9月21日


A VONTADE   Type 45 Chino Trousers

color         INDIGO

price         18000+tax

SIZE         S   /   M   /   L   /   XL

rasikuではオープン当初から展開をし続けていますA VONTADEのパンツですが、見た目のインパクトや派手さは
ありませんが、シルエット、価格、作りの良さで支持をし続けられています。
ここ何シーズンかで定番として作られているワイドシルエットのトラウザー″Type 45 Chino Trousers″は、
わたりの程よい太さと裾にかけての緩やかなテーパード具合が絶妙な1本に仕上げられています。
春夏シーズンは薄手の9.5OZのデニムを使用していましたが、秋冬は風の通しにくい11.5OZの肉厚な生地へ変更。
ネップ感のある生地と毛羽立った表面の質感は、穿きこんでいく事でつるりとした肌触りに少しずつ変化をして
ヴィンテージライクな風合いを楽しむ事が出来ます。デニムはデニムでも5ポケットとは全く違う表情になるので
パンツの選択肢を広げてくれると共に、トップスのバランス感も大きく変わってくるはずです。
自分自身も春夏素材のタイプを購入して穿いていますが、太いシルエットではありますが腰からお尻回りにかけて
立体的に作っているので、野暮ったいイメージは殆どなく太いパンツが苦手な方にも挑戦して頂けると思います。
何を着ようかと困った時にA VONTADEのパンツは癖が無いのでとても重宝しています。


デザインはチノトラウザーの名作としてヴィンテージ扱いをされているアメリカ軍が使用していた″45KHAKI”をベースに
オリジナルを忠実に再現する訳ではなく、A VONTADEらしいエッセンスを足し引きしながら作製されています。
裏地に使用されているヘリンボーンツイルの生地使いや、バックポケットの左右にフラップを付けていたりと
表からは見えない部分や細部への拘りもきちんとされています。
オリジナルとの一番の違いはサイドシームを巻き縫いではなく脇割の始末に変更をしている点。
特にデニム生地の場合にセルヴィッジを魅せる事が出来るので、着こなしに程良いアクセントになるのではないでしょうか。
サイドシームが無い事でパンツ自体がすっきりとした印象に映りますし、好みはあるにせよデニムとは好相性に思います。


ヒップラインを上げてダーツを大きく取る事によって、お尻に沿った膨らみのあるシルエットを構築しています。
穿いた時にストレスに感じたり窮屈になる部分が殆ど無く、身体のラインに添うように作られています。
ぱっと見ただけでは分かり難いのですが、日常着として手を伸ばしたくなってしまう要素が色々と詰まっています。


シンプルにカットソーにスニーカーでリラックスした着方も良いですし、綺麗なシャツをタックインして合わせるのも◎
靴はプレーンな革靴と組み合わせると全体が引き締まって男らしい着こなしも楽しんで頂けるはずです。
裾の長さは折り返してセルヴィッチを見せても良いですし、ワイドなシルエットを活かす為にあえて短めにカットして
ソックスと靴とのバランスを楽しむのも良いです。


パンツに関して言えば、トップス以上にウエストサイズの合わせ方であったり丈の長さによって洋服の着こなし
プラスαや深みが出せると思っています。ちょっとした事で全く違うものにも見えたりするのが醍醐味であり
面白さにも繋がってきますので、自分なりのイメージを持って穿いて頂けたら嬉しいです。
僕自身もパンツがもっと上手くセンス良く穿ける様になりたいなと思いながら、色々と試行錯誤していますが
何てことのないベシックなアイテムを、人を引立たせるサイズやバランス感で格好良く着れるのが理想かもしれません。
今シーズンからサイズXLまでご用意しておりますので、是非お試しいただけたらと思います。

5月1日


A VONTADE   CREW NECK SWEAT CARDIGAN 

color         INK BLACK  

price         19000+TAX

SIZE         S   /   M   /   L

先週末から大型連休がスタートしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今日はまた少し肌寒さを感じ、羽織り物が必須な一日となりそうです。
店内も少しずつ半袖のTシャツなどを並べ始めていますが、カットソーやシャツの上に
羽織れる物は素材と形違いで何枚かあると、何を着ようかなと考えてしまう日に重宝すると思います。
A VONTADEがオリジナルで開発したミニ裏毛素材を用いた使い勝手の良いクルーネック、Vネックのカーディガン。
この時期はJHONSMEDREYに代表される様な柔らかで気持ちの良いコットンニットのカーディガンも良く着用していますが
生地が強くラフに扱う事が出来、お洗濯での型崩れや引っ掛かりなどを意識せずに着られるものも同じくらい使えると思います。


