定休日のお知らせ


明日17日(水曜日)は定休日となります。
どうぞ宜しくお願い致します。

6月16日


CALICO   ジャムダニヴィンテージラージャスターンギャザーワンピース

color     ホワイト

price     70000+TAX

SIZE     F


昨日は陽射しがたっぷり降り注ぎ、風は吹くもののとても暑く、梅雨の晴れ間な一日でしたね。
そして昨夜?明け方?の雨・・・屋根に穴が空きそう!とおもうほど雨音が激しくて目が覚めました。
そんな中一人は寝ぼけていたようで、雷光が自分に落ちたと思ったそうです。。。
何にせよ、この気候の変動に弱く頭がぼーっとしてしまいがち。湿度と暑さと涼しさetcに上手く身体を
馴染ませながら深呼吸して過ごしたいなと思います。

本日はCALICOより。
息を飲むような生地の繊細な美しさに、これはもういくしかないと意を決して選んだ一着。
ヴィンテージのジャムダニ柄の生地を、CALICOが定番で作り続けている大陸の伝統的な装いをイメージした
カシュクールのギャザーワンピースにのせたスペシャルアイテムです。
同じ柄・同じ生地は無いので、ある分のみで製作されるため、サイズも広げずに1サイズのみでの展開。
ふわりと柔らかくて纏えば飛べるのではないかと思うように軽くて。
そして何よりも、光があたると透ける生地の上に薄っすらと白く浮き出る細やかなジャムダニ柄のひとつひとつが、
全身で輝きを放つようで、またフロントギャザーのドレープとも相まって、それはそれは素敵なのでした。


ジャムダニというのはベンガル地方に伝わる縫取織の技術と、その織りを用いた布の事を言います。
うっすらとした素材の布に、繊細で印象的な織りの模様が透けて見えるのが特徴で、自分自身もCALICOの
展示会で初めてジャムダニの生地を見た際には、どのようにして人がこの柄を織り上げるのかが、
瞬時には想像ができなくて、なんとも言葉が出ませんでした。
また自分達が今まで見たり着たりしてきた服の中では、インパクトも雰囲気も強かったのでお店に並べた際に
どんなバランスに映るかななども少し考えたのですが、実際に展開してみると前回ご紹介したアジュラックのドレスも同様に
不思議とこの空間に馴染む感覚があり、足を止めて見て下さる方も多いことに嬉しくなりました。

というのも現在CALICOで展開するジャムダニは、サリーを作る職人に洋服生地として縫製に耐えうる
厚手のものをオリジナルで作ってもらっているとのことで、より現代の日常着として取り入れ易くし、
また生地にあしらう柄についても、ベンガルの伝統に沿ったものを現代的なモチーフとして再現した
デザインを中心にアレンジを重ねることによって、今の感覚で着られるような仕上がりとなっています。
今回はCALICOのオリジナルのジャムダニを用いたギャザーワンピースと、このヴィンテージファブリックを
使用した2型が揃っていますので、店頭で見て着比べてみていただくのも楽しいかと思います。

特に裾をぐるりと囲む織り文様は、着ごたえも見応えもあると思います。
薄い白地に白の織り柄というところも、シンプルで色合わせなどもあまり考えなくていいですし
Tシャツ・ちょっと太めのデニムなどにさらっと着たら素敵だなと想像しています。
本当にこんなに気持ちが高鳴るというか、嬉しくなるような服を毎日見れられるのは特権だなと心から。


カシュクールタイプのワンピースなので、前で重ね合わせて内側と外側で結ぶ紐がついています。
結ぶだけで少しだけふんわりと甘さが薫るように変化しますが、あえてこの雰囲気を纏ってみるのも。
その分足元をサンダルにしてみたり、ボトムにイージーでさらっとしたパンツを穿いてみたり、
インナーにタンクトップやキャミソールで爽やかな色を挿したりすることで印象は幾らでも変わります。
紐は真ん中で結んでも良いですし、結ばずに開けっ放しで着ても◎
垂らした紐の先の三角な部分など、服が好きな方・布が好きな方にぜひインドの手仕事布の世界が
めいっぱい広がるワンピースを堪能していただけたら嬉しいなと思います。


この軽やかで何とも美しいうっすらとしたジャムダニの布を、サリーのように羽織る事ができたら。
そんな思いから考案されたラージャスターンワンピース。
身幅や袖幅もけっして細くなく、重ね着も出来る仕様となっていますが、この薄地の生地ならではの
着心地は、ぐんぐんと暑くなるこの時期こそ素肌で体感して頂くのがベストではないかと思うので
ノースリーブもしくは半袖のTシャツと、組み合わせてうっとりお楽しみください。
とは言えロンTや薄いタートル、はたまたシャツ合わせで夏だけではなく秋口まで楽しみたいですけども。
ぜひ実物を店頭でお試しくださいませ。

PageTOP