8月30日


SOWBOW   蒼氓シャツ MANDARIN COLLAR

color      M・S CHECK

price      29000+TAX

SIZE       1    /    2    /    3

昨日からスタートしましたSOWBOWのイベント、九州に残り続ける様々な地域の伝統的な織物を用いた生地を見たり
触れているだけでも面白いですし、独自のエッセンスを感じさせる洋服に袖を通す事の出来る良い機会だと思います。
一雨一雨降る毎に気温も下がってきて、シャツや薄手のジャケット類を羽織ったりするのにも丁度良い気候に
なってきましたので、即戦力の1枚を探しにいらして頂ければ幸いです。


ブランドを立ち上げて3シーズン目なので型数はそこまで多くはないのですが、毎シーズン定番アイテムとして
残り続ける新型を1型ずつ出しています。昨シーズンの秋冬にはプルオーバータイプのシャツをリリースして好評でしたが
今秋冬はスタンドの衿元の形状が特徴的なシャツジャケットをリリース。
デザインは中国の人民服をイメージしたという如何にも”SOWBOW”らしいマニアックな視点で作製された1枚。
個人的にも季節の狭間にカバーオール系のジャケットを幾つか持っていて着る事があるのですが、生地の厚みや
見た目の重さだったりで着る機会を逃してしまい、持っているだけで出番が少ないアイテムだったりします。
九州の産業に目を向けて物作りをするブランドだけに、素材には福岡県南部に位置する筑後地方で織られたコットンの
渋い色目のガングラフチェックを使用。生地はシャツ地なので柔らかさと張りがあって、生地の厚みが丁度良く
秋や春先に半袖や七分袖のカットソーの上からさらりと羽織ると心地良く着れると思います。


フロントは大きなツールポケットが3つ。直線的なシルエットで、生地の柔らかさもあり落ち感が出ます。
サイドスリットが深く入っているので、動きが制限されずに見た目の面白さと機能性をプラス。
左右に付いた大きく設定されたポケットは、無条件に手を入れてしまいたくなりますしバッグを持たずに
スマートフォン・お財布・小銭入れだけを持ち歩く際に案外重宝します。
インナーは厚手のもの(スウェット類)を着るよりも、薄手のカットソーがベスト。
薄手のカットソーの上からストレスなく着れるジャケットや羽織物は、案外探すと良い物が見つからないので
SOWBOWのシャツ類は、季節の狭間を埋めてくれる貴重な存在にきっとなってくれるはずです。
生地が厚くないので、上からコート類を羽織る事も可能ですのでシャツを着る感覚でインナー使いも◎
何とも言えない渋めのチェック柄が、インナーからちらりと覗くと良いアクセントに映るのではないでしょうか。


サイズ展開は1から3までの3サイズ展開。
ゆったりとしたシルエットで、大き目に合わせてもジャストサイズで着てもどちらもサマになると思います。
個人的にも普段はサイズ3を着る事が多かったのですが、今回はあえてサイズ2を選びました。
トップスのバランスを抑えて細身のパンツに合わせる事も想定し、すっきりと着るのも在りかなと。
あくまでも大まかな目安ですが、サイズ1 S~M サイズ2 M~L サイズ3 L~XL が妥当だと思います。
※身長178CM 体重 63キロ  着用サイズ2


ブランドの色や独自性を出しながら、日常着という枠の範囲の中で違和感なく落とし込む事はデザイナーの
バランス感覚や匙加減がとても重要。僕自身も旅先でその地域に残る伝統的な織り物や生地を見つける事がありますが
それが製品としてお店に並んでいるのを見ると、日常着としては着るには少し物足りなさや古臭く感じてしまい
ちょっと気を利かせたら更に良く見えるのに残念だなと思う事があります。
SOWBOWの製品は、そういった地域に残る素晴らしい産業や工芸をプラスの方向に導く可能性を大いに秘めていて
これから先にどんな事に目を付けてブランドらしさを表現するのか楽しみです。
明日からは主宰の吉村さんにも店頭に立って頂きますので、是非お立ち寄り頂ければ嬉しいです。

