12月5日


A VONTADE    Wool Robe Coat

color          DK.NAVY

price          39000+tax 

SIZE          M  

A VONTADEから日本の作務衣などの要素を織り交ぜた、面白味のあるコートが入荷しています。
作業着故の、動く事を前提としたパターンで、はじめは独特の布の動きや表情にどぎまぎする部分も
あるかもしれませんが、自分の仕草と服とが慣れてくると、とても着心地の良さを感じるコートだと思います。
1枚目の汎用性を重視するコートというよりは、ちょっと気分を変えたり、自分のイメージを変えたい時のコート
としてお選びいただけたらと思っています。
素材感としても春・秋の季節にも手に取り易いと思いますので、何を着ようか・・と迷って結局ちょっと我慢して
季節が過ぎゆくのを待っている・・・そんな時に、お勧めのローブコートです。


素材は表地は表面がつるりとした高級感のあるウールサージを使用し、高密度に織り上げているので
しっかりとした重さと滑らかな質感を両立させた仕上がりにしています。
カタチがしっかりとある訳ではない自由度の高いコートは、着慣れるまでの時間が必要かもしれませんが
今までと全く違った洋服の価値観を感じさせてくれるので、ベーシックなコートにマンネリした方などは
新鮮に映るのではないでしょうか。たまには・・・という訳ではないのですが、ちょっとしたスパイスを
効かせたくなるのは僕だけではないはず。色々とジャンルレスに着られる方が引き出しも、装いの奥行きも
ずっと深くなってくるので、今まで活用出来ていなかった洋服なども含めて、上手く楽しく着られるように
なるかもしれません。そうなれたら良いなと自分も常々思っています。


肩のラインはラグランスリーブを採用し、生地のドレープで自然に落ちる様な雰囲気になります。
バックスタイルはサイドベンツ、ポケットは袋縫いでA VONTADEの得意とするステッチが表に見えない様に
一工夫されています。ポケットは容量がしっかりとある大きさで、お財布と携帯くらいであればバッグ要らずだと思います。

仕立ては背裏から袖にかけてキュプラ×コットンのスレーキが貼られているので、滑りが良く着心地の良さに繋がります。
この何とも言えない掴みどころのないデザインが良さだと思っていて、例えばグレーのスラックスを合わせて
インナーにハイゲージのセーターやぱりっとしたシャツなどを組み合わせれば、綺麗なジャケットの要素も生まれてきて
自分なりのアレンジが効かせられるのが”Wool Robe Coat”の面白さだと思います。


作り込みも含めてしっかりとした軸があるブランドだからこそ、今までとは一味違ったアイテムも新鮮に映りますし
素材使いなどからは変わらないエッセンスを感じられるコートだと思います。男性はある程度決まったスタイルがあるので
それを崩すのは勇気が必要だという事は十分に理解出来ますし、そう簡単には変えられないとも思っています。
一辺倒になりがちなバランスをあえて違う雰囲気の物を身に纏ってみると、今まで見ていた景色が全然違って見えたりして
洋服のバリエーションに大きな広がりが出てくると思っています。僕自身もA VONTADEの洋服を10年以上ずっと
着続けてきていますが、こうした変化も含めて良いなと思わせてくれる洋服が沢山あります。
物は試しでも構いませんので、是非一度袖を通して頂ければと思います。

11月5日


A VONTADE    CLASSIC MOUNTAIN PARKA

color          BLACK

price          40000+tax

SIZE          ONE    /   M   /   L   /   XL

A VONTADEを代表するアイテムは幾つかありますが、その中でも10年以上作り続けていて少しずつのアップデートを
繰り返しながら、現在のカタチにたどり着いた、僕の中では完成されたデザインのマウンテンパーカー。
僕自身も20代前半の時に、A VONTADEの製品で一番最初に手にしたのはマウンテンパーカーでした。
その当時はフードが脱着式ではなく一体型になっていて、着丈がもう少し短かった事を覚えていますが
着方はファティーグパンツにビルケンシュトックを合わせて着ていたのを今でも思い出します。
今と殆ど変わりない気がしますが・・・(笑)
今シーズンは色々と目を惹くコートやアウターが展示会であったのですが、原点回帰という訳ではないのですが
またクラシックなフードジャケットが気になってしまい展開を決めました。
サイズレンジもXLまで伸びましたので、インナーに厚手のセーターやダウンインナーなどを着込んで貰えれば
冷たい風をシャットアウトして寒い冬を過ごす事が出来ると思います。


