2月23日


FilMelange  GUSTAV

color     BROWN

price     35000+TAX

SIZE      3    /    4    /    5


盛岡にも春の嵐が通り過ぎようとしています。
昨日の夜から雨風共に強くなり、古い家に住んでいるので家ごと吹き飛んでしまうのではないかと心配しましたが
無事に朝を迎える事が出来ました。朝は風に踊り狂うように雪が吹き荒れていましたし、この時期ならではな景色。
2月も今日を入れて残り一週間となりましたので、春の陽射しはもうすぐそこまできています。

昨年に引き続きFilMelangeが提案する凹凸のあるざっくりとした表情のコットンニットを展開。
冬物のウール素材と比較すると圧倒的に需要が少ないコットンニットですが、ニットにしか出す事の出来ない上品な
風合いと着心地の良さがあると思っています。ある程度お手持ちの洋服が増えてきた方には特にお勧めしたい1枚。
心に余裕が出てくるとこの辺のアイテムが気になり始めて、着こなしも力みが取れて程よいアクセントは取り入れつつも
その人らしさが服より滲み出てくると思っているのは僕だけでしょうか・・・(笑)
身体のラインを強調しないシルエットで作製されているカーディガンですのでいつも着ているカットソーに
ラフな感じで合わせて楽しんで頂きたいです。
個人的には、先日ご紹介しましたohhのサーマルとの合わせが着心地も含めて抜群に良いだろうと思っています。


一見すると素材が「麻」ではないかと見間違えてしまいそうになるのですが、コットンの糸を「蒟蒻」を使って加工を
施す事によりドライなタッチに生まれ変わらせる事が可能。麻の場合に着用を繰り返すと、どうしても型崩れや
大きく縦伸びしてしまい、だらしない印象に見えてしまうのがデメリットだったりします。
そういった条件をクリアにし、且つケミカルではなく蒟蒻という馴染みのある食材でコットンニットを仕上げているあたりが
物作りにおける徹底した姿勢と奥深さを感じる事が出来ます。


デザインはカーディガンですが、フロントに釦や留め具などは一切ないミニマムな作り。
インナーにはクルーネックのカットソーが程よくラフさも出て良いと思うのですが、もしシャツを合わせるのであれば
バンドカラーか襟が小さ目の方がしっくりくるはずです。
肩線を落としたバランス感などを見ても、気合を入れてきちんと着るイメージよりもどちらかと言えばラフに羽織る
くらいの方がカーディガンの醸し出す雰囲気にしっくりくるのではないでしょうか。


裾と袖口は「矢ぶり」という特殊な編目を付ける事で、プレーンな表情にアクセントをプラス。
FilMelangeの製品は原料から素材への落とし込みも素晴らしいものがありますが、日本の卓越した技術を用いて美しさも
表現されているので、大切に着続けていきたいと思える事に繋がってくる要素の一つ一つを着ていくほどにじっくりと
肌で感じて頂けるはずです。
カラーは個人的に注目しているブラウンのみをセレクト。
ネイビーやグレーなどの汎用性の高い色目も好んで着るのですが少しマンネリになりがちなので、
今まで手にしてこなかった色を着る事によって更にベーシックな色目の着こなしに深みが出てくると感じています。
ブラウンは難しく考えずに、オリーブなどと同じようなイメージで色目を合わせると案外難しくなく着れると思います。


カーディガンの使い勝手の良さとして、カットソーだけは心許ない日などにバッグに入れて持ち歩いたり
冷房が効きすぎている屋内や車内などにも温度を調整するのに大いに役立ちます。
アームホールがゆったりとしているので、袖抜けが良く脱ぎ着がし易く、シチュエーションを限定せずに着る事が
出来るのが良いなと感じています。普段であればジャケットもしくはフードなどを着るタイミングであえて
コットンニットを手にしてみては如何でしょうか。

FilMelange  ACE

color     BLUE

price     28000+TAX

SIZE      34    /    36


FilMelangeから久しぶりにリリースされたシルエット・素材感共に迫力のあるデニムパンツ。
展示会で見た際に最初にオーダーを決めたアイテムで、穿き込んだ際のヴィンテージに負けず劣らずの雰囲気抜群の
色落ちが楽しめるのではないかと思わせる1本。デザインソースは、古着の中では名作と位置付けられているUS NAVYの
デニムトラウザーを現代に合わせてアップデート。
穿き易くはしているものの、ワタリから裾にかけてのワイドなシルエットは洋服好きを唸らせてくれる通好みの作りで
これから暖かな季節の着こなしに、太いパンツをメインにしたコーディネートが楽しめるのではないでしょうか。


フロントのデザインはベーカーポケットに対して、バックポケットはやや丸みを帯びたペインターパンツを彷彿とさせる
曲線的なポケットを採用。ウエストは大振りの釦が1つ付いていてアジャスとしてウエストを絞って穿くことが可能で
ここを絞るか絞らないかでラインやシルエットも変わってくるのもパンツの面白さだと思います。
ちなみに両サイドの釦を留める事によってウエストサイズは約4CM縮める事が可能。
34INCHの場合釦をしない場合、ウエストがぐるりで88CMに対してアジャスト釦を使用すると84CMに変わります。
個人的には大き目のウエストサイズを選んで釦で絞って穿くのが好みで、出来る限りゆったりとしたバランス感が
このパンツの良さを最大限に活かしてくれると感じています。


最近は中々雰囲気の良いデニムのペインターパンツやワークパンツを見かけるのが少なくなってきました。
チープなモノとなると、アメリカ生産でたまに見つかるのですが自分自身の年齢を考えると必要かどうか悩ましい所。
恐らく持っていたとしても、殆ど穿かずに箪笥の肥やしになる確率が高い気がします・・・
ヴィンテージという括りで探せばある程度は見つかると思うのですが、古着となるとサイズ・コンディション・価格の
バランスがあるので、そういった事を考えたりあちこちのお店で探したりする労力を考えたりすると
あまり現実的ではないように思います。
FilMelangeの作製したデニムパンツはヴィンテージとは違い新品の状態からサイズを選んで穿けるというメリットがあり、
素材に関しても当時の紡績技術が発達していないムラ糸を再現すべく、独自のレシピでヴィンテージにも
負けず劣らずのブルーに深みがあり肉厚でオーセンティックな雰囲気に仕立てられています。
素材にとことん拘りを見せるカットソーに並び、極上のデニムパンツに感じて頂けるのではないでしょうか。
今時期から少しずつ穿き込んでいって、夏場にストローハットに白いTシャツ、足元はビルケンシュトックを合わせて
颯爽と中津川沿いを散歩して頂きたいですね。


今日ご紹介しました2つのアイテムはFilMelangeが得意とするカットソーではないのですが、デザイナーの知識の広さや
イメージを緻密に実現することが出来る物作りの生産背景など、ブランドの振り幅や奥行を感じて頂けると思っています。
コットンニットは着ると気張らず心にゆっくりゆっくりと余裕を持たせてくれるようなアイテムで、
ワイドシルエットのデニムパンツは洋服好きのアンテナに引っ掛かる魅惑のオーラを感じて頂けたら嬉しいです。
3連休ですので、是非春物を探しにいらしてください。

PageTOP