8月22日


SUNSHINE+CLOUD   NEW STANDA

color    COTTON LINEN MATT

price    20000+TAX

SIZE    0    /    1    /    2    /    3 

いよいよ夏の甲子園も大詰めを迎えました。
スーパーに並ぶ野菜や果物も徐々に秋めいてきていて、お盆を過ぎれば秋風が吹くという言葉は盛岡では
まだギリギリですが説得力があるように思います。日中は半袖でも気持ち良く過ごせますが
朝と夜は少し物足りなさを感じてしまい自然と長袖のシャツを手に取るようになってきました。
SUNSHINE+CLOUDが提案するシャツはレギュラーカラーのプルオーバータイプと前開きタイプがアイコンとして
支持され続けていますが、それにプラスして新たにスタンドカラーの前開きタイプ″NEW STANDA″がリリースされました。
衿元がすっきりとした印象のバンドカラーではなく、小さな立ち襟のスタンドカラーというディティールがポイント。
シャツ自体のシルエットはゆったりとして、今までと同様にリラックスしたムードが漂います。
気持ち良く袖を通せるので、今まで袖を通してきたシャツとは良い意味で差別化が出来、着れば着る程に癖になってしまう
絶妙なバランスに保たれている点が着ていて面白いです。


今回選んだ生地はコットン50%×リネン50%の混紡素材。色は潔く白。
展示会で見た時に一目惚れをした素材で適度な張りがあり、風もさらりと抜けて通年着られる万能な素材で
アイロンをかけて着るよりもリネンの特性を活かして洗いざらしでざっくりと着るのが◎
リラックスした着心地ですが、きちんとした雰囲気も併せ持っているのはコットンリネンの生地の特徴と言えます。
白いシャツは生地やシルエット違いで何枚持っていても良いアイテム。
その中でもSUNSHINE+CLOUDのシャツは、休日にストレスなくシャツを着て出掛けたいと思う方にうってつけの1枚で
生地と身体が密着せずに空間が確保されている点が、長時間着ていても心地良く着続けられる理由だと思います。


ポケットは左胸に、厚手の貝釦が良いアクセントになります。
これからの季節を想定するとシャツをインナーとして着る場合に、個人的にはVネックのカーディガンの合わせがお勧め。
Vネックが首元をすっきりと見せてくれるので、スタンドカラーをより一層活かした着こなしが出来ると思います。


シンプルな井出達ですが袖を通すとアームの太さであったり首元の形状など、ブランド独自のユーモアを
感じさせる作りで、僕にとってはシャツの概念を変えるきっかけになった1枚でもあります。
ただ単純に袖を通したら格好良く見える訳ではなく、自分自身で空白を埋めていく感覚や着こなしのバランスを
意識しながら、葉山という土地だからこそ生まれたスタイルを少しでも肌で感じて頂けたら嬉しいです。


ウールのストールやジャケット類などもちらほらと届き始めていますが、まだまだお店に出すのは先になるので
それまでの繋ぎの時期は通年で着られるアイテムを新調するのに良い時期だと思います。
基本となるアイテムを上手に着こなせるようになると、洋服の着こなしの幅は大きく広がりますし着方の奥行きも
出てくるはずです。お気に入りのデニムに白いシャツ、サイズ感や色の落ち具合を変えるだけで見え方がそれだけで
変わりますし、当たり前の着こなしが上手になると、どんな洋服を着てもサマになるのは間違いありません。
真っ新な白いシャツを颯爽と羽織って、新しい季節を迎えてみてはいかがでしょうか。

PageTOP