROWN TWILL

price       24000+tax 

SIZE       Ⅰ    /    Ⅱ    


同素材を用いた定番でリリースされ続けている、膝からしたがきつくテーパードしたシルエットの″PANTS♯5″
ウエスト周りをわざと大きく設定し、ベルトで絞って穿く事によって出せるラインが特徴的なパンツです。
誰にでも好まれるというタイプではないですが、一度穿くと不思議と病み付きになる考え抜かれシルエットで
見た目のウエストの大きさだけで判断してしまうと、手に取り難いパンツかもしれません。


ウエスト・お尻周り・ワタリ幅はゆったりとしていますが、裾の細さとのギャップが面白いパンツです。
普段ベルトをしない男性の方も多いかもしれませんが、ベルトをする事で穿けるパンツの幅はぐっと広がりますし
パンツのシルエットを変える事で、トップスの着こなしにも面白味が増すと思います。
このパンツに限らずですが、ウエストを絞って穿く事でシルエットが良く見えたり、自分では想像出来ずに
気づかなかった洋服の奥深さに気付く事があるはずです。
僕自身も正直、最初の頃は抵抗感がありましたが穿いているとシルエットの心地良さであったり
穿きこなせる種類や幅が大きく変わるきっかけになった1本です。


バックスタイルは大き目のパッチポケットが左右に2つ付きます。
5ポケットパンツのようでもあり、見方によってはトラウザーにも見える捉え所がない感じが良さでもあります。
穿き熟すというよりも穿き慣れるまでは、多少の時間が掛かるもかもしれませんが新しい感覚を得られる
パンツだと思いますので、是非挑戦して頂ければ嬉しいです。

PageTOP