4月18日

ASEEDONCLOUD 
2017SS workpermit 15 – ajisai – 雨司祭
/
催花雨を求め植物のために雨乞いをする踊り子の集団が主人公の物語

ASEEDONCLOUD  workman’s coat

color      グリーン

price      46000+tax

SIZE      S 


春を知らせる花が順々に花開き、あともうすこしで桜の見頃を迎える盛岡です。
もりもりと隙間なく圧倒的な存在感を放ち、咲き誇る桜も見応え十分ですが、
いつもの道の脇に、さり気なくしれっと顔を覗かせた花々にぐっときてしまいます。
まだ春とは言えない寒さ厳しい中でも、ちょっと気温が上がると一瞬でぐんぐん伸びて、
気付けばあっという間に花を咲かせている。
自然の強さと逞しさを感じずにはいられないその姿に、パワーをもらうような気持で道すがら眺めています。
昨夜の雨でまた一段と花が開いた様な気もします。
そんな春に降る、早く咲いてと、開花をうながすような雨のことをさす ″催花雨″ 
美しい言葉とともに届いた、今季のASEEDONCLOUDのコレクションテーマ ″AJISAI″ が一面に映し出された服が
店頭に並んだのは、まだぶるぶるっと寒さに震える様な頃でした。一際目を惹くその服に気付いた方は、
わぁと何かにちょっと驚きつつ(?)ぱっと表情が明るくなるような、そんな気がして、まるで本当に
店内に花が咲いたようにも感じるのでした。


実際にキャンバスにアクリル絵の具で描いた紫陽花の絵を、スキャンしてプリントにした生地は原画そのもので、
色の滲み具合であったりグラデーションや、くっきりとしていない淡い色目からも、よく見る花柄とはまた違った
印象を覚える、空気感のある服に仕上がっています。
同じ生地を用いた服は他にも届いているのですが、初めにご紹介するのは軽やかな羽織として着られる
workman’s coat
パリッとした薄いコットン地は、夏の暑い日に着ると心地良く過ごせそうな微かに透ける素材で
タンクトップやキャミソール、ノースリーブワンピースの上にさっと羽織って、色落ちしたデニムやリネンの柔らかなボトムなど
アロハシャツのようなイメージで着ていただくと、見た目も涼しげで良いのではと思っています。
どう着るかと考えて着るのも大事ですが、こういった服は勢いとインスピレーション優先で着ていただきたい。 

釦を留めると気付く、ユニークな衿から首元にかけてのデザインがとても素敵でインナーの色を変えたり
アクセサリーを覗かせたり、楽しみ方が広がります。


プリントの生地なので、どの部分を使用するかによって一枚一枚の柄の出方が異なるというところもポイントです。
紫陽花がしっかり映し出されている部分があれば、白や薄い水色、ピンクから紫など花の色の見え方の違いや
反対に葉の緑色がメインに出ていたりと、自分のお気に入りの絵柄を探すのも面白かったりします。


店内にそう多くは無い柄物が並んだ時に、自分達は素直にお店の中が楽しくなって嬉しく思いました。
ぱっと入った時に意外と思う方もいらっしゃるのですが、そう感じて下さると良いなと思って選んでいます。
無理に何かを変えようとはしませんが、自分達の目で直接見て触って、今の気分であったり心がワクワクしたり、
楽しい・良いと感じることは良いスパイスとして積極的に取り入れていこうと思うのです。
少し季節がすすみ、緑が生い茂り、より沢山の花が咲いて、恵みの雨が降り、街の景色に彩りと光が溢れる頃。
着ている人もそれを見た通りすがりの人も、晴れでも雨でも、きっと楽しくなる様な一着だと思います。

color      インディゴ

price      39000+tax

SIZE      S   /   M


ゆったりとした身頃に太い袖。同じ形でもそれはまるで別物となります。
ハリのあるコットン地は、着始めはやや硬さもり形がぴしっとしていて、まるで半被を纏った気分になります。
決して綺麗で整った着易い形とは言え無いのですが、いざ着てしまうとなんだかしっくりとくるから面白い。
ゆったりのシルエットが心地良い様な、それでいて懐かしい気分と新鮮さが入り混じった、不思議な気持ち。
少しずつ生地が馴染んできて、無骨なシルエットが自分の身体に寄り添うようになる頃には、きっと自分だけの
オリジナリティ溢れる着方を見つけているはずです。


