5月24日


SEA SALT   COLLARLESS SHIRTS

color     CHARCOAL(クルミ)

price     24000+tax

SIZE     2 SOLD

宣言通り?早起きすることが出来ました。もうそれだけで達成感ありますが、窓を開けて部屋全体の空気も
入れ替え、掃き拭き掃除に他諸々までクリア~。ちょっと動き過ぎましたが、ほんとうに太陽様様です。
ニュースで見ましたが、先週は県内全体どこも日照時間が僅か数分だったそうなので、久し振りの太陽の出現に
いろんな生き物たちの喜びの声があがっているようなワサワサっとした気配を感じながら、出勤しました。

良い天気だと心置きなくというか、撮影の時間も含めてより気分良く夏素材の服のご紹介が出来ますね。
夏と言えばなメーカー”SEA SALT”の服も今季オーダー分がずらりと揃っていて、一時期気温が上がった際に
ここぞとばかりに店頭に並べたのですが、ここ一週間のあまりの肌寒さにちょっと意気消沈気味だったので、
こんな快晴の日にこそ、注目していただけたらなと思いピックアップします。
以前BLOGに載せた、こちらと同素材のベルギーリネンを使用した”COLLARLESS SHIRTS”は、はじめてSEA SALTの服が
rasikuに並んだ2年前に一度オーダーしたのですが、その時ちょうど秋田のみつばちさんでの出張SHOPがあって
せっかくだからと持って行ったところ、さすが海と山に囲まれた土地だけあって?とても好評いただき
みつばちに来て下さったお客様にお選びただいて完売したという、秋田出張の思い出シャツでもあります。


無理に飾らないシンプルなノーカラーのシャツ。
ほんの少しだけ首元にそっと添う細い襟と、四角い切り替えのビブデザインがさり気なくも効いているので
リネンの柔らかな風合いに対して、どちらかと言うと静かでスマートな印象を抱くそんな見た目が好みです。
フロントの釦の留め方によって着こなしに変化を付ける事が出来るのと、一番下の釦にちょっとした細工があり
おまけが付いていたような思いがけない喜びが、洋服にもあるのだと知りました。


一番下の釦だけ二段階で留める仕組みで、釦を留めるとタックが生まれ、釦を外すと細長いスクエア型の
スリットが現われる。展示会では気付かなかった、見たことの無い仕掛けを見つけた時はひとり興奮しました。笑
無理に開けて着る必要は無いですが、インナーに合わせたアイテム次第(例えばサーマルやタートルなど)では
釦を開けた状態で着るのも良いのかなと思います。
SEA SALTの洋服は見れば見る程に、デザインの落し所や、細かなディティールなどとても控えめではあるのですが、
物凄く丁寧にしっかり作り込まれていて度々感激してしまう事も多く、こういう洋服は大きな波に乗らずとも
自然と手に取って下さった方のワードローブの元に残り続けていくのだろうなと強く思います。


ボタニカルダイの技術を用いたCOLLECTIONに定評があり、自分達にとっても展開される美しい色により
店内の空気が明らかに変わったり変化を与えてもらったり、染色というものがただ色を出すという役割だけに
止まらずに、現代に大切な価値を作成する技術だということを伝え続けるブランドでもあると感じます。
今シーズンは自然と歴史、異文化、人種の交流点、異国情緒あふれる地域をデザインのイメージしていて、
私達が住んでいる盛岡の景色にも共通するような、しっくりとくるテーマではないでしょうか。
情緒のある建物、綺麗な水、少し行けば山の緑に囲まれた場所に対して、無理にファッションに落とし込む
必要性はそこまで感じませんし、自然体で気負わずに袖を通して頂ける素晴らしいプロダクトだと思います。


盛岡、そして東北の夏の暑さと厳しさ年々増していて、実際に着る服も少し変化しているように思います。
最初の頃は提案したいと思う服も夏場は控え目で、秋冬中心にボリュームを出そうと考えていましたが、
ここ2.3年は夏の装いの時期が長くなった事もあり、以前より涼しい服を探す方が増えましたし、
実際に自分達もまったく着なかった半袖や夏っぽい服の必要性を感じる様になりました。
SEA SALTの作り出す洋服は、カジュアルな服装にも関わらず背筋がピンと伸びるような緊張感がプラスされ
だらしなく見え過ぎずに、着ている本人はリラックス出来るところが最大の魅力だと思います。
実際に袖を通してみて所謂ナチュラルな素材・染色にも関わらず、印象として柔らかさやが強調され過ぎず
綺麗だなと思えるところも良さだと実感します。

SEA SALT   COLLARLESS SHIRTS

color     BLUE(クチナシ)

price     24000+tax

SIZE     2


今回セレクトした3色の中では一番鮮やかな発色のBLUE。
色が売りだと何度もここにも書いておきながら、今回はどうしても夏に着る黒と茶系に目がいってしまい、
トーンが落ち着いてしまったのですが、それはそれでBLUEが際立って良いかなとも思うのです・・・。
そんな唯一爽やかさを放つ色の染料には、クチナシの硬い実を使用しています。
庭木としてだけではなく、日本人にとっては昔から染色・薬用として生活に役立てて来た植物で、
クチナシの実に関しては、形が6角をなしている事から抗菌だったり邪気払いとしての力を持つとも
伝えられていると知りました。
天然色素ならではの澄んだ色に袖を通せば、自ずと心も晴れやかになるだろうと、確かに思う綺麗な色です。

SEA SALT   COLLARLESS SHIRTS

color     BROWN(カテキュ)

price     24000+tax

SIZE     2 SOLD


そして今回オーダーしたSEA SALTをラックに掛けた際、半分がこの色で埋め尽くされているくらい
選ばずにはいられなかった独特な茶色は、マメ科の小高木のカテキュを染料に用いたもの。
なかなか馴染みのない渋い色目にも感じられる方もいるとおもいますが、実際の色は茶色と言うよりは
黄土色といった方が近いかと思います。黄色味があることで、ほんのりと明るさも含まれていて
ボトムにも濃い色・薄い色どちらを合わせても、案外しっくりときますしベーシックな黒や紺などの色とも
相性良く着ていただけると思いますので、ワードローブに色味が欲しい!でも明るすぎるのはまだ・・・
という方にお勧めしいたします。
他のモデルも気候に合わせて、順にご紹介していきたいと思います。

PageTOP