7月4日


MITTAN    シルクデニムショート

color     藍×胡桃

price     20000+tax

SIZE     1   /   2


昨日は定休日を利用して久しぶりに映画を見に行ったり、細々とした雑用を済ませて夜ご飯をゆっくりと作り
充実したお休みになりました。夏の日差しを感じながら、東北の短い夏がすぐそこまで来ている事を実感。
正直、昔は夏があまり好きというより得意ではなかったのですが、ここ数年の間に汗をかく心地良さだったり
夏ならではの服装の楽しさを感じられるようになってきました。
夏らしいアイテムの1つショートパンツですが、毎シーズン厳選して1型ないし2型くらいだけですが提案しています。
今季選んだショーツは、MITTANのデザイナーの三谷さんが京都の夏があまりに暑すぎて作ったというモデルで
シルクデニムと麻綿と2つの種類でご用意しました。
どちらも膝が隠れるくらいの長さで、膝上丈のショーツとはまた違った雰囲気で合わせて頂けると思います。


1つ目は、通常はシルクの製糸に使用しない糸を紡績しデニム調に仕立てたシルクデニムショーツ。
所々にネップ感のあるざっくりとした生地は、見た目ではシルクとは到底思えない程、強さを感じる素材。
色目にも一工夫がされていて、深みを出すために胡桃染めを施すことによってベージュ系の色合いがプラスされ
製品としての完成度を高めています。バックポケット、お尻回りにも当て布で補強をいれる事で素材の弱点を補う
と共にデザインとしての面白さをプラスし縫製は内・外共に捲縫いにする事で表情を豊かにしています。


シルエットは太過ぎず細すぎずのすっきりとしたバランス。
ウエストはイージー仕様で、ベルト要らずで穿けるパンツは夏の装いには最適です。
外遊びやアウトドアなどで穿きたくなるようなアクティブなショーツとは違う良さがあって
薄手の長袖のシャツを着たり、足元はスニーカーよりも革靴を合わせたくなるような雰囲気が漂います。
何処に行くにも誰に逢うにもいつも同じではなく、出掛ける場所や目的によって服装の幅はある程度
選べる方が良いと思いますので、MITTANが作るショーツは街などに食事に出かけたり人に逢ったり
ラフになり過ぎない服装をしたい時にお勧めしたい1枚です。


シルクは通年を通して活躍する素材ですが、汗の吸収率が良く肌触りもさらりとしているので夏により効果を
発揮すると思います。これから夏に向けて旅行などを計画される方も多くなると思いますが、簡単に脱ぎ着が
出来てストレスのない着心地の洋服は持って行くと本当に重宝します。
旅先で洗濯をした際にも乾きが早く持ち物が最小限に出来るメリットもありますので、日常使いと合わせて
お選び頂くのも良いかもしれません。僕自身も旅に出かける際にはMITTANの洋服を着ていったり持って行く事が
多々あって、見た目の良さもありますが天然繊維ならではの機能性にも優れている事が理由でもあります。


サイズ展開は1と2の2サイズ。
僕の様にあまりショーツが得意ではないという方にも、もしかすると気に入って頂けるかもしれません。
膝が隠れるという点がポイントで、足元はレザーサンダルや柔らかい印象の革靴を合わせて貰うと
より良い印象になると思います。ショーツは足元の合わせ方でがらりと変わるので、靴とのバランスも重要です。

MITTAN    麻綿ショート

color     紺

price     20000+tax

SIZE     1   /   2   /   3


rasikuでは定番で展開している麻綿ロングパンツのショーツバージョン。
シルクデニムショーツよりもややワイドなシルエットで提案。こちらも同様に膝が隠れる丈になります。
静岡県の浜松地方で作られている綿麻のオリジナルファブリックは、程よく厚みがあって穿き始めは硬さがありますが
徐々にくったりとして肌馴染みが良くなります。麻の混紡率が55%と半分以上ありますので風が心地良く抜けて
湿度の高い時期に最適な素材と言えます。


お尻回りとワタリ幅はゆったりと設定。膝に向かってテーパードさせていますが窮屈な印象は皆無です。
ウエストはこちらもイージー仕様なので、体型を問わなずに幅広くカバーしてくれると1本になると思います。
リラックスした着心地を求めるのであれば、 麻綿ショートは特にお勧めです。


ショーツは穿く時期が圧倒的に短いので、自分が気に入ったものがあればそれで十分だと思います。
素材の心地良さと品のあるシルエットがMITTANの作るショーツの特徴でもあり、着こなしにアクセントを
与えてくれる存在になってくれるはずです。サイズもフルサイズで揃っていますので、お試し頂きたいです。

PageTOP