フロントのデザインはダブルジップを採用して、着こなしにアクセントを与えてくれます。
シャツとの組み合わせも良いですが、これから半袖のカットソーにラフに合わせるくらいが丁度良さそうです。首元も程良く開いているのでインナーの色を覗かせて、裾からも色を出すと見た目の軽さがより出せるので、ブラックの色目もさらに活かされると思っています。
素材に関しても表面にくる側にはドライでバルキーな肌触りが特徴の空紡糸を用いて、肌に当たる面をオーガニックコットンと使い分けをして作製されています。オリジナルで生地から作る事が出来るブランドだからこその強みと言えます。裏面(肌に触れる面)はパイルを短くする事で全体の厚みを抑えてイメージにある様なスウェットとはまた違った良さを感じて頂けるはずです。


クルーネックの羽織り物は数シーズン前からA VONTADEが得意とするカタチで、ライダースの様な感覚でアウターとして着るのも良いですし、季節によってはインナーとしての役割も果たしてくれます。Vネックのカーディガンと比べると変化球なイメージに映るかもしれませんが、何だかんだと出番が増えてしまう・・・そんな1枚になってくるのではないでしょうか。
日常着として考えた際に、機能性・デザイン・価格のバランスが良く何を着ようか困った際の砦になってくれるような存在だと思います。


見た目もシンプルで何てことなさそうな雰囲気が逆に良かったりします。
時間が経つにつれてジワジワと着易さであったり、汎用性の高さを実感して頂けると思いますし
デザインなど含めてA VONTADEらしいフラットなバランス感がお勧めしたいポイントです。

A VONTADE   V-NECK SWEAT CARDIGAN 

color         INK BLACK  

price         17000+TAX

SIZE         S   /   M   /   L


同素材でVネックタイプもご用意いたしました。
Vゾーンが深過ぎないのが僕自身は好みで、自然と着用のイメージが湧きました。
肉感がしっかりとしているので、着用した際の存在感も程良く際立ちます。
インナーはシャツでもカットソーどちらに合わせても、カーディガン自体に癖がないシルエットですので
いつも着ている服装にすっと馴染む感覚があると思います。


ポケットは左右にパッチポケットが付きます。
ステッチが表側に出ないように一手間かけている点も、見た目の美しさに繋がりますし
丁寧で耐久性にも優れた洋服を作るブランドらしさを表現しているディティールに感じます。


A VONTADEの洋服は日常生活を過ごしていくうえで、ある程度タフに着られる生地の強さであったり、シンプルですがきちんとした縫製技術で作り込みがされているというのが着れば着る程に頭では無く体感として自分の中に残るような服でもあります。
ご紹介したカーディガンも、手持ちのお洋服を更に活かしてくれる存在になるはずですし
何てこと無さそうな雰囲気の奥に、本当の価値が詰まっていると思います。
まだまだ出番の多い1枚になると思いますので、着回しの効く羽織り物をお探しの方にお勧めです。

4月2日


A VONTADE   Sack Chester Coat

color        MIDNIGHT

price        35000+TAX

SIZE        S   /   M


薄手でありながらもしっかりとした張りのあるタイプライタークロスを用いた今シーズンの新型コート″SACK CHESTER COAT″
これからより一層、朝夕の冷え込みと日中の温度差が大きくなる時期に一重の薄手コートは本当に重宝します。
ウエストラインに一切の絞りが無く、縦に綺麗に落ちるシルエットとクセの無いデザインはワードローブの中心になる1枚をお探しの方に
特にお勧めで、厚手の物を着込んだ際にもストレスなく動く事が出来るのは、身体の動きに合わせた秀逸なパターンと
肩や腕周りなどのサイズ感をゆったりと設定しているのでコート選びの際にはポイントになります。


素材はコットン100%、弱撥水性のある超高密度に織られた平織りの生地を採用。
織り上げた生地をボールバイオ加工を施す事で手に触れた時にぬめりのある独特なタッチに仕上げています。
この手の生地は軽くて着回しが効くので、雨の日にレインコート代わりに着るのも良いですし旅行や出張などに
出掛ける際には軽くて持ち運びが簡単なコートは1枚持ってくと使い勝手の良さをより実感して頂けるはずです。
店頭で接客をしていると春に着るコートやジャケットを悩むという男性が多いように感じています。
全てを解決してくれるような万能な洋服というのはなかなか見つからないと思うのですが″Sack Chester Coat″は
着る時期や着合わせも含めて守備範囲の広い、頼りがいのあるコートになってくれると思います。


