11月20日


FilMelange   BETTY GL

color       CAMEL

price       50000+tax 

SIZE       1

いよいよ朝の最低気温が氷点下に突入しました。
外の景色を見ると雑草にびっしりと霜が降りて辺りは真っ白で、車のフロントガラスも凍りついていました。
いよいよ「冬」に向けて気持ちを切り替えなければと実感した朝でした。
毎シーズン、FilMelangeが提案し続けているメリノウールを配合した天然繊維100%で作製されるフリースシリーズ。
一度袖を通すとふんわりと柔らかく弾力に富んだ素材が優しく身体を包み込んでくれる着心地に心を奪われます。
今シーズンはレディースで袖周りがゆったりとしたブルゾンとベストの2種類をセレクトしました。
カラーはぬいぐるみの様な色目の″CAMEL”、柔らかい色目がフリースの良さをより引き立てていると思います。
BETTYはショート丈なので、車移動の多い方でしたらアウター替わりとしてもお勧めの1枚。
苦しくならない程度のスタンドカラーによりしっかりとした保温効果があり、肩から袖口までワイドなパターンで
構成されていることで、厚手のスウェットなどを着ても窮屈さを感じないところもポイントです。


フロントは大ぶりなスナップ釦が4つ付きます。ポケットは左右にパッチポケットが2つ。
デザインはジャケットとブルゾンを組み合わた様なカタチで、曲線的なシルエットで女性らしさが際立ちます。
毛足の長いモコモコとしたフリースは、化学繊維とは違い肌に当たった時の心地良さに驚かされます。
ウール素材なので保温性も勿論高いですが、着心地をとことん追求するブランドだけにその気持ち良さは折り紙つき。
着ていて肌が喜ぶ感覚のあるものは自然と手が伸びますし、最後はパジャマや部屋着にしても・・・と思えるくらい
長く着続けられる服になると思います。
素材に対して一切の妥協をしないブランドの姿勢と取り組みが、このフリース素材が秋冬に入荷する度に強く思います。
売れる売れないも重要な事ですが、「モノ」としての価値感とブランドの根幹を変えずに物作りをずっとやり続けている
という事が、10年以上の時が経過してもいつも新鮮な感覚で魅了され続けている理由かもしれません。


着丈はすっきりとしているので、パンツスタイルは勿論ですがワンピースなどの上に羽織るのも可愛いと思います。
靴はヒールのある様な革靴を合わせてみるのも良いのではないでしょうか。


フリースというと、どうしてもアウトドアなどのイメージを膨らませてしまいがちですがFilMelangeの作るフリースは
そういった概念を覆してくれる1枚になるはずです。あくまでファッションブランドという立場でデザインをされていて
素材の本気具合とデザインの垢抜け感とのバランスが絶妙なのもFilMelangeならではな部分だと思います。
変な野暮ったさやギアとしてというよりも、街で純粋に洋服を楽しみたいという方に是非袖を通して頂きたいです。

FilMelange   BRADREY GL

color       CAMEL

price       38000+tax 

SIZE       1

同素材でもう1型ベストを選びました。
フロントの斜めに走ったジップと、ツィードで切替したポケット部分が良いアクセントに映ります。
アシンメトリーな位置に付いたフロントジップは、ダブルジップでシルエットに変化を付ける事が可能。
ベストは袖が付かないのでコートなどを着た際にゴロツキや着膨れを防いでくれる点と、物足りなさを
埋めてくれるのにも重宝するアイテムです。


デザインはメンズライクな雰囲気ですが、素材が柔らかだと受ける印象が全く異なります。
ベストを作るブランドは限られてきてしまうのですが、その中でもクラシックな雰囲気にならないFilMelangeのベストは
保温効果などを含めて服装の幅を広げてくれる存在になるのではないでしょうか。


肩口・裾は綺麗にパイピング処理。
サイドと背中はカットソーブランドらしくフラットシーマを用いてアクセントにしています。
縫製技術の高さも含めて着る喜びを感じさせてくれる作りの良さだと思います。


