11月23日


holk     HAND KNIT SWEATER

color     BLACK

price     50000+tax

SIZE     1    /    3  SOLD


11月は他の月に比べても一段と早く過ぎ去り、気付けばあと1週間となりました。
何となくぼんやりと年末、そして来年のことなどを考えてみるものの、改めて先の事を決めたりするのが
どうも苦手な性格で、結局は1日1日の積み重ねでしかないと自分に言い聞かせながら過ごしています・・・。

個人的にとても楽しみにしていたニットとパンツが届きました。
holkの展示会に行った際に、一際存在感を放っていたセーター。
毎シーズン1型のみニッターさんにお願いをしてハンドニットをリリースしているのですが、
今シーズンはざっくりとしたローゲージの糸をログウッドで染色(ブラック)して編み立てています。
自分達も以前にハンドニットで作製されたベストを購入しましたが、一生ものという言い方はあまり過ぎではないですが
余程体型が変わらない限り着続けていたいと思える1枚に出逢えたと思っています。
見た目はとても重厚感があるのですが、袖を通してみるとハンドセーターならではのきつ過ぎない心地の良いテンションと
風合いは素晴らしく、プロダクトとしての冷たさとクラフトの暖かさのどちらの要素も併せ持っているように感じます。
洋服というカテゴリーであるのは間違いないのですが、ジャンルを問わずにモノを同じ目線で並べて見た際に良い意味で
価値観を揺さぶられる逸品だと確信しています。


デザインはシンプルなラグランスリーブのクルーネック。
首元は少しゆったりとした設定で、インナーはシャツではなくクルーネックのカットソーが納まりが良くベスト。
シルエットは全体的にゆったりとしたバランス感で作られているので、ジャストサイズではなく身頃に余裕を持った
着方がお勧め。手編みのセーターならではの身体を包み込むような程良いテンションを感じて頂きたいです。
袖口・裾のテンションもきつくないので、セーター全体が綺麗に落ちるような感覚があると思います。


セットインスリーブではなくラグランスリーブを採用しているので動きが制限されずに着る事が出来ます。
ローゲージのセーターなので保温性も高くあれこれと重ね着をするよりも、風をシャットアウト出来るざっくりとしたコート
(オイルドジャケットやトレンチコート等)を羽織ると、見た目のバランスも含めてしっくりとくるのではないでしょうか。
個人的にはハイテクな素材よりも、クラシックなアイテムとの相性が良いなと想像してしまいます・・・


手編みのセーターというだけでプラスαの価値が生まれるのは必然かもしれませんが、デザイン・色・価格などを
含めて、手仕事という要素に意味を強く持ち過ぎず、日常着として違和感なくマッチする事が大切だと思っています。
holkの物作りの姿勢がしっかりと落とし込まれているように感じましたし、プレーンな表情がかえってとても新鮮で
普段穿き込んで色落ちしたジーンズやクタクタになったスニーカーなどに合わせたりしたいなと想像したり。
デザイナー自身があえて毛玉が出来やすい糸をわざと選んでいるので、経年変化も含めて自分なりの解釈で付き合っていって
欲しいという想いも込められています。

holk     kang fu pants

color     navy

price     28000+tax

SIZE     1    /    2


コーディネートで合わせていたパンツもholkが毎シーズン素材を変えながら定番でリリースしている”kang fu pants”
というモデル。ウエストがイージー仕様でリラックスした着心地のパンツで、程よく太さがあって膝から裾にかけて
緩やかにテーパードしたラインの綺麗さは秀逸です。
秋冬の素材なので目の詰まった軽くて暖かなウール100%。尾州地区で古くから稼働をし続けている織機で織られる生地は
肌触りと保温性が高いのに加えて、表面に艶のある表情も他ではあまり見る事が出来ないと思います。
生地は厚みがあるというよりは中肉くらいですが、岩手のような気温の低い地域でも十分に通用する素材だと思います。


ウエストは総ゴムで内側にアジャスターが付いているので、体型に関わらずある程度幅広く対応が可能。
ポケットは左右に1つずつとバックポケットに2つで合計4つ。
パッチポケットが付くのでカジュアルな印象になりますが、素材の雰囲気やシルエットなどをみると
イージーパンツとは思えない程、しっかりと計算され作り込まれた印象を受けます。
個人的にイージーパンツで気になるディティールが内股・外側の縫製を両方ともに巻き縫いにする点。
脇割りの始末も嫌いではないのですが、ラフな雰囲気を打ち消す役割を果たしてくれるので
特にイージー系のパンツに一手間掛かる縫製を実現している事もholkならではの物作りだと感じています。


お尻回りからワタリ幅は余裕を持たせているので窮屈に感じる部分が皆無で、長時間穿いていてもストレスを
感じさせない作りになっています。昔からウールのパンツにキャンバスのスニーカーを合わせるのが感覚的に
ずっと好きで、暖かな素材感にチープなキャンバスのバランスが好みだったりします。
イージーパンツなのであまりに丈をだらしない長さにしてしまうとシルエットが崩れてしまうので勿体ないですし
冬場は足首を出すと寒く感じてしまうので、足首がギリギリ隠れるくらいの長さにすると良いのではないでしょうか。


サイズは1と2の2サイズでの展開。
ちなみに僕(身長178CM 体重64キロ)が穿いているサイズが2になります。
程好くゆったりと穿けて、ルーズになり過ぎずに丁度良いバランスに見えると思います。
holk自体はユニセックスで展開していますので、男性・女性に関係なく自分のイメージするサイズ感で選んで頂きたいです。
ラフに穿けるにも関わらず、きちんとしたシルエットを作り出せるパンツはそう多く出逢う事はありません。
スタイルを選ばずに普段使いから旅行などにも重宝する冬に欠かすことの出来ない1本になると思いますので
暖かく柔らかな素材に包まれる感覚を手にして頂ければ嬉しいです。
どちらの製品もとてもクオリティが高く、洋服の奥深さや素材に身を任せるような感覚を手に出来ると確信しています。

PageTOP