首元のラペルはスタンドにしても折り返しても良いのですが、ラペルを作って着た時の表情がより凛としていて
ジャケットを着ているような綺麗な表情が好みです。


ポケットはハンドウォマー、チェンジポケットの合計3つ。釦裏は力釦がしっかりと付いてきます。
A VONTADEの洋服はかれこれ10年以上買い続けていますが、見た目もさる事ながら縫製がしっかりとしていて
細部にまで気が配られているので壊れにくく、丈夫だという点も良い洋服の条件になるのではないでしょうか。


洋服には様々な捉え方があるので一言で″良い服″とか″格好良い服″いうのは難しいのですが、何てことのなさそうな
良い意味で普通な洋服を如何に自分らしいスタイルで恰好良く着熟せるかどうかという点に僕自身は意識をおいています。
″Sack Chester Coat″はラックなどに並べておくと、表情があまりないので手に取る方が少ないのですが
見た目がプレーンでフラットなアイテムをどれくらい自分のものに出来るか・・・といのも洋服の1つの面白さのような気がします。


春物を着るのはこれからが本番です。
着回しが効く万能なコートをお探しの方や何となく雰囲気の良い羽織物をお探しの方に手に取って貰えたら嬉しいです。
派手さは感じませんが、ジワジワと良さを実感できるような1枚になると思います。

2月20日


A VONTADE   TYPE 45 CHINO TROUSERS

color         INDIGO    

price         18000+TAX              

SIZE         S   /   M   /   L SOLD


昨シーズンから展開しているA VONTADEのワイドトラウザー″TYPE 45 CHINO TROUSERS″
ヴィンテージなどがお好きな方には馴染深いアメリカ軍が採用していたチノトラウザー通称「45カーキ」をベースに作製されたモデル。
オリジナルを忠実に再現するのではなく、ブランドのエッセンスを散りばめながらもオーセンティックな面構えになり過ぎない
現代のファッションシーンにもしっくりとくるワイドパンツに仕上げています。
着用しているのは9OZの薄手ながらもしっかりと張りと強さを感じるセルヴィッチデニム。
縫製に巻き縫いを使用せずに作られているので、裾を折り返した際に外側にデニムの耳が出るのが特徴。
巻き縫いにする事で縫製に強さが出るのと生地のあたりが出て雰囲気が増すというのも良さではありますが
あえてそうしない事によって、見た目がよりプレーンになりすっきりと着用出来ると思います。
まだ気温が低い日には、生地が薄いので風が抜けてすーすーして穿くのを躊躇してしまいそうですが、
暖かな日差しを感じる頃には気持ち良く主役の1本として重宝すると思います。
デニム素材に関して言えば、真新しい状態よりもある程度生地を馴染ませておくと、いざ春服が気持ち良く
着られる時期に良い仕上がり具合で穿けるので、春に穿きたいパンツをお探しの方はそろそろ一本
準備しておくのことも、お勧めいたします。


シルエットはワイドですが″A VONTADE″が得意としているお尻周りなどを立体的なパターンで作っているので
変にもたつく箇所がなく秀逸なシルエットを構築しています。
普段太めのパンツを穿かない方や苦手だけど試してみたいという方に挑戦して頂きたいです。
太いパンツはトップスのボリュームがなくなる季節の方がよりシルエットのバランスが取り入れ易いので、春から夏にかけて
徐々に軽くなる服装の方がより馴染み易いと思います。
早速デニムタイプを購入して穿きはじめましたが、裾を短めにカットしてほんの数センチ折り返してセルヴィッチを見せています。
少し裾から覗く耳がアクセントで効いていてデニムという事でトップスも合わせ易く、最近は寒いのを我慢して良く穿いています。


もうすぐキャンバスのスニーカーを迷わずに履ける季節になりますので、ベタな合わせですが白のスニーカーにデニムの
組み合わせは鉄板ですし外せないスタイルです。パンツ選びに関して言えばあえてサイズを大きくしてみたり、ジャストサイズで
綺麗に見せるのも良いですし、丈の長さ1つで見え方が変わるので頭でっかちにならずに色々と試して頂きたいです。

A VONTADE   TYPE 45 CHINO TROUSERS

color         BEIGE    

price         18000+TAX              

SIZE         2XS   /   XS   /   S   /   M   /   L  


カラー″BEIGE”は長年に渡り定番で作り続けられているA VONTADEオリジナル素材で、張りと腰のある生地に
天然樹脂加工を施し、肌馴染も良く寒さの厳しい季節以外であれば気持ち良く穿いて頂けると思います。
オリジナルやヴィンテージには時間の経過とその当時の時代背景を感じる事が出来ますが、現代のプロダクトには
それとはまた違った良さを感じる事が出来ます。どっちが良いとか上とか下ということはなく自分自身の雰囲気や
着こなし、スタイルに合うものを取って貰えたら嬉しいです。
チノタイプは女性にも履いて頂きたいと思いましたので、サイズ展開を2XSから5サイズご用意しました。