素材は60/40クロスと呼ばれるコットンとナイロンを掛け合わせた混紡素材。
表面に光沢の無いざらっとする質感であったり、これで本当に水を弾くのか・・・という余計な心配であったり(笑)
素材は進化をし続けていますが、それとは反対にずっと残り続ける素材にも魅力や興味をそそられますし、
ある意味で時代とはアンマッチな部分を、あえて感じながら着るのも良かったりする部分があると思っています。
見た目がスタイリッシュになり過ぎずに、何処か野暮ったさが残るクラシックなバランスを保たれている事も
支持され続けている理由だと感じます。


ポケットはハンドウォーマーにフラップ付きのポケットの2重構造。
釦は70年代~80年代にアウトドアプロダクトで使用されていた爪式のクラシカルな物を使用しています。
袖付けはラグランスリーブを採用し、アームもゆったりした太さにしているのである程度厚地のインナーを着込んでも
動きが制限されにくく、この手のジャケットの一番の利点でもある気軽に袖を通せる仕様にしています。
雨や雪の日のレインコート代わりに使用するのも良いと思いますし、ちょっとくらいの雨や雪であれば
フードを被るだけで十分対応可能だと思います。


ZIPは″WALDES社″の重厚な艶の無いものを使用しています。
しっかりとした作り込みをするブランドらしいパーツ使いで、持ち手にはヌメ革の取っ手が付きます。
フロントはZIPと釦のどちらでも開け閉めする事が可能です。
インナーをちらりと覗かせる場合は、上の方の釦だけを留めて着るのがお勧めです。


フードはスナップ釦で簡単に取り外しが可能ですが、個人的にはフードがある方が断然格好良いと思っています。
着丈はお尻がしっかりと隠れる長さに設定をしています。シャツをインナーに着た際にシャツのテールが出る事も
ないと思いますので、すっきりと納まりの良いバランス感で着用して頂けると思います。
パンツはカジュアルにデニム・チノ・軍パンなどを合わせるのも良いでしょうし、ウール素材のスラックスなどを
合わせる事で異素材の組み合わせがしっくりとくると思っています。
どちらにせよ汎用性の高い1枚になるのは間違いありませんので、是非一度袖を通して頂ければと思います。
今回はレディースサイズ(ONE)もご用意していますので、そちらも併せてご覧ください。

10月19日


A VONTADE  LOUNGE JACKET 

color        BROWN

price        37000+TAX

SIZE         S   /   M 

A VONTADEの中で、ここ数シーズン作り続けられている″LOUNGE JACKET”
癖のないデザインで、ジャケットを普段あまり着ないという方にもお勧め出来る1枚です。
今季選んだ素材は温かみを感じるブラウンのコーデュロイ。スーピマコットンを双糸に用いて織り上げた
見た目も上品な10ウェルの中畝。表面に艶があり、新品の状態も良さそうですが少し畝が潰れてきた頃が
コーディロイの素材の特徴を感じて頂けると思いますし、色褪せた雰囲気も格好良いはずです。
ハイゲージのセーターやタートルネックをインナーに合わせて、カジュアルになり過ぎない着こなしがお勧めです。


3パッチポケット、プラスでスマートフォンを入れる事が出来るポケットが付きます。
ポケットは袋縫いでステッチが表に出ない様に、一工夫されていて良く良く見てみると縫製技術の高さや耐久性を
考慮した作りの良さを実感して頂けると思います。身頃の裏はコットンのスレーキが張られていて、袖は滑りの良い
ポリエステルの生地に切りかえられているので、着用時のインナーとの摩擦によるストレスは皆無です。
LOUNGE JACKETは、王道のデザインとディティールで袖をやや前目に振っているのでクラシックなジャケットにも
映りますが、丸みを帯びたシルエットにする事で軽さを演出し、力まずリラックスして着れるのが好みです。


