10月15日


JUJUDHAU  SOUTIEN COLLAR COAT

color     TWILL BROWN

price     35000+TAX

SIZE       F


日は出ているものの、室内に入ると冷やっとした空気。そろそろ灯油を買いにいかないと・・・。
いや、まだ我慢かな。と、よく分からない心の葛藤を繰り広げています。
店内でもコートをご試着される方が増えてきたり、セーターなども少しずつ並びはじめていたりと
ゆっくりと確実に季節が移ろいでいるような瞬間を、ここ数日はそこかしこに感じます。
今シーズンは真冬の衣よりも、秋から冬のはじまりに着る服を意識して選びましたので、この時期に必要な服を
お探しのお客様にはぜひ充実している内に、色々お試しいただけたらと思います。

jujudhauからは昨年も好評だった、SOUTIEN COLLAR COATが届いています。
フロントが釦で留まる仕様のコートがjujudhauではそこまで多くない為、珍しいですねという
お声をいただくこともしばしば。
「気軽に羽織れる」という点においては、EAZY COATと比較しても劣らぬ良さがあるので、あとは生地感や
デザインの好みでお選びいただくのが良いというのは言わずもがなですが、ワードローブを一度見返して
コートのバリエーションが必要な方には、お勧めしたいと思える一着です。
オーダーしたカラー(生地違いも含む)は全部で三種類なのですが、そのうちの一色が届いていて
他はこれからの納品になります。まとめて・・・とも思ったのですが、先にご紹介を進めます。


きちっとし過ぎていない襟のカタチや、ドロップした肩。
全体的にゆったりと落ち感のあるシルエットからも、生地やコートその物の雰囲気の柔らかさが伝わるかと。
生地の厚さは中肉で、薄いという感覚は無いですが裏地は無く一枚仕立てなので、適度に安心感のある生地感です。
完璧な防寒としての役割までを求める場合とは、目的の異なるコートになると思います。
肩線から真っ直ぐに身頃へと繋がる直線的なパターンは、生地分量に対して実際に着てみると体型に沿って
すとんと落ちる為、決してシルエットは大きくは見えないと思いますが、中に十分着込める余裕もあるので、
内側の装いを温かく保つ事で着られる時期も変わってくるのではないかと思います。
素材はウール70%・アクリル30%の混合素材。ツイル地の織目が柄とまではいかないものの、
平面的ではない、味わい深く落ち着いた表情を作り出しています。


目の詰まった厚みのあるメルトンの様な生地と比べると、くったりとしたしなやかさのあるウールの生地は
どこか優しいナチュラルなイメージを想像するかもしれないですが、些細なデザインやパーツで見てみると
案外このコートは可愛いというだけではなく、柔和な空気を渋い生地で包み込んだような趣を感じさせます。
フロントは比翼釦で正面から見るとごちゃっとせずに静かな佇まいですし、控え目な襟は立てても寝かせても
顔の周りの邪魔にもならずに首元をそっと包んでくれるようなさり気なさ。
上からぐるっとストールを巻いても気になりません。
比翼に隠された釦も、雰囲気の良い水牛の釦。案外こういったパーツの選び方がどんな印象を与えるかの
重要な役割を担っていて、それはどちらが良い悪いということでもなく、バランス感覚の様なもので、
自分の中の好みにも影響してきます。個人的にjujudhauのこういった物作りがとても好きだなと思います。


かちっとした装いに・・・というよりも、日常使いのし易さや、カジュアルな服装にも合わせられて
それでいて適度にきちんと見せてくれるという絶妙な塩梅をさくっとくみ取ってくれるjujudhauのコート。
冬真っただ中では保温力に限界がありますが、今は機能性に優れたインナーダウンなどを合わせて頂ければ
十分に真冬でも過ごせるコートだと思っています。
そろそろ冬に向けた物選びをしてみるのも良いのではないでしょうか。
デザイン・価格・素材感、どれをとってもお勧めの1枚です。

PageTOP