9月19日


homspun   フラワー顔料プリント ローウエストタックOP

color     アイアンブルー

price     42000+TAX

SIZE      F


昨日は東京出張へ。
しっかり現地の気温をチェックして着るものを考えて行ったのですが、着いた先の天気はまさかの雨で
普段持ち歩いてるはずの折り畳み傘もこんな日に限って忘れてしまい、泣く泣くビニール傘を購入するなど
気温だけ見て、天気をまったく気にしていなかったことにびっくりでした・・・。
歩いて回るのは大変でしたが、そこまで暑くなくてよかった!
そして来年の春夏も、素敵な服がお披露目できると思いますので、楽しみにしていただけたら♩

盛岡は秋晴れの中、サワサワ~っと良い風が吹き抜けています。
日差しが強い時間もほんの一瞬で、長袖の服も気持ち良く着られる気候になってきました。
フライングでちらっと載せてしまいましたが、このhomspunの花柄ワンピースもそろそろお披露目を。
届いた瞬間から、これはちょっと高い位置にディスプレイしたら存在感もあって店内でも映えるなぁと思い
窓際の光が綺麗に差し込む場所に掛けていましたが、立ち止まって見て下さる方も多く嬉しいです。
毎シーズン、オリジナルで花柄だったり幾何学的な模様だったり総柄のプリントアイテムは展開されていて
今までにも何度かセレクトしたりもしましたが、今回の花柄もそしてワンピースの形も個人的にとても好きで
着れば着る程、胸が高鳴る一枚でした。


しっかりと目の詰まったコットン100%の生地は、顔料プリントの効果もあってか薄手ながらもパリパリっと密度が高く
ちょっとくらいの風なら気にせず一枚で過ごせそうな、見た目の柄の可愛さに対して何とも頼もしい生地感。
フロントに連なる釦のサイズ感も相まって、羽織ではないけれどコートの様な雰囲気も纏ったワンピースです。
ローウェストな切り替えもデザインによっては幼く見えがちなところを、ウエストの両端に同布のリボンが在る事で
きゅっとラインを絞って着る事が出来たりと生地感やhomspunならではのデザインでしっかりとカバーされている点も
流石だなぁっと感動してしまいます。
生地アップの写真で見てもらうと柄はしっかり分かりますが、遠目から見ると細やかに配置された小さな柄は
キリっとしたアイアンブルーに細い白の線で所々擦れたように描かれていて、雪の結晶の様にも見えたり。。
鮮やかな色とりどりの花柄も好きですが、レトロな印象と色の静けさがとても大人っぽくて、年を重ねてもずっと
着続けたいと思える柄です。


きゅっと詰まった丸首にTOPは小さなループで留める釦。
先にも書きましたが、フロントの釦は途中まででフルオープンでは無くばさっと被る仕様になっています。
胸下の位置に並んだパッチポケット。これは手を入れると若干不自然な体勢になるので、ハンカチやリップ
おやつに飴?など小物入れには良いかもしれません。
ポケットの脇にはヒラヒラっとしているのがリボンになります。そのまま垂らしていても良いですし、
キュッと後ろで結ぶと、後ろ姿がエプロンをしている様で可愛いく映り、ギャザーの広がりが綺麗に見えます。
ユニークなデザインで在りながらも、ワンピースとポケットの柄がなるべく違和感の無いようになっていて
とても綺麗に配置されているところも素晴らしいなと思うのです。


後ろ姿はとてもすっきり。
両サイドからきゅっと紐を結ぶことで自然と生地が集まって、背中部分にもギャザーが寄せられたりと
シンプルながら、思いがけず生まれたシルエットの美しさを惚れ惚れします。
サイズはフリーで肩はセットインになっていますが、脇下に曲線的な切り替えがあったりと
動きの多いところの可動域を広く設けた作りになっていますので、着ていてストレスは感じません。
身頃もゆったり目で小柄な方にとっては大きく感じるかもしれませんが、腰のリボンがある事で着る人の
体型や好みでシルエットを変える事が出来たりするので、もし大きいそうだなと感じても躊躇せずに
試していただけたらと思います。
いつもの通勤路には露草や朝顔そして秋桜など夏とはまた違った顔が並び、楽しみを運んでくれています。
涼しくなって、秋のイベントも盛沢山な季節になりました。
世の中は色々複雑になったり変わろうとしていますが、暑さが和らぎせっかく気持ちの良い季節がやってきます。
自分達もお気に入りの服を着て、お出掛けしたいなとそわそわしています。
店内も充実していますので、ぜひ見にいらしてくださいね。

PageTOP