2月22日


LOCALLY   C/W MUJI WINDOWPANE STOLE

color     CHARCOAL

price     27000+TAX

SIZE      100×180


「布を着る」というテーマを掲げて作製されるLOCALLYの大判タイプのストール。
個人的には薄い羽織物に匹敵するくらい、もしくはそれ以上にLOCALLYのストールの使い勝手や満足度は
高いと思っている程に、古い織機で織り上げられる布は素晴らしいポテンシャルを秘めています。
今までは愛知・尾州地区の産業でもあるウールアイテムを秋冬メインで展開を継続してきましたが、
今回は春夏シーズンにもコートの代わりになればと考えていたところ、1型だけコットン96%×ウール4%の
肉感のあるストールが展開されていたのでオーダーしました。
二色展開のどちらの色目も落ち着いていて、それでいて軽やかさもあり、季節の変り目にさっと巻いたり、
肩に羽織ったりと丁度良いなと思います。

color     LIGHT GRAY


コットンの配合率が高くしっかりと目の詰まった素材感で、気を使い過ぎずに手に取れるのも
LOCALLYのストールの特徴であり良さだと感じます。
柄は無地ですが、織りで凹凸を付け格子柄を表現していて、十分に表情の豊かさに繋がっています。
実際に首元に巻いた際に、シンプルながらもしっかりとした存在感を放つのはションヘル式織機と呼ばれる希少な機械で
じっくりと時間を掛けて織られる事で、生地に沢山の空気を含んでいるからこそだと思っています。
使っていく毎に更に肌に少しずつ馴染む感覚があって、見た目では想像がし難いのは確かですが「1枚の布」の
持つ力と素晴らしい経年変化、そんな事も含めてお付き合い頂けたら嬉しいです。


通常のマフラーなどに比べると横幅が広く取られているので、首に巻くとかなりボリュームのある見え方になります。
感覚としては布に守られているようで、これはこれで保温効果もあって好きな巻き方の1つ。


横幅の長さを活かした使い方として、上半身に布を纏う様なイメージで羽織るとより良さが引き立ちます。
始めはどうしても大判サイズに慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、1枚持っていると微妙な温度変化にも
ささっと対応が出来て、新幹線や飛行機などの乗り物や空間でもコートを脱いで時間を過ごす際にとても重宝します。
私達も旅に出る時は必ずと言って良いほどに持ち物の中に入れているストールで、移動空間を心地良く過ごすための
道具の様な感覚で持って出掛けています。
もし汚れたり汗などをかいたとしてもジャブジャブ気にせずにお洗濯出来るのもLOCALLYのストールの良さです。

LOCALLY   SHEARING STOLE

color     BLACK

price     15000+TAX

SIZE      100×200


もう一型は薄手のコットンを用いてポリエステルの糸でアクセントを入れたシャーリングタイプのストール。
大きさはコットン×ウールのタイプと同じなのですが、使っている糸がかなり細いのでボリューム感が全く異なります。
重たいコート類を脱げる時期くらいから重宝しそうなイメージで、カラーはブラックと藍の2色。
「藍」の色目は特に好きな方が男女ともに多いと思いますので、首元に鮮やかなブルーを差し込むことによって印象が
がらりと変わり、一味違った組み合わせを楽しむ事が出来るので挑戦して頂きたいです。

color     藍

price     22000+TAX


大きさの割に、そこまで大袈裟にボリュームが出過ぎないのでぐるりと巻くだけで良い雰囲気に感じて頂けるはず。
太陽光で見る「藍」の色合いはまた違って見えてくると思いますし、白系の洋服が自然と手に取りたくなりそうです。
マフラーやストールは洋服と同様に季節によってウール・コットン・リネンなど季節に見合う素材のモノを
身に着けていると単純に心地が良いですし、日本の四季を感じるきっかけにもなると思っています。