ASEEDONCLOUDの醍醐味!(だと思っている)着丈の違いを出して重ね着を楽しむ、装い。
このジャケット(紫陽花・インディゴ)それぞれをどう着たら良さが出るかなと、ちょっと悩んだのですが
いつものデニムを穿いてワンピース、その上にざさっと合わせてみた所、意外と・・・というよりも
自分達が想像していた以上に、しっくりきたのでそのまま採用してみました。
頭で考える事も大切ですが、洋服は直感をもっと信じても良いのかなと思って見たり。。。
半袖のジャケットようなカタチはなかなか見ないアイテムだと思いますが、夏でも夜には涼しくなる盛岡には
一枚この手の羽織はあると便利だと思っています。


毎回はっとさせられたり、目が輝いたり、その場で頭の処理が出来なくなる事もしばしばあるのですが
実際にお店に届いてから見ても、生地やデザインに興奮が冷めないASEEDONCLOUDの服。
少しずつ男性にもお選びいただく機会があったりで、とても嬉しく思います。
こちらのジャケットも、男性にも着ていただけますので気になった方はぜひ袖を通しにいらして下さい。
他にも今季のコレクションが様々届いていますので、お近くにいらした際にはお立ち寄りください。

12月12日

img_0727
ASEEDONCLOUD   2way knit

color      ダークグリーン 

price      29000+TAX 

SIZE      M SOLD
img_0723
color      ベージュ 

price      29000+TAX 

SIZE      M SOLD
img_0673
ASEEDONCLOUDEの2way knit 昨年から引き続き、形を変えてのリリースに堪らずオーダーしました。
何せ昨年よりも確実に、パワーアップ?可笑しく?楽しくなった、意表を突かれるデザインには、感動すら覚えますし
なによりもこのニットを見たお客様の反応をぜひ見たい!!とそんな気持ちで展開しています。
実際に畳んであるニットを広げた方は、大体がよく分からない感じでご覧になっていますが、説明してほぉ~と、
納得されるといった様子です。
個人的には2wayであるというのはおまけみたいなもので、実際の着心地の良さや、シルエットの良さ、など着た時に
どう感じるか、という部分が物凄くきちんと考えられてある事がすごいなと、このニットを見て思います。
昨年、ご購入されたお客様からもたくさん着ていますと仰って頂けていたので、洋服としての完成度が高く
シンプルな着方も創造力を働かせての楽しい着方も、どちらも出来るというのは夢のような服だなと思ったりもします。
img_0678

img_0684

img_0688
フード付きで着るとパーカの様で、全体的にカジュアルダウン出来るのもポイントです。
綺麗目な素材のパンツやスカートと組み合わせても良いですし、足元もヒールのある靴を合わせてみたり。
ベースとなるニットその物の生地感がとても綺麗なので、ボトムの組み合わせ方次第で印象も変わり、
ジャケットやベストを羽織ってお仕事などで着ても良いのではないかなと思ったりもしています。
前回のネックパーツはタートルだったのですが、それはそれで使い勝手の良さがあって良かったのですが、
フードですとよりそれぞれの時でイメージが違って見えて、斬新な感じがします。
ですので、素材感を統一させた着方もしたいですが、あえて古着やワークウェアといったアイテムと合わせるのも
良いなぁと思います。実際にASEEDONCLOUDのワークウェアラインのHand Werkerの服との相性も◎です。
img_0692
フード部分だけ先に被って、その上からニットを着ます。
その時のフードのみの姿というか光景が、不思議で面白くてしかたない。
別にニットを着てから、フードを被って重なる部分をえいえいっと首元に押し込んでも良いと思うのですが
綺麗に着るには。と考えたら、フードが先の方が良いかと。
そんな説明というか注意点というか感想を真面目にここに書くのも、絶対この服だけだと思うと、
やっぱり可笑しいなと思うのですが、そんな所とかそんな事と思われる様な部分に気付いて形にする。
そんなところもひっくるめてやはりASEEDONCLOUDが作りだす服は、閃きと工夫と楽しむ気持ちが
詰まっていて本当に魅力的な服ばかりです。
img_0693

img_0695

img_0698

img_0703
サイズ感は程よくゆったりですが、裾や袖のリブも良い加減のテンションで納まりが良いので、だらっと見せません。
小柄な女性ですと、もう少し全体的にゆるっとなるかと思います。
シンプルなデニムや裾が窄まったパンツ、たっぷりのギャザースカート、ジャンパースカートなどにゆったりなニットの合わせは
見ているだけでも可愛いなと思います。
img_0706

