5月25日


trippen     Orinoco

color       GREY

price       30000+tax

SIZE       35    /    36    /    37    /    38    /     39


今朝の散歩中に花火の音が。市内の小学校で運動会というところも多いようですね。
天気は文句のつけようのない絶好のコンディションで、気温もがつっと上がりそうなので日除けの帽子や
水分補給も欠かさずに、良い週末となりますように。
お店の中も、夏をイメージして半袖のTシャツやシャツ類を惜しみなく出せる季節になりました。
リネンのシャツが心地よく感じ、足元も軽めのスニーカーやサンダルが履きたくなる気分です。
rasikuでは初めて展開をするtrippenが作る夏のサンダル。ヒールの高いウッドソールにレザーを組み合わせた
見た目が涼し気で履き心地にも優れた1足。数年前から展開をしようかどうかを迷っていたサンダルなのですが
盛岡の夏を7年間過ごしていて、年を追うごとにサンダルは必需品という感覚になったので″Orinoco”と
呼ばれる足首をしっかりとホールド出来るモデルをセレクトしました。


デザインはオープントゥで、足首にストラップをくるりと回してキボシでアジャストする仕様。
ヒールの高さは前側は大よそ3CMで後側は6CMで、女性らしいエレガントな表情を生み出します。
アッパーはワックス仕上げのシボのある牛革を使用し、履きはじめからでも足馴染みの良さを
実感して頂ける素材だと思います。


アッパーとソールの繋ぎ目は鋲を使って固定をして、凸凹のグリップ力のあるソールを組み合わせています。
スリッポン感覚で履けるサンダルも履きやすくて良いのですが、足首をしっかりと固定出来るので走れるくらいの
機能性を持ち合わせていて、素足履きでも薄手のソックスを合わせてもどちらにも馴染むサンダルだと思います。
綺麗目の服装も良いですが、rasikuではいつも通りのカジュアルな服装に″orinoco″を合わせるのがお勧めで
足元を変えるだけでイメージが全く異なる雰囲気を楽しんで頂きたいです。
ヒールの高い靴が苦手という方もいらっしゃると思いますが、歩くことを前提に作られているので高さの割に
しっかりとした安定感があって、今までの固定概念を変える1足になるかもしれません。
正直、少し前の自分達であればヒールのあるサンダルを展開すると思っていなかったのですが、純粋に履いてみたい
という気持ちと、今まで知らなかった事や物を取り入れられるワクワクするような感覚も必要だと感じました。


ウッドソールに薄手のソックスを合わせるのも、今までした事のなかった組み合わせなのでとても新鮮に感じます。
ヒールが6CMある分、見ている景色が少し変わって自然と背筋が伸びるサンダルで歩く姿もスニーカーなどと違って
程よい緊張感を楽しむことが出来ます。夏場はどうしても服装や気持ちがルーズになりがちなので、
靴でメリハリをつけるのも良いのではないでしょうか。素足で履く場合には爪に色を入れたくなりますね。


年々、夏という季節が少しずつ伸びてきているように感じ、今日は盛岡で30℃まで気温が上がる予報です。
涼しい服装をする機会がこれからより増えてきそうな気がしていて、足元の選択肢も軽さや心地よさを感じられる
サンダルの必要性がより高まるとともに、シーンや服装に合わせたカジュアルになりすぎない、おとなの夏靴の
バリエーションが少しでも広がったらいいなと思います。
今まで展開をしてきたtrippenの靴とはギャップがあるかもしれませんが、食べ物にも旬があるように服装にも
旬を取り入れてみるのも、また新しい発見や驚きが見つかるかもしれません。
フルサイズで取り揃えていますので、是非店頭でお試し頂ければと思います。

明日の営業時間について


明日25日(土曜日)は私用の為、17:00 閉店とさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

5月23日


-maku textiles-

maku textiles(マクテキスタイル)は2012年よりスタートした、インド・コルカタ発の手仕事布ブランド。

長きに渡り受け継がれてきたインドの手仕事布の世界。
それらを構築する伝統的な織りや縫い・丁寧な染色の技法を磨き続けることによってインドの手仕事布の
伝統と技術、そして職人さん達の日々の暮らしを守り持続させていくこと。
ただ服を作り・売るというブランドではなく、そのすべての営みを脈々と続けていくということが、
maku txitilesの活動の源となっています。

MAKU     藍染ピンタックドレス

color      インディゴ

price      42000+tax 

SIZE      L SOLD


CALICOの展示会ではじめて目にしたmakuの服。
彼らが得意としているカディやジャムダニ織りといった生地と美しい藍染の世界観に一瞬にして
引き込まれましたが、何よりも驚いたのはその手仕事の繊細さとデザインセンスでした。
それまでは伝統的なインドの布を用いたものづくりに対するイメージは、鮮やかな色彩であったり
エスニックな柄など、その土地の匂いが強く表現されたものなどを想像していました。
手に触れているその服が現地のデザイナーによるものだと聞いて、その素材と染色を限りなく尊重し活かした
シンプル且つ美しさが際立つ洗練したデザインに、静かに激しく興奮を覚えつつ、国を越えても通じ合える
物づくりをされている方々がいる事の素晴らしさに改めて感動しました。