袖口は本切羽額縁仕上げ、ラペルはスタンドにして着る事も可能で、冬の冷たい風を防ぐのにラペルを立てて首元に
ストールを巻いて防寒して着るのもありだと思います。普段着として気軽に取り入れて頂きたいですし、
ちょっとした時に、何気なく軽く羽織れるジャケットが1枚あるのは心強いのではないでしょうか。
カジュアルな洋服を得意とするブランドだけに、ジャケット着て如何にもキメてます。の様な雰囲気にはならないですし
靴や小物遣いで、気合を入れたい時とそうでない場合を使い分けられる余白のあるジャケットだと思います。


バックスタイルは王道のセンターベンツを採用。
ウエストはやや絞りを入れていますが、身体のラインにしっかり添う感じではなく程良く抑えられたラインだと思います。
ベースボールキャップを被って足元を生成のコンバース、何処か懐かしさを感じるスタイルもある程度年齢を重ねた方で
あれば案外しっくりきて良いのではないでしょうか。着る人によって懐の深さを感じて頂けるジャケットだと思いますので
深みと面白味のある着こなしを楽しんで貰えたらと思います。
ブラウンのコーディロイジャケットを、颯爽と軽やかに羽織られたら誰が見ても格好良いはずです。

9月21日


A VONTADE   Type 45 Chino Trousers

color         INDIGO

price         18000+tax

SIZE         S   /   M   /   L   /   XL

rasikuではオープン当初から展開をし続けていますA VONTADEのパンツですが、見た目のインパクトや派手さは
ありませんが、シルエット、価格、作りの良さで支持をし続けられています。
ここ何シーズンかで定番として作られているワイドシルエットのトラウザー″Type 45 Chino Trousers″は、
わたりの程よい太さと裾にかけての緩やかなテーパード具合が絶妙な1本に仕上げられています。
春夏シーズンは薄手の9.5OZのデニムを使用していましたが、秋冬は風の通しにくい11.5OZの肉厚な生地へ変更。
ネップ感のある生地と毛羽立った表面の質感は、穿きこんでいく事でつるりとした肌触りに少しずつ変化をして
ヴィンテージライクな風合いを楽しむ事が出来ます。デニムはデニムでも5ポケットとは全く違う表情になるので
パンツの選択肢を広げてくれると共に、トップスのバランス感も大きく変わってくるはずです。
自分自身も春夏素材のタイプを購入して穿いていますが、太いシルエットではありますが腰からお尻回りにかけて
立体的に作っているので、野暮ったいイメージは殆どなく太いパンツが苦手な方にも挑戦して頂けると思います。
何を着ようかと困った時にA VONTADEのパンツは癖が無いのでとても重宝しています。


デザインはチノトラウザーの名作としてヴィンテージ扱いをされているアメリカ軍が使用していた″45KHAKI”をベースに
オリジナルを忠実に再現する訳ではなく、A VONTADEらしいエッセンスを足し引きしながら作製されています。
裏地に使用されているヘリンボーンツイルの生地使いや、バックポケットの左右にフラップを付けていたりと
表からは見えない部分や細部への拘りもきちんとされています。
オリジナルとの一番の違いはサイドシームを巻き縫いではなく脇割の始末に変更をしている点。
特にデニム生地の場合にセルヴィッジを魅せる事が出来るので、着こなしに程良いアクセントになるのではないでしょうか。
サイドシームが無い事でパンツ自体がすっきりとした印象に映りますし、好みはあるにせよデニムとは好相性に思います。


ヒップラインを上げてダーツを大きく取る事によって、お尻に沿った膨らみのあるシルエットを構築しています。
穿いた時にストレスに感じたり窮屈になる部分が殆ど無く、身体のラインに添うように作られています。
ぱっと見ただけでは分かり難いのですが、日常着として手を伸ばしたくなってしまう要素が色々と詰まっています。


シンプルにカットソーにスニーカーでリラックスした着方も良いですし、綺麗なシャツをタックインして合わせるのも◎
靴はプレーンな革靴と組み合わせると全体が引き締まって男らしい着こなしも楽しんで頂けるはずです。
裾の長さは折り返してセルヴィッチを見せても良いですし、ワイドなシルエットを活かす為にあえて短めにカットして
ソックスと靴とのバランスを楽しむのも良いです。