img_0708
フードパーツを全て出した状態でも、もちろん着れます。
単体だけで見ると、その見た目は不思議に思えるかもしれませんが、同素材なので意外と重なり部分も
目立ちすぎる事も無く、案外着ていると普通だったりします。
フードだけでも使えるので、他の洋服と色々組み合わせて着てみるのも楽しいと思います。
img_0712

img_0713
フード、外します。
抜け殻の様です。
img_0709

img_0719
ニット本体はとても綺麗なクルーネックニットで、するっと滑らかな肌触りはウールのチクチク感が苦手な方でも
何なく着て頂けると思います。厚手のニットだとアウターを着た時のかさ張りや着膨れが気になりますが
そういった事も気にせず着れるので、すっきりとした着心地のちょっと上質なニットが欲しいなという方にも
お勧めです。フードまでついてくるので、一枚でもなんだか満足感がありますね。
店内には様々なニットをご用意しています。
保温性、色、形、デザイン、肌触り。などなど。ニットと言っても何を求めるかによって、変わってきます。
この冬、これからの冬が楽しく、暖かく過ごせる、お気に入りの一枚を見つけて頂けたら嬉しいです。

rasiku sasaki

11月10日

img_9291
ASEEDONCLOUD   Prospect reversible coat

color      キルティングギャバ 

price      65000+TAX 

SIZE      S SOLD
img_9301

img_9303
盛岡の街にもついに初雪が舞い降りました。気温も一気に下がり、外を歩くときゅうっと身体が
縮こまる。この姿勢も、はーっと吐く息の白さも、ついに来てしまったか・・・と思う気持ちの反面
どこか待ちわびていた様な気もします。
寒さは苦手ですが、雪が空から降るのを見上げたり、しんとした静けさ、の中に響く冬の音。
雪の日はすごく好きです。だからでしょうか、初雪の日は結構テンションが上がります。
お店には、コートやニットをお求めになるお客様も増えてきました。
たくさん届いている、秋冬のお洋服のご紹介も間に合うようにしていければなと思います。
(待ちきれない方は、ぜひぜひ店頭で。)
本日は店頭でも、ちょっと目を惹くASEEDNCLOUDの愉しい一着を。
img_9306
グリーンのキルティングに、ブラウンのコーデュロイ地の組み合わせ。一度視界に入ってしまうと、その瞬間から気になる存在に。
個人的には、色目もデザインも直感で好きだなと思う一枚ですが、お客様の反応が何とも面白い。
なんとも怪しげと言うか、曲者的な感じで見られる方や、照れ笑いに苦笑い。楽しい!と言って下さる方も。
でも、それでいいのです。それが正解なのです。
ASEEDONCLOUDの今シーズンのテーマは、何と言っても盗賊ですから。
悪い職業であるはずの盗賊が、いつのまにか素敵な事を成し遂げている様な
あべこべでさかさまな、こと・もの の境目
何処か冷たく、けれど優しい視線で表現されたコートは、とても謎めいていて魅惑的です。
img_9311

img_9314
薄く中綿の入ったキルティングは、中に薄手のニットを挟んで着ましたが、それで十分に保温性は感じられます。
真冬の防寒具としてのアウターをお探しの方には適さないかもしれませんが、保温性は程ほどにあって
ダウンの様にもこもこにならずに、尚且つ他の誰とも被る事の無い、私だけの一着をお探しの方には、
ぜひ!このコート以外に無いです。とお勧めしたいくらい、着ると気持ちが高ぶるアウターだなと思います。
img_9316
両サイドに付いた大きなポケットだって、見た目は普通の様ですが普通ではないんです。
そのまますっと手が入っていくので、パッチポケットかと思いきや・・・
img_9317
飾りかと思ったフラップ部分がスナップで開いて・・・二重ポケットになっている。
しかも、フラップ部分が開き口になっているので、なかなか深いポケットです。
大事な物は無くさなくていいなと思いますが、入れた事を忘れてそのままずっと忍ばせてしまいそう。
img_9330
時折ちらっと覗くコーデュロイ地が見れば見る程に良いんですね。
袖も少し長めですが、袖を捲くるとまたちらりと見えるブラウンによって印象が変わります。
捲くりたくなる袖というのも素敵です。
img_9343