季節が移り変わってくる時期は、足元(靴とパンツ)を新調するとトップス選びも楽しくなるかなと思います。
デニム・チノ・軍パンのデイリーに穿ける3つの選択肢があると、洋服選びの軸と基準が定まり着合わせに困る事が
少なくなるはずです。変わる事のない普遍的なアイテムを如何に格好良く着るのか・・・これは年齢を重ねても
未だになかなか満足する事が出来ない課題でもあり、楽しさの部分でもあります。
A VONTADEの新たな定番″TYPE 45 CHINO TROUSERS″是非、春のパンツの軸にしてみてはいかがでしょうか。

12月11日

img_0621
A VONTADE  WRINCLE MAC COAT

color       STEEL GRAY

price       43000+TAX

SIZE       S   /   M   /   L
img_0639

img_0645

img_0646
A VONTADEでは先日紹介をしました″OLD POTTER JACKET″と共に定番アイテムとして作り続けられている
コートがあります。3シーズン対応可能な″WRINCLE MAC COAT”は、高密度で撥水性の高い生地を表地に使用し
裏地はコットンのスレーキを組み合わせた、見た目がややふっくらとした印象が特徴のコートです。
今までrasikuでもA vontadeのコートは様々展開していましたが、WRINKLE MAC COATに関しては
MENSでは展開をした事の無いコートだったのですが、今シーズンは表地に用いられる生地とパターンが修正された事もあり、
僕がイメージするコートの条件によりぴったりだったのでセレクトしました。
冬場に厚手のニットを着た上からでもさっとストレスなく着れるというのが理想的で、身頃と袖周りが以前よりも
格段にゆったりした作りになった事で良い意味でコートらしいコートに仕上がっていると思います。
丈の長さもお尻が隠れるくらいに設定をしていますので、車で移動される事が多い方には座席にコートが
干渉せずに済みますので、バリエーションの1つとして選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。
img_0652

img_0653
表地はコットン×ポリエステル×ナイロンの混合糸を超高密度に織り上げたポプリンを使用。
表面が微起毛させていてラバーライクな肌触りを実現しています。少しの雨や雪の水気は弾いてくれますし
2枚仕立てなので表地と裏地の間に空気の層が出来ますので、冷たい風などは殆どシャットアウトしてくれます。
冬場は組み合わせとして暖かいセーターを着たり、フリースやインナーダウンなどの高機能な素材を1枚挟んで頂ければ
冬の寒さにも十分に対応可能だと思います。ウールのコートやダウンジャケットなどと比較すれば保温性は劣りますが
アウターで、はたまたインナーでと保温性を何で上げるかは個々によって全く違いますし、単純に見た目だけで寒いと
判断するのではなく、ご自身の洋服との付き合い方や過ごし方に出来るだけ見合ったものを、その都度
提案出来ればと思っています。
img_0655

img_0656

img_0658

img_0659

img_0661
フロントは比翼になり、トップボタンだけが剥き出しになる仕様。
釦は存在感が際立つ本水牛釦を贅沢に使用し、レザーの力釦で補強をしています。
しっかりと作り込みがされているA VONTADEの洋服は、見た目に派手さは無いので何気ない感じなのですが
長年に渡って培われてきた縫製技術の高さと、身体にラインに沿うような無理のないパターンは着ていて心地が良く
デイリーウェアとしての基本がしっかりと詰め込まれた洋服なんだと常々思っています。
デザインがシンプルでクセがないものが殆どなので、歪なカタチの古着やデザインの強い洋服と合わせてもしっくりくる事が
多々あり、全体をすっきりまとめてくれたり、主役と脇役を行き来出来る懐の深さが一番の良さだと
僕自身も思っています。世代を問わずに支持されているというのも何だか頷けます。
img_0667

img_0662

img_0664

img_0665
縮率の違う生地を張り合わせて製品洗いをする事で生じる″吊った″状態の雰囲気も″MAC COAT″の顔のひとつ。
お気に入りのデニムや軍パン、真新しいのよりも痩せて可愛い毛玉が出来たセーターを着て肩の力を抜いて着て頂けたら
なんて格好良いだろうと想像してしまいます。(完全に個人的な好みですが。)
首元には素材の良いマフラーを巻いて。素材感の捉え方次第ではスポーティーな合わせでバックパックを背負うのも良いですし
クラシックな雰囲気に落とし込んで革靴を選ぶのもいいと思います。
手に触れた時の直感や感覚を大切にしながらイメージを膨らませて、自分自身にしか出来ない着方を楽しんで
貰いたいコートだと思っています。

rasiku sasaki

PageTOP