5月17日


JUJUDHAU  POCKET DRESS

color      LINEN H.B.WHITE  

price      27000+tax 

SIZE      F


ここ数日は長袖を通り越して、もうすでに七分袖や半袖が着たくなるような暑さの盛岡。
歩くと汗ばむ陽気ですが、さらさら~っと吹く風や新緑の香りに包まれる、こんな快適な気候が続く日は
そうそう無い気がして、屋内でBLOGを書いてる場合じゃない!という気持ちにすらなってきますね。。。
それぐらい気持ちの良い季節。

とは言えまだ5月ということで、何を着たら良いものかとちょっと、いえ結構悩ましいのも確か。
半袖も少しずつお求めになる方も増えてはいますが、涼しい素材の長袖シャツやざっくりと厚みのある麻、
薄手で風を通す綿、などなど今時期から夏まで着られる服の選択肢は様々ありますので、
ふらりとお立ち寄りいただけたらと思います。
ざっくりとした麻素材ですと夏に限らず春先から秋口まで着られるのと、着用を繰り返してもくったりと
柔らかくなり過ぎないタフさも好みで、特にJUJUDHAUで出逢ったこの生地はヘリンボーンだという事も
完全な決め手となり迷わずオーダーしました。


かほっとただ被るだけのシンプルなデザインですが、選ぶ生地によっても着る人の背格好によっても
印象が全く違って見えるのが面白くて、尚且つ着た際のシルエットはとても良くて、ここ数年は欠かさず
様々な生地でオーダーし続けているJUJUDHAUの″POCKET DRESS″
ハンガーに掛かった状態を見ると身頃がとにかくずどんと大きく幅も広く、ゆったり目なのは一目瞭然。
というかほぼ前身頃と後ろ身頃で構成されていて、袖はちょこんと付け足されただけにも見えるデザインは、
一見不格好で歪な形にも感じられるのですが、その何にも捉われずに独特の感性をそのまま表現した様な服は
きっと狙って作れるものではないのだろうなという感じがします。
そして実際袖を通してみると、着る前のイメージよりもあっさりというか歪さは消え、身体の収まり具合や
ほんのり曲線的なシルエットはむしろ計算されたかのように綺麗。
素朴ながらも独特な感性が良いスパイスになっていて、だからこそついつい手が伸びてしまうのです。


首元は詰まり過ぎず、程よく開いたクルーネック。
インナーの着合わせもそこまで気にせずに、タンクトップでもキャミソールでも良いですし
季節によっては長袖のカットソーやタートルネックのインナーで重ね着も出来るので、
シーズンはそれなりに長く着用いただけます。
腕を伸ばすと分かる、身幅の広さ。
肩線から真っすぐ身頃に繋がるパターンなので袖は短いですが着ると七分袖ぐらいの長さになります。
中に着込める余裕は十分にありますが、ちょこんとついた袖はややすっきり目なので重ね着する際は
インナーでもあまり厚地な物だと、袖がキツくなるので要注意です。
フロントには大きなポケットが並びます。身幅が広いためか?ポケットもたっぷりサイズで
ついつい手を入れたり、お菓子などを忍ばせておきたくなるようなポケット。


白の面積が大きいと着る着ないの好みは結構はっきり分かれるのですが、華奢な白というよりは
生地も中肉で透ける事も無いですし、ざっくりとしたリネンで尚且つヘリンボーン生地ならではの
織が醸し出す雰囲気や表情が感じられるので、可愛いというよりは格好いい佇まいの白だと感じます。
ボトムは定番のタイプから、ギャザースカートだったりフリルやレースを覗かせたり様々合わせられるので
気分によって変えてみると、より着こなしの楽しみも広がります。
素材違いの薄いブルーデニムで同じ形もご用意あるので、よりカジュアルに着たい方にはそちらも◎です。
夏が加速しては、また少し寒さが戻ったり、まだまだ季節の入り口にいる段階だと思いますので、
ゆっくりとこれから始まる健やかな夏を楽しむべく、装いにも少しずつ夏を取り入れていただけたら。
ぜひ足をお運びください。

PageTOP