ジャムダニ織りの柔らかで気持ちの良い素材に、淡いブルーの藍染。
爽やかな色目ですがデザインはガーリッシュな切り替えと、胸元と背中には「これは・・・」と
思わずその手間を想像して、ため息が漏れそうになるくらい細やかなピンタックが惜しみなく。
makuというブランドが大切に紡いでいるインドの手仕事がフルに注ぎ込まれたかのような一着は、
見応えも着ごたえも?十分な、それはそれは心躍るワンピースです。


ジャムダニはベンガル地方に伝わる縫取織りの技術とその織りを用いた布の事をいいます。
ワンピースの所々に散りばめられた花もしくは雪の結晶の様なモチーフ。
小さな模様は一見刺繍の様ですが、模様の部分だけ緯糸を切り替えることで独特な織り柄が
微かに浮き出たり、色によっては透けたりしているのがジャムダニ織の特徴。
そんなきめ細やかで可憐な生地に丁寧に藍染を重ねたとなれば、心ときめかずにはいられません。
生地自体は薄手で着心地も非常に軽いため、長袖でも全く暑さを感じさせないですしむしろ直接
日が肌に当たるのを防いでくれるので、夏こそ大活躍の一枚になるだろうと思います。
デザインには贅沢ピンタック以外にも、切り替えのギャザーも実は必見。
可愛いらしいという印象を持つ方も多いとは思いますが、だからこその良さもあると思うのです。
透けるのを防ぐことも兼ねて、色の濃い(黒や紺など)涼しい素材のインナーパンツなどを重ねたり
足元に写真の様な革靴を合わせる事で柔らかさに上品さがプラスされたり、反対に思いきりラフに
スニーカーやサンダルを合わせて爽やかな着合わせであれば、案外バランスが良かったりするのです。


背中部分には小さな包みボタンがひとつ。
ヨークはまた違うストライプ柄の生地を繋ぎ合わせていたりと、ピンタックの細やかさについつい
意識が飛んでしまいますが、引けを取らないパターンの多さに気付いた時には嬉しさだったり色々な感動が
混ざり合った感嘆のため息が・・・。
そして丈の長さ故、より気がつかない方も多いかもしれない裾部分には補強にもなるステッチワーク。
どこを切り取っても、人の手と時間をかけることでしか生み出すことのできないの本当の意味での手仕事と
インドの伝統を大切に思う気持ちが詰まったmakuの服。
あまりの素晴らしさに熱っぽくなってしまいましたが、着ていただければそれだけで十分に肌が其々の良さを
受け取ってくれると思います。
急激に気温が上昇しそうな週末。涼やかな服が揃っていますのでぜひ足をお運びください。

定休日のお知らせ


明日22日(水曜日)は定休日となります。
どうぞ宜しくお願い致します。

5月21日


TEMBEA    MAP CASE

color      NATURAL

price      20500+tax 

SIZE      20×23

color      BROWN

color      BLACK

昨日の夜から嵐のような天候に変わり、今日の夕方くらいまで雨は続きそうです。
先週位までは天気がずっと良かっただけに、帳尻合わせをしているような気がしてしまいます。
少し前に自宅の庭に植えた野菜の苗にとっては、貴重な恵の雨になっているに違いありません・・・
rasikuでは初めて展開する、型数は少ないですがTEMBEAでもオールレザーのバッグを作製しています。
春夏シーズンでも気軽に持てそうな、見た目の印象が重くなり過ぎない″MAP CASE”をセレクト。
お財布と携帯だけ持って出掛けたい時に便利な大きさで、内ポケットや蓋などが付かない削ぎ落された
シンプルなデザインがTEMBEAらしさでもあり、年月が経過しても飽きずに使い続けられる理由でもあります。
カラーは″NATURAL” ″BROWN” ″BLACK” の3色をご用意致しました。


底にマチがないフラットな形状で、最低限の荷物を入れて持ち歩く際のバッグとして重宝します。
革は厚地の1枚革で、内側に可愛らしく″TEMBEA”のロゴマークが入ります。
普段はバッグを持たずにパンツのポケットにお財布と携帯を入れているという方に特にお勧めしたいバッグ。
レザーが一部分でも入る事で洋服全体を引き締める効果もありますし、革の質感を触れているだけで
高揚感が沸いてくると思います。
TEMBEAが得意とするキャンバス素材も同様ですが、レザーはそれ以上に使い込むことで手に馴染む感覚が
出てきますし、クタッとした表情や質感はまた別物の表情になっているはず。
普段のちょっとしたお使いから、旅行や出張先でサブバックとして持ち歩くのもどちらにもお勧めです。


ショルダーの長さを調整するようなアジャスターは付いていません。
斜め掛けをして丁度手に取り易い位置にくるくらいの長さに設定されているので
物の出し入れもスムーズに出来ると思います。
これからの季節は服装がどんどん薄着になってきますので、コーディネートの一部としてバッグを
取り入れるのも良いのではないでしょうか。


レザーを使っているのにも関わらず、軽さが出せる点が不思議な魅力でもあります。
デザインや大きさ、用いている革の質感など、どれも程よいバランスに納まっていて
素材の中ではレザーはハードルが高く感じられている方も多いと思いますが、
気兼ねなく日常使いで取り入れて頂けると思います。
NATURALやBROWN系の色は経年変化が手に取るように分かるので、日々持ち歩くことでの楽しみも
増してくるでしょうし、日常の生活にちょっとした彩りを加えてみるのも良いのではないでしょうか。
TEMBEAが作るレザーバッグもとてもお勧めです。

PageTOP