10月17日


FUJITO   FLEECE BLOUSON

color     BLACK

price     32000+TAX

SIZE     2    /    3 


基本的に寒さには滅法弱く、ここ数日の朝と日中との寒暖差に自律神経が乱れて諸々が崩壊寸前でしたが
何とか持ちこたえて、慌てて引っ張り出したアウトドアものの中綿ベストを着てお店に立っています。
軽くて暖かな洋服や服装が年齢を重ねる毎に好きになってきていて、かと言ってあまりにラフになり過ぎるのも
どうかなと思ったりして、その丁度良い匙加減を探して悶々と試行錯誤を続ける日々。

お店ではアウトドアブランドの展開は無いのですが、お取り扱いのあるブランドでスポーティーだったり
アウトドアにも使えそうな洋服は、気に入ったアイテムがあれば数は多くないですがセレクトします。
その中でFUJITOが提案するアクティブな服装は、動き易さや軽さといったギアとしての要素に加えて日常着として
違和感なく落とし込めるデザインが好みで、個人的には出張や旅に行く際にとても重宝をしています。
今シーズンはフリースが気になり、モコモコとした毛足の長いタイプと短いタイプの2種類をご用意しました。


先ずは毛足の長いブルゾンアウタータイプですが、あえて語る必要はないのではないか・・・という位に完成された
デザインでもあり、ミドルレイヤーとしても、今時期のアウターとしても着れる守備範囲の広さも支持をされ続ける理由。
インナーはシャツでもありですが、個人的にはクルーネックのスウェットもしくはロンTを合わせて着丈の納まりを
意識する方が見た目のバランスが取り易いと思っています。
首元はハイジップでタートルネックを着ている様な保温効果があり、この上からゆったりとしたステンカラーコートを
合わせたり、または冷たい風をシャットアウトするマウンテンパーカーを組み合わせると、王道ではありますが
保温性と快適さを併せ持った、凍てつく真冬でも乗り越えられる北東北仕様としても完璧。


FUJITOが作るフリースブルゾンの特徴として、滑りの良い裏地を重ねて2枚仕立てにしている点。
仕立てを2枚にする事で風を通しにくい作りになるのは勿論ですし、袖抜けが圧倒的に良くなります。
例えばですが、セーターなどを組み合わせて着る際にも袖が引っ掛からずにスムーズに脱ぎ着が出来るので
機能と美を併せ持った洋服を作り続けるブランドならではだと感じています。
アームもそこまで太く設定をしていませんので、この手のフリースの割にすっきりとしたシルエットで
コート類を重ね着をした際にもモコモコと着膨れし過ぎずに重ね着が出来るのも特徴として挙げられます。
裏地も毎シーズン改良を重ねていて、伸縮性のある生地を組み合わせていますので動き易さや脱ぎ着のし易さを
実感して頂けるはずです。この手のブルゾンはあれこれ考え過ぎずにぱっと着て出掛けたいので
困った時の・・・ではないですが出番の多くなる1枚になってくれると思っています。


カラーはブラックのみでサイズは2と3の2サイズをご用意しました。
身長178CM体重64キロでサイズ3で、中に中肉のスウェットを着て丁度良いサイズ感に感じます。
サイズ2=Mサイズもしくは細身の方、サイズ3=Lサイズと思って頂いて良いと思います。
フリース素材のジップブルゾンに関しては着合わせやスタイルを意識するよりも、ある程度の防寒性であったり
着易さという面を重視したアイテムとして選ばれることが多いかと思います。
その中でもこういったアイテムがワードローブにあると、所謂なアイテムともちょっとした違いがありますし
休日のリラックスしたい日や、近所に散歩に行きたい時などに間違いなく重宝するのではないでしょうか。

FUJITO   ZIP BLOUSON

color     BLACK

price     32000+TAX

SIZE     1    /    2    /    3


もう一型は毛足の短い2枚仕立てのシャツジャケットの様な雰囲気のブルゾン。
前立てはZIPですが裾のラウンドした形状や襟が付くデザインで、展示会で見た際にもFUJITOらしさがあって
面白い洋服だと感じた1枚。インナーにシャツを合わせた際にテールを気にせずに重ね着出来るのがポイントで
新鮮な着こなしが楽しめて、且つフリースならではの機能的な部分もしっかりと体感して頂けると思います。
個人的には普段店にいる事が多いので、意外と今時期室内の方が寒かったりする為、こういった軽めの羽織は
本当に何枚持っていても重宝しますし、ミドルレイヤーとしても役割もしっかりと果たしてくれるので、
寒暖差の激しい北東北の地ではうってつけの素材感かなと思います。
ピンポイントな提案になってしまいますが、私達と同様に個人でお店をやられている方で室内にいる際に
ちょっと肌寒い時にカーディガン感覚で着れる万能な羽織として便利ですので如何でしょうか・・・(笑)
勿論、外出用に着たいという方にもとてもお勧めです。


前の着丈に対してテールの長さに大きな差を付ける事で、デザイン的にもアクセントになります。
襟はそのままでも良いですしスタンドにして着るのも◎
ポケットも付いていますので、機能的な部分においても申し分のない作りだと思います。
丁度良い羽織を探されている・・・と言われる事が多々あるのですが、気温に対応する為にはある程度の枚数と
素材違いで最低でも3枚位を着回すのがベストだと思いますし、今時期のように日中と夜との温度差が
大きい季節であれば尚更の事。1つの選択肢としてフリース素材は軽くて保温性が高いという点においては
優れている機能素材なので、手元にあると気兼ねなく使える一着だと思います。


フロントはダブルジップの仕様で、着こなしに変化を付ける事が出来ます。
袖口は釦が付きで、スポーティーな側面を感じるかと思えばジャケットライクな一面が顔を出したりして
どう組み合わせて着こなすのが楽しみになるのではないでしょうか。


どちらも色は黒で統一しました。
すっきりとした表情で都会的な空気も纏ったフリースジャケット。
異素材を組み合わせてコーディネートするのが好みなので、化学繊維が入る事によっていつもとはまた違う
一癖ある着こなしが出来るのではないかと想像を膨らませていますし、個人的にぜひお勧めしたいのは
ZIP BLOUSONは先日ご紹介しました”B.B.CAP”も同素材でご用意をしていますので、CAPとブルゾンと
セットで着合わせるのが怪しげで良いなと思っています。(CAPのBLOGでも同じ事を書いた気がします。)
それぐらいお勧めですので、気になる方はぜひ見にいらしてください。

PageTOP