定休日のお知らせ


明日23日(水曜日)は定休日になります。
どうぞよろしくお願い致します。

10月22日


HATSKI   MICO CHINO PANTS

color     BEIGE

price     18000+TAX

SIZE     0    /    1    /    2    /    3

今日が「即位礼正殿の儀」で国民の祝日になっている事をつい先週あたりに知りました・・・
会社勤めの頃は祝日や連休に合わせてイベントを準備したりシフトを調整したりと、ある程度祝日にもアンテナを
張っていましたが個人でお店をやるようになってからは、酷い時は前日まで気付いていなかったり・・・。
その事が良いか悪いかは分かりませんが(いえ、お店としては問題です。)ただ、いつも通りに店に出勤して
窓を開けて掃除をして少しディスプレイをいじったりして時間通りに毎日開けること。
それをコツコツと続けていく事が本当に大切な事だと実感するようになりました。
洋服を着るのも選ぶのも、これからが一番楽しい季節です。自分にとって心地良く時間を過ごす事の出来る1枚を
探しにいらして頂ければ嬉しいです。

店内は冬物の商品がいよいよラックに並び始めて、僕自身も今直ぐにでも欲しいアイテムと先を見越して着てみたいと
思う服が混在して悩ましい状況です。そんな中で、通年を通して穿くことの出来るボトムスは縁の下の力持ちに
なってくれる存在で、トップスを活かすのもパンツの選び方1つで大きく変わってくるはずです。
HATSKIはデニムに特化したブランドでrasikuでも展開をし続けているので、デニムと言えばで定着してきた感が
ありますが、ここ数シーズンは生産背景を活かした物作りで違う生地にも挑戦をしています。
新作でリリースされたチノパンは素材・シルエット・縫製・価格どの部分においても優れたバランスの良い仕上がり。
お店で接客をしていて細めのパンツのリクエストを頂くことが多々あるのですが、僕自身が細いパンツを全くと言って
良い程に穿かないので提案をしてきませんでした。このパンツを展示会でフィッティングをした際に、股上が深く設定を
されていて、お尻回りも立体的なカッティングだったのでストレスに感じる部分が殆どありませんでした。
細身(恐らくレギュラーくらい)のパンツも提案をしてみたいという気持ちが次第に大きくなり
“MICO CHINO PANTS”を店頭に並べるに至りました。


チノパンと言えば真っ先に思い浮かぶのはアメリカ軍が40年代~50年代前半に作製していた
ワイドなシルエットのチノトラウザー。ヴィンテージ市場で揺るぎのない人気アイテムの1つ。
コンディションが良くサイズ感の良いものは、今現在でも価値が変わることなく高値で取引をされ続けています。
年代によって素材やディティールが変更されていくのですが、人気が高いのは40年代頃のサイドの始末が
両巻き縫いにされているモデルで、それが全てではないのですが、それを基準にチノパンを作製するメーカーが多くあり
独自の解釈とバランスで世の中に送り続けているように思います。
HATSKIも40年代のアメリカ軍のチノを参考にして、現代に合わせたフィッティングとディティールで提案。
フロントはボタンフライを採用し、釦には贅沢にも本水牛を使用する事で開け閉めする際の気分を高めてくれます。


縫製は外・内股と巻き縫いを採用する事により、シンプルなパンツに表情を与えてくれる役割を果たしてくれます。
穿き込んでいくうちにパッカリングが生まれて、より立体的にヴィンテージのような雰囲気に変化を遂げるはずです。
素材はHATSKIが独自に開発したオリジナルファブリックを採用。
三本の糸を撚りを入れて1本の糸にしたものを、極限まで打ち込んだ綾織りの生地を作製。
しっかりとした張り感と上品な光沢感を併せ持っていて、生地の硬さを和らげる為に石を使って叩き洗いを施す事で
穿き始めからでも身体に馴染む様な印象を与えてくれます。
これだけ打ち込みの良い生地でチノパンに出逢えたのは久し振りだったので、展示会で興奮したのを覚えていますし
シルエットも程よいバランスだと思いますので、男性・女性どちらにもお勧めしたい1本です。


お尻回りもダーツを入れて、身体のラインに沿うようなパターンで作製されているので穿き心地にストレスが少なく
曲線的で柔らかな部分と直線的でワークウェアらしい無骨さの2つの要素を上手に組み合わせて作られています。


