2月23日


FilMelange  GUSTAV

color     BROWN

price     35000+TAX

SIZE      3    /    4    /    5


盛岡にも春の嵐が通り過ぎようとしています。
昨日の夜から雨風共に強くなり、古い家に住んでいるので家ごと吹き飛んでしまうのではないかと心配しましたが
無事に朝を迎える事が出来ました。朝は風に踊り狂うように雪が吹き荒れていましたし、この時期ならではな景色。
2月も今日を入れて残り一週間となりましたので、春の陽射しはもうすぐそこまできています。

昨年に引き続きFilMelangeが提案する凹凸のあるざっくりとした表情のコットンニットを展開。
冬物のウール素材と比較すると圧倒的に需要が少ないコットンニットですが、ニットにしか出す事の出来ない上品な
風合いと着心地の良さがあると思っています。ある程度お手持ちの洋服が増えてきた方には特にお勧めしたい1枚。
心に余裕が出てくるとこの辺のアイテムが気になり始めて、着こなしも力みが取れて程よいアクセントは取り入れつつも
その人らしさが服より滲み出てくると思っているのは僕だけでしょうか・・・(笑)
身体のラインを強調しないシルエットで作製されているカーディガンですのでいつも着ているカットソーに
ラフな感じで合わせて楽しんで頂きたいです。
個人的には、先日ご紹介しましたohhのサーマルとの合わせが着心地も含めて抜群に良いだろうと思っています。


一見すると素材が「麻」ではないかと見間違えてしまいそうになるのですが、コットンの糸を「蒟蒻」を使って加工を
施す事によりドライなタッチに生まれ変わらせる事が可能。麻の場合に着用を繰り返すと、どうしても型崩れや
大きく縦伸びしてしまい、だらしない印象に見えてしまうのがデメリットだったりします。
そういった条件をクリアにし、且つケミカルではなく蒟蒻という馴染みのある食材でコットンニットを仕上げているあたりが
物作りにおける徹底した姿勢と奥深さを感じる事が出来ます。


デザインはカーディガンですが、フロントに釦や留め具などは一切ないミニマムな作り。
インナーにはクルーネックのカットソーが程よくラフさも出て良いと思うのですが、もしシャツを合わせるのであれば
バンドカラーか襟が小さ目の方がしっくりくるはずです。
肩線を落としたバランス感などを見ても、気合を入れてきちんと着るイメージよりもどちらかと言えばラフに羽織る
くらいの方がカーディガンの醸し出す雰囲気にしっくりくるのではないでしょうか。


裾と袖口は「矢ぶり」という特殊な編目を付ける事で、プレーンな表情にアクセントをプラス。
FilMelangeの製品は原料から素材への落とし込みも素晴らしいものがありますが、日本の卓越した技術を用いて美しさも
表現されているので、大切に着続けていきたいと思える事に繋がってくる要素の一つ一つを着ていくほどにじっくりと
肌で感じて頂けるはずです。
カラーは個人的に注目しているブラウンのみをセレクト。
ネイビーやグレーなどの汎用性の高い色目も好んで着るのですが少しマンネリになりがちなので、
今まで手にしてこなかった色を着る事によって更にベーシックな色目の着こなしに深みが出てくると感じています。
ブラウンは難しく考えずに、オリーブなどと同じようなイメージで色目を合わせると案外難しくなく着れると思います。


カーディガンの使い勝手の良さとして、カットソーだけは心許ない日などにバッグに入れて持ち歩いたり
冷房が効きすぎている屋内や車内などにも温度を調整するのに大いに役立ちます。
アームホールがゆったりとしているので、袖抜けが良く脱ぎ着がし易く、シチュエーションを限定せずに着る事が
出来るのが良いなと感じています。普段であればジャケットもしくはフードなどを着るタイミングであえて
コットンニットを手にしてみては如何でしょうか。

FilMelange  ACE

color     BLUE

price     28000+TAX

SIZE      34    /    36


FilMelangeから久しぶりにリリースされたシルエット・素材感共に迫力のあるデニムパンツ。
展示会で見た際に最初にオーダーを決めたアイテムで、穿き込んだ際のヴィンテージに負けず劣らずの雰囲気抜群の
色落ちが楽しめるのではないかと思わせる1本。デザインソースは、古着の中では名作と位置付けられているUS NAVYの
デニムトラウザーを現代に合わせてアップデート。
穿き易くはしているものの、ワタリから裾にかけてのワイドなシルエットは洋服好きを唸らせてくれる通好みの作りで
これから暖かな季節の着こなしに、太いパンツをメインにしたコーディネートが楽しめるのではないでしょうか。


