9月15日


homspun   ベスト

color     ネイビー

price     27000+TAX

SIZE     F SOLD


一雨一雨降る毎に朝の気温がぐっと低くなり、あれっ・・そろそろストーブ出さないといけないかなと
急に思い始めてみたり。暑さで頭がぼぉーっとして何もしたくない・・・出来ない・・・という時よりは
これぐらい涼しい方が身体も心も調子よく、静かな雨の音の中でようやく本も落ち着いて読めるように
なってきました。そんな小さなひとつひとつの事がとても嬉しい。

homspunから毎シーズン楽しみにしているアイテムの1つ、ベストが届きました。
今シーズンはぎっしりと目の詰まった二重織のウールメルトンを使用。前開きのタイプでフロントに釦が付かない
カーディガンの様な着方で、生地の厚みと保温性を考慮するとアウターベストの様な役割を果たしてくれる存在。
室内着として少し肌寒さを感じる日などにはシャツやカットソーの上から羽織っておくのも良いでしょうし
袖の無いベストだからこそ運動量を確保出来、着こなしのアクセントになるのもポイントです。
バックスタイルに”らしい”形が隠されていて、機能性なども勿論の事ですが、自分達では到底想像もつかない
デザインをユーモラスに表現するのが流石だと思う部分で、日常着にプラスαを添えて提案し続けているからこそ、
長年に渡って楽しんで着続けてくださる方が多くいるのではないかと感じています。


フロントは切り込みを入れた様なポケットが完備されていて、背中には大胆にクロス。
インナーの色がちらりと覗くのもポイントで、homspunらしいユーモアとあっと驚かされるギミックが
日常生活において着るだけで気持ちが上がり、イマジネーションを膨らませてくれる役割も果たしてくれそう。
洋服に袖を通す事で”彩”が増して、メリハリが出てくる、外へ出掛けるモチベーションに繋がったりと
機能と作用の2つの要素がミックスされて落とし込まれたベストに感じてしまいます。


着丈は長めにお尻が隠れる位の長さに設定。しっかり丈があるからこそ身長も問わず着ていただけます。
ワンピースなどの丈感のある洋服に合わせても良いでしょうし、着合わせのバリエーションは十人十色。
固定概念を振り払って、刺激のある洋服に袖を通すのも洋服の面白味でもあり醍醐味にも感じます。
人に寄り添うという訳でもなく、一定の距離感を保ちながら、自分達が着たいと思う物だけを形にするという
スタンスはブレず変わらずに続けているからこその、さっぱりとした清々しさを感じられる服です。
ここ数シーズンは、柔らかな優しいウール素材に惹かれがちで、ベストもニットベスト率が高くなっていたので
ぎゅっと目の詰まったメルトン素材の迫力は、やっぱり素敵だなと改めて思ってしまいました。

color     ライトグレー

price     27000+TAX

SIZE     F


色目はどちらも同じくらいに鉄板色ですが、ネイビーとライトグレーの2色をご用意致しました。
着用写真の様なライトアウターの様なジャケットの上から、アウターベストの様に合せても好相性。
着こなしに深みが出てきますし、見方によっては怪しさもプラス!?されるのも個人的には好みな点。
着る時期などもインナーを薄手にしてベストをメインで着るのも良いでしょうし、温度調整が難しい時期だからこそ
ベストの役割と着こなしのバリエーションはより一層広がります。


固い生地に包み込まれて守られている感じも、メルトン素材ならでは。
ここ最近は温暖化の影響からかメルトンの厚地を使用するメーカーがめっきり減っていく中で、意思を貫き通して
しっかりとした生地感のアイテムをリリースして下さるのは単純に嬉しくセレクトしてしまいます。
北東北に暮らしているからこそリアルに必要に感じますし、景色にも自然と似合ってしまいますね。
何より格好良さが出せるのはこの質感だからこそだと思います。
ベストはベストでも一味違ったメルトン素材のベスト。ベスト好きな方には堪らないと思いますので
デザインのユニークさとウールのタフな質感を感じて頂きたいです。

PageTOP