1月23日


JUJUDHAU  DOUBLE BUTTON SHIRTS

color     TWILL BEIGE

price     20000+tax

SIZE     F


大寒を過ぎても、まだ当然気温は低いものの、朝の陽射しの中にほわっとしたものを感じたり
あとは夕方16時頃になると今までは暗闇だったのが、日が少しだけ長くなったこと。
雪が少ないというのも確かに過ごし易いですが、やっぱり陽の光を感じられると嬉しいです。
そこに春夏商品の入荷もあると、より一層気持ちだけは春へ春へと進んでいくのでした。
いま店内はバランスを見ながら季節問わずな感じで服が並んでいるのでじっくり探すと面白いと思います。
その中で何かお気に入りを見つけていただけたら良いなと思うので、ぜひお運びください。

JUJUDHAUの秋冬シーズンでオーダーしたツイル地のシャツとスカート。
コットン100%なので真冬よりもきっと秋と春に着たくなるし似合う素材だなと思っていたので
せっかくならセットアップで着てみよう!とこれもまた暖かさのお陰か、BLOG用の撮影の意気込みも違います。
気分が茶やベージュ、白、生成に向かっているため、個人的にはセットアップが想像以上に好みでしたが
無理にお勧めはしません。それぞれ別々に着ても恐らくすんなりと日常着に仲間入りしてくれると思います。


正面の真ん中で生地を折りたたむようにしてひだを作り、首元を二つの釦で留める。
なんともJUJUDHAUらしい大胆さとユニークさと、絶妙な可愛さを混ざり合わせた”DOUBLE BUTTON SHIRTS”
重なる部分を釦で留めているので、釦ホールは4つ開いている。
単純な構造で一見すると普通に感じますが、中々に斬新であまり出逢うことの無いデザインは
着てみても、どことなく曖昧な感じと少しの違和感を纏う感じで、それがなんとも癖になってしまいます。

JUJUDHAUに用いられる釦は、動物の角や骨を削ったボーン釦。
すべすべの触り心地と、コロンと丸い小さなフォルムが服のアイコンとしても際立ちます。


肩はドロップしていて身幅にも余裕があります。
釦をすべて外せば首回りも広く開くのでプルオーバーの懸念されがちな着難さもそこまで感じません。
着丈は短めで、袖幅と袖丈はすっきり目。
ほんの少しですがフレアなシルエットになりますが、大きい印象では無いので小柄な方にも気兼ねなく
着ていただけるサイズかと思います。
ボトムとのバランスも取り易いので、ワイドなパンツもボリューミーなスカートもばちっと合いますし
テーパードタイプやスタンダードなデニムでゆるりとした着合わせも良いなと思います。


背中のデザインも特徴的。
内側に入ったプリーツにより肩回りが動きやすく、また後ろのシルエットに立体感が生まれます。
コンパクトなようで着ると空間があって着心地も楽だったり、全体的にたっぷり大きめに見えて
着るとすとんと生地が落ちてドレープが綺麗であったり、着る人それぞれの体型に沿って形が決まるような
JUJUDHAUの服。決まりも正解もなくて自由に着て楽しいと思える服なので、ぜひ目に留まった方には
お試しいただけたら嬉しいです。

JUJUDHAU  GATHER SKIRT

color     TWILL BEIGE

price     18500+tax

SIZE     F SOLD


セットアップで着たかったのも、このスカートとのバランスがとても良かったから。
左右にポケットの付いたシンプルなギャザースカートは、今までも何度か生地違いで展開してきた
定番の形になります。
ウエストは総ゴムですが緩くなりすぎず、腰まわりのギャザーはある程度しっかりと入りつつ膨らみは優しく。
この塩梅が意外と難しかったりするので、形の良いJUJUDHAUのギャザースカートは定期的にセレクトします。


スカート丈は約80cmなので、大体ひざ下か脛あたりぐらいの位置から足首が覗くぐらいの丈感で
穿いていただけると思います。
ツイル地の柔らかさと強さ、そして何よりこのベージュ。白から黒までどちらに振ってもまとまり易く
せっかくならワントーンでの装いも楽しんで頂きたいなと思わせてくれる色味です。
コットンですがそこまで薄地では無いので、ウールタイツやレギンスを下に穿けば今からでも着られますし
春には白シャツやパーカにカットソーといった、春と言えばなアイテムと軽やかに組み合わせるのも良いですね◎
同素材のパンツも一型ございますので、ぜひ店頭で見つけてください。

PageTOP