フロントのデザインはベーカーポケットに対して、バックポケットはやや丸みを帯びたペインターパンツを彷彿とさせる
曲線的なポケットを採用。ウエストは大振りの釦が1つ付いていてアジャスとしてウエストを絞って穿くことが可能で
ここを絞るか絞らないかでラインやシルエットも変わってくるのもパンツの面白さだと思います。
ちなみに両サイドの釦を留める事によってウエストサイズは約4CM縮める事が可能。
34INCHの場合釦をしない場合、ウエストがぐるりで88CMに対してアジャスト釦を使用すると84CMに変わります。
個人的には大き目のウエストサイズを選んで釦で絞って穿くのが好みで、出来る限りゆったりとしたバランス感が
このパンツの良さを最大限に活かしてくれると感じています。


最近は中々雰囲気の良いデニムのペインターパンツやワークパンツを見かけるのが少なくなってきました。
チープなモノとなると、アメリカ生産でたまに見つかるのですが自分自身の年齢を考えると必要かどうか悩ましい所。
恐らく持っていたとしても、殆ど穿かずに箪笥の肥やしになる確率が高い気がします・・・
ヴィンテージという括りで探せばある程度は見つかると思うのですが、古着となるとサイズ・コンディション・価格の
バランスがあるので、そういった事を考えたりあちこちのお店で探したりする労力を考えたりすると
あまり現実的ではないように思います。
FilMelangeの作製したデニムパンツはヴィンテージとは違い新品の状態からサイズを選んで穿けるというメリットがあり、
素材に関しても当時の紡績技術が発達していないムラ糸を再現すべく、独自のレシピでヴィンテージにも
負けず劣らずのブルーに深みがあり肉厚でオーセンティックな雰囲気に仕立てられています。
素材にとことん拘りを見せるカットソーに並び、極上のデニムパンツに感じて頂けるのではないでしょうか。
今時期から少しずつ穿き込んでいって、夏場にストローハットに白いTシャツ、足元はビルケンシュトックを合わせて
颯爽と中津川沿いを散歩して頂きたいですね。


今日ご紹介しました2つのアイテムはFilMelangeが得意とするカットソーではないのですが、デザイナーの知識の広さや
イメージを緻密に実現することが出来る物作りの生産背景など、ブランドの振り幅や奥行を感じて頂けると思っています。
コットンニットは着ると気張らず心にゆっくりゆっくりと余裕を持たせてくれるようなアイテムで、
ワイドシルエットのデニムパンツは洋服好きのアンテナに引っ掛かる魅惑のオーラを感じて頂けたら嬉しいです。
3連休ですので、是非春物を探しにいらしてください。

11月10日


FilMelange   CAMPS

color      lt.melange

price      22000+tax

SIZE      3    /    4  SOLD

color       dark blue

SIZE       3     /    4


暦の上では「立冬」を過ぎて、冬らしいきりっとした空気が街全体を包み込んでいる日曜日。
日差しがある分、まだ日中は暖かく感じられますが暖かいコートが手放せない1日になりそうです。
その分、岩手らしい透明度の高い澄んだ空気は他ではなかなか味わう事は出来ません。

今日はFilmelangeから新作としてリリースされたクルーネックとフードの2型をご紹介。
ふんわりと肌を包み込み、程よいテンションと厚みがあるスウェットはブランドの代名詞とも言える存在。
ブランドを立ち上げた当初から着心地の良さを追求し続けるブランドならではの拘りが1つ1つ詰まっています。
ムラ感のあるリサイクルコットンと超長綿を掛け合わせて、じっくりとゆっくりと時間を掛けながら作り上げられる
オリジナルの裏起毛素材は、空気分量を多く膨んでいるので生地自体の膨らみがあって立体的な表情を生み出します。
ヴィンテージのスウェットに見られる「Vガゼット」を付ける事で、古き良き時代のクラシカルな雰囲気をプラス。
現代の流れに沿うようにシルエットは身頃がゆったりとしたボックス型で、肩線も落ちた位置で適度なリラックス感があり
袖口・裾のリブの長さも雰囲気を盛り上げてくれます。
王道とも言えるデザインのアイテムをブランドらしさを出しつつも、単純にヴィンテージをレプリカするのではなく
リプロダクトしてオリジナリティをしっかりと感じさせてくれる作りはいつも流石だと思ってしまいます。


