12月24日


SUNSHINE+CLOUD  THE CARDIGAN

color     RED

price     30000+tax

SIZE     1    /    2

color     CHARCOAL

price     30000+tax

SIZE     1    /    2

今シーズンSUNSHIN+CLOUDよりセレクトしたニットは、とても対照的な二型。
ひとつは少し前にBLOGでご紹介いたしました、”LOOSE KNIT CREW
こちらは癖の無いシンプルなデザインと、重さや動き辛さなどのストレスから解放された大人が味わう上質なニット。
カシミヤ100%を使用した軽くてスルスルと滑らかな肌触りのニットは、ふっと息を吐いて心休めたい日や
身軽にして自分の好きな時間を好きな場所で過ごす、そんな日の装いにお勧めしたくなるニットです。
そして、今回ご紹介するもう一型というのが、どちらかと言えば正反対な印象のミドルゲージのVカーディガン。
首元の浅いVゾーンと身頃がゆったりとしたボックス型のちょっと気の抜けたお茶目なシルエット。
袖と裾のリブにテンションを入れずに作製されるので窮屈な印象が一切なく、心地良さを最優先するブランドならではの
オリジナリティを感じるデティールと言えます。


カーディガンを選ぶ際の一番気になる点は首元の見え方。
特に深いVゾーンが昔から苦手なので、出来る限り浅い方が自分としては好みだったりします。
“THE CARDIGAN”はその事を知ってか知らずか、浅めに作られているのでそれだけで何だか好感を持ってしまいます。
それとSUNSHINE+CLOUDの製品に共通する部分として、身頃の広さに対しての丈のバランス感。
プラスしてアームホールのゆったりとさせている所は、最初は何処かしらに違和感や見慣れなさがあると思うのですが
それは大前提と思って着て頂けると、徐々にこのデザインしてないデザインの奥深さと心地良さに気付くはずです。


素材は程よく油分を感じるシェットランドウールを使用。
そこまで重さは無いですが、しっかりと目の詰まりを感じられるミドルゲージのカーディガンは
温度調整が必要な場所で過ごす時など、さっと脱ぎ着が出来て便利ですし、適度な季節感も出せます。
見るからに温かみのあるウールの中でも特に”RED”の色目はブランドらしさを前面に感じられる、
いちごジャムのような可愛らしさのある色目で、着るだけでチャーミングな印象にも映ります。
肩はセットインスリーブで、パッチポケットが左右に1つずつ。
ポケットの位置や形状も、ここなんだ・・・と思ってしまう所も、遊び心が表現されているように感じます。


ざっくりとしたウールのセーターやカーディガンはある意味冬の旬とも言えるアイテム。
特にウール100%の素材に手が触れた瞬間の、何とも言えない、じわりと心まで温かくなるような感覚は
はっきりと冬を意識する寒さの厳しい北国だからこそ、より強く味わえると思いますし、四季を感じられる
洋服の醍醐味のひとつとも言えるのではないかと思います。
期せずして、何気なく組み合わせたコーディネートがクリスマスカラーになってしまいましたが
今日はクリスマス・イブ。自分の気付かない所で、どこか浮かれたい気分だったのかもしれません・・・。
そんな訳で、本日は都合により18時閉店とさせていただきます。

どうぞみなさま、今宵もあたたかく、其々の場所で佳い時間をお過ごしくださいね。

PageTOP