2月9日


COMMONO reproducts  A Line Coat

color        BLACK

price        48000+tax 

SIZE        C0 SOLD


COMMONO reproductsのA Line Coat。
見た瞬間、あまりの生地の恰好の良さと美しさにため息が漏れる程、存在感のあるコートは
素材は緻密で丈夫なウールギャバジンを使用しています。
ぎゅっと密度のあるしっかりとした生地は、強くて、そしてとてもしなやかです。
上品な生地を最大限に活かすような、一見ワンピースの様にも見える無駄の無いシンプルなコートは、
着合わせ方次第で、オンオフのスイッチが切り替わり、装いに広がりを持たせてくれる気がします。
スーツまではいかないけれど、ラフ過ぎない気を遣った服装が必要な職業の方など、洋服選びが難しい時に
白いシャツやハイゲージのニット等の上にばさりと羽織るだけで、それとなく雰囲気の出せる薄手の羽織は
正に救世主の様な存在とも言えます。
厚さは中肉ぐらいなので本格的なアウターよりも重厚すぎず、ロングカーディガンの様に羽織って着るのも
良いと思いますし、勿論フォーマルなワンピースやパンツスタイルに合わせるコートとしても重宝します。


首元はノーカラーで、フロントには四つの釦が並びます。
胸下の切り替えの位置にポケットが位置してあり、全体的にもすっきりと何処かクラシックな趣があります。
着丈もほんの少し長めの印象。
モデル身長166cmで膝が隠れるぐらいなので、小柄な方で足首より少し上、150cm後半から160cm前半で
ふくらはぎの真ん中ぐらいの着丈になると思います。
着丈だけ見ると長く感じるかもしれませんが、肩幅や身幅も程良くタイトで裾下にかけてゆるやかに広がる
綺麗なAラインシルエットなので、身長問わず美しくみせてくれると思います。


縫い目が表に出ない縫製で仕立てることで、静寂さの中にも強い意志を持った凛とした雰囲気が伝わります。
裏地はキュプラ100%の総裏なので、スルスルと気持ち良く袖を通す事が出来るのもとても嬉しいのですが、
何より服の裏側を何気なく見た時に釦一つとっても、表と変わらないぐらい美しい作りを目の当たりにすると、
心の奥がきゅっとする様な、じんと温かくなる様な、何とも言えない気持ちになります。
COMMONO reproductsの服は、着るといつもの自分ともまた少し違って、でも遠く距離がある訳でもなく、
ちょっと背伸びをする感じが照れくさい反面、着たい!という気持ちがむくむくと湧いてくるのです。
着て直ぐに落ち着き馴染む服ももちろん良いですが、冒険してみたいと思わずにはいられない服と出逢えるのは
とても嬉しい事だなぁと思いますし、選んで下さる方がそんな気持ちになってくれたら嬉しさ倍増です。


バックスタイルは十字のシームが印象的ですが、ベントは無く、やはり淡々とした佇まい。
オンスタイルですと、裾にかけてすっきりとした細身のパンツやクロプトパンツが合いそうですが、
シンプルな黒のワンピースにコートを合わせて、赤いタイツに足元は黒の短靴と言ったモードな装いも素敵です。
もしくはフリルブラウスで襟を覗かせてみたり、プリーツスカートと合わせて靴はストラップシューズで
ガーリーな着こなしにも合わせてみたり。
シンプルだからこそ、組み合わせは自由自在のふり幅の広いコートだと思います。
ぜひ店頭で羽織ってみてください。

12月3日


COMMONO reproducts  No Bent Jacket

color        CHARCOAL

price        49000+tax 

SIZE        C1    /    C2

日本で8割以上の国産のウール産地としても知られる愛知県尾州地区。
COMMONO reproductsは地場産業のメリットを最大限に活かしながら、ファッションとしての目線と産業としての
バランスを崩さずに物作りをしているブランドの1つです。
ぱっと見では分かり難い部分も多いのですが、しっかりとした生産背景があるからこそ出来るクオリティの高い製品を
生み出し続けています。尾州地区には旧式の織機が多く現存していて、ゆっくりと時間を掛けて作られる生地は
空気を多く含んでいるので、柔らかく軽さと保温性に優れています。
岩手県のホームスパンにも似たような質感で、着れば着る程に味わい深い雰囲気に変化をしていきます。
カバーオールとジャケットを足したようなデザインの″No Bent Jacket″は、商品名にある通りベントとフロントに
ラペルが無いミニマムなジャケットで、畏まり過ぎずにカジュアルに着熟すのにお勧めの1枚です。
見た目以上に温かい素材感なので、首元さえ防寒して頂ければジャケットコートの様な役割を果たしてくれるはずです。