SOWBOW


本日29日(木曜日)から9月3日(火曜日)まで、九州地方の物作りを生産背景にしたブランド”SOWBOW”の
商品がメインラック一面にずらり並んでおります。
SOWBOWというブランド設立時より作製されている、コットン×シルク生地の贅沢な着心地のシャツを中心に
rasikuで秋冬にオーダーをしていた新型の筑後織りのチェック地のジャケットも到着。
その土地で古くから培われてきた伝統技術を用いて作製された生地を用いることで、日本の美意識や文化にも
触れる様な感覚もあり、それでいて現代を生きる人々の生活に馴染む空気感を纏うSOWBOWの服。
小倉織りのスペシャルな生地のアイテムも、今回のイベントの期間中のみですが展開をしています。
週末の31日(土曜日)1日(日曜日)の2日間はSOWBOWを主宰している吉村さんもお店に立って
接客をして頂けるので、生地の事やデザインの事、九州や熊本の事など色々とお話を聞いてみては如何でしょうか。


rasikuでは女性のお客様にもシャツをお選びいただく機会が多く、その着心地や身体と布の間に余白をふくむ
ゆらりとしたシルエットを好んで着て下さっていたりします。
今回のイベントではサイズ0(レディース)の方でも着れるシャツもご用意しておりますので、ぜひこの機会に
SOWBOWという世界観に触れてみてください。
洋服の他にも、シャツの釦に使用されている陶磁器(有田焼)で作られたブランドオリジナルの徳利やお猪口、
〝壽″明太子器(!!)なども展開しています。これは、お酒好きな方へのギフトにも良さそうです。
イベント期間中にシャツをお買い上げ頂いたお客様に、ノベルティもご用意をしております。
少しずつ秋へと移り変わる今の時期に気持ち良く着れるものばかりですので、是非お運びくださいませ。

SOWBOW


1枚のブルーのシャツとの出逢い。
僕がSOWBOWと出逢ったきっかけは、出張で訪れていた福岡県の太宰府天満宮で行われている
″thought”という九州で物作りをしている方達が集まる合同展示会でした。
その時はお取引のあるブランド以外に、特に何かを目指してということもなく自分の中で引っ掛かるモノに
出逢えたらいいなという想いで足を運んでいました。
展示会をある程度堪能し、そろそろ次の場所へ移動をしようかなと思っていた時に1つのブースで足がとまりました。
手前には古着をリメイクした商品が並べられていて、僕自身が古着好きという事もありさらりとラックを見つつ
こういう商品もあるんだなと思った矢先に、ラック奥の方に何気なく1枚だけ掛かっていたブルーのシャツと
ばちっと目が合いその瞬間に、これだ!!!と感覚的に思いました。
そう思った瞬間に口から、そのシャツ買います!!と食い気味にブースに立っていた方(デザイナーの一人 吉村さん)
に伝えている自分がいました。
そうすると吉村さんから、このシャツはまだ売物ではなくサンプルで作製したもので、これから半年後くらいを目安に
ブランドを立ち上げます。ということを伺いました。そのシャツに完全に一目惚れをしてしまいブランド立ち上がったら
必ずrasikuでお取り扱いをさせて欲しいですと伝えると、吉村さんも快く承諾してくださって、なんとなんとブランドが
立ち上がる以前にお取引の約束をするという、不思議な出逢いとご縁だったと、今振り返っても忘れられない出来事。

