2月6日

FilMelange  DRAGAN2

color     BLACK

price     16000+TAX

SIZE     4    /     5     /     6

今日の朝はとても目覚めが良く、それもそのはず氷点下になっていませんでした。嬉涙
ストーブを付けて温度を確認すると室温4度。久しぶりに0度以外の数字を拝めてテンション上がりました!
外の気温も勿論寒いという他に、住居そのものが必要以上に寒いせいもあって毎日が修行の日々ですが
『五感を研ぎ澄ます』意味では、必要な事ではないかと言い聞かせ過ごしております。

まだ着るのには早いのですが、気温がプラスに転じて気分もあがっておりますのでFilMelangeから届いた
カーディガンをご紹介。毎シーズン半袖・七分・長袖で提案しているオーガニックラフィーを用いた羽織で
個人的にはシャツの上から着るよりもカットソーにラフに合わせる方がしっくりきます。
理由として身頃はある程度ゆったりと設定しているものの袖周りなどはそこまで広くないので
脱ぎ着する際にシャツなどは摩擦で若干のストレスを感じてしまう為。
今時期からの着用を考えるとサーマルなどの保温性の高いカットソーと組み合わせてインナーの意味合いとして
着用するのがベター。素材の特性を活かすのであれば実際には3月末から4月頃からでしょうか。
気温の低い盛岡ですと4月末頃から、半袖や七分袖のTシャツの上からざっくりと羽織って頂くと気持ち良く納まるはず。
あとは梅雨時期や室内や車内での冷房対策に、バッグに丸めて持っていくだけで寒さを気にせずに安心して
気持ち良く過ごせる名脇役になってくれるのは間違いありません。

今季選んだカラーはFilMelangeが最も得意とする杢調ではなく、あえて黒を。
理由はどうしても黒のカーディガンが気になってしまった為(笑)
サイズ展開も4・5・6と大き目に振っています。メンズM・L・XLと言った所でしょうか。
ディテールとしてフロントに小さなポケットが1つと、サイドにもスラッシュタイプのポケットも付きます。
釦を掛けても良いと思いますが、Vゾーンがかなり深いのでDRAGAN2に関しては前開きで着るのが好みです。

袖口・裾には小さく切り替えしが入っていて、ぎゅっと身体を締め付ける様な部分は一切ありません。
ボディに使われているオーガニックラフィーは、僕がFilMelageのカットソーに初めて触れた時から
恐らく作り続けらている生地で、何度かアップデートを繰り返しながら現在に至っていると思います。
そう考えるともうかれこれ10年以上は作られているブランドを代表する生地の1つ。
実際に着ていて感じる事としてお洗濯に強く型崩れがし難い点。
特に半袖の上から着るような季節は、着用する度に洗う事が前提になってくるはずですので耐久性という部分は
求める条件になるのではないかと。勿論カットソーなので消耗してしまうのは間違いありませんが、クタクタに
なるまで着続けた頃にはきっと価格以上の満足を感じて頂けるカーディガンになると思います。
肌に直接生地が触れる季節は、純粋に気持ちと身体が喜ぶものを身に着けて頂きたいです。

カーディガンと一言で言っても、僕自身はシャツ・カットソー(薄手)セーター(厚手)の上に着ると言った具合に
3つからイメージを膨らませてセレクトするように心掛けています。今回ご紹介しましたDRAGAN2は薄手のカットソーの
上から着用する事を想定したカーディガン。Vゾーンの開き具合などからラフな感じが春夏のイメージに合うのでは
ないかと思っています。勿論シャツの上にも着て頂いても良いですし、決めつけている訳ではありませんので
物を選ぶ上で、意図をはっきりさせておく方が提案する側も手に取って頂く側もイメージがし易いのではないでしょうか。
プラスの気温になったという事で、気持ちの高ぶりを抑えきれず薄手のカーディガンのご紹介でした。
焦り過ぎずに気分だけでも少しずつ盛り上げていきたいものですね。

PageTOP