12月22日


nisica      フードロングブルゾン

color       ブラック

price       50000+tax

SIZE       1    /    2    /    3   

今日は冬至の日。
昨日に続いてnisicaのフードブルゾンですが、もう一型ロングバージョンのタイプもご用意しています。
お尻がすっぽりと隠れる長さですが、足の動きを制限しないようなZIPは短めに設定し切り込みにして可動域をしっかりと
確保した作りになっています。車の運転などをしても着丈は邪魔にならないと思いますし、より安心感のある保温性を
確保出来るので冬を過ごす為の万能なコートになると思います。
ストレッチ性のある素材で動き易く、質感も落ち着いているので服装を選ばずに着ていただけるはずです。
昨年の厳し過ぎる冬の寒さを体感して、身体をしっかりと守ってくれる様な軽くて暖かなコートを展開したいと
思っていたので、展示会で見た時に真っ先にオーダーをしようと決めた1枚でもあります。


フードブルゾンと同様に、薄く中綿が入っています。
素材は表地がリップストップのポリエステル生地、裏地はナイロンとの組み合わせになります。
格子状に作られたリップストップの生地はアメリカ軍がベトナム戦争時に開発した生地で、縦と横方向にストレッチ性に
長けていて裂けにくい特徴があります。カラーはブラックでマットで落ちついた表情に映ります。
余計なポケットや付属品が付いていませんので、大人の雰囲気が漂うフードブルゾンに仕上がっていると思います。
大雪の翌日の日などは朝もバタバタします。雪かきをして車に乗って着いた先(職場)で、またも雪かきをしたり・・・
そんな忙しい朝でも、自分の気に入っているアウターがあるだけで服装もさっと決まりますし、気持ちの面でも多少の
モチベーションになったりするのではないかなと思います。
フード系のブルゾンはアウトドアブランドの物でも選択肢はあると思いますが、そのテイストが強いと私服に合わせた際に
色やロゴの主張が強くされていたりして、全体のバランスに合う物が見つからなかったりします。


フロントのジップはダブルジップを採用。
裾からインナーの色を覗かせて着るのも良いですし、雪が融けて自転車に乗る方なども可動域が確保出来るので
アクティブなスタイルにもマッチすると思います。
見た目がモコモコしないですっきりとしているので、秋が深まった頃から冬場、そして春先の冷たい風が吹く頃まで
3シーズン対応出来るのも化学繊維ならではのメリットです。


アウターやコートの選択肢は様々あるので、ライフスタイルに見合うモノであったり、くたびれたというタイミングで
買い替えをしたり、僕自身も今までは重たいウールのコートと風をしっかりと防いでくれる2枚仕立てのトレンチコートが
良いと思ってきましたが、この年齢になって軽くて暖かなものも素直に良いなと思えるようになりました。
今までは頑なに重たいコートを着てこそ!!(笑)という凝り固まった性格故のセレクトだったようにも思うのですが
今シーズンは中綿や薄手のダウン入りのコートやジャケットを提案したいと思い、展示会を見てアンテナに引っかかった
アイテムを店頭に並べています。自分自身の今までの好きを大切にしながらも、経験した事や、気候の移り変わり
その土地に合うものを少しずつ変化させながら提案をし続けていたいなと、より強く思う様になりました。
軽くて暖かいアウター類を、ご自身のワードローブに加えてみてはいかがでしょうか。

PageTOP