2月3日


FUJITO    MOUNTAIN PARKA2

color       BROWN

price       38000+tax

SIZE       1    /    2    /    3


-8度の朝の空気は格別。
キリリと冷えた空気に触れると顔がきゅっと引き締まって、なんだかとても心地良かったです。
今年はなかなか出会えていなかった白鳥家族が、川の穏やかな流れの場所に20羽ほど集結していて
何やら賑やかに会話をしている姿を、しばし眺めて出勤しました。
暦の上では明日は立春。気持ち的には春近しです。
春アウターがそろそろ気になり始めるタイミングで、丁度良さそうなアイテムをご紹介致します。
ここ数シーズンリリースされ続けているクラシックなデザインが印象的なFUJITOが作るマウンテンパーカー。
今シーズンは厚地のばりっとしたブラウンのナイロン生地に載せ替えをして、以前はフロントに4つ付いていた
ポケットを2つに変更した事で、よりスッキリとしたデザインへと昇華させています。
春の1枚仕立ての薄手のコートやジャケットも着る機会は勿論ありますが、4月末まで冷たい風が吹く岩手の様な土地では
2枚仕立てのジャケットやコートが重宝すると思いますので、防寒性のあるアウターはこの時期に特にお勧めです。


マウンテンパーカーは昔から好んで着ていたアウターの1つで、個人的に一番気になる点は着丈の長さです。
着丈が短くなると、シャツを着た際に裾が少し出てたりしてバランスがとり難く感じる事があります。
FUJITOが作るマウンテンパーカーは、そういった心配がなくシャツを着ても裾が出る心配はありませんし
クラシックなデザインで細身になり過ぎないシルエットも好みです。
フロントはスナップとZIPどちらも付いているので、スナップだけ留めてインナーをちらりと覗かせる着方も可能。
アウトドアやスポーティーなアイテムは、ただジップを閉めるだけの単調な着こなしになりがちですが
スナップがあるお陰で着こなしの幅が出せるので、ちょっとした着方の変化で気分転換にもなると思います。


肩はセットインスリーブを採用。
シルエットは窮屈さは全く感じさせないゆったりとした作りで、インナーに厚手のセーターを着てもストレスになり難く
春・秋・冬の3シーズン対応可能です。袖口はスナップ釦でアジャストする事で、風の侵入を防いでくれます。
お子様などと汚れを気にせずに遊びに行く際にも、シャツにベストなどを合わせて綺麗目に着る時にも
雨や雪の日のレインコート代わりとしても場面を選ばずに活躍する懐の深い1枚になってくれるです。


フロントはダブルジップの仕様。裏にもスマートフォンなどを収納するツールポケットとマガジンポケットを完備。
文庫本などを忍ばせて、待ち時間などにさっと出せたりしたら格好良いなと想像していします。
インナーには滑りの良いキュプラ生地が貼られているので、セーターなどを着てもストレスになく袖を通す事が出来ます。
FUJITOのアイコンとも言える裏地使いは、着心地の良さに繋がる大切な要素の1つです。


テールはお尻が隠れるように曲線的なカッティングで、ちょっとした部分にも気遣いが感じられます。
機能と美を合わせ持ち、それでいて気を使わずに日常使い出来る洋服は着る頻度が必然的に増えるのではないでしょうか。
選んだ色の″ブラウン″は、黒やネイビーなどの汎用性の高い色が多い中で目新しさを感じる色目に映りましたが
決して着難い色ではないので、ジーンズ・チノ・軍パン・グレーのスラックスなどと組み合わせて頂きたいです。
雪が完全に解けた頃には足元は軽快にスニーカーで、リュックを背負い自転車に乗ってクラシックなスタイルで
颯爽と街を駆け抜ける。そんな姿もきっとサマになるはずです。
僕自身もFUJITOのマウンテンパーカーを愛用中ですが、出張や旅行に行く際にも機能的で脱ぎ着が簡単で動き易く
古くさく見えない絶妙なさじ加減のデザインが気に入っていて、改めてフードブルゾンの使い勝手の良さに気づき
この冬でも上にダウンベストを重ねたりして頻繁に着ています。
しっかりと防寒出来て、尚且つ万能で動きやすいアウターをお探し方に、是非おすすめします。

PageTOP