定休日のお知らせ

明日20日(水曜日)は定休日となります。
どうぞ宜しくお願い致します。

1月19日

TEMBEA    CLUB TOTE SMALL

color      DK-KHAKI

price      13500+TAX

SIZE      27×25×12.5 SOLD

予報通りしっかりと積もりましたね。
先ずはほぼ雪に隠れてしまった車と家の前の雪かきからスタートして、店に着いて裏口の雪かき。
そして店の前側の雪をよけて、朝から体力の半分以上は使い果たしました・・・(笑)
場所によっては雪の山だらけで道幅がけっこう狭まっているところもあるので、歩く方も車の方も
外出の際は、どうぞお気をつけて。

各ブランドから少しずつですが、新しい品々がポツポツと届き始めています。
極力自分達が住んでいる場所の景色と気候と気温の状況に合わせながら、焦らずにコツコツと
ご紹介をしていきたいと思っていますので、心身の状態が落ち着いたタイミングで、是非足を運んで頂ければ嬉しいです。
TEMBEAから届いた11号帆布を用いた軽くて撥水性を高めた新素材。
前回はウエストポーチ型のデザインでご紹介をさせて頂きましたが、少しずつ軽い帆布を使ったシリーズも
浸透してきているので、それぞれの持ち味の良さを自分達にとっても選択の幅として提案しようと思います。
通常使っている6号の帆布よりもより気軽な感覚で持ち歩けて、雪や雨を気にせずによりラフに使える事を考えると
不安定な気候が続く今のような季節には、自然と機能的な素材に惹かれてしまうのではないでしょうか。

TEMBEAのロングセラーアイテムの1つでもあるCLUB TOTE。
通常の6号帆布の場合には蓋になる部分が付いておらず、それはそれで荷物の出し入れがし易いのですが
巾着を付ける事によって、中に入れた荷物が濡れる心配が無くなり防犯面においても安心感がプラス。
巾着部分を折りたたんで中に収納も可能で、単純な仕掛けですが機能美を感じていただけると思います。
ハンドルとショルダーの2WAY仕様で、ショルダーストラップは調整が出来ませんが絶妙な長さに設定し
必要最低限の機能性しかディテールに取り入れないTEMBEAらしさが溢れる作りです。

大きさは横向きにA4ファイルがストレスなく入る大きさ、底のマチが広く設定されているので
見た目よりも容量があって、お財布・飲み物・手帳など必要最低限の荷物を入れて持ち歩くのに適していると思います。
お客様から片方に付いた取っ手のような部分はどう使うのですか・・・と聞かれる事がありますが
荷物の入った重たいバッグを引っ張り出す時にこれがあると便利で、特に飛行機や電車などの移動の際には
案外重宝するディテールだったりします。
実際に飛行機や電車の中で実際に高い位置に重たい荷物を置いた場面では、掴む場所があるのは便利で
日常ではあまり使う事がないかもしれませんが、いざその場面に遭遇すると嬉しくなるのでは。。

TEMBEA    CLUB TOTE MEDIUM

color      DK-KHAKI

price      14500+TAX

SIZE      34×31×15.5 SOLD

color      DEEP GRAY

一回り大きいサイズもご用意しました。
容量を考えると余程の荷物を持たない限り1泊位までの旅行や出張などにも対応が出来そうですし、
DEEP GRAYは、カジュアルな服装で仕事をされている方でしたらビジネスとして使うのもお勧め。
パソコンなどの精密機器など雨や雪に濡れたくないという場合にも、内側がコーティングされているので安心して
持ち運びが可能。ビジネスライクに振り過ぎずに気の利いたバッグをお探しの方にも、選択肢の中の1つとして
如何でしょうか。これから仕事をする際の服装にもより広がりが出てくる風潮が高く、それに合わせてバッグも
固く考え過ぎずに新しいものに挑戦してみるのも良いのかもしれません。

今までは真冬になると撥水性の高い素材のバッグを中心に使い、キャンバス素材は殆ど持つことがありませんでしたが
11号帆布リリーズのバッグを実際に手にしてみて、帆布に対する固定概念が変わったように思います。
帆布という素材からスタートしてどんどん広がりを持たせて、様々な素材やデザインに挑戦しているTEMBEAの
物作りへの探求心と柔軟な発想力。
毎シーズン展示会に足を運ぶ度にどんな新しいものが出てくるかとワクワクした気持ちにさせ続けられるのは、
そう簡単な事ではないですし、物作り以外の部分にも細部に見習うべき点が多々あるなと思わせてくれる
帆布のバッグブランドには納まりきらない素晴らしいプロダクトでもありブランド。
何となく知っているけど手にした事がない・・・や、帆布のバッグを沢山お持ちの方にも、ちょっとした違いや
デザインの面白さと奥深さを感じさせてくれるのは間違いありませんので、季節の変わり目やはじまり時に、
新しいバッグを手にしてみるのは如何でしょうか。

PageTOP