フロントは釦が4つ並びます。
トップの釦は閉めても窮屈にならないので、インナーとの相性次第ですが写真の様に留めて着るのも良いと思います。
フラップ付きのスラッシュポケットがポイントで、ポケットを叩き付けない事ですっきりとした表情に映ります。
カジュアルなジャケットですが、極力何も付け加えない事によって何処か洗練された雰囲気に感じてしまいます。
ネイビーやグレーのスラックスなどの綺麗な合わせも良いと思いますし、自分なりに少しずつ振り幅が出せる
ジャケットになってくるのではないでしょうか。


仕立ては2枚で、身頃はコットン100%のスレーキ、袖周りは滑りの良いキュプラが貼られています。
袖口は本切羽の仕様で、基本に忠実にしっかりとした作り込みも″COMMONO reproducts″らしさを垣間見れる部分。
シルエットに関しては身頃に絞りがないので、厚みのあるセーター類を合わせてもストレスなく着用出来ると思います。
肩から袖にかけての自然な曲線美と、上質なウールの質感を感じて頂きたいです。
車移動が殆どという方や、ストレス無くジャケットを羽織りたいと思っている方には特にお勧めです。


後姿はストンと落ちる様な雰囲気で、装飾が無いバックスタイルも着易さに繋がるのではないでしょうか。
素材や仕立ての良さに反して、見ためは程よく力の抜けた、緊張して着なくても良いジャケットだと思います。
恰好良く着ることが出来れば何も言うこと無いですが、ジャケットは普段から着ていないと中々様になりません。
それでも、いざと言う場では全身ビシッとまでいかずとも、さっとジャケット一枚羽織れたら良いですよね。
ユニセックスなデザインですので、小さいサイズは女性にもお勧めです。
これ。というジャケットが見つからない方は、是非羽織にいらして下さい。

10月1日


COMMONO reproducts  In Tuck Pants

color       Black

price       38000+tax

SIZE       C1   /   C2   /   C3 SOLD


COMMONO reproductsから、大阪に一台だけ現存すると言われる古い織機を用いて生地をオリジナルで開発し
作製された″In Tuck Pants″をご紹介いたします。
時間をかけてゆっくりと作られる生地は、柔らかさと張りに加えて独特のぬめりも特徴。
以前から気になっていた素材だったので作り手の方に生産背景をお伺いした所、どんな太い糸でもこの織機があれば
生地に出来るというくらい力強い織機で、熟練した職人でしか動かす事が出来ないと仰っていました。
″ガシャンガシャン″と凄い音を立てながら生地になっていく様子は圧巻で、機械が壊れてしまうとこの生地はもう作ることが
出来なくなるので、作り続けているうちは使っていきたい・・・という言葉が印象に残っています。
価格も正直それなりの設定ではありますが、自分も実際に穿いてみてヴィンテージの生地のような質感にどんどん近づいて
いく様な気がしています。


シルエットは全体的にゆったりとした設定、裾にかけて緩やかにテーパードしています。
ワンタック入ることで生まれる縦のライン、無骨ながらも整ったシルエットがとても好みです。
フロントはボタンフライで、ベルトループの付いている位置をやや下目に設定をする事によって
タックインした際にウエストラインが綺麗に納まります。
バックスタイルもヨークが付かないので、ベルトが変にゴロつかずにすっきりとした印象になります。
生地も強靭で、シルエットも太さがあるのに、どうしてか野暮ったくならないのかがとても不思議に感じます。


ポケットは中央ではなく、両サイドに寄せた作りにしています。
右の後ろポケットのみフラップ付きで、オリジナルの釦も雰囲気抜群です。


着用サイズはC3でウエストはゆったりしていますが、ベルトで絞って着用しています。
丈が短めに設定をされているので、これからの季節はウールのソックスと組み合わせるのが良さそうです。
通年を通して穿いて頂ける生地ですので、冬場はミドルカットのブーツを履いて丈のバランスを調整をしたり、
足首の見せ方や、靴の合わせ方でその時々の着こなしを楽しんで貰えたらと思います。


何度か穿いて洗ってを繰り返していますが、空気を含んだ生地というのはどんどんとふっくらとしてくるのが分かります。
今までワークパンツは色々と穿いてきましたが、このパンツは綺麗目でもなくワークウェアともまた一味違った
新しい感覚があって、まだまだ知らないことばかりの洋服の面白さや奥深さを改めて感じています。
僕自身の中でも、久々に?これは買って穿いてみて良かったと思える1本に出逢えたと思っています。
既にサイズが限られていますが素晴らしい素材、シルエットのパンツですのでどうぞお試しあれ!