LOCALLYのストールは単純に1枚の布で出来ているので、奥に秘めている素材の良さや機能性・利便性を想像するのは
そう簡単ではないと感じてはいるのですが、手にしてみると予想以上に使い勝手と心地良さを実感して頂けるはずです。
巻物として重宝するのは間違いないですし、ある意味服の一部としてコーディネートに取り入れていただけると面白味も、
使い道も一段と広がります。
洋服の立ち上がりの時期だということもあって、現在ストール類がやけに充実中の店内。
いよいよ3月も近づくにつれ、自然と素材・見た目などちょっと重たく感じるものに変化を取り入れたくなります。
コートを探す方が多いと思いますが、案外ストールはそこまで選択肢が無かったりで持っていない方もいらっしゃるので
この機会に色々素材の違いや、デザインなど比べたり見て触れていただけたら嬉しいです。

INFO


明日19日(水曜日)は定休日となります。
明後日20日(木曜日)は臨時休業日となりますので、お間違いのないよう宜しくお願い致します。

2月18日


homspun   リネンバイオ ノーカラーPK付き BIGシャツJK

color     ブルー

price     32000+TAX

SIZE      F


朝起きぬけに見たときには薄っすらと雪化粧程度だった景色が、ほんの数時間で5cmほどの積雪に。
やむ気配もなく、静かに(でも、意外と横から巻き上げてくるタイプの降り方な時も)降り続いているので
こんな日はゆっくり本でも読み時々お茶を飲みながら、お客様を待つ。そんな時間もまた良いのです。

何年か前に同じデザインのシャツを展開し、選んで下さった方がとても気に入っていると伝えてくださり
嬉しい記憶として残っているhomspunのビッグシャツジャケット。
ポケットが変わった位置にあり注目必須ポイントになっているのですが、着方が2パターンあって面白く
その時の気分や中に着るインナーとボトムスのバランスによって違いを楽しめる一着です。
一見普通なのですが、よく見てみると何とも不思議で、なぜ?とも思うようなデザインを
こうもあっさりと別に大したことではないよね、という軽快さで作ってしまうhomspunが好きですし、
とてもチャーミングだとも思います。


着方が2パターンあると書きましたが、構造としてはとてもシンプルです。
釦を外して左右どちらを前にするかで、着方・見え方がちょっとだけ違ってきます。
写真では右前立てを前面に出して着ました。
フロントの中心に並ぶ釦も何となく留めている雰囲気ですが、実際に留めているのは鎖骨付近にある
左肩の小さな釦と、見えないですが内側でも一つループ釦を留めています。
TOPしか留めていないので、前は動きにも自由さがありシャツを着ているというよりは羽織っている感覚。
どこかの国の民族衣装のような感じも漂わせつつ、ひらひらと振れの大きさを活かし中に柄のインナーを着たり、
夏はノースリーブのワンピースなどにさらりと羽織ってみるのも良いのではないでしょうか。


見えている縫製の殆どが0番手の太い糸を使用していて、ぎりぎり目立つか目立たないかの絶妙なバランスの
ステッチワークは着ていくほどに、デザインの一部を担っている事に気付くのですが、このシャツで言えば
脇下のマチの部分など見えないところまで、拘ったというか楽しめるようにデザインされたステッチが
とてもhomspunらしいなと思えますし、自分だけがにやりとしてしまう服だなと感じます。


袖にはカフスがあって、裾もhomspunのシャツによく用いられる前後で異なるカッティングにしてあり
全体的にゆったりとしたサイズ感ではあるのですが、シャツのきちんとした要素もしっかり含まれていると
着てみると、より思います。
袖の設定も長めなのですが、カフスの釦を留めてパフスリーブとまではいかないですが、
ふわふわっと袖をたるませて着るのも良いですし、思いきってぐるぐるっと捲ってしまうのも
デザインの雰囲気とマッチして良いのではないかと思います。


後ろ姿はバックヨークと細やかなギャザーで至ってシンプルなデザインに。
丈も長くお尻が隠れるぐらいあるので、小柄な方ですとチュニックやミドル丈の羽織物の感覚で着る
イメージをしていただくと、普段の服装の中に取り入れ易いかもしれません。
ベーシックなシャツとも、またワンピースとも少し違う、不思議なニュアンスを醸し出す服ですが
スカートでもパンツでも細身でもワイドでも合わせられるので、気分的に変化球を取り入れたい方には
難なく着合わせが出来、気分を盛り上げてくれる一着として、お楽しみいただけるはず。
(ブルーの色味だけ、写真で上手く色が出ずもう少し紫色がかったハッキリとしたブルーになります。)

