5月12日


susuri    マーシーパンツ

color     NAVY

price     29000+TAX

SIZE     1   /   4


昨日ご紹介しました、susuriのラインブラウスに合わせて穿いていた”マーシーパンツ”
ウエストはゴムと紐で、身軽に動けるイージーなパンツは昨年から続いてリリースされており、
2019SSではサーカス団の練習着から着想したパンツでしたが、ワタリの太さやウエストの仕様などを
変えまして、2020SSでは雑技団モデルとして新たな展開を見せております。
また、愛知県の尾州で作製される刺し子調に織られたドビーコットンのオリジナルの生地がとても好きで、
この一見すると道着の様な佇まいのシリーズは、susuriのイメージからは離れているようにも思うのに
コレクションの背景に想いを巡らせるととても合っているという、自分でも書いていて若干意味が分からなく
なりそうな、そんなところも選ばずにはいられない理由の一つかと思います。
今回はサイズも2サイズの展開としました。すっきりとさせても、たっぷりゆったり穿いても良いですし
性別も体型も問いませんので、ラフだけど砕け過ぎないパンツの選択肢としてぜひご覧ください。


着用サイズは4で、ハイウエスト気味の位置で腰紐をきゅっと絞って穿いています。
身長がある女性の方でしたら、だふっと緩く大きいサイズをあえて選ぶのも良いと思います。
ゆったり目なワイドシルエットですが、膝上より少し上の位置で切り替えを入れる事で
裾までのラインを緩やかにすっきりとさせて、穿きやすくトップスとのバランスも組み合わせ易い
綺麗な形に仕上げています。
凹凸のあるさらりとしたカジュアルな生地ですが、綺麗目なブラウスとのコーディネートも違和感なく
むしろそういった着用機会を見極めすぎて出番を待ちわびている服を、普段着として着られるように
良い塩梅でカジュアルダウンしてくれる役割も果たしてくれるパンツです。
見えないところのポイントとして、上にアップでの物撮りも掲載はしていますがウエストを締める腰紐が
“黒のラメ”という攻めた姿勢も素敵です。という事も、念のためここに記させていただきます。


ドビー織ならではのハリと柔らかさがあって、着用を重ねる事での生地の変化も楽しめます。
足元も気分に合わせてスニーカーから革靴まで、色々合わせたくなってしまいます。
生地感から想像すると、真夏の燃える様な暑さの日や冷房の効かない室内などでは、さすがに少し
暑いと思いますが、肌当たりはサラッと軽いので夏でも足元から冷えたりするのが気になる方には
夏場でもお楽しみいただけるのではないでしょうか。
肌にぴたっと密着し過ぎないワイドシルエットは風が抜けて心地良いですし、脱ぎ着が楽なところも最高です。
今朝は歩いていても、暑さの中にスッと涼しさがあってここ最近でも格別に気持ち良く感じる気候。
春から夏へ、季節は少しずつ動き始めています。
ご自身がリラックスをして、心地良いと感じる服装を見つけに来て頂ければと幸いです。

PageTOP