10月24日


trippen     CHELSEA

color       BLACK

price       52000+tax

SIZE       35    /    36    /    37    /    38    /   39


展示会月間がひと段落し、昨日は久しぶりにふたり揃っての休みでした。
友人夫妻が声をかけてくれて近場の山へ紅葉狩りへ行ったのですが、これが絶好のタイミング・・・
緑から黄色・赤・オレンジの木々の葉のグラデーションが泣けるほど見事だったのは言うまでもなく、パーっと
光が差し込む晴れ間の瞬間もあれば、雨がミストのように降り注いだり。かと思えば、雨と風が激しくなって
脱いでたブルゾンで慌てて身を覆ったりと、山ならではの天候に身を委ねつつ美味しい空気を体中に巡らせた数時間。
ゆっくりとした呼吸が出来たのも良かったですし、じわりと汗をかいたのが、その後の温泉沁みる度数を高めてくれて
ほんとうに最高のリフレッシュとなりました。また今日からしっかりコツコツと。

今季のtrippenは継続して展開したいモデルのサイズが欠けていた分の追加と、新型を一型。定番でありながらも
rasikuでははじめての展開となるヒールのあるエレガントな一足を。全てミドルブーツでご用意しています。
先ずは継続して好評いただいているモデルを改めてご紹介です。
冬の悪路でも頼りがいがあり、そしてお出掛け靴としての見た目との両方を兼ね備えたtrippenの名品コンビ。
ずっと気になられていた方は、ぜひフルサイズ揃ったこのタイミングをお見逃しなく。

サイドゴアブーツはある意味ここ数年では幅広く浸透した靴の一つとも言えると思うのですが、
似たようなデザインでもその靴の醸し出す雰囲気や、印象には其々違いがあるなぁと感じます。
CHELSEAをここ何年かは秋、特に冬は欠かさずに履いていますが、個人的に一番気に入っている所は
ボトムを選ばず干渉しない足首からアッパーにかけての美しいラインと、バッファローレザーの質感。
バッファローレザーは、表面に細かくシボがあり雨や雪の日でも躊躇せずに履きたいと思えるレザーで
更に万全な対策をするのであれば、防水スプレーを一振りしていただければ準備万端です。
雨や雪対策でそれ用の靴を用意するのも勿論良いと思うのですが、足元だけが浮いてしまったりスタイルが
決まらない事がある様な気がしていて、シンプルで機能性を持った革靴を選ぶのも1つの選択肢としてお勧めです。


履き始めは両サイドのゴムがぎゅっときつい印象があるので、脱ぐ時などソックスが途中で脱げてしまったり
という事もあるのですが、履きなれてくると着脱がスムーズになり、秋冬シーズンのメインに履ける革靴として
きっと長く付き合える一足になると思います。
ソールは「Katmandu」と呼ばれる、凹凸があり軽くてグリップ力に優れたものを採用。
冬道にも十分に対応出来るので、冬靴としての機能をしっかりと備えたブーツと言えると思います。


裾が極端に細くなっているパンツでなければ、足首の部分を被せて履くことが可能。
パンツを合わせた際に靴のボリュームが出過ぎずに、すっきりとしたフォルムを保てる点がtrippenが作り続けている
サイドゴアブーツの最も優れた点だと感じています。
ラスト自体が甲を低く設定し足の浮きを最小限に抑えると共に、視覚的にもワークブーツの様な無骨な印象を抑える
作用が働いていると思います。紐靴ではないので完全フィッティングにはなりませんが、それでもこの手の靴の中では
トップクラスの履き心地に感じて頂けるはずです。


少し畏まった服装をして足元が悪い中でも出掛けなければならない際にも、在ると便利な1足になると思っています。
冬場になると外へ出るのが段々と憂鬱な気持ちになってきてしまうのですが、歩きたいと思える靴が在るのと無いのとでは
ライフスタイルにも大きく関わってくるので、「寒さ」と「雪」という北東北のハンディギャップを和らげてくれる
存在になってくれるのではないでしょうか。何度入荷をしてきても素晴らしいと思えるブーツです。

trippen     NOMAD

color       BLACK

price       49000+tax

SIZE       35    /    36    /    37    /    38    /   39


trippenを代表するミドルカットのレースアップブーツ”NOMAD”
遊牧民が履いていた伝統的なシューズをモチーフに幾重にも重なるレザーが足全体を包み込んでくれる1足。
シューレ―スを1回1回結び直したりする手間はありますが、その分の足首をしっかりとホールドするフィッティングの
調整に関しては申し分ありません。以前にトートーニーの靴のイベントでデザイナーの神田さんからも、長時間歩いたり
足に少し不安を抱えている方にはミドルカットのレースアップブーツが一番お勧めというのを聞きましたが
足首をしっかりとホールドする事によって、浮いたりずれたりが少なく、それが足にとって良い環境になるそうです。
単純に登山靴などがそういう設計になっているのは、理に適っているからで、デザインや可愛らしさというのも勿論ですが
長時間歩いたりする事を目的としてレースアップを選ぶのも、靴を揃えていく中の選択肢として良いのかもしれません。


アッパーには植物タンニン鞣しのカーフレザーを採用。
trippenのレザーの中ではとても柔らかくて履き始めからでも足に馴染む印象があります。
吐き口が細くて狭く見えるかもしれませんが、レザーを何枚も重ね合わせているので見た目よりも開きがあり
履き易く、一番上の紐を解いて頂ければ足がすっと入る様な作りになっています。
ソールは「BLOCK SOLE」と呼ばれる6つのブロックからなるデザインと機能性の2つを併せ持ったものを採用。
細かな凹凸がありますので、冬の路面に対してもしっかりとしたグリップ力を発揮してくれると思います。
これからの季節は厚手のソックスを履いたとしても紐でフィッテイングの調整出来るので、一手間は掛かってしまいますが
そういった仕草も楽しみの1つとして捉えて頂き、冬靴として機能的な一面も併せ持っていると思います。


レースアップのブーツはタイツやスカートとの相性が抜群です。
足首を細く見せてくれる視覚的な効果もありますし、何より曲線的なシルエットが女性らしさをプラスしてくれます。
スカートに限らず、ワイドシルエットのボトムスを短めの丈で合わせて、足首をちらりと覗かせる履き方もお勧めで
紐靴にしか出すことの出来ない、可愛らしさとエレガントさを併せ持ったフォルムが何とも言えず好みです。
いつの時代にも古臭く見えずに、長年に渡ってtrippenが作り続けるのにはそれなりの理由があると思います。


改めてご紹介する二つのモデル。
いつも店頭に並べているので良く見慣れたその姿も、いざこうしてコーディネートを考えて写真に写してみると
どちらも無理無駄がなく、洋服と着合わせる事でより良さが引き出される様な感覚があり、ある意味で完成された
デザインではないかと思ってしまいます。どんなに素敵な洋服を身に着けていたとしても、足元に意識が届いて
いないとそれを台無しにしてしまう事もあったりするので、私達にとって靴という存在は洋服を提案するうえでは
切り離すことのできない部分。なのでついつい色んな靴に目が留まってしまうので、それはそれで大変です。苦笑
何はともあれ、trippenをはじめてからずっとお店にあり続けるこの二型。ぜひご覧ください。

PageTOP