5月30日


SUNSHINE+CLOUD  NEW STANDA

color     SAGE

price     19000+TAX

SIZE     0    /    1    /    2    /    3    

今日も太陽の陽射しに朝早起きを促されるようにして起床。庭いじりをして、植物を植える面積を少しずつ
広げていて、一度やり始めると何処に何を植えるかなどレイアウトを考えたりするのも楽しかったりします。
大量に生えているドクダミも、今までは抜いては捨てていたのですがお茶にしてみようとざるに干してみたりと
何となく頭の中に描いていた事をコツコツと進めるのが日課となっています。
無理をしたり頑張り過ぎずに、自分がやれる範囲で続けて行こうと思っています。

ご紹介が遅くなってしまい、サイズ欠けがありますが夏の太陽の陽射しがとても似合うSUNSHINE+CLOUDのシャツ。
どのデザインをお店に並べるかを色々と悩んだ結果、初の展開となるプルオーバーの衿元がスタンドタイプになった
“NEW STANDA”をセレクト。
一番の特徴と言えるのは身頃・袖周りが他にはない位にゆったりとしたデザイン。それに対して着丈はすっきりと。
袖周りの太さに対して袖口のカフスが極端にテーパードさせたビックリする様なラインもオリジナリティを感じます。
最初に袖を通した際には戸惑いがあったり、感覚的にしっくりきていない方が殆どで・・・(笑)
その先にある心地良さを信じてご購入して頂いた方の反応が年々良い。という印象を勝手に持っています。
20年以上も前から、このシャツを販売をし続けてきたメーカーの姿勢と物との向き合い方に感銘を受けますし
僕自身が一番の虜になっていて、土地がもたらす恩恵や風土に感謝しながら逆らわずに、楽しみながら生きる。
そんなスタイルを見様見真似する一人になっています。
rasikuでもお取引をスタートしてから3年目になりますが、手に取って着て下さった方のリピート率がとても高く
素材・デザイン違いで買い足していきたくなってしまう、このシャツにしか表現出来ない奥深い魅力が詰まっています。


素材はイタリアの生地メーカー「CANCLINI」社が提供している極細番手のリネン100%。
元々はシルクを得意とした工場だけあって、繊細で細い糸の取り扱いに慣れているからこそ出来上がる素材。
表面はつるりとした質感で太陽光にかざすと透ける様な薄さですが、目がギュッと詰まっていて短い繊維を
取り除いているので、しっかりとした強さも併せ持っています。
僕自身が今まで触れてきたリネンの中で最も薄手で、且つ肌当たりの良さもトップクラス。
リネンにも色々と種類があるのですが、糸にフシが残っていると生地にした際にざらつきが残り着心地にも
響いてしまうのですが、そういった心配は皆無。
製品染めを施す事で肌の透け感を気にせず着用をして頂けるのではないでしょうか。


SUNSHINE+CLOUDが得意とするニュアンスカラー。
今シーズンは「SAGE」という色目が気になり、シャツの他にもプリントTシャツでもセレクト。
ブルーとグリーンを掛け合わせたような雰囲気で、落ち着いた中に明るさを持ち合わせた良いとこどりの色目に感じます。
普段ベーシックな色を好んで着ている方にも比較的取り入れ易く、いつもとは少し違った服装を楽しめるような
きっかけになって頂ければ嬉しいです。


サイズ感は元々ゆったりとした設定ですが、ジャストサイズよりも身頃に余裕が出来て脱ぎ着がし易い位がお勧め。
インナーには半袖のカットソーを合わせるも良いでしょうし、最も涼しい着方はタンクトップと組み合わせると
夏の温度と湿度のある気候でも汗が直ぐに乾いて、風の抜けも良く、夏を快適に過ごせる服装に近づけると思います。
個人的には半袖のTシャツでいるよりも、タンクトップ+SUNSHINE+CLOUDのシャツとの着方が暑さのストレスが少なく
肌当たりも心地良く感じています。日焼けが苦手な方は長袖をラフに捲って着るのが特にお勧めです。

SUNSHINE+CLOUD  NEW STANDA

color     DUST

price     19000+TAX

SIZE     0    /    1    /    2    /    3 SOLD   


「DUST」は昨シーズン前開きタイプで提案したのに続いて、今年も選んだシックなカラー。
夏に涼し気に着る「黒」が素敵だと感じて、色物と比べると全体的にすっきりとした印象を受けます。
釦を一番下だけ留めて、首元を開けて着ると涼しさがプラスされて格好良いのではないでしょうか。
sizeのご提案は「2」と「3」の2サイズで、普段M~L、L~XL位の方に丁度良く着ていただけると思います。


SUNSHINE+CLOUDというブランドを感じるにはアイコンとなるシャツに袖を通して頂くことで、
実際にお店のある葉山・代官山・そして奄美大島にショップにも足を運ぶきっかけにもなれば良いなと・・・
密かに思い続けています。
洋服は格好を付けたりお洒落をして人に見てもらう目的も勿論あるのですが、僕自身はその土地での
暮らしの中で等身大の服装をするという事を、このブランドから教わった気がしています。
盛岡という土地は自然が豊かで食べ物も美味しく、緑と川に囲まれた素晴らしい場所。そんな場所でお店を
続けることが出来ていますので、「服」と「土地」と「人」が無理なく気持ち良く交われるような提案を
これからも僕たちなりにしていきたいと思っています。
SUNSHINE+CLOUDが進化をしながらずっと作り続けているシャツ。是非一度袖を通して頂きたい逸品です。

PageTOP