股上は深く、ワタリ幅はしっかりと取られていて膝から下にかけて綺麗に嫌みのないテーパードが掛けられています。
レングスは通常のパンツなどと比較すると短めに設定。
HATSKIのパンツの特徴の1つであり、すっきりとした印象に映ると思います。
チノパン自体は王道なアイテムだけに、どこでオリジナリティや差別化を図っていくのかがポイントになるのですが
単純なリプロダクトではなく、独自に生地を開発して、シルエットはモダンに今の気分に合わせて調整をし
縫製は昔ながらの良い部分を取り入れた、デザイナーの柔軟な発想が製品に表現されているように感じました。
ワークウェアとしてのパンツに振り過ぎずに、綺麗さと力強さの2つを併せ持っている事にとても惹かれました。


フルサイズでの展開ですが、全体的に小さめのサイズ設定に感じています。
男性・女性どちらにも対応が出来る商品ですが、個人的には女性の方がこれくらい雰囲気の良いチノパンを探すのは
案外難しいのではないかと思っています。レングスのバランスなどを含めてしっくりとくるのではないでしょうか。
HATSKIの新たな事への挑戦ですが、シンプルに良いなと思って頂けるパンツに仕上がっていると思います。
是非ご自身に合うサイズを選んで穿いて頂きたい1本です。

10月20日


FilMelange  HARRY 

color     HERITAGE BLUE

price     24000+TAX

SIZE     3    /    4    /    5

ここ数日の中では目覚めが良くて、布団からさっと出られた日曜日。
朝からここぞとばかりに掃除と洗濯を終わらせて、溜まっていたものが片付いてすっきり。
中津川は穏やかで、澄んだ空気に揺れる木々の音や鳥のさえずりが鳴り響いている。
こんな日は年に数回あるか無いかの、盛岡に住んでいて一番の贅沢を感じる瞬間だったりします。
10月も残り僅か・・・身体がスムーズに動ける気候を堪能しなければと思います。

FilMelangeから今シーズンの新作でセレクトしたアイテムは、どことなく懐かしさを感じさせてくれる大ぶりの
釦が付いたヘンリーネックのスウェット。
コーデュロイをイメージして作製されたオリジナルのファブリックは、特殊な編み機を用いる事で表面に縦のラインが
強調する様に仕上げています。シルエットは全体的にゆったりとしたバランス。
特に身頃と袖周りは写真でも見て分かる通りにたっぷりとした設定にしてあり袖口まで細くする事なく、
全体がストンと落ちる様なイメージ。一見するとアンバランスなスタイルと野暮ったさが洋服好きの心を揺さ振り
良い意味で他にはない新鮮な見え方に感じて頂けるのではないでしょうか。


白の大振りの猫目釦が2つ付き、首元はスタンドカラーになっているシンプル且つ潔いデザイン。
肩線をドロップさせた位置に設定し、そのまま袖口までドカンと直線的なパターンで作製。
ストレスを感じさせないゆったりとした着心地は、インナーなどの干渉を気にせずに着れますし
中肉のスウェットは年間を通して出番の多い1枚になりそうです。
重ね着をせずとも存在感は抜群ですが、上着を想定すると袖周りのゆったりとした軍物のコートや
ジャケット類、もしくは袖を気にせずに着れるダウンベストなどを組み合わせるのがお勧めです。


サイドには大きくスリットを入れる事で、膨らみを入れ過ぎない様にシルエット調整をする役割を果たしてくれます。
ざっくりとした直線的なパターンですが、日本のブランドらしい細かな部分での気遣いを感じて頂けるはずです。
選ぶパンツは、どちらかと言えば太めのものと合わせる方がトップスのバランスも取り易くなると思いますし
野暮ったい部分と、足元などで軽さを出す様な2つを意識した組み合わせをするとしっくりとくるのではないでしょうか。


はっきりとした色ではなくニュアンスカラーのブルーも好みだったります。
着始めからでも着古したような雰囲気があり、ここから更に風合いが増してくるのは間違いありません。
今まではクルーネックを中心に展開をしてきたので、少しニュアンスを変えるヘンリーネックは着こなしに
変化を与えてくれると思いますし、ざっくりとしたシルエットに合わせた着こなしを楽しんで頂きたいです。

