2月28日


夜21時でも気温が30°近いタイへと出張へいってまいりました。
本当に、何事も経験。良い巡りあわせもあって店頭にも今日から並んでいるものもあります。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。

2月はあっという間に。
明日から3月。春、近し。よろしくお願いいたします。

INFO


昨日のBLOGでもお伝えさせて頂いた通り、明日から長期のお休みを頂きます。
お間違いのないよう、よろしくお願い致します。
2月20日(水曜日) 定休日
21日(木曜日) 臨時休業
22日(金曜日) 臨時休業
23日(土曜日) 臨時休業
24日(日曜日) 臨時休業
25日(月曜日) 臨時休業
26日(火曜日) 臨時休業
27日(水曜日) 定休日
28日(木曜日) 通常営業 10:30~19:00

2月19日


JUJUDHAU     TUCK PANTS

color           DENIM NAVY

price           24500+tax

SIZE            F SOLD

color       CANVAS KHAKI

price       24500+tax

SIZE        F SOLD

color       DENIM BLUE

price       24500+tax

SIZE        F


今日はjujudhauより届いた新作パンツをご紹介したいと思います。
今季新しくリリースされた″TUCK PANTS″は、フロントにタックが入ることで見た目がのぺっとせずに
横ではなく、縦に膨らみをもたせる立体的なシルエットが、穿いた際にさり気ない表情を作ります。
定期的に展開している他のjujudhauのパンツとどんな違いがあるのだろうかと試着してみた所、昨年好評だった
どかんと太いWIDE PANTSと、穿いた時のシルエットが素晴らしいMONPE PANTSのちょうど真ん中を突いた形で、
見ただけではそこまで違いは感じないけれど、穿くとそれぞれ全然違うという・・・ある意味悩ましくもあり
けれども、どれも穿きやすくて出番の多いパンツなので、新たに仲間が加わって着こなしにも幅が出ると思うと
素直に嬉しい・楽しい。

ワタリはゆったり目で程良くテパードが効いた形は、良い意味で今までで一番″ふつう″な見た目かなと思います。
ただ他のモデルがやや変形のパンツが多かったので、在りそうで無かったシルエットと相変わらずのノンストレスな
穿き心地に、これは穿いてしまうに決まってる・・・くぅ(悔嬉)と思いながらオーダーしました。
ウエストはゴムでフロントに釦やZIPなども付きませんが、トップスがシャツやカットソーでもあまり気にならずに
パンツとして穿けますし、着丈のあるシャツやワンピースと組み合わせても重たく感じさせない形だと思います。


ここ数日でもデニムを見に来てくださる方が多かったので、お客様の気持ちもゆっくり春へと向かっているのを
肌で感じていながら、いざ自分たちはというと中々まだ春服に手が伸びずにいたのですが、なんとなく昨日は
着替える時に今日はいける!という感じがして(?)ニット以外の物を選びました。笑 一歩前進ですね。
濃いデニムに色落ちしたデニムだったり、温かみや明るさを感じさせる色に自然と目が行きます。
TUCK PANTSも、前回ご紹介したjujudhauのV―NECK COATと同素材のものを選びました。
綺麗で明るい色目のDENIM BLUEと、もう一段階濃くて汎用性の高いDENIM NAVY。
どちらもライトオンスで生地も薄手で軽く、さらっとした履き心地なので、春先から真夏まで重宝する一本。
シャツにパーカやカーディガン、がしっと目の詰まったボーダーカットソーに薄手の羽織をさらっと纏って、
想像するだけでも、なんだか気持ちが浮足立ってきますね。
春が待ち遠しいなと思えるのも、寒い厳しい冬があってこそ。だと、春間近になってやっと思えます。笑


丈は少し短めの設定。ちらりと靴下を覗かせて春らしくキャンバススニーカーとの合わせは如何でしょう。
季節のはじまり、衣替えは足元からという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そろそろ新しい靴下類も店頭に並び始める時期ですし、靴や靴下とボトムから春服の構想を練る。
というのも素敵だなと思います。


jujudhauの良さは何と言っても生地と形によって生れる、着心地の良さにあります。
ネパールの決して整った環境では無い場所で作られているjujudhauの生地や服は、歪さや雑味もあってこそで、
それをどう捉えるかは着る人によって様々だとは思いますが、私達はjujudhauの服からは人の力強さや優しさ、
枠にはまらない自由さを感じて、とても好きですし毎回どんな生地や服に出逢えるかとワクワクしています。
リピートして下さる方も、ブランド云々に関わらず何かそういった部分に共感して選んで下さっている気がして
自分達もより魅力を伝え続けられる様に、視野を広げ自分自身の心を通した価値観を養っていきたいと思います。

INFO

今週の営業日程についてですが、以前からアナウンスしていました通り、長期出張の為
明後日2月20日(水曜日)の定休日から、来週27日(定休日)まで、臨時休業とさせていただきます。
ご来店を予定されてましたお客様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

2月20日(水曜日) 定休日
21日(木曜日) 臨時休業
22日(金曜日) 臨時休業
23日(土曜日) 臨時休業
24日(日曜日) 臨時休業
25日(月曜日) 臨時休業
26日(火曜日) 臨時休業
27日(水曜日) 定休日