img_9345

img_9354

img_9350
センターから横にずらしたフロントのジップは閉めると、どこかエレガントというか少し懐かしい印象を抱きます。
シルエットも、けっしてゆったりでもなくタイトでもなく、すとんっと真下に落ちるようなシルエットで
圧倒的な格好良さというよりは、キルティングジャケットを再構築した様な井出達に仕上げている様に思います。
着てすぐに馴染む様なイメージではなく、年々距離が近づいて、かと思えば離れて、また手に取って。
そんな風に定番と言われる安心感のあるコートとは、また別の、脳に刺激を与えてくるような服。
img_9339
そして裏地という名の表地も登場します。
img_9358

img_9361
リバーシブルです。
ですが、店頭ではリバーシブルで着れますよ。という風には伝えていません。
もしこの服を見た人が裏っかえして着ても良いなと思った時に、着られるようにしている服なんです。
同じ事では?と思うかもしれませんが、展示会でこのコートや他のコレクションを見て、そして玉井さんのお話を聞き
自分達がこのコートが良いと選んだ時に、このコートの事をちゃんと伝えられたら良いなと思ってそう言っています。
いつかこの服が、何年・何十年という時を経て、そのとき出逢った人の事を想って。

img_9365

img_9367
私達はこの面が凄く好きです。このクセの強さに妙に惹かれるのです。笑
なんだか気になる・・・楽しそう。そんな気持ちが少しでも湧いた方にはぜひ試して頂きたいです。
洋服って面白いなと思わせてくれる一着です。

rasiku  sasaki

10月21日

「今までは、善い人だったり綺麗な世界をテーマにしてきたので・・・
今回はなんだか悪役の人を主人公にしてみたくって・・・テーマは泥棒・怪盗なんです。」
確かに、そんな言葉からスタートしたと思います。
今回のコレクションが並んだ展示の会場は、縦に長い形をしていて、入ってすぐ正面には職業・泥棒である
三人の姉妹の装いを表現したトルソーが並び、三人それぞれきっと性格も好みも違うのであろうという事が、
色遣いや着こなし方、身につけた小物など細やかな部分からも感じられたのです。
デザイナー玉井さんが想像し、創造するすてきな盗賊の物語。

workpermit 14 = sanshimai = [ 参縞衣 ]
悪い職業であるはずの盗賊が いつのまにか素敵なことを成し遂げるような
善と悪の境目をアイロニカルに眺めています

まるで私たちの身に着ける衣服の色が
さまざま植物を痛めその色を盗むかのような行為に基づいてきたように

あべこべでさかさま

こうしたシニカルで優しげな視線が随所に感じられるコレクションです

img_9304
ASEEDONCLOUD   Robber’s blouse

color      ブラウン 

price      22000+TAX 

SIZE      F SOLD
img_9312

img_9320

img_9328
この数シーズンでは定番となったブラウスですが、生地が異なると全く印象の違った物に仕上がり、
毎回新鮮で、ぞくっとするほど。どうしてこんなにも可愛さをストレートに表現出来るのだろうか・・・と
聞きたくなるくらいに可愛くて、けれど甘ったるさややり過ぎ感は全く無くて、着たらどんな気分なのかと
想像させられる服は、じわじわと気になるポイントを突ついてくるのです。
今回はコットンとキュプラで仕上げたつるりとした生地が肌に気持ち良く、見た目と着心地のバランスがユニークな一枚。
柔らかい色目の小さな格子柄とコーデュロイの衿は何処か落ち着く様なクラシカルな印象ですが、古っぽさはなく。
それはやはりデザインが生み出すシルエットだったり、現代の生地感だったりによるものが大きいと思うのですが
何十年後かに古着屋さんに並んでいる事を想像する・・・と仰った、玉井さんが作る服だからなんだと思います。
img_9332
全体の雰囲気をきゅっと引き締めてくれる、ボタンダウン。
コーデユロイの生地がちょっと厚みがあって固くて、渋くて良い。
img_9339
絶妙且つ至る所に施された、タックやギャザーなど。そこかしこが可愛いくて堪らなくなります。
着丈も短いので、見た目は小さ目に見えますが、実際に袖を通して見るとわかる、
コンパクトなのに窮屈さの無い事がとっても不思議。
img_9341
胸下に添えられた、ゴムのリボンは前後どちらで結んでも良いのですが、個人的には後ろが好み。
背中を絞って裾がきゅっと上がるのが良いです。
img_9343