今回選んだ色は”lt melange”と”dark blue”の2色。
ダークブルーは所謂ネイビーとも違った深みのある緑がかった色目で、やや柔らかい印象に見えると思います。
スウェットなので、あまり気合を入れ過ぎずにチノや軍パンなど、ラフな着合わせが必然的にしっくりとくるはずです。


縫製にはあえて極太の2本針ステッチを採用。
プレーンな表情の中に力強くはっきりとしたステッチ使いをする事で、肉厚な生地にも負けないアクセントに映ります。
全て綿糸で縫製するのも特徴の1つで、縫っている際に糸切れが起こり易く面倒な部分もあるのですが、綿糸にしか
出せない良さがあり化学繊維を使わずに物作りをするのもFilMelangeの凄味だと感じています。
小さな事なのかもしれませんが、徹底的に吟味し作り込んだものを提供する姿勢は素晴らしいと思いますし
一度袖を通して頂ければ、スウェットに対する価値観が変わる1つのきっかけにもなるはずです。


スウェットと一言で言ってもとても奥が深くて、シンプルな物になればなるほどに答えを出すのが難しくなります。
原料を変えたり、糸の撚りの強さを微調整したり、様々な創意工夫からテンションや生地の厚みの違うものを
幾つもセレクトしてきましたが、個人的な感覚では今シーズン新たなレシピで作製された”カンピオーネ裏毛”は
生地の厚み・テンション・サイズ感・価格など、どの部分を切り取っても丁度良いバランスに納まっているように感じます。
シンプルで使い勝手の良いクルーネックもしくはフード付きをお探しの方には自信を持ってお勧め出来る1枚です。
これからの季節はダウンベストを組み合わせたりインナーダウンをアウターにして着るのが好きな着方で
軽くて温度調整もし易く動きも制限されにくので、自分のライフスタイルにスウェットは欠かすことの出来ない存在。
カジュアルな服装をする上でも中心になる1枚ですので、良質で気に入って着てもらえるものを選んで頂きたいです。

FilMelange   CAFFI

color      dark blue

price      26000+tax

SIZE      3    /    4

color      lt.melange

SIZE      3    /    4

同素材のフード付きも今シーズンはセレクトをしています。
ここ数シーズンはクルーネックばかりを展開していたので、プルオーバータイプでフード付きは逆に新鮮に
映るのではないでしょうか。クルーネックと同様に首元にはVガゼットが入るデザインを採用。
フードがある分、首元の保温性が高く、これはこれで丸首とはまた違う良さを実感して頂けると思います。


被りタイプですのでポケットはカンガルーポケットが付きます。
年齢を重ねてフードを着てみると、また違った良さに気付けるので面白かったりします。
今まで着てきたものを年齢を重ねて改めて着てみると、体型や髪型、着こなしが変わったりしているので
全く別の着方が出来たりするのも洋服の持っている奥深さなのかなと思ってしまいます。


見た目はとてもシンプルでさり気ない雰囲気のFilMelangeの製品(特にスウェット類)は、着ている時の心地良さ
使い込んだ後のヴィンテージにも負けず劣らずの経年変化は、素材が持っている力を存分に活かせるように限りなく
ミニマルなデザインへと落とし込んでいるからこそ感じられるのだと思っています。
何を基準にしてモノを選ぶかは人其々にある価値観とライフスタイルに合うかどうかだと思いますが
カットソーに関してのクオリティの高さと着心地の良さは最高峰である事は間違いありません。
自分自身にとってこれを着て時間を過ごしていたいと思える洋服を、1枚でも多く手にして頂ければ嬉しいです。

10月20日


FilMelange  HARRY 

color     HERITAGE BLUE

price     24000+TAX

SIZE     3    /    4    /    5

ここ数日の中では目覚めが良くて、布団からさっと出られた日曜日。
朝からここぞとばかりに掃除と洗濯を終わらせて、溜まっていたものが片付いてすっきり。
中津川は穏やかで、澄んだ空気に揺れる木々の音や鳥のさえずりが鳴り響いている。
こんな日は年に数回あるか無いかの、盛岡に住んでいて一番の贅沢を感じる瞬間だったりします。
10月も残り僅か・・・身体がスムーズに動ける気候を堪能しなければと思います。