10月19日


ASEEDONCLOUD   Formal Shirt 

color     OFF WHITE

price     33000+TAX

SIZE      XS

二週に渡っての強い雨。今朝は盛岡も朝からずっと降り続いていて、街も雨に包まれている様な空気感です。
台風で被災した地域では復旧作業も片付けも、まだまだ時間と様々な支援・心身のケアが必要な時だと思います。
どうかどうか、これ以上被害が広がらないことを願うばかりです。
体調を崩しやすい気候でもありますので、みなさま暖かくしてゆっくりとお休みをお過ごしくださいね。

春の受注会でオーダーしていただいたASEEDONCLOUDの服も、概ねお客様へとお届けすることが出来ました。
早速着ていただいている方もいらっしゃり、待ちに待った服を楽しんでくださっている事が何より嬉しいです。
店頭にはrasikuでオーダーしたアイテムも並んでおります。
受注会期間中にお運びくださった方でも、案外気付かなかった?モデルがあったりもしますし、丁度気分的にも
着たいと思える服が届いていますので、お客様にはぜひぜひそちらの方もご覧いただけたらと思います。


ジャケットとシャツの間に位置する様な”Formal Shirt”
程よく余裕のあるボックス型のシルエットは肩肘張らずに着られて、それでいてどこかクラシカルで
落ち着いた印象の生地とのバランスが絶妙で、着方によってオンとオフの両方で楽しめる一枚。
ASEEDONCLOUDのシャツやジャケットは過去のCOLLECTIONを振り返っても、作りの良さには際立つものがあって
デザインとしての美しい部分と、日常着として着る人にとっての手に取り易さがちゃんと地続きになっている所が
とにかく素晴らしいなと毎回思いますし、決してカジュアルに振り過ぎず生地やボタン、タックの入れ方などの
節々に繊細さや美意識が感じられて、性別問わずに気付かぬうちに魅了されているお客様がいらっしゃたりと
rasikuでも根強く支持され続けているブランドになります。、


首元のラペルはジャケットに用いられるノッチドラペルを極端に小さくした形状。
オープンカラーシャツの様にも見える、シャツとジャケット両方のディティールを組み合わせた仕上がりです。
その分インナーには、薄手のカットソーやタートルも合いますしバンドカラーやフリルなどの少し首が覆われる
タイプのシャツなどを合わせて、ざっとラフに羽織るのも素敵だと思います。
袖口はボタンが2つ付き、カフスの調整が可能で、細かな点もしっかりとした作り込みがされています。
デザイナーの物作りのコンセプトの1つに、年月が経っていつの日か古着屋さんが見てセレクトされるような
新しい古着を作りたいという想いがあり、消費される服ではなく、人と長く付き合っていく服という視点が
しっかりと表現された一着だなとも思います。


両サイドはスリットが深く入り、前丈と後ろ丈で大きく差をつけています。
カッティングも曲線的ではなく直線的な所謂ボックス型で、身頃などにも絞りが殆ど入らないので
身体に沿うようなバランスではなく、ストンと落ちるような潔いシルエットを構築しています。
女性が羽織る事によって、より生地のドレープが綺麗に出るので気軽に羽織る事の出来るジャケットと
思って挑戦して頂きたいです。


ツイード生地ならではの温もりと、懐かしさの中にも新しさを感じさせる配色になっています。
真っ白ではない白をベースに、黒と茶と差し色になっている水色がポイント。
サイズはXSのみの展開になりますが、全体的に空間があってかほっと着れるシルエットですので
ある程度体型問わずに着ていただけるシャツジャケットになります。
色合わせも明るい色からトーンの落ち着いた色まで、どちらに合わせてもバランスのよい色合いなので
ウール地のシンプルなひざ丈スカートやプリーツスカートに、足元はメンズライクな革靴やミドルブーツ
などなど、秋から冬にかけての装いに彩を添えてくれるようなASEEDONCLOUDの服と共に
この季節をお楽しみ頂けたらと思います。

10月18日


susuri    ラボラトリーガウン

color     ivory

price     46000+TAX

SIZE     1


陽が落ちるのが日に日に早く、散歩から帰ってきた人が纏う外の匂いに少し冬が混ざっていることに
ハッとなって、店内は毎日のように衣替えをしたりしています。ストーブもいよいよ点火。
昨日、今日は遥々遠方からのお客様にお運びいただきました。
それぞれの場所で日々過ごすためのお洋服を選ぶ場所として、少しでもお役に立てたら幸せですし
また日常へ戻り、選んで頂いた服に袖を通して少しでも気持ちが上がったり、気分良く1日の時間を過ごせて
貰えていたら、これ以上嬉しい事はありません。