2月17日


SUNSHINE+CLOUD   CLIMBING PANTS

color        OLIVE

price        17000+tax

SIZE         1     /    2    /    3


昨日の朝方に積もった雪は帰る頃には殆ど残っていない状況で、同じ雪でも春の訪れを感じられるとほっとして
よし頑張ろうという気持ちにさせてくれます。冬の出口までは着実に近づいてきています。
暖かくなり日差しが差し込んでくると、自然と手にとって着たくなるのが″SUNSHINE+CLOUD″の洋服。
葉山・奄美大島・代官山に店舗を構えいて、その土地から受けるインスピレーションや自然との関わりから
生み出される製品はファッションという枠に捉われる事無く、独自の路線を貫き通している数少ないブランドだと思います。
程良く力が抜けていて自然体で居られるような感覚があり、リラックスして休日を過ごしたい人や何も考えたくない日など
心身共に気持ち良く時間を過ごしたい時に、自然と袖を通したくなるような気がしています。


SUNSHINE+CLOUDには定番として作り続けられているパンツが何型か存在するのですが、その中の1つをセレクト。
ベイカーパンツをモチーフに作製された″CLIMBING PANTS″は、癖の無いパターンとシルエットにミリタリー要素を
きちんと残しつつ、軽さが感じられるようなオリジナルのデザインで作製されたパンツ。
素材に使用されている打ち込みの良いバックサテンは穿き始めから雰囲気抜群で、着古した風合いがきちんと表現されていて
男性・女性に関係なくワードローブの中心になり得るパンツだと思います。
ワタリとお尻周りは程よくゆとりがあり、膝から下にかけて綺麗にテーパードしているので裾の納まりが良く
スニーカー・革靴、どちらにも対応出来る懐の深さもポイントです。


ベイカーパンツ自体は、古着などが詳しい方であれば直ぐに思い浮かべる代表的なパンツが存在します。
僕自身も軍物のオリジナルから様々なブランドが作るベイカーパンツを穿いてきましたが
rasikuでは殆ど展開をしてきませんでした。色々と理由があったのですが、単純に気分が1周して久しぶりに穿きたい
気持ちになり、その中でSUNSHINE+CLOUDが作る遊び心のあるデザインに惹かれました。
バックポケットの大きさと形状をオリジナルとは変更し、より機能的にすっきりとした印象に変えています。
ある意味で完成されたパンツだけに、崩し過ぎずレプリカではない程良く気の利いた落とし所だと思いますし
軍パンなどを穿かれない方にもお勧め出来る1本です。春はスニーカーにSAINT JAMESのカットソー、もしくは
白やチェックのシャツを合わせて、先ずは王道と呼べる組み合わせを楽しんで頂きたいです。


こういった普遍的なデザインのアイテムを、如何にして自分の物に出来るかが洋服を知ったり着熟す上では
基礎となり重要な部分だと再確認出来ました。繰り返し着る事でいつもと違った着方や奥深さに気付けるかもしれませんし
コンバースのスニーカーにグレーのパーカーというありきたりなスタイルも、また改めて良いなと思いました。
基本のスタイルという訳ではないのですが、デニム・チノ・オリーブのパンツ・グレーのスラックスの4本を
自分なりに着熟す事が出来れば、あれこれと迷わずにしっかりとした軸が出来ると思いますので
オリーブ系のパンツの1つの候補としてSUNSHINE+CLOUDが作るベイカーパンツはお勧めです。

SUNSHINE+CLOUD   SLIP ON

color        OLIVE

price        17000+tax

SIZE         1     /    2    /    3    /     4

SUNSHI+CLOUDのアイコンとも言えるプルオーバーシャツ”SLIP ON”
昨年はリネン素材を展開しましたが、選んだ生地はタイプライター(コットン100%)の薄手で張りのある素材。
東炊きと呼ばれる江戸時代から続く染色方法を用いて、オリーブ色に染め上げています。
身頃・袖周りがゆったりと設定されて、独特のシルエットを生み出す”SLIP ON”は袖を通した瞬間はアンバランスに
感じるかもしれませんが、時間の経過と共に癖になる魅惑のシャツだと思っています。


プルオーバータイプなので、何かを重ねて着るというよりも1枚ですっきり着るのがベター。
4月中旬ごろからはシャツ1枚で着れる日が出てくると思いますので、日差しが心地良いと感じる日に着て頂きたいです。
何かを重ねる事で良く見えるシャツもあれば、1枚で着るとサマになるシャツ、それぞれに特徴があって
そういった事を理解したうえで洋服が選べるようになってくると、着こなしに無理がなく素敵に映ると思います。


改装に伴ってバックヤードに溜め込んでいた古い雑誌を持ち帰ったのですが、1冊1冊仕分けしていると
今になってお店を経営されている方や物作りをしている方などが、SUNSHINE+CLOUDのシャツを愛用されている事に
気付きました。だから良いものという訳ではないのですが、沢山の物を見たり食べたりしてきた方が選ぶものの1つ
という事はそれなりの理由があるはずですし、僕自身もこの年齢になってようやく、本当の意味での良さに気付き
始めた気がしています。当たり前の日常着として、さらりと肩の力を抜いて着こなせるようになりたいものです。


どちらの商品も定番という位置付けて作り続けられてきている商品で、試着して直ぐにとか購入して直ぐには
良さに気付き難いかもしれませんが、時間の経過と共に無くてはならない存在になってくれると思っています。
段々と自分と物との距離を縮めていく感覚を感じて頂ければ嬉しいです。
どちらもユニセックスのアイテムですので、男性・女性に関わらずお試し頂ければと思います。

PageTOP