FilMelangeから今シーズンの新作でセレクトしたアイテムは、どことなく懐かしさを感じさせてくれる大ぶりの
釦が付いたヘンリーネックのスウェット。
コーデュロイをイメージして作製されたオリジナルのファブリックは、特殊な編み機を用いる事で表面に縦のラインが
強調する様に仕上げています。シルエットは全体的にゆったりとしたバランス。
特に身頃と袖周りは写真でも見て分かる通りにたっぷりとした設定にしてあり袖口まで細くする事なく、
全体がストンと落ちる様なイメージ。一見するとアンバランスなスタイルと野暮ったさが洋服好きの心を揺さ振り
良い意味で他にはない新鮮な見え方に感じて頂けるのではないでしょうか。


白の大振りの猫目釦が2つ付き、首元はスタンドカラーになっているシンプル且つ潔いデザイン。
肩線をドロップさせた位置に設定し、そのまま袖口までドカンと直線的なパターンで作製。
ストレスを感じさせないゆったりとした着心地は、インナーなどの干渉を気にせずに着れますし
中肉のスウェットは年間を通して出番の多い1枚になりそうです。
重ね着をせずとも存在感は抜群ですが、上着を想定すると袖周りのゆったりとした軍物のコートや
ジャケット類、もしくは袖を気にせずに着れるダウンベストなどを組み合わせるのがお勧めです。


サイドには大きくスリットを入れる事で、膨らみを入れ過ぎない様にシルエット調整をする役割を果たしてくれます。
ざっくりとした直線的なパターンですが、日本のブランドらしい細かな部分での気遣いを感じて頂けるはずです。
選ぶパンツは、どちらかと言えば太めのものと合わせる方がトップスのバランスも取り易くなると思いますし
野暮ったい部分と、足元などで軽さを出す様な2つを意識した組み合わせをするとしっくりとくるのではないでしょうか。


はっきりとした色ではなくニュアンスカラーのブルーも好みだったります。
着始めからでも着古したような雰囲気があり、ここから更に風合いが増してくるのは間違いありません。
今まではクルーネックを中心に展開をしてきたので、少しニュアンスを変えるヘンリーネックは着こなしに
変化を与えてくれると思いますし、ざっくりとしたシルエットに合わせた着こなしを楽しんで頂きたいです。

9月15日


FilMelange   HANNA

color     BLACK

price     25000+TAX

SIZE      1 SOLD

三連休の中日。やっとやっと再び秋らしい涼しさが戻ってきてほっと胸を撫でおろしています。
大銀杏の木陰の下がとても気持ち良くて一休みしていると、金色の葉がヒラヒラと舞い落ちてきました。
お~こちらもそろそろ黄金アフロヘアーになる準備中ですね!と、またひとつ秋の訪れを感じたひと時。
そういえば、中津川に鮭が上ってきたという報せも届きましたね!じわりじわり、秋。

着実に季節は進み始めているので、長袖のものどしどしご紹介します。
FilMelangeのレディースアイテムも揃っていますよ。秋冬はニットを展開することが多かったのですが
今季は真冬のアイテムよりも、秋から冬の間を埋める様な生地感だったりさくっと着られる一枚だったり、
季節をそこまで限らずに着られる服が気になりました。


FilMelangeより今季新たに展開されたHavy Cord Knit。
生地の表情と適度な厚みが、丁度いま時期ぐらいの移り変わりの季節に着る一枚着としては相応しい生地感で
インナーに一枚カットソーを挟める余裕のあるシルエットも手にする頻度が増え重宝する一枚です。
着た際に一番のポイントになるのは、ここ数年では馴染みのある方も多いボトルネックのデザイン。
正面から見ても、やはり首元を包み込む衿の形状は際立ちますが、肌にぴたりとくっ付いたり締め付けたりする感覚は
一切無くてむしろ優しい肌触りに、着ているうちに全く気にならなくなるのが不思議なこの形。
シンプルなプルオーバーに見えますが、やはりFilMelangeが得意とする生地に注目すると表面に微かな凹凸が。
コーデュロイの様な表情に編み立てる為に、特殊な編み機を改良し縦の目が強調されるように仕上げたという生地は
見ると畝が編目で表現されているという、その見ただけでは分かりづらい拘りもFilMelangeならではといった所。
だからこそ着心地には絶対の信頼が在り、袖を通した際の絶妙な張りとしなやかさ、肌に心地よい柔らかさには
一瞬にして虜になって脱ぎたくなくなってしまうと言うのは大袈裟ではないと思います。


