4月25日


nisica    ガンジーネックベスト

color     ネイビー

price     16000+tax

SIZE     1    /     2     /     3     /     4

nisicaらしいデザインと言えば、僕が真っ先に思い浮かべるのが首元がタートルネックでもなく
スタンドカラーでもない、丁度その間を取ったような″ガンジーネック″と呼ばれる不思議な立襟のデザイン。
英国ガンジー諸島で作られているセーターをモチーフにした首元で、洋服に精通している方であれば
一度は見た事があるであろうマニアックなデザイン。今まで展開をしてきたガンジーネックのアイテムは
カーディガンとシャツを中心でしたが、今シーズンは気分を変えてベストを選びました。
ガンジーセーターは、クラシックで無骨なイメージをしがちですがnisicaが作るガンジーネックのアイテムは
男臭さというよりは抜け感の表情とユニークさが際立っていて、さり気なく主張し、コーディネートを
中和してくれるような役割も果たしてくれると思います。


ここ数日はコートやジャケットを脱いで歩けるくらいの気候になりましたが、そうは言っても暖かな日と
寒い日がまだ続くと思いますので、ミドルレイヤーとして着れるベストは持っていると重宝するはずです。
インナーは襟の高いシャツでもバンドカラーの合わせもしっくりきますし、SAINT JAMESなどのカットソーにも◎
ベストを合わせるだけで、普段着ているシャツやカットソーが違った表情をしてくれるので
シンプルに1枚で着ていると飽きがくる事もあるので、マンネリを防ぐ役割も果たしてくれるはずです。
防寒性も大切な要素ですが、視覚的な部分でもベストを組み合わせると楽しみが大きく広がります。


フロントのデザインはスナップボタンを採用。簡単に脱ぎ着が出来ます。
シルエットは癖がなく着易い印象。生地は中肉のスウェット素材を使用しているので春と秋と季節に関係なく
対応出来る思います。特に今時期は朝夕と日中の寒暖差が大きいので、重ね着が出来るアイテムが重宝します。
出掛ける時に1枚多く着ていると安心出来ますし、もし要らなくてもベストであれば嵩張らずにバックに入れ易く
これから旅行などを行く際に心強い味方にもなってくれるはずです。


カットソー素材のメリットの1つとして、ニットとは違いお洗濯も自宅で出来ますし伸びなどを
気にせずに日常着としてタフに着る事が可能。nisicaの製品は日常に特化したアイテムが多く存在し
デザイナーさん自身が製品に水を通して、天日干しをした後に出荷するという作業を続けている事も
何だか少しだけ嬉しさを感じる部分でもあります。見た目はベーシックな洋服にも関わらず袖を通すと
アクセントとなるデザインが存在感を放っていて、僕自身で言えば20代の頃よりも30代になって
更に40代を目前にしてより心地良さが増してきているように感じています。
日常着としてのバランスの良さが際立っている様に思います。

nisica    ガンジーネックシャツ

color     ブルー

price     16000+tax

SIZE     1    /     2     /     3     /     4

シャツタイプは春夏シーズンに生地を変えて何度か展開をしているので、デザインは変わらないのですが
グレーブルーのリネンの色合いが気に入ってセレクトをしました。
厚みはそこまでないのですが、柔らかなリネンで生地全体がとろんと落ちる感じが涼しさを引き立てます。
サイズはジャストではなく、気持ちゆったりしたサイズを選ぶ方が心地よく着れるはずです。
サイズはレディースの1から4までフルサイズで展開。腕まくりをすれば夏でも十分に過ごせる生地感です。
同素材の同デザインで半袖も入荷する予定をしていますが、汎用性を考慮すればやはり長袖がお勧めです。


お客様から試着をする際に釦は開けて着るとどうですか??と聞かれることがあるのですが
個人的には全て留めて着る方がガンジーネックのデザインを活かしている着方だと思います。
あくまでもシャツとして作られているアイテムなので、先ずは留めて着てみて自分なりのアレンジや落とし所を
加えたり見つけるのが良いのかもしれません。


パンツの合わせはデニム・チノ・軍パン、これからさらに暖かくなればショーツなども視野に
入ってくると思います。着丈も長めに設定されているのでショーツとの合わせもバランスが取り易いはずです。
洗いざらしできりっとした表情というよりも、ラフさがあるのに雰囲気の良さが伝わる洋服だと思っています。
首元のガンジーネックは似合う似合うわないがあると思いますが、こういったデザインのシャツは
沢山出回っている訳ではないので、着る機会が圧倒的に少なく慣れる事の方が重要になるのかもしれません。
少しの違和感を楽しめる方向に持っていけると、洋服の着方に変化や広がりを感じてくるはずです。


昨日はnisicaの秋冬展示会を見に行きましたが、店内には古い軍物のバッグや布があちらこちらに転がっています。
洋服の背景になるモノであったり、軸になる様な古いものからイメージを持って、その中で自分達が着るなら
こういう服というのを表現しているからこそ、柔らかくなり過ぎない絶妙なバランスに納まっているのだと
改めて感じました。ガンジーネック、是非挑戦して頂ければと思います。

PageTOP