9月4日


COMMONO reproducts  Seamless Jacket

color       Black

price       36000+tax

SIZE       C0   /   C1   /   C2

いつも着ているカットソーにジーンズ。普段からラフな(といっても幅広い)服装を好んで着ていますが
時には、ほんの少ししゃきっとした気持ちで、肩ひじ張らずにジャケットを着たいとも思っています。
ジャケットを羽織ると気持ちと生活にメリハリが出る様な気が勝手にしていて、ただ今のライフスタイルから
浮いてしまう様なカタチや素材のものは、結局着る機会が無くて着なくなってしまうので勿体ないなと・・・
COMMONO reproductsからリリースされた″Seamless Jacket″は名前の通り肩と背中にステッチが入らない生地を
贅沢に使った作りで、ジャケットというよりはカーディガン感覚で羽織る事が出来ます。
素材は表地は表面が滑らかでつるりとしたウール100%の1枚仕立てで、軽くてシワにもなり難いので持ち運びにも便利です。


デザインはフロントは3つ釦、3パッチポケット、ノッチドラペル、ウエストには一切の絞りがないデザイン。
生地に柔らかさがあるので、着ると綺麗な落ち感が出て畏まり過ぎない表情になります。
インナーはシャツも良いですが、クルーネックやVネックなどのカットソーを合わせるのも良いと思います。
気温が低くなればハイゲージニットのタートルネックなども着合わせとしてお勧めです。


Vゾーンはやや深めに設定。
ウエストに絞りを入れていない事によって、見た目はカバーオールにも近く素材感で綺麗な印象を与えてくれます。
ウール100%ですが、チクチクするような肌あたりは一切無く滑らかでつるりとした気持ちの良い素材感で
尾州産地は質の良いウールを作れる地場産業が盛んな地域なので″COMMONO reproducts″が得意とする部分でもあります。
人と逢う時や食事に出掛ける際に、気負わずに羽織れるジャケットは男性・女性に問わずに、いざという場面がきた際に
1枚持っていると心強いのではないでしょうか。


肩線が後ろ側にしか入らないので、肩周りの可動域が広く動きがスムーズです。
長時間着ていてもストレスになり難く、1枚仕立てという事もあって軽い着心地も袖を通したくなる理由ではないでしょうか。


バックスタイルはシームやベントなどのディティールが無いので至ってシンプル。
前から見た時の印象と後姿のギャップがあって、力の入り過ぎていないバランス感がとても好みです。
日常着でありながら、どこか洗練された印象を持つ″COMMONO reproducts″の洋服。
言葉を前面に押し出すよりも、さらりと着る事で説得力が出てくると思っています。
BLACKも以前よりも何だか着易くなってきました。少しずつの挑戦が大切ですね。
レディースからメンズまでのサイズが揃っていますので、是非袖を通しにていらして下さい。

5月27日


COMMONO reproducts   DR.COAT

color        NAVY

price       24000+tax

SIZE       C1   /   C2   /   C3


COMMONO reproductsのショップスタッフがお店で作業する際に着られるコートを・・・というコンセプトで作製された
ヨーロッパの軍事医療用コートをデザインに用いた″DR.COAT″
毎シーズン素材を変えながらリリースされ続けていて、今春夏シーズンは3つの生地が目に留まり展開をしています。
その中の1つで、最も薄手でインパクトのある素材がブロードのギンガムチェックを用いた1枚。
着回しが効くという柄ではないのですが、これからの季節にマンネリする着こなしに気持ちの面でも良いアクセントを
与えてくれるはずです。気を使わずに着られる素材なので、汗をかいたら洗濯機でさらっと洗えるのもポイントです。


コート単体だけで見てしまうと少し手が出にくいかもしれませんが、パンツと組み合わせて着ると思っている以上に
しっくりとはまる感じがしています。柄の面積が大きくなるので、着る際のポイントは袖を短めに捲くりあげるという事。
これをするだけで見ための印象が軽くなります。シンプルなカットソーにさらりと羽織ると雰囲気が出せますし
シャツにも用いられている素材なので、ジメジメとするこれからの季節にも気持ち良く着る事が出来ます。
足元はキャンバス素材のスニーカーやサンダルなどを合わせると、コートの長さに対して軽さが出せるのでお勧めです。


シルエットはデザインソースになっているコートを大きく変える事なく忠実に再現をしてしています。
薄手の素材なので出番が増えるのは気温が高い時期になると思いますので、ぴったりとしたサイズ感で着るよりも
肌と服との間にある程度の空間がある方が、生地がまとわりつかずにストレスなく着用出来ると思います。
インナーはシャツとの合わせよりも、七分袖や半袖のカットソーがお勧めでサイズはC1~C3までの3サイズ展開
男性・女性関係なくユニセックスでイメージに合うサイズを選んで頂きたいです。


昨シーズンに薄手のDR.COATを手にしたのですが、少し肌寒いと感じる日や夜に飲み会などに出掛ける際にバッグの中に
丸めて持っていくというのが習慣になるくらい重宝をしました。日中は必要がなくても気持ち的に何か羽織るもの・・・
という選択肢の1つとしてお勧めですし、汎用性があって着回しの効く洋服とは違う価値が見いだせると思っています。
これからよりカットソーの出番が多くなる季節になりますので、シャツ生地の羽織はCOMMONO reproducts以外でも
提案をしていますので、一度お試し頂ければと思っています。
洋服を着る楽しさを実感させてくれる1枚になるのではないでしょうか。

PageTOP