そして実はプルオーバーかと思いきや、背後には釦が並び後ろ開きになる仕様。
バックスタイルが印象的になり、また釦の開け方によって着方にも色々と広がりが生まれそうなデザイン。
着る際に釦を全て後ろ手で留めるのは中々大変だったりするので、ある程度ボタンを留めて被って着るのが
良いのかなと思います。
肩周りや袖幅、身頃にも適度なゆとりがあり、着丈がそこまで長くないボックスシルエットなので、
ワイドなボトムや裾ギリギリくらいのロングスカートなどを合わせて足元にはカラフルな靴下と綺麗目な革靴。
ボトルネックの首元からちらっとスカーフなどを覗かせても素敵ですね。
前後どちらの着用も可能なパターンの様にも思うので、釦を前にして着た場合のコーディネートを
続いて下に載せてみました。

color     HARITAGE BLUE

SIZE      1 SOLD


前後を逆にして着てみても、首回り・肩・袖・背中など違和感を感じたりはありませんでした。
釦を留めずにカーディガンの様に羽織って着るのも良さそうですが、せっかくの襟のデザインを活かして
トップ釦とその下一つか二つぐらいを留めて、裾はヒラヒラっとさせて着るのが好みな感じです。
選んだ色は、先にご紹介したベーシックな黒と、もう一色はくすんだ青が独特な雰囲気のHARITAGE BLUE.
そのはっきりとしないややくすんだブルーが個人的にはとても好きな色だったこともあり迷いなく選んだ二色。


シルエットの綺麗なチノパンやワイドデニムなど、メンズライクなパンツスタイルやスポーティなテイストとも
相性の良いFilMelangeの服ですが、レディスアイテムにはカジュアルな中にもエレガントで凛とした空気感が
漂っていて、だからこそスカートだったりヒールのある女性らしい靴などと組み合わせても調和が生まれます。
素材への拘りや作り込みはどこまでも職人気質。
FilMelangeの上質な素材は決して着ていてだらしなさを感じさせないというのも、何よりの強みだと感じています。
これから更に朝夕と日中との気温差が大きくなる季節になりますので、着心地が抜群の丁度良い肉感の羽織物は
何枚持っていても重宝するはずです。是非ご覧になってみてください。

7月6日


FilMelange   OUDNEY

color      melange

price      17000+tax

SIZE      3    /    4    /    5

color      black navy

SIZE      3    /    4    /    5

FilMelangeが毎シーズン提案をしている鹿の子シリーズ。
王道のデザインにロゴマークが一切入らないシンプルなカタチのポロシャツ。
カジュアルな服装は勿論ですが、クールビズなどのオンスタイルにも幅広く着られる1枚で
質の良いものを着て過ごす時間は、当たり前の日常に彩を与えてくれる存在になってくれると思います。
今シーズンは、タンザニアで育てられたオーガニックコットンの糸を2本撚りにしてニットの専門の編み機で
じっくりと時間を掛けて網目の詰まったしっかりとした質感に仕上げています。
普遍的なアイテムだけに、デザインを大きく変えたり奇をてらう事は難しいと思うのでFilMelangeならではの
「質」を重要視する方に手に取って頂ければ嬉しいです。


スポーティーなで爽やかな一面とクラシカルな表情とか入り混じった″OUDNEY″は、綺麗なジャケットなどの
インナーに合わせても良いですし、あえて土臭い軍パンやチノと合わせる事でバランスを崩して着るのもお勧めです。
シャツともカットソーとも違う、絶妙なニュアンスを表現できるアイテムで着方次第で様々な表情を見せてくれる
懐の深い日常着になってくれると思います。


鹿の子編みは表面に凹凸のある生地感が特徴的で、機能的な側面を持っている事でも有名です。
風が抜けやすく凹凸のある生地によって肌に直接触れる面積が少なくなりべたつきが抑えられて
テニスやゴルフなどのスポーツのユニフォームとして使われたりもします。
ファッションとしての側面と機能性を併せ持っている点も鹿の子のポロシャツの面白さで
夏の暑い季節を過ごすには理に適った素材と言えます。
素材にとことん拘りを持っているFilMelangeが作った鹿の子となれば、着心地は折り紙付きです。


シンプルで普遍的なアイテム程、良質で自分自身が納得出来るものを身に着けていたいと思っています。
見た目には一切の派手さやアイコンになるようなロゴマークなどは入らないのですが、それでもどっしりとした
佇まいは、誤魔化しも無くだただストレートな物作りによる存在感を放っているように感じます。
その場しのぎで消耗品に近い感覚ではなく、毎シーズン夏が来るたびに箪笥から引っ張り出して色が褪せてきても
着たくなるくらい愛着が湧く存在になっていれば良いなと思っています。
FilMelangeが作るポロシャツ。ご自身のスタンダードな1枚に加えてみては如何でしょうか。

PageTOP