11月30日


ohh! nisica   フードブルゾン(ナイロン)

color       ネイビー

price       55000+tax

SIZE      1    /    2    /    3    /    4


朝から風がビュウッと吹いて、外を歩けば一際冷たい空気を肌で感じる一日になりました。
今シーズンは、見た目が着膨れしない且つスタイリッシュな訳でもない、程よく薄く中綿の入った
コートやブルゾンを提案したいと思っていました。
インナーにセーターなどを着ても、燃える程の暑さはなく適度な保温効果のあるアウター。
ohh! nisicaからリリースされた新型のフードブルゾンは、フロントに配したフェイク釦、大きく立体的に作られた
フードの形状、遊び心のあるハンドウォマーポケットのカタチなど、ディティールの1つ1つにちょっとした面白さを
香らせつつも、普段着として気軽に取り入れられる親しみ易さがあります。
ボディに仕様しているナイロン素材は、塩縮加工という特殊な加工を施す事でパリパリッとした質感と、肉厚で張りのある
マットな表情のナイロンで、チープな印象は一切ありません。
僕自身がナイロン素材の洋服を選ぶ際に、あまりにハイテク過ぎずに、どちらかと言えば少しレトロな雰囲気を
感じるものが好みで、洋服らしい表情をしたモノが良いなと思って見ています。


フロントはnisicaが得意とするフェイク釦をあしらったPコートの様なダブルボタンを採用。
メルトンコートのずっしりと重厚な雰囲気も冬のコートの醍醐味ではあると思うのですが、車移動だったり
その時の生活スタイルや状況によってはどうしても重たいコートが頻繁には着れない時もあったりします。
ナイロンの良さはメルトン素材とはまた違って、とにかく軽くて座りジワなどもまったく気になりません。
ギリギリお尻が隠れるぐらいのミドル丈という所も、使い勝手の良さに繋がるのではないでしょうか。
裏地にも滑りの良い生地が貼られているので、セーターなどを着る際にもストレスなく袖通りが良いです。


大きなポケットは、飾りのフラップポケットに厚みのある重厚な釦がしっかりと存在感を放ちます。
何処か抜け感のある表情ですが、1つ1つのパーツ使いや素材の選び方など、柔らかくなり過ぎないメリハリが
きちんと感じられる点が″nisica″の物作りの特徴であり良さだと思っています。


大きめのフードは、一見邪魔にならないかな?とも思うかもしれませんが、実際北国に住んでいると
大雪の日などには飾りではなく、本格的にフードの機能性を実感する事が多々ありますし、
雨や雪に濡れてもナイロン素材は直ぐにふき取れるので、とても実用的です。


気軽に着れて、雰囲気が良い服。
良い意味でフラットで淡々と自分達の好きという部分だけを作り続けているブランドの姿勢に共感出来ます。
袖を通すと凄く格好良く見えるという訳ではないのですが、どこか安心する感覚と、懐かしさと新しさが交差して
何だか良く分からない!けど面白い!と思える独特ながらも安定したnisica節が、nisicaの服にはあると思っています。
年齢を重ねて、より自分の感覚が服にフィットしてきた感じもしますし、何てことの無さそうな普通の洋服を
さらりと着てるだけなのに雰囲気良く見えるのが、やっぱり僕の理想だなと思います。
何か心に引っかかる不思議な魅力があるコートだと思いますので、是非袖を通しにいらして下さい。

PageTOP