3月16日


FUJITO   3B JACKET

color    NAVY

price    52000+TAX

SIZE    1    /    2    /    3

FUJITOが提案をし続けている、ドレス専門の職人の手によって仕立てられる総裏の3つボタンジャケット。
rasikuでは毎日でも着たくなるようなカジュアルなデイリーウエアを中心に提案していますが、
気持ちにメリハリを付ける時や、大切な人に合う時の服装に関しても年齢を重ねると必要な場面が増えてきていて
数は多くないのですが、自分が着たいと思えるアイテムだけに絞って毎シーズン展開をしています。
今シーズンからブランドの新しい取り組みとしてオリジナルのファブリックを作成。
打ち込みがしっかりとしていて強さを感じながらも、しなやかさも併せもったファブリックは展示会で一目惚れしました。
最も使い勝手の良いとされる3つボタン段返りのシンプルなネイビージャケットに落とし込まれています。
素材はコットン100%、通年着れるような中肉の程よい厚み、ジャケットのシルエットも全体的にリラックスしたムードで
緊張感を持ったドレスの意識で着るというよりも、いつも着る服装に軽く羽織るくらいの感覚の方が合うと思います。
いざという時はグレーのスラックスや綺麗なチノ、後日に同素材のセットアップのパンツも入荷予定なので
スーツとして着合わせるのも、勿論お勧めです。


FUJITOのジャケットの特徴として、ドレスとカジュアル両方の良い部分を掛け合わせた様なバランスの良さが際立ちます。
見た目はドレス寄りの綺麗な仕立てですが、袖を通すと肩回りや袖などは堅苦しさを殆ど感じずに長時間着ていても
疲れにくく、身頃の絞りもきつくないのでインナーに少し厚手のものを着たとしても問題ありません。
ラペルは大きすぎず・小さすぎずの設定で、タイなどをしてドレスアップしてもしっかりとした存在感を示します。
僕自身も春夏用・秋冬用と1着ずつ揃えていますが、インナーの合わせをきちんとしようと意識せずに着れる
仕立ての良いジャケットは持っているだけで重宝するなと実感しています。


折角であれば非日常的な場面を中心に考えるだけではなく、積極的に日常着としても着て貰いたいと思います。
僕自身は普段はクルーネックのスウェットが好きで良く着ていますが、スウェットの上から着てもストレスなく着られて
見た目のバランスが崩れずに肩の力が程よく抜けて見える点も、日常着として理想的なジャケットだと感じています。
人に合う時や食事に行く際にはハイゲージのセーターやシャツを合わせて少しだけ気合を入れますが、綺麗目なスタイルに
限定されない懐の深さも、無理なく取り入れられる要素の1つになるのではないでしょうか。


バックスタイルはサイドベンツを採用しクラシックな雰囲気を表現しています。
袖は少しだけ前に振っていて、袖口は本切羽の仕様、基本に忠実でクセのないオーソドックスなジャケットの作りです。
変に小細工をせずに王道のデザインを用いて、シルエットや見えない裏地にブランドらしさを表現している点が
FUJITOらしさでもあり伝わりにくいかもしれませんが、袖を通すと心地良さを実感して頂けると思います。


カジュアル化が進み多様化してく中で、洋服に関して言えば着易さや機能性を重視する事が増えているようにも
感じていますが、様々な選択肢の中の一つ、クラシックで普遍的なデザインのアイテムは時代背景に関係なく
残り続けていくんだろうとも思っています。
単純に仕立ての良い洋服に袖を通すと、それだけで気持ちが高まりますし生活のリズムにもメリハリがついて、
日常の景色がより楽しめる1つのきっかけにもなりますし、普段ジャケットを着る機会が無い方にも
その良さを知っていただけたら良いなと思いながら選び続けています。
季節的にもジャケットを羽織るのにちょうど良い気候になってきましたので、さらりと普段の装いに取り入れて
みては如何でしょうか。

PageTOP