SOWBOWは熊本に拠点を構えながら、熊本在住の吉村さんと東京在住の藤田さんの二人が手掛けるブランド。
宣言通り翌年にブランドが立ち上がり、これもまた縁で、盛岡で毎年開催している合同展示会”entwine”に
出展された時に、念願が叶ってようやく自分用のブルーのシャツを購入。
デザイナーの二人にもお店を見て頂き、rasikuにSOWBOWの商品が並ぶようになりました。
アイコンになっているイタリアンカラーのシャツは、春夏・秋冬の季節の狭間に重宝するシャツで
陶器で作られた釦やインディゴ染めを施したものなど、着れば着る程に愛着が増していくのは間違いありません。
何処かのタイミングで盛岡でもイベントをやってみたいとお互いの気持ちが一致しましたので
これからの季節に気持ち良く着れるシャツを、展示販売する機会を設けさせて頂きました。
週末の31日(土曜日)1日(日曜日)は、デザイナーの吉村さんも店舗に立って接客をして頂きますので
この機会にSOWBOWの物作りを堪能して頂きたいです。


Comfortable Clothing
COMFORTABLE CLOTHING とは単に着心地の良い日常着ということではありません。
それは「着流し」の感覚であり、 着ている人と服の間で生まれる空気感、 雰囲気を大切にすることです。
ブランド名 SOWBOW(蒼氓)には人民や民といった意味があります。
SOWBOW の制作する服が、 「特別な誰かの為のものではなく、 人々の日常に寄り添うものであってほしい。」
そんな想いから名付けられたものです。
主に九州地方を生産背景に、 その土地で古くから培われてきた伝統技術 (生地・染め・縫製) を用いて
日本の文化、環境、歴史に適したものをデザインし、積極的に提案します。
※ブランド資料より抜粋

rasikuでは、ブランド立ち上げからお取り扱いをさせて頂いている”SOWBOW”
店頭で接客をしていても、デザイナーである藤田さんと吉村さんの二人の真摯な物作りの姿勢に、1歩ずつ着実に
ファンが増えてきている事を実感しています。
九州に残り続けている伝統的な織物や産業に着目し、古着からモードに至るまでジャンルを問わずに洋服を
フラットな目線で見て着てきたデザイナーだからこそ作られる製品は、唯一無二の存在感があると思います。
量産される工業製品の様なプロダクトとしての一面と、何処か人の手を介した温かみのある相反する2つの
エッセンスが見事に融合されていて、これから先の時代に残り続けて更に進化をし続けて欲しいと素直に思います。
日本各地の地方や地域に大よそ当てはまる事だと思いますが、古くから続く伝統的な産業や工芸品などを
凝り固まった考えや排他的にならずに、時代の変化にカタチを変えながら柔軟に対応して繋げていくか・・・
そういった違う目線や角度から見ても、SOWBOWの物作りや姿勢は小さなブランドですがこれから地方発信の
物作りにおけるモデルケースとして、とても参考になる部分が在るのではないかと思っています。

SOWBOWのイベントの日程は以下の通りです。
明日27日(火曜日)と28日(水曜日)定休日は、イベント準備のため店舗はお休みとさせていただきます。
時間はいつも通り10時30分から19時閉店です。最終日のみ17時閉店になりますのでご注意ください。
8月27日(火曜日)  臨時休業
8月28日(水曜日)  定休日
8月29日(木曜日)  SOWBOWイベント スタート
8月30日(金曜日)  
8月31日(土曜日)  デザイナー在中
9月1日(日曜日)  デザイナー在中
9月2日(月曜日)
9月3日(火曜日)  10:30 - 17:00閉店 

8月24日


STYLE CRAFT  WM-SN-01

color      CLUMPLE BLACK

price      39000+TAX

SIZE       14×10

夏の甲子園大会も終わってしまい、いよいよ秋へ季節が本格的に移行する空気と気配が漂ってきました。
今までと同じように起きて、空気の入れ替えをしようと窓を開けて外を見渡しても一面が真っ暗で
そうすると不思議なもので身体がまた寝ようとして二度寝の誘惑に勝てない日々が続いています。
身体も何だか重たい気がして、心身ともに一進一退しながら秋にシフトしようとしているのかもしれません。

