12月20日


shetland woollen co.   CREW NECK

color     DUCKEGG

price     22000+tax

SIZE     XXS    /    XS    /    S   

明日は早く起きれそうな気がする!!と意気込んで布団にはいったのですが、どういう訳かいつもより遅い起床。
窓の外を見ると昨日まで一粒もなかった雪がしっかりと積もっていました。
だからか・・・というのも変ですが、街の動き出す音を雪が吸収してくれてぐっすり眠れてよい目覚め。
冬の早起きチャレンジはいつ成功するのか・・・。

昨年に引き続き、「shetland woollen co.」のシェットランドセーターをカラーを変えてのご提案。
セーター表面の毛を起毛させる事により、保温性を高めるという原始的な機能性を持ったシャギードッグセーター。
昔ながらの製法を現在に至るまで貫きながらシャギードックセーターを生産している数少ないメーカーの1つ。
ティーゼルブラッシャーと呼ばれる棘のある植物の実を機械に付けて表面を起毛させる方法。
非効率的な生産方法であり、現在のシャギードックセーターの殆どは薬品などを使って起毛をさせているのですが
本物と言えるのは「shetland woollen co.」を含めて数えるだけとなっています。
実際に自分達でも昨年購入して袖を通してみた感想は、今まで着てきたものとは明らかに保温性と着心地が格段に
良いという事。そして素材がとにかく軽いので長時間着ていてもストレスになり難い点がとても良かったです。
冬の定番としてワードローブに欠かせない存在になったのは言うまでもありません。
昨年は展開しなかった一番小さいXXSをご用意しましたので、小柄な方にも挑戦をして頂けるのではないでしょうか。


今季選んだ色のうちの1つ”DUCKEGG”は、淡いブルーの色目がすっきりと晴れ晴れとした気持ちにさせてくれます。
冬のダークトーンの中に光る優しいカラーは、柔らかなウールの質感と相まって”ネイビー”や”ブラック”類の
重ためになりがちなコートやジャケットのインナーとしてお勧め。
どうしても暗い色目が落ち着く季節だからこそ、明るい色の洋服は気分を変える意味でもとても重要。
自分に似合うかな・・・と思う色目でも、着てみると案外良かったという事はありますし、着れる色が増えるのは
洋服を選ぶ際の選択肢が増えるのでプラスになる事しかありません。


首・袖・裾、どのテンションも程良くて、窮屈に感じたりストレスになる事はありません。
シルエットの特徴を言えば、やや着丈が長めに設定をされている事くらいでしょうか。
お尻に掛かるくらいの丈の長さがありますので、リブのテンションを使って着丈を調節することで
其々の好みに沿った着方は出来ると思います。


毛玉が苦手な方には不向きなセーターになると思います。
むしろ毛玉が出来る事を前提に作られているセーターですので、そういった背景を楽しむのも重要ではないかと。
着用をする毎に、表面の起毛をしている部分が固まりコロンとした大きな毛玉が出来てきます。
切って整えても良いですが、保温性が下がる1つの要因になりますので必要最低限に抑えるのがベストだと思います。
くるんくるんとした毛玉を見ていると可愛らしくも見えてくるので、毛足の長いウールセーターの醍醐味と
思って楽しんでいただけたら嬉しいです。


数あるセーターの種類の中で、シェットランドセーターと言えば、はじめの1歩と言ってもいいでしょうか。
価格帯・保温性・着心地どれをとっても丁度良いバランスで、ワードローブの中心にくるような間違いのない1枚。
モコモコとしたウールの質感は季節を肌で感じさせてくれますし、毎シーズン変わる事のない普遍的なデザインは
気に入ってしまうと、色違いで集めてしまいたくなる中毒性も持ち合わせています(笑)

color     LUSH

SIZE     XXS    /    XS    /    S   

もう一色はグリーン系の”LUSH”をセレクトしました。
どちらも明るめのカラーではありますが、濃いめの深いグリーンはもみの木の色にも見えてきます。
静かな冬の森でゆっくりと呼吸しているような気持ちになる、そんなセーター。
パンツスタイルには勿論ですが、綺麗なスカートと合わせて程良く力を抜いたカジュアルなスタイルにも◎
服装を選ばない懐の深さと汎用性の高さもシェットランドセーターの魅力の1つになるかもしれません。
寒い地域に住んでいれば尚更の事ですが、保温性の高いセーターは素材違いや糸の太さによって何種類か
持っていると、気温に合わせて着るものを変えられるのでダメージが少なくなり長持ちに繋がります。
地肌に直接着るカットソーなどと違い、消耗品になり難い点もニットの特徴です。


年々様々な理由で圧倒的に数が少なくなりつつある、商業的ではなく古臭さも残るインポートらしさの残るプロダクト。
さらりと穿きつぶれそうなデニムに合わせてもそれだけで十分にサマになりますし、定番と言われ続けているアイテム
だからこそ、個人の着こなしによって様々な表情を見せてくれるはずです。
冬の本番はこれからです。目にも身体にもどちらにも温かみを感じさせてくれるセーター。是非ご覧頂ければと思います。

PageTOP