3月19日


homspun  L/C ツイル VネックフレアOP

color    イエロー

price    42000+TAX

SIZE    F


店の窓への日の入り方や時間帯が変わったり、日がのびたなぁと感じたり。。
明るさの増してきた店内や、歩いてくる途中の道の脇に草花がちいさく芽吹いてるのを見つけると
そろそろ色のある服を並べたいな~という気持ちが自然と湧き上がってきまして、毎日ちょっとずつ
気分に合わせて展開内容を変更中です。お店の中も花の芽吹きの様に色が増えつつあります。
homspunから届いたこちらのワンピースも、店内に並べるのを楽しみにしていたものの一つ。
素材自体はコットン×リネンのツイル地で、毎シーズンこの生地が好きで欠かさず選んでいるシリーズですが
その時々で色・形・デザインは変わるので、自分達も展示会で見ては毎回、良いね~と心躍らせています。


首元はVネックで前は留め具の無いコートの様に羽織るタイプのワンピース。
被って一枚で成立するワンピースとは違って、インナーやボトムとの着合わせが必要ではありますが、
脱ぎ着がサッと出来て、ある意味自由に着方が楽しめるデザインはジャンルや世代も問わずに、
いつまでも色褪せず着続けられる形だと思います。
homspunでも素材だったり姿かたちは変えながら、ずっと欠かさず展開されているこのワンピース。
時折展示会でもデザイナーさんが着られている姿を見るのですが、コーディネートごと真似したいくらい
とにかく素敵で、生地もくたっといい具合に馴染んでいて気負わずさらりと着ていて格好良いのです。
いつかそんな風に着熟せるようになりたい!という憧れの気持ちも抱きつつオーダーしています。笑
今時期はハイゲージのタートルなどの上に着てさらに上からコートを羽織るぐらいが丁度よいと思いますが
気温上昇と共にインナーを薄手のものに切り替えていくと、春から梅雨時期ぐらいまで着て頂ける素材です。


春のほわほわっとした空気の様な色だと思いました。
鮮やかな黄色も春に似合いますが、淡く優しい黄色味が何とも言えず儚さもあって春らしくて素敵です。
長袖なので今時期から重ねれば着られますし、夏には汗ばんだ肌に触れる生地がサラサラと気持ち良く
冷房や直射日光と肌の間に一枚挟む事で、肌を守ったり快適に過ごせたりと万能な一枚になってくれます。
リネンとコットンが混ざった生地は、着続けていくと次第にくったりとした柔らかさを帯びてくると同時に
水通しすることでハリ感が強くもなります。
強さと柔らかさが混在し、何とも言えない抜群の風合いとなり着心地もお気に入りのタオルケットのように
肌身離さず着続けたくなる生地感になっていきます。


袖や裾に施された0番手の太いステッチ糸が腰紐にも。
着て洗ってを繰り返していくと、ステッチ部分がクシュクシュっとなったりあたりが出てきて、
風合いとなり見た目の雰囲気の良さにも繋がります。


腰紐は結んでも結ばなくても、その日の気分と服の組み合わせ次第で使っていただければ。
使わないときは左右にループも付くので通して先をポケットにしまい込んでも良いですし後ろで結んでも◎
ポケットと言えば、homspunではここ数シーズン色んなモデルで特徴的でユニークなデザインのポケットが
あったのですが、実は今回も密かに二重構造なポケットになっていたりと、斬新且つキュートで飽きさせない
オリジナリティに富んだデザインはhomspunの揺るぎない魅力だと感じます。
そしてポケットブームは続きます。
裾にかけての生地分量をたっぷりとったワンピースですから、ゆったりとした裾の広がりや余分な生地が
勝手に折りたたまれて表情が生まれたりと、着こなしだけじゃなく着て動いた時の生地の重みや揺らぎなども
堪能していただけると嬉しいです。

color    ネイビー


もう一色は定番のカラーネイビーをセレクト。
はっきりとした濃い紺色が潔く、ベーシックな色だからこそ着合わせの幅もぐぐっと広がります。
homspunの定番カットソーのシーズンカラーは発色の良い綺麗な色や、とにかく絶妙なニュアンスカラーなど
着たことのない色でもあり着てみたい色が展開されるので、そういった色物カットソーにさらりと羽織ると
色の難しさもさほど感じずに着れちゃったりします。
もちろん色・柄の明るいものばかりではなく、普段出番の多いベーシックアイテムとは問題なく合います。
インナーに白いカットソーやボーダーカットソー、ボトムには色落ちしたデニムにサンダルやスニーカー。
春らしい爽やかな装いがしたくなります。白いボトムも穿きたくなります。


カットソー一枚だと、ラフに見えすぎたり心許ないという方にも、こういったコート兼ワンピースアイテムは
さっと羽織るだけで様になり、時間が無いときや急いで出掛けなくてはならない時なども、きっと重宝します。
動いたりする際には脱いで、肌寒くなれば羽織る。
気持ち的にラフなスタイルでも、見た目はきちんと見えるというのは、とても重要な部分だと思います。


着丈はやや長めですが、小柄な方が足首が隠れるぐらいの丈感で羽織ってもとても格好いいです。
肩回りや袖はすっきり目なサイズ感なので、そこまで体型も選びません。
裾にかけての広がりも生地の重みによって大きく膨らむことはなく、腰から下はまるでギャザースカートの様な
広がりと落ち感を見せています。
パンツに限らずスカートやワンピースの上に纏って、裾がちらりと覗くようなイメージで
カジュアルながらも気持ちが華やぐ重ね着をお楽しみくださいませ。

PageTOP