入荷が約1年以上振りとなるSTYLE CRAFTの三つ折りの財布″WM-SN-01″と長財布″WL-SN-01″
STYLE CRAFTのお取り扱いがはじまってから、今までずっと展開し続けてきたアイテム。
どちらのお財布も有難い事に選んでくださった方が沢山いらして、バッグからお財布を出した際に
其々に味わい深い表情に変化をした革を見る機会が増えてきました。
牛革を揉んで表面に凹凸のある″CLUMPLE″は、使っていくとシボが徐々にフラットな状態になり
メンテナンスオイルを使わずとも表面に光沢が出て、艶っぽい表情に変化を遂げていきます。
ワイルドなレザーとも違い、かといって繊細という表現とも違う、革の持っている力強さや特性を
そのまま活かした、素朴さとナチュラルさを掛け合わせたお財布。
手に持っているだけで気持ちが上がったり、大切に使い続けたいと自然と思わせる雰囲気があるように思います。

メインの収納はカード入れが5つと、小銭を入れるポケット、その他にお札が収納出来るポケットと
更にカードポケットの下に1つ収納が付きます。個人的な目安としてカードが8枚~10枚くらまでは収納が可能で
小銭入れやカードケースなどを別で持つことなく、すっきりと使って頂けると思います。


お札入れのスレーキには、ネパールで作製されるワイルドヘンプの生地を貼り合わせていて
小銭入れの部分は収納が3つに分かれています。
STYLE CRAFTのお財布の中では最も機能性に優れていて、手に持った時のサイズ感やバッグに入れても
嵩張り過ぎずに丁度良い収まり具合に感じて頂けるのではないでしょうか。


男性・女性どちらにも人気のカタチで、お財布に求める条件として機能性を一番に考える方には最も使い勝手が良く
カード類の出し入れや小銭を探す手間など、使い始めからストレス無くスムーズに使い熟して頂けると思います。
オリジナルで作製されている真鍮製のギボシの開け閉めもWM-SN-01の特徴の1つになるかもしれません。

STYLE CRAFT  WL-SN-01

color      CLUMPLE BLACK

price      40000+TAX

SIZE       19×11

もう1型は、僕自身も愛用している″WL-SN-01″ 
迫力のある大きさと、手に持った時のしっとりとした革の心地良さを感じられる長財布です。
メインポケットは大き目に設定された小銭入れと、カードポケットが3つ。その他にも5つの収納を完備。
容量としては申し分のない大きさで、領収書などが溜まってもパンパンにならないくらいの収納力があります。
長財布のメリットしてお札を折り曲げずに入れる事が出来るので、出し入れのスムーズさにも繋がる部分です。
パンツのポケットには入らない大きさという事もあり、バッグに入れてしまうか手に持ってというのが条件に
なりますので、少しだけですが、選ぶ際に制限があるお財布だと思います。


僕自身の使い方としてメインのカードポケットに2枚ずつ収納し全部で6枚、その他にカードを4枚程持っていたので
全部で10枚のカードを収納していました。それでも財布が膨らむこともなく中も綺麗に保って使う事が出来ました。
出張の機会も多くあるので、新幹線などのチケットや領収書を入れておくのもこの財布一つで十分だった点なども
WL-SN-01を使っていて良いなぁと思うところです。
店頭にはサンプルとして3年間使っていたものも置いておきますので、革の変化なども見て頂ければと思います。


STYLE CRAFTの物作りは一切の妥協がない、完璧を追求して作られる製品です。
一見するとプロダクトの様な量産される工業製品の様に冷たさを感じる一面と、熟練した職人にしか出す事の出来ない
完成度の高い表情と2つの側面が交差する革製品だと思っています。
見ているだけでも美しさを感じる製品は、人が日常生活で使う事でより良さが光り、気分を高揚させてくれる1つの
道具にもなってくれます。毎日手に触れるものだからこそ、デザイン・質・機能の納得出来るものを選ぶというのも
新しい感覚を手にするきっかけになるのではないでしょうか。
何度見ても自信を持ってお勧め出来るお財布です。季節の変り目に新調するには良いタイミングだと思いますので
お財布の買い替えなどお考えのお客様には、ぜひ見て頂けたらと思います。