ウール100%のフリースという、他のブランドなどではあまり作る事のない素材を長年に渡り提案し続けているのですが
素材に惜しみなく材料を使う為に、価格に関しても化繊と比べると大よそ倍近い値段になってしまいます。
rasikuで販売していてもそう簡単に手にする方はいらっしゃらないですし、フリースという素材に対する価値観として
値段のインパクトが強過ぎるのかもしれません。決して安いものではないと思っていますし、それでも展開したいと思わせる
物としての力や面白さがあると思っています。自分でも着ていて本当に気持ちが上がりますし、自分達も含め敏感肌だと
ウールにも身体に合う合わないがあったりするのですが、チクチクを気にせずに思う存分着れるメリットがあります。
人其々感じ方や価値観は違いますので、一概には言い切れませんが袖を通すと納得してしまうクオリティと、
洋服の醍醐味であるファッションを楽しめる要素が存分に詰まったフリースだと思っています。
ぜひ、この着心地を体感して震えていただけると嬉しいです。

10月2日


FilMelange   SUZETTE

color        DEEP NAVY

price        24000+tax 

SIZE        1 SOLD

FilMelange   SIMONNE

color        DEEP NAVY

price        19000+tax 

SIZE        1 SOLD

FilMelangeから素材をとことん追求したシンプルでミニマムなデザインのタートルネック、クルーネックカーディガンが
入荷しています。トップスとして1枚で着ても、インナーとして着ても、どちらにも対応出来る程良い中肉の素材感。
今シーズン新たに開発した素材は、表地と裏毛を別々の素材を掛け合わせて作製しています。
表地にはコットン90%と内モンゴル産のカシミアを10%掛け合わせた、表面に品の良い艶が出るコットンウールを使用。
裏毛にはコットン80%・シルク20%を掛け合わせた保温性・保湿性に優れたコットンシルク素材になります。
表と裏で2つの素材を編み分ける事で、シンプルながらも品の良さが伝わる汎用性の高いカットソーに仕上げています。
ハンガーに掛かったり、ただ畳まれている状態では分かり難いのですが、一度袖を通すと素材の持っている力強さや
天然繊維ならではの機能性に気付いて頂けると思います。
単品で着るのも良いですが、同素材で作製されているのでアンサンブルでの着用もお勧めです。


シンプルなインナー類は無数に存在していますが、化繊が混ざっていたりシルエットが細過ぎたりと
本当に着たいと思えるのが案外少なかったりします。FilMelangeが作る製品は全て天然繊維で作製されていて
縫製に使われる糸に関してもコットン100%の綿糸を使う所まで拘っています。
インナーに気持ち良いお気に入りのカットソーを着た日は、何とも言えない幸せな時間に感じてしまうのは
きっと私達だけではないはず。FilMelangeのカットソーは、肌が感じる気持ち良さは勿論ですが
心の満足も含めて、着る事での喜びや嬉しさを表現出来る数少ないブランドの1つだと思っています。
シンプルなカットソーと考えると価格もそれなりに感じられるかもしれませんが、お洗濯にも強く、型崩れなども
殆ど無く耐久性にも優れているので、着る程に納得させられるカットソーになってくるはずです。


釦はシェル素材の猫目釦を使用。
カットソー素材のカーディガンは、ニットほど気を使わずに着れる点が一番のメリットです。
季節感も問わないので、1枚持っていると便利なアイテム。


インナーに着たタートルネック″SIMONNE″は着丈が少し長めになります。
クルーネックカーディガンの″SUZETTE″は着丈はすっきりとした長さに設定されていて、タックアウトしたシャツとの
長短を楽しむのも良さそうです。裏毛は微起毛しているので、適度な保温性を確保出来ます。
旅行や出張など温度変化のある土地に行く際には、バッグに入れておくだけで安心して出掛けられると思いますし
春と秋の何を着ようかと一番悩める季節の変わり目に出番が多くなる1枚になるのではないでしょうか。
シンプルで万能な着心地の良いカーディガンやタートルなどのインナーは何枚持っていても困る事はありませんし、
こういったベーシックで何てこと無さそうなもの程、不思議な事に探そうと思うと中々出逢えなかったりもするので、
自分がこれだ!と思うもの見つけた際には、思いきって手にするのも一つかと思います。