img_9345

img_9347
袖のふわりとしたゆるいパフスリーブと、袖口のデティールがとても好きです。
着てみると背の高さがあるので、より丈の短さを感じるのですが、それが逆に太いボトムやロングスカートとの相性が良く
またウエストの位置が高く見えて、嬉しい。それでいて単純に、小柄な方にも似合うブラウスだと思います。
前の釦を留めず、ワンピースの上からやインナーに長袖を合わせてジャケットの様に羽織るというのもひとつです。
流行とはまた違った、別の流れの中で優雅に愉快に漂うストーリーのある服。
純粋に着たいと思う方に着て頂けたら。と思います。
img_9358
ASEEDONCLOUD   Robber’s Long skirt

color      ブラウン 

price      33000+TAX 

SIZE      F SOLD
img_9364

img_9370

img_9397
重たくなり過ぎず緩やかな流れるシルエットのロングスカート。
ウールですが厚地過ぎず、すべすべと滑らかで足に触れるのが気持ち良い生地です。
ブラウン・ベージュ・パープル、微かにイエローで構成された、タータンチェック。
今回のコレクションテーマ [参縞衣] とあるように、縞=チェック もコレクションのキーになっています。
どこかクラシックな色調は、長い時間を経た時にまた新しさを感じられるような、古着を見つけた時と
似通った感覚で見てしまいます。今すぐはしっくりこなくても、着る事で少しずつ似合ってくる。
世代を問わずに、色んな解釈で様々な着方をしてもらえるのではないかと思います。
img_9380

img_9383
ウエストに付いた紐は長さの調節も出来、肩に掛けてチューブトップのワンピースの様に着る事も出来ます。
ゴムなので、ウエストの位置も落としたりハイウエストにしたりと、体型や気分によっても着方が変えられます。
ちゃんとポケットも忘れずに。
img_9406

img_9413

img_9420

img_9400

img_9376
同じ物でも、懐かしく感じたり新鮮に感じたり。その人が生きてきた時代によって様々な感情が生まれます。
新しいも古いも、善と悪も、背中合わせ。そういった表裏一体の関係性を、洋服にのせて時代を越えて、
いつかどこかの誰かに届く様に。そんな想いを感じる今期のcollectionです。
実際に目で見て触れて、直感で着てみたいと思って頂けると嬉しいです。
rasiku  sasaki

9月17日

img_7893
ASEEDONCLOUD   HW apron

color      ブルー 

price      22000+TAX 

SIZE      F SOLD
img_7898

img_7901
ドイツ語で″職人″を意味する、Handwerker(ハンドベーカー)
ASEEDONCLOUDのコレクションンラインから派生した、小さなコレクションでもある″handwerker”は
毎シーズン作りだされるコレクションの中から、より生活着や仕事着として普遍性を持ったウェアのみを切り取り
未来のヴィンテージになりえる服として、プロユースとしても耐えうる生地を用いて作り出される職人の服です。
rasikuでもASEEDONCOUDのお取扱いがスタートした時から、このラインの定番のシャツやエプロントラウザーなどの展開を
続けていますが、中でもここ2シーズン続けてオーダーしているのが、この″HW apron″
今までは日常の生活の中でもエプロンを身に付けるという事は、殆ど無かったのですがASEEDONCOUDの服に出会い、
また、デザイナーの玉井さんが毎回展示会でお逢いすると、エプロン姿で上からジャケットを羽織っていたりと、
そのなんとも言えぬ、いえ、かなりその時は衝撃を受けた世界観に、一瞬にして魅了されたという事もあるのですが、
自分達はそのエプロンを纏う姿をすごく良いなと思い、ここ最近では店頭でもこのエプロンを身に付けている事もしばしば。
着てみると、それはオーバーオールを着る感覚にも近かったり、ベストを羽織る感覚でも合ったりと、
新たな発見に楽しんで着ています。そして実際に後からそのデティールについては書かせて頂きますが
やはり仕事着だからこその拘ったデティールは、機能性にも優れていてふとした時に役立つデザインに感動します。
お客様の反応も楽しいです、不思議がられたり、褒めて頂いたり。
その度に、洋服はいいな。面白いなと思って、そう思える服に出逢えたことにもまた嬉しくなります。
img_7904