8月22日


SUNSHINE+CLOUD   NEW STANDA

color    COTTON LINEN MATT

price    20000+TAX

SIZE    0    /    1    /    2    /    3 

いよいよ夏の甲子園も大詰めを迎えました。
スーパーに並ぶ野菜や果物も徐々に秋めいてきていて、お盆を過ぎれば秋風が吹くという言葉は盛岡では
まだギリギリですが説得力があるように思います。日中は半袖でも気持ち良く過ごせますが
朝と夜は少し物足りなさを感じてしまい自然と長袖のシャツを手に取るようになってきました。
SUNSHINE+CLOUDが提案するシャツはレギュラーカラーのプルオーバータイプと前開きタイプがアイコンとして
支持され続けていますが、それにプラスして新たにスタンドカラーの前開きタイプ″NEW STANDA″がリリースされました。
衿元がすっきりとした印象のバンドカラーではなく、小さな立ち襟のスタンドカラーというディティールがポイント。
シャツ自体のシルエットはゆったりとして、今までと同様にリラックスしたムードが漂います。
気持ち良く袖を通せるので、今まで袖を通してきたシャツとは良い意味で差別化が出来、着れば着る程に癖になってしまう
絶妙なバランスに保たれている点が着ていて面白いです。


今回選んだ生地はコットン50%×リネン50%の混紡素材。色は潔く白。
展示会で見た時に一目惚れをした素材で適度な張りがあり、風もさらりと抜けて通年着られる万能な素材で
アイロンをかけて着るよりもリネンの特性を活かして洗いざらしでざっくりと着るのが◎
リラックスした着心地ですが、きちんとした雰囲気も併せ持っているのはコットンリネンの生地の特徴と言えます。
白いシャツは生地やシルエット違いで何枚持っていても良いアイテム。
その中でもSUNSHINE+CLOUDのシャツは、休日にストレスなくシャツを着て出掛けたいと思う方にうってつけの1枚で
生地と身体が密着せずに空間が確保されている点が、長時間着ていても心地良く着続けられる理由だと思います。


ポケットは左胸に、厚手の貝釦が良いアクセントになります。
これからの季節を想定するとシャツをインナーとして着る場合に、個人的にはVネックのカーディガンの合わせがお勧め。
Vネックが首元をすっきりと見せてくれるので、スタンドカラーをより一層活かした着こなしが出来ると思います。


シンプルな井出達ですが袖を通すとアームの太さであったり首元の形状など、ブランド独自のユーモアを
感じさせる作りで、僕にとってはシャツの概念を変えるきっかけになった1枚でもあります。
ただ単純に袖を通したら格好良く見える訳ではなく、自分自身で空白を埋めていく感覚や着こなしのバランスを
意識しながら、葉山という土地だからこそ生まれたスタイルを少しでも肌で感じて頂けたら嬉しいです。


ウールのストールやジャケット類などもちらほらと届き始めていますが、まだまだお店に出すのは先になるので
それまでの繋ぎの時期は通年で着られるアイテムを新調するのに良い時期だと思います。
基本となるアイテムを上手に着こなせるようになると、洋服の着こなしの幅は大きく広がりますし着方の奥行きも
出てくるはずです。お気に入りのデニムに白いシャツ、サイズ感や色の落ち具合を変えるだけで見え方がそれだけで
変わりますし、当たり前の着こなしが上手になると、どんな洋服を着てもサマになるのは間違いありません。
真っ新な白いシャツを颯爽と羽織って、新しい季節を迎えてみてはいかがでしょうか。

PageTOP