4月20日


MITTAN   0カウントカディロングシャツ

color      藍

price      28000+tax

SIZE      2    /   3


暖かな太陽の日差しと帽子が吹き飛んでしまいそうな冷たい風。
中津川は流れ込む雪解け水で勢いが増していますが、色は透明でとても澄んでいて盛岡の春の景色に
ここ数日忙しなかった自分の気持ちもちょっと解されるようで、いつの間にかそこにいる植物や動物を
ゆっくりと観察しながら歩いてきました。
春とは言え、朝晩は羽織物が欠かせない日がまだしばらくは続くと思います。
MITTANから新作としてリリースされた羽織物は、ざっくりとした風合いの0カウントカディと呼ばれる生地を用いて作製。
厚すぎず薄すぎずの中肉の生地感は、シャツやカットソーだけでは物足りないと思う日に重宝するはずです。
岩手の様に、日中と朝晩の気温差が激しい地域に住んでいると生地や仕立ての違う羽織物は何枚持っていても損はないですし
日々変わる気温に合わせながら3~4枚くらいを使い分けて着るのがベストだと思います。


MITTANが得意とする着物をモチーフにしたパターンで、釦などの付属品は付かずに自然とフロントが閉じる仕組み。
肩はラグランスリーブを採用し、シルエット自体は身頃がゆったりとしてリラックスした雰囲気に感じます。
お尻がすっぽりと隠れる長さで、車を運転する際にも裾の長さが干渉しにくい丈感なので余計な事を気にせずに
羽織って頂けると思います。0カウントカディという素材は太番手の糸を使用しているので、柔らかさと強さの
どちらも併せ持った素材でお洗濯にも強く着れば着るほどに雰囲気が増し、よりふんわりとした風合いに変化してきます。
藍ならではの天然染料の深い色合いも、このジャケットにはマッチしていてクラフト感のある表情と何処か冷たさのある
プロダクトとしての一面と両方を併せ持っているように感じます。


カーディガン、ジャケット、コートとも微妙にニュアンスが異なっていて、洋服を選ぶ際の隙間を埋めてくれるような
存在になってくれると思います。ある程度きちんとした服装をする方にとっても、カジュアルな服装を好んでする方にも
どちらにも自然と馴染むような感覚がある洋服で、袖を通すと現代の民族服というコンセプトが何となくでも理解出来る
気がしています。洋服を着る際にある程度ジャンル分けして着る方が簡単で楽な部分もあると思うのですが
良い意味でジャンルを問わないフラットな目線で洋服を着るきっかけになるのかもしれません。
MITTANの洋服は自分たちにとっても、洋服の着方や考え方にちょっとしたスパイスを与えてくれるような存在で
独特な空気感を放っているのに意外とどんな服装にも馴染んだり、自分の想像をいい意味で裏切られる感覚が楽しくて
ついつい手に取ってしまう事が多いです。
人によって捉え方や考え方は様々ですが、答えを求め過ぎずに自分なりの落とし所を探しながら着て頂けたら嬉しいです。


サイズは2と3の2サイズをご用意しました。
メンズ・レディースに関係なく着用可能ですので、この手の羽織物はrasikuでは圧倒的に女性に人気ですが
男性にも挑戦して頂ければと思っています。あれこれ考えずに普通に着れて、一度着るとクセになると思います。

MITTAN   レイヤードバッグ

color      胡桃

price      25000+tax

SIZE      42×35×13


color      藍×胡桃 SOLD


少し前のBLOGでもご紹介しましたレイヤードバッグですが、今回の入荷分は天然染料を用いて染めた2色になります。
柔らかさのある色目″胡桃″と藍染を施した後に胡桃染めを施した″藍×胡桃″
ペルー原産のタイプライターの生地を幾重にも重ね合わせて作られるトートバッグは、普通のバッグには出せない独特な
表情と気持ちを高ぶらせる雰囲気を併せ持っているように感じます。
ボディの正面と横は4枚の生地を使用し、底面には8枚、ハンドルは16枚の生地を組み合わせて構成。
1人の職人の手によって1枚1枚丁寧に縫製されています。
特にハンドル部分の縫製は見事で、手に持った時の心地よさは他では感じる事が出来ないと思っています。


内側には片方に大きな吊りポケットが1つと、逆サイドにセパレートポケットが1つ付きます。
機能性に関しても申し分ない作りで、ハンドルの長さや生地の雰囲気を考えると春夏の洋服が薄着の時期に
より持ちたくなると思っています。大きさ的には男性でも十分に満足出来ると思いますのでカップルや
ご夫婦で兼用されるのもお勧めです。


この他にも新しくリリースされたベンガラ染めを用いた羽織物やシャツなども届いています。
日中であれば薄手の洋服も気持ちよく着れる気候になってきましたので、この時期ならではの服装を楽しみながら
街歩きをしていただければと思います。
店頭も軽い羽織物からインナーウェアまで日に日に充実度が増してきていますので、ぜひお近くにお越しの際は
ちらりとお立ち寄りください。

PageTOP