パンツに関して言えば、トップス以上にウエストサイズの合わせ方であったり丈の長さによって洋服の着こなし
プラスαや深みが出せると思っています。ちょっとした事で全く違うものにも見えたりするのが醍醐味であり
面白さにも繋がってきますので、自分なりのイメージを持って穿いて頂けたら嬉しいです。
僕自身もパンツがもっと上手くセンス良く穿ける様になりたいなと思いながら、色々と試行錯誤していますが
何てことのないベシックなアイテムを、人を引立たせるサイズやバランス感で格好良く着れるのが理想かもしれません。
今シーズンからサイズXLまでご用意しておりますので、是非お試しいただけたらと思います。

5月1日


A VONTADE   CREW NECK SWEAT CARDIGAN 

color         INK BLACK  

price         19000+TAX

SIZE         S   /   M   /   L

先週末から大型連休がスタートしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今日はまた少し肌寒さを感じ、羽織り物が必須な一日となりそうです。
店内も少しずつ半袖のTシャツなどを並べ始めていますが、カットソーやシャツの上に
羽織れる物は素材と形違いで何枚かあると、何を着ようかなと考えてしまう日に重宝すると思います。
A VONTADEがオリジナルで開発したミニ裏毛素材を用いた使い勝手の良いクルーネック、Vネックのカーディガン。
この時期はJHONSMEDREYに代表される様な柔らかで気持ちの良いコットンニットのカーディガンも良く着用していますが
生地が強くラフに扱う事が出来、お洗濯での型崩れや引っ掛かりなどを意識せずに着られるものも同じくらい使えると思います。


フロントのデザインはダブルジップを採用して、着こなしにアクセントを与えてくれます。
シャツとの組み合わせも良いですが、これから半袖のカットソーにラフに合わせるくらいが丁度良さそうです。首元も程良く開いているのでインナーの色を覗かせて、裾からも色を出すと見た目の軽さがより出せるので、ブラックの色目もさらに活かされると思っています。
素材に関しても表面にくる側にはドライでバルキーな肌触りが特徴の空紡糸を用いて、肌に当たる面をオーガニックコットンと使い分けをして作製されています。オリジナルで生地から作る事が出来るブランドだからこその強みと言えます。裏面(肌に触れる面)はパイルを短くする事で全体の厚みを抑えてイメージにある様なスウェットとはまた違った良さを感じて頂けるはずです。


クルーネックの羽織り物は数シーズン前からA VONTADEが得意とするカタチで、ライダースの様な感覚でアウターとして着るのも良いですし、季節によってはインナーとしての役割も果たしてくれます。Vネックのカーディガンと比べると変化球なイメージに映るかもしれませんが、何だかんだと出番が増えてしまう・・・そんな1枚になってくるのではないでしょうか。
日常着として考えた際に、機能性・デザイン・価格のバランスが良く何を着ようか困った際の砦になってくれるような存在だと思います。


見た目もシンプルで何てことなさそうな雰囲気が逆に良かったりします。
時間が経つにつれてジワジワと着易さであったり、汎用性の高さを実感して頂けると思いますし
デザインなど含めてA VONTADEらしいフラットなバランス感がお勧めしたいポイントです。

A VONTADE   V-NECK SWEAT CARDIGAN 

color         INK BLACK  

price         17000+TAX

SIZE         S   /   M   /   L


同素材でVネックタイプもご用意いたしました。
Vゾーンが深過ぎないのが僕自身は好みで、自然と着用のイメージが湧きました。
肉感がしっかりとしているので、着用した際の存在感も程良く際立ちます。
インナーはシャツでもカットソーどちらに合わせても、カーディガン自体に癖がないシルエットですので
いつも着ている服装にすっと馴染む感覚があると思います。


ポケットは左右にパッチポケットが付きます。
ステッチが表側に出ないように一手間かけている点も、見た目の美しさに繋がりますし
丁寧で耐久性にも優れた洋服を作るブランドらしさを表現しているディティールに感じます。


A VONTADEの洋服は日常生活を過ごしていくうえで、ある程度タフに着られる生地の強さであったり、シンプルですがきちんとした縫製技術で作り込みがされているというのが着れば着る程に頭では無く体感として自分の中に残るような服でもあります。
ご紹介したカーディガンも、手持ちのお洋服を更に活かしてくれる存在になるはずですし
何てこと無さそうな雰囲気の奥に、本当の価値が詰まっていると思います。
まだまだ出番の多い1枚になると思いますので、着回しの効く羽織り物をお探しの方にお勧めです。

PageTOP