color     ブラウン

SIZE      F

色違いのブラウン。
以前にBLOGで、素材は一緒ですが別の形のワンピースをご紹介しました。
その時にも書きましたが、今までは率先し選ばなかったような色が最近ではとても気になったりもして、
少しずつ取り入れてみるようになったら、良いなと思う色や、可愛い配色だなと思う物にも広がりが
感じられるようになった事がとても嬉しいですし楽しい。
素敵な色合わせをされている方を見るとつい目で追って自分にも出来ないかなと頭の中で妄想が広がります。
ブラウンは手強そうにも感じるかもしれませんが、濃すぎないレンガのような色味なので、白を合わせると
すんなりと馴染み柔らかな印象に映ります。
反対にネイビーやブラックといったような濃い色目をボトムに合わせると、若干渋い感じもしますが
きりっと締まった印象で、どこかユニフォーム感があってとても好みです。


これはブルーの着方とは反対に、左側を前にして着た際の見え方。
釦ホールがあるので、シャツを着るのと変わらない要領でフロント部分の釦をとめていきます。
首元のみループ釦で留めるのですが、きちっと留めずにラフに着るのも良さそうです。
注目すべきは半分だけ顔を覗かせているポケット。
なんとも気になりますし、よく見ると怪しげなのですが見たことのない面白い構造に胸が高鳴ります。
実際に使うかどうかは別としてポケットの配置としては斬新なはずなのに、それがはじめは違和感が
あったとしても、着ているとまったく気にならなくなってくるという不思議。


ハリのあるバイオリネンは今日のような冬全開の日にはお勧めしませんが、中にタートルなどを合わせたり
中肉のコートなどを羽織ったりして、冬場でも気温が高い日に着たりしています。
実際に一枚で適温で着れて、重宝するのは春先から夏の入り口くらいになるとは思うのですが、
こういった前開きタイプのシャツアイテムは気温差が激しい日や、何を着ようか迷ったりする時に
手元にあるととても便利なので、少し春物に気持ちが動き出した方などにお勧めしたいです。
homspunらしい楽しいギミックがとても出ていて、袖を通す度に2通りの着方を迷ってしまうのも良いなと感じています。
冬から春への切り替えの時期、気温の変化が大きい難しい時期を楽しめる1枚になると思います。

INFO


今週の営業日に臨時休業日がございますのでご確認の上、ご来店をお待ち致しております。
以下日程となります。
18日(火曜日) 通常営業 10時30分~18時
19日(水曜日) 定休日
20日(木曜日) 臨時休業
21日(金曜日) 通常営業 10時30分~18時

2月16日


JUJUDHAU  ROUND NECK COAT

color     CHINO BEIGE

price     35000+TAX

SIZE      FREE SOLD


昨日までのぽかぽか陽気と打って変わって、冷たい霧雨とどんよりと重たい雲が広がる日曜日。
こんな日は自宅で暖かいコーヒーを飲みながら溜め込んでいた本を読み耽ったり、見たいと思っている映画を観たり
感性が穏やかになり、心の充実を図れる様な1日にしたいですね。
先日実際に足を運んで空気を感じてきたネパール。JUJUDHAUのお洋服は全てこの地で作製をされています。
商業的になり過ぎずに人間味が溢れる土地で作れる洋服は、自然とその雰囲気を纏っているように思います。
新作としてリリースされたROUND NECK COATは、冬から春へと移行時期によそよそしくなり過ぎずに
気軽に羽織れる1枚仕立てのコート。選んだチノベージュの色目もグレーが混じったような絶妙な色合い。
シンプルで着心地の良いカットソーをインナーに併せて、首元はストールでボリュームを出して冷たい風を防ぐと
春の気温差にも上手く対応出来て、見た目のバランスが取り易いのではないでしょうか。