今季オーダーしていた各ブランドのライトアウターが出揃いましたので、BLOGでスピードを上げながら
お伝え出来ればと思っています。
毎シーズン、コートの完成度とクオリティの高さから外す事の出来ないsusuriから届いたのは”ラボラトリーガウン”
名前の通りコートというジャンルとも一味違うさらっと羽織れるけれど、キリっと真面目な表情のガウンは
研究所のドクターが着る上着をイメージしたもの。しかもそのコートが中東の古いコートだったらな・・・
というところまで想像を巡らせて生まれたコートは、さり気なくエレガントで要所要所に細やかな仕様が施され
着るだけで高まるものがあります。


本格的な冬になる前の、束の間の淡く儚い時間を楽しむための服は個人的には必要不可欠。
カットソーやスウェット、ハイゲージのニット一枚だけでは心許ない時には、何か羽織るかはたまた巻くか。
素材も様々に店内も一番充実しているのも、秋から冬へと季節が移り変わるこの時期だからこそ。
何を着るか迷う時期は、裏を返せば何でも着れるという事なので、だから服が楽しいと思えるのかもしれません。
ラボラトリーガウンは見た目はコート程の重厚感は無いものの、季節の移り変わりの羽織物として丁度良い厚みの生地感で
シャツやワンピースと重ねて軽い羽織として役目を果たてくれます。
毎年必ずやって来る、何を着たら良いのか・・・という季節に間違いなく重宝してくれる1枚です。


前開きでばさっと羽織ったままでも様になるのですが、右胸の内側でぷちっとスナップ釦を留めて
さらに左側にコロコロっと並んだ鈴のようなオリジナルの釦をひとつひとつループに潜らせる。
その1つ1つの仕草も何だか絵になるコートで、釦を全て留めた際のVゾーンの開きも開き過ぎずに絶妙なバランスです。


冬に着るアイボリーや白の色目は、汎用性という面においてはダークトーンに比べると劣ってしまうかもしれませんが
ある程度のお洋服をお持ちの方には、是非挑戦して頂きたいカラー。
秋から冬へと自然と色目が落ちてくる中で気分を変えるのにも打って付けだと思いますし、お手持ちのインナー類の
使いまわしが今以上に広がって新しい着こなしが見えてくると思います。
合わせるパンツは、濃い色のデニムやベージュ系のトラウザーがしっくりくるはずです。

color     black

price     46000+TAX

SIZE     1


素材に用いられているのは、表と裏の密度の異なる生地を合わせたコットン100%の二重織りを使用。
展示会で見た際に心を鷲掴みにされた生地の1つで、良く良く見てみると生地の表面に刺し子の様に
細かなステッチが施さているのが分かります。ドビー織という特殊な織機を用いて作製される生地で
特徴として細かな模様が出す事が可能。強くステッチが施されているので表面に凹凸が出来て、
susuriの独創性のあるパターンと折り合わさる事によって、コート全体の立体感のある表情へと変化を
遂げているように感じます。


ウエストの高い位置にはベルトループとアジャストする為の紐が付きますので、シルエットに変化を付けたい時に
写真の様に前で結ぶのも良いですし、後ろ側できゅっと縛ってAラインを強調する着方も◎
クラシックなコートに付随する様なディティールを、見え方が重くなり過ぎずにプラスするのも
susuriらしさだと思っています。
もし必要が無い場合はあえて外して着用するのも良いですし、着る方のイメージに合わせながらイロイロな着方を
お試し頂きたいです。


何シーズンも岩手の四季を過ごしてみて肌で感じた事は、朝と日中の温度の変化が大きいので素材違いや
保温効果の違う何種類かのコートやアウターを準備していないと気持ち良く過ごす事が出来ないという結論に至りました。
その中でも中肉のコットン素材のコートやアウター類は、秋と春にとても重要な役割を果たしてくれて
冬に繋ぐまでの微妙な温度変化にもしっかりと対応してくれると思います。
1枚仕立てで丁度良い厚みの羽織り物というのは、様々なブランドを見ていますがそう多くは出てきませんし
どちらかと言えば秋冬シーズンに出るコート類の方が、春先の寒さにも耐えうる事が出来るので
汎用性などを含めて納得出来るのが見つかる可能性が圧倒的に高いです。
丁度良い厚みのあるコートやアウター類をお探しの方には、自信を持ってお勧め出来る1枚ですので
是非生地感やシルエットを、実際に袖を通して確認をして頂ければと嬉しいです。

PageTOP