9月21日


holk     TOOL SHIRT

color     NAVY

price     26000+TAX

SIZE      1    /    2    /    3

朝起きるとひんやりとした空気に包まれて、部屋の中では靴下を穿いていないと床の冷たさに足先が冷える位の
気候に移り変わってきました。日中は太陽の日差しがとても心地良く、吹く風も湿気がすっかり無くなり
身体にとっては負担の掛からない1年で最も良い季節ではないかなと思いながら、毎日川沿いをウロウロしています。
暖かな素材の洋服をいよいよ着れそうなタイミングで、holkの秋冬でオーダーした商品が幾つか届きました。
個人的にもとても楽しみにしていたフランネルのポケット付きのシャツと、グルカタイプのパンツ。
グルカパンツは生地を織る織機の不具合で残念ながら減産になってしまい、展開出来るサイズがワンサイズのみ
となってしましたが、迫力のある生地と後染めで出しているグレーの色合いが本当に素晴らしいです。
通好みの作りとデザインが多いholkですが、着用して数年が経過した頃からが本当の良さが滲み出てくるような
物作りをされているので、じっくりと時間を掛けて付き合える洋服をお探しの方に一度袖を通して頂きたいです。


今シーズン、個人的に気になっていた生地はコットン100%のフランネル。
ウール程気を使わずにお洗濯が出来て、保温性も高く、肌当たりが良く、着用を繰り返す程に馴染んでくる感覚がある素材。
holkが独自で開発している生地は、中肉で生地の目がしっかりと詰まっているので保温効果が抜群。
表面が微起毛していて、左右に付いたツールポケットのデザインも相まってラフに着れる日常着として活躍するのは
間違いありません。首元はスタンドカラーで、インナーにモックネックなどのカットソーを組み合わせて着るのも
イメージし易いのではないでしょうか。
ウールの肌触りがあまり得意でない方には、暖かさをプラス出来るフランネルの素材は比較的ワードローブに取り入れ易く
暖かさを活かして冬場にはインナーとしても重宝するので、ざっくりとしたシルエットのベージュ系のステンカラーコート
などを組み合わせると好相性だと思いますので、先の季節をイメージしながら着て頂きたいです。


大き目のポケットを配したシャツは、デザイン的な面白さと実際に使用するのにも便利なディティール。
スマートフォンやお財布などを入れるのに十分な大きさですし、ハンドウォーマーポケットとしても使い勝手が良く
普段バッグを持ち歩かない方には機能的なシャツに映るのではないでしょうか。
僕は出張に行く度に”ipad mini”を片手に持ちながら目的地まで歩くことが多いので、このくらい大きなポケットが
シャツに付いていると、画面の大きい機械をいちいち出し入れするストレスが大きく軽減されるなと想像しています。
最初からスマートフォンにすれば何の問題もないとは思うのですが・・・(笑)
ちょっとした面倒臭さを洋服で補う事によって、それが綺麗にハマった時の瞬間は何事にも変えられない喜びがあると
完全な自己満足で思っています。


シルエットはボックス型で身頃がゆったりと設定し、着丈はすっきりとしています。
ワークシャツの様に捉えて頂ければ着こなしのイメージは湧きやすいと思いますし、パンツなどもこれといって選ばずに
着合わせの難易度はそれほど高くないシャツだと思っています。
デイリーに履くようなジーンズ・チノ・軍パンなどは間違いなく合わせ易いですし、綺麗目なトラウザーと組み合わせても
シャツのカジュアルさが軽減されてしっくるくる感覚があると思います。

holk     GURKHA PANTS

color     GRAY

price     38000+TAX

SIZE      2 SOLD


レギュラー、ヴィンテージ問わず古着に精通するデザイナーだけに、グルカパンツの完成度も必然的に高くなります。
グルカパンツは各ブランドがリプロダクトしてリリースする人気のアイテムの1つ。
ヴィンテージ市場でも人気が衰えないアイテムの1つで、当時のイギリス軍がネパール人の兵士(山岳民族の部隊)に
提供していたパンツ。オリジナルの数が少ない上にコンディションとサイズも揃わない事も人気の理由です。
デザインとしての特徴が、ウエストのサイズを調整する為にウエストベルトが一体型になったアジャスター。
左右に釦が付いていて、ベルトを使わずに好みに合わせたサイズ感で穿くことが可能です。


オリジナルはチノクロスを使ったベージュの生地ですが、holkは限界まで打ち込みした平織の生地を使用。
仕上がった製品を、後染めでグレーに染色。サンプルの段階では生地の打ち込みが強すぎて染料が生地に染み込まずに
あちらこちらにムラがあったのですが、本生産では綺麗なグレーに染め上がっています。
シルエットは軍物らしくゆったりとしたバランスで、膝から裾にかけて綺麗にテーパードしたラインを描きます。
ウエストの調整は本水牛の迫力のあるボタンが2つ。所々でオリジナルとは違うディティールを織り交ぜながら
ブランドらしさを表現し、ただ単純にリプロダクトとしたモノとは違った良さを感じさせてくれると思います。


rasikuで展開するパンツの中では価格帯も正直高価な部類になりますが、生地の風合いやディテールを1つ1つ
見て頂ければ価値を見出して頂けると思っています。
サイズ2で大よそ31インチ位から33インチくらいまで方には対応出来ると思いますので、シャツなどをタックインして
着るスタイルなどにも挑戦して頂ければ嬉しいです。


holkの一番の強みでもある愛知県尾州地区の地場産業と連携して作られる物作りは、生地の開発からパターン
デザインへの落とし込みまで、地元にある工場と密にコミュニケーションを取りながら作製されています。
イメージをダイレクトに具現化出来る環境がすぐそばにある事が、1つ1つの完成度の高さや出来上がった製品が
放つ雰囲気の良さやオーラみたいな目には見えないものに繋がっていると思います。
どちらの製品もユニセックスで着れるアイテムですので、生地やデザインに引っ掛かった方に是非袖を通して頂きたいです。

PageTOP