素材はコットン100%のチノ素材を選びました。
中肉で打ち込みが良く適度な張りもあって、このコートの他にもパンツ類も同素材でセレクトでするくらい
良い生地だと感じました。日常着としての丈夫さと気の利いたデザイン、パーツの選び方など着れば着る程に
汎用性の高さとワードローブの隙間を埋めてくれるような力強い存在になってくれるはずです。
昨日ご紹介をしましたholkの様な作り込みの良いコートと、もう少しラフな服装をしたい時に1枚仕立ての
お気に入りの羽織を持っていると、春の気温変化に対応が出来ると思います。
これは私達の持論なのですが岩手の様な寒暖差の大きい(1日で10度以上の温度差)がある地域で春の気候を
楽しむ為には最低でも2~3枚くらいの素材とデザインの違う羽織物を持っているのが理想だと感じています。
勿論暖かなコートを着てインナーを薄手にしても問題なく過ごせるのは理解していますが、日本には四季があって
食べ物にも旬があるように服装にも同じことを当てはめてみると、より生活に彩が生まれるのではないでしょうか。
寒暖差の大きい気候条件の中でも持っていたら役に立ちそうだな・・・着る機会が必ず在るだろうなというのを
厳選してセレクトをしているつもりですので、お試しいただけたら嬉しいです。


肩のラインはドロップショルダーで、袖周りはそこまでゆったりという設定ではありません。
インナーには中肉のカットソーくらいまでがベストで、もし寒さが気になる場合は大判のストールなどを
肩から掛けるなどする方が良いです。生地はたっぷりと使っていますが、素材感も相まって広がったりナチュラルな
雰囲気がそこまで感じられない点もJUJUDHAUの作る洋服の特徴と言えます。
この辺りのニュアンスは文章で説明するのがとても難しいのですが、一度袖を通して頂ければ言葉の意味が
何となく理解して頂けると思っています。


コートは前から見る姿も良いのですが、後ろから見た時の佇まいの方が良さがより伝わると思っています。
直線的なパターンで生地がストンと落ちるので、変にデザイン性を追い求めるのではなく一切の無駄のない
潔さを感じる作り。全体的にはすっきりとさせていますが、着心地にストレスは感じさせない可動域を
しっかりと確保している点もJUJUDHAUの洋服の面白さだと感じています。
多少の汚れなどを気にせずに、クタクタになるまで着ていただきたいと思える素材感。
よそよそしくなく、日常着をメインとして雰囲気良く着れるので頼りになる1枚なのは間違いないはずです。

JUJUDHAU  DUMPY LONG PANTS

color     DENIM

price     25500+TAX

SIZE      FREE


JUJUDHAUらしいボトムスの1つが、お尻にボリュームを持たせて作製されている”DUMPY PANTS”
今シーズンから新したに裾丈の長さを伸ばしたDUMPY LONG PANTSタイプがリリースされました。
身長が高い方にはとっては”DUMPY PANTS”は中途半端な着丈になってしまい、穿き方が限定されていたのですが
裾の長さが長くなることによって、今までの着方よりも自由度がぐっと増した印象。
これから気温がどんどん高くなる季節にトップスのボリュームに対して、ボトムスを主役にしたコーディネートにも
上手くハマってくれると思います。
ライトオンスのデニムなので穿き始めから柔らかくウエストもゴムのイージー仕様なので、ストレスフリーな穿き心地。
お尻に溜まる布のバランスなどを含めて愛嬌のある表情が何とも言えず好みです。


フロントはタックを入れる事で横の広がりを最小限に留めていて、ワタリから裾まであまりテーパードは入れずに
しっかりとしたボリュームを保ちます。これからの季節はサンダルなども視野に入ってくるので裾の太さに
負けないくらいのBIRKENSTOCKなどポッテリとした靴と組み合わせたりするのもお勧め。
一度穿き始めると癖になるパンツで、休日でリラックスして過ごしたい日などに在ると便利な1本。
旅行などで長時間移動される方などは出来る限り動きやすい服装をしたいと思うので、だらしない服装になり過ぎずに
カジュアルで程好いバランスに溶け込んでくれるのが良さだと感じています。


コート・パンツ共にワードローブの中心になり得る1枚で、リラックスして袖を通せる洋服は自然と手が伸びてしまいます。
異なる国同士の感覚が適度に混ざり合い、ゆっくりとした時間の流れがもたらす大らかで自由な発想力。
JUJUDHAUらしさがとても出ているアイテムに感じますし、お手持ちの服に程よいスパイスとなってくれると思います。
まだ気温は低く春と冬が行き来している状態ですが、少しずつ春らしい素材、色を取り入れてみては如何でしょうか。

PageTOP