2月16日


JUJUDHAU  ROUND NECK COAT

color     CHINO BEIGE

price     35000+TAX

SIZE      FREE SOLD


昨日までのぽかぽか陽気と打って変わって、冷たい霧雨とどんよりと重たい雲が広がる日曜日。
こんな日は自宅で暖かいコーヒーを飲みながら溜め込んでいた本を読み耽ったり、見たいと思っている映画を観たり
感性が穏やかになり、心の充実を図れる様な1日にしたいですね。
先日実際に足を運んで空気を感じてきたネパール。JUJUDHAUのお洋服は全てこの地で作製をされています。
商業的になり過ぎずに人間味が溢れる土地で作れる洋服は、自然とその雰囲気を纏っているように思います。
新作としてリリースされたROUND NECK COATは、冬から春へと移行時期によそよそしくなり過ぎずに
気軽に羽織れる1枚仕立てのコート。選んだチノベージュの色目もグレーが混じったような絶妙な色合い。
シンプルで着心地の良いカットソーをインナーに併せて、首元はストールでボリュームを出して冷たい風を防ぐと
春の気温差にも上手く対応出来て、見た目のバランスが取り易いのではないでしょうか。


素材はコットン100%のチノ素材を選びました。
中肉で打ち込みが良く適度な張りもあって、このコートの他にもパンツ類も同素材でセレクトでするくらい
良い生地だと感じました。日常着としての丈夫さと気の利いたデザイン、パーツの選び方など着れば着る程に
汎用性の高さとワードローブの隙間を埋めてくれるような力強い存在になってくれるはずです。
昨日ご紹介をしましたholkの様な作り込みの良いコートと、もう少しラフな服装をしたい時に1枚仕立ての
お気に入りの羽織を持っていると、春の気温変化に対応が出来ると思います。
これは私達の持論なのですが岩手の様な寒暖差の大きい(1日で10度以上の温度差)がある地域で春の気候を
楽しむ為には最低でも2~3枚くらいの素材とデザインの違う羽織物を持っているのが理想だと感じています。
勿論暖かなコートを着てインナーを薄手にしても問題なく過ごせるのは理解していますが、日本には四季があって
食べ物にも旬があるように服装にも同じことを当てはめてみると、より生活に彩が生まれるのではないでしょうか。
寒暖差の大きい気候条件の中でも持っていたら役に立ちそうだな・・・着る機会が必ず在るだろうなというのを
厳選してセレクトをしているつもりですので、お試しいただけたら嬉しいです。


肩のラインはドロップショルダーで、袖周りはそこまでゆったりという設定ではありません。
インナーには中肉のカットソーくらいまでがベストで、もし寒さが気になる場合は大判のストールなどを
肩から掛けるなどする方が良いです。生地はたっぷりと使っていますが、素材感も相まって広がったりナチュラルな
雰囲気がそこまで感じられない点もJUJUDHAUの作る洋服の特徴と言えます。
この辺りのニュアンスは文章で説明するのがとても難しいのですが、一度袖を通して頂ければ言葉の意味が
何となく理解して頂けると思っています。


コートは前から見る姿も良いのですが、後ろから見た時の佇まいの方が良さがより伝わると思っています。
直線的なパターンで生地がストンと落ちるので、変にデザイン性を追い求めるのではなく一切の無駄のない
潔さを感じる作り。全体的にはすっきりとさせていますが、着心地にストレスは感じさせない可動域を
しっかりと確保している点もJUJUDHAUの洋服の面白さだと感じています。
多少の汚れなどを気にせずに、クタクタになるまで着ていただきたいと思える素材感。
よそよそしくなく、日常着をメインとして雰囲気良く着れるので頼りになる1枚なのは間違いないはずです。

JUJUDHAU  DUMPY LONG PANTS

color     DENIM

price     25500+TAX

SIZE      FREE


JUJUDHAUらしいボトムスの1つが、お尻にボリュームを持たせて作製されている”DUMPY PANTS”
今シーズンから新したに裾丈の長さを伸ばしたDUMPY LONG PANTSタイプがリリースされました。
身長が高い方にはとっては”DUMPY PANTS”は中途半端な着丈になってしまい、穿き方が限定されていたのですが
裾の長さが長くなることによって、今までの着方よりも自由度がぐっと増した印象。
これから気温がどんどん高くなる季節にトップスのボリュームに対して、ボトムスを主役にしたコーディネートにも
上手くハマってくれると思います。
ライトオンスのデニムなので穿き始めから柔らかくウエストもゴムのイージー仕様なので、ストレスフリーな穿き心地。
お尻に溜まる布のバランスなどを含めて愛嬌のある表情が何とも言えず好みです。


フロントはタックを入れる事で横の広がりを最小限に留めていて、ワタリから裾まであまりテーパードは入れずに
しっかりとしたボリュームを保ちます。これからの季節はサンダルなども視野に入ってくるので裾の太さに
負けないくらいのBIRKENSTOCKなどポッテリとした靴と組み合わせたりするのもお勧め。
一度穿き始めると癖になるパンツで、休日でリラックスして過ごしたい日などに在ると便利な1本。
旅行などで長時間移動される方などは出来る限り動きやすい服装をしたいと思うので、だらしない服装になり過ぎずに
カジュアルで程好いバランスに溶け込んでくれるのが良さだと感じています。


コート・パンツ共にワードローブの中心になり得る1枚で、リラックスして袖を通せる洋服は自然と手が伸びてしまいます。
異なる国同士の感覚が適度に混ざり合い、ゆっくりとした時間の流れがもたらす大らかで自由な発想力。
JUJUDHAUらしさがとても出ているアイテムに感じますし、お手持ちの服に程よいスパイスとなってくれると思います。
まだ気温は低く春と冬が行き来している状態ですが、少しずつ春らしい素材、色を取り入れてみては如何でしょうか。

PageTOP