11月21日


MITTAN   ウールリバーコート

color     紺×茶

price     42000+TAX

SIZE     1 HOLD


3日間のお休みをいただき、昨日より通常営業しております。
お休みに入った途端に身体のスイッチが完全OFFになって、やりたいことの一割ぐらいしか出来ませんでしたが。(笑)
その為の休日!と割り切ってゆっくり過ごせましたし、温泉に浸かり、タイヤ交換も出来たのでよかったです。
ここ数日も春の様に暖かかったり、雨や風が激しかったり寒暖差に付いていくのもなかなか大変だなと。
自分達も無理はしませんので、どうぞ皆様も身体の調子に耳を傾けつつそれぞれの休日を楽しみましょう。

気温差が激しいとアウターの選択も悩みますね。
また明日ぐらいからは冬仕様に戻りそうですが、冬用コートも素材や形の異なるものを数種類用意しておくと
その日の気温や予定に合わせた装いが出来て楽しいなと、コート好きは思ってしまうのです。
MITTANのウールリバーコートは、そんな隙間を埋めてくれる様な存在になり得る一枚。
一昨年の秋冬に素材は異なりますが展開したことがあり、道中着や半合羽和をベースにしているところから
当然和の落ち着いた雰囲気も漂わせつつ、同時にとても前衛的でファッションとしての面白味も
兼ね備えているコートは、MITTANの物作りを濃厚に感じられるのではないかなと思います。


名前の通り表面と裏面で異なる色で織り上げ、リバーシブルでの着用が可能。
どちらで着てもフロントはスナップ釦で開け閉めが出来て脱ぎ着がとてもスムーズなのも、
着用機会が増えるポイントになります。
デザインとしても映える特徴的な大きな襟とポケット以外は、一枚のパーツで仕立てているため
手を広げるとより分かりますが、袖が身頃に対して水平に付いていて、見た目も平面的。
その分、着用する人の体型に沿うように生地が落ちるので、肩の位置を気にせず着られますし
縫製箇所が少ないので、ゴロゴロとした引っ掛かりも無く、それは着心地の良さにも確実に繋がります。


以前展開した際はシルク混でほわほわした感じでしたが、今回の素材はウール80%ナイロン20%で
柔らかいけれどしっかり密度があり、しっとりとした光沢感が美しい生地に仕上がっています。
生地自体はそこまでの厚みは無いのでカーディガンコートの様なイメージで、気温の高い日には
シャツやカットソー一枚に羽織るぐらいが丁度快適に過ごせるのではないかと思います。
反対に気温が低い日はコートとしては裏地が無い分、軽くはなるのですが保温性が弱くなってしまいますので
インナーダウンなどの風を通しにくい素材のアイテムを組み合わせて着用するのがお勧めです。
最近は盛岡でも身構える位の寒さは数日あるかないかで、重厚な寒さから身を守るようなアウターの出番は
必ずあるものの、その頻度が少なくはなってきていると思いますので、これ位気軽に着れるコートや羽織物を
ワードローブに用意しておくことで、来る冬をより楽しめると私達自身も感じています。


釦の位置はダブルブレスの様にアシンメトリーなバランスになります。
スナップ釦で簡単に開け閉めが出来、内側にも釦が付くので風でバタついたりすることはありません。
最小限の縫製で、布を纏う感覚なのですが着こなしに振り幅を出せるのがMITTANの洋服の好きな部分でもあり
支持される理由でもあると思います。


着こなしは自由に釦を留める位置を変えて着るのも面白かったりします。
裏面は茶が主になるので、その日の気分とコーディネートに合わせて紺と茶を交互に変えながら着て頂きたいです。
身体と生地との間に出来る空間であったり、襟の見せ方など、様々な工夫と自分なりの落し所を見つける楽しみが
あるコートですので、是非トライして頂ければ嬉しいです。

PageTOP