img_7905

img_7909

img_7914
このシリーズでは毎回リリースされる生地は、古くから続く帆布工場にて昔ながらの製法でゆっくりと織られる
岡山備前の帆布、”備前壱号” その名前の響きからも、なんだかどしっと力強さを感じさせますが
実際の生地は、確かに目はしっかり詰まっていながらも触れるとすべすべと滑らかな肌触り。
経糸に光沢のあるコーマ綿を使用している為、その風合いを生み出しています。
くったりとしなやかな生地はタフさに優れているだけではなく、着続けていく事での経年変化も
着る楽しみの一つとなってくれると思います。
自分達が仕事着で着ると言っても室内で洋服に囲まれた仕事では、そこまで汚れたりする事が無いので
どうにも説得力が無くて悔しいのですが、ワークウェアだからこそ、その人の生活の中でだったり仕事をしていて、
毎日の様に行う動きの中で必然的に生まれる擦れや汚れが、このエプロンに少しずつ沁み込んでいったら
それはそれは格好良いなと思うのです。
img_7917

img_7921

img_7922
胸に位置するフラップを捲ると現れる、二つのポケットとペン差し。
またお腹部分にはやや深めで大きなポケットが一つ。
ワークウェアとしては欠かせないポケットは、着る人によってきっと用途はまた違ってくると思います。
クロスだったり工具や文房具だったり・・・ここは様々な職人の道具が詰め込まれる場所かと思うと、
なんだかとてもワクワクしてきます。
img_7924

img_7927
頭を入れて両サイドの紐を結ぶだけで着れるデザインなので、サイズはフリーサイズで男女問わずに着れます。
付属している紙パッチはお好みで付けたままでも良いですし、取って頂いても。
紙タグは付けたまま洗う事も可能なので、シワシワにさせて味をだしていくのも勿論◎
img_7928

img_7930
玉井さんの好きな色で作られたという今季のカラーの中でも、鮮やかに目に飛び込んできたブルーは
古着のワークジャケットの様に、今の綺麗なブルーが着て洗ってを繰り返した後に、色褪せてきた頃にまたぐっと
風合いの増した生地の良さを感じて頂けるのでは無いかなと思っています。
どう着るか・・・というよりは、こんな時に着たい!と想像して頂けると、それが好きな趣味の時間で
あっても仕事の時間であっても、ささやかでも服装によってその時間がより一層自分にとって大切で
有意義な時間になる様な気がします。
img_7853
color      ベージュ 

price      22000+TAX 

SIZE      F SOLD
img_7858

img_7865
色違いのベージュは、少し赤みを含んだ柔らかなベージュ。生地はブルー同様、備前壱号を用いています。
ブルーもそうですが、光沢感のある生地なのでワークウェアでありながらも、ハードな印象になり過ぎない点も
特徴のひとつ。インナーにシャツを合わせジャケットを羽織合わせると上品さも加わりますので、ちょっと変わった
ユニークさも含んだユニフォームとしてお店などで着て頂くのも良いのではないかと思ったりも。
実際にASEEDONCLOUDのHPの中では、handwerkerを着て作業するお店の方の姿を撮影した様子が
LOOKUBOOKとしてUPされており、オープン準備の様子やパンを作る姿に、当たり前の様に粉まみれの服・・・
この組み合わせの格好良さよ!と、何度も見てしまっています。
ぜひ、そちらもご覧頂けたら。

ASEEDONCLOUD HP→

img_7867

img_7869

img_7873

img_7874
ASEEDONCLOUDの服の楽しさは、その一着の服だけでも存在感もあって、装いに加えるとよしと決まる程
アクセントになりますし、デティールも細やかで見るのも着るのも楽しいのですが、もう一つ重ねて着る楽しさもあって
セットアップの様にして、同素材のボトムと合わせたり、またコートやスモックなども同素材で作られているので、
それらを組み合わせた時の、佇まいは本当に格好良い。段々に重なった部分とそれぞれは見える分量なども、
本当によく考えられていて、美しいとも思える作業着というところも、ASEEDONCLOUDの成せる業だと思います。
img_7879
自分達は実際にエプロンを仕事着と言う目線で着ているかというと、また少し違うかもしれませんが、
洋服を提案しているからこそ、作業着としての見え方と、ファッションとしての魅せ方のどちらも表現出来たら
いいなと思って着ています。どちらの要素も含んでいると思いますし、着る人に自由に着て頂きたいと
思うので、先ずは自分達が色んな着方をしてたのしみます。
そろそろ涼しくなってきたので、カットソーやシャツにプラスして着たくなる頃。
もし、何かアンテナに引っ掛かった方はぜひ店頭で試してみてください。

rasiku sasaki

PageTOP