カラーは黒に近い″DEEP NAVY″選びました。
カーディガンはちょっとした打ち合わせなどでお仕事でも着て頂けると思いますし、タートルネックはジャケットの
インナーなどにも重宝するアイテムです。カシミアが入ることでカジュアルな素材にエレガントさがプラスされるので
どちらもカジュアルは勿論ですがオンスタイルにも対応出来る、幅の出せるFilMelangeならではの素晴らしい
仕上がりになっていると思います。
是非袖を通して、素材の良さを実感して頂ければと嬉しいです。

9月23日


FilMelange    ROLF

color         melange

price         26000+tax 

SIZE        3   /   4   /   5

color        mix melange

SIZE        3   /   4   /   5

今日は3連休の中日で、久しぶりに朝から気持ちの良い日差しが照りつけています。
秋晴れという言葉がぴったりの一日になりそうです。
FilMelangeから、展示会で見た時から一目惚れをした今シーズンの一押しスウェット″ROLF”が届いています。
ぱっと見ただけでは何処にでもありそうな雰囲気のスウェットに映るかもしれませんが、FilMelangeが一から独自に開発した
50年代のチャンピオンを目指した新しい裏毛素材になります。
今まで袖を通してきたアイテムの中でも型崩れしにくい生地の強さや硬さと、肌に感じるマシュマロの様な柔らかなタッチ
一見すると相反するような繊細な着心地のどちらも実現させています。
究極のカットソーを追求し続けるブランドの姿勢、だからこそ生まれた素晴らしい素材感だと思います。


表糸に使われている糸はコットンの宝石と呼ばれる海島綿(シーアイランドコットン)の種を、
アメリカのオーガニック農場に移して育てられた ″アルティメイトピマコットン″ を使用。
また裏糸には、世界各国の最良なオーガニックコットンを独自のレシピでブレンドしたものを使用しています。
″アルティメイトピマコットン″の特徴として、表面にシルクの様な品の良い光沢とカシミアの様な繊細な
柔らかさを生み出します。年齢を重ねるにつれてカシミアであったりメリノウールの本当の意味での着心地の良さに
気付き始めているのですが、スウェットでこれだけの着心地を実現するのはそう多くは見つからないと思います。
超長綿として知られる″海島綿″が原種なだけあり、短い繊維が一切混ざらないので生地のキックバックが素晴らしく
着用を繰り返しても大きな型崩れの心配はありませんし、生地が減ってきたとしてもヴィンテージスウェットの様な
雰囲気抜群の佇まいに変化しているはずです。素材に惜しみなく妥協なくとことん拘った裏毛素材だと思います。


最高級の素材を最大限に活かす為、吊り編み機でじっくりと時間を掛けて生地に空気を含ませながら作られていきます。
身頃は縫い目のない丸胴の仕様で、こういったディティールもヴィンテージウェアに精通する部分。
シルエットに関しては、身頃はある程度のゆとりを持たせて着丈はすっきりとしたバランス。
首の開き具合も絶妙で、白のサーマルのカットソーと組み合わせて着たくなります。
袖と裾のリブも長めに設定されている点も見逃せません。
カラーはソリッドのグレーと、今回は袖がオートミールで切替している2トンのタイプと2種類ご用意しました。


縫製は4本針(フラットシーマ)を用いて、外側にミシン目が見える仕様にしています。
ちょっとしたアクセントになりますし、着た時のごろつきが一切出ない着心地は流石の一言です。


一言で「良いもの」と言っても色々な解釈や見方があると思うのですが、本当に心の底から「良いもの」となると
ある程度数は絞られる様な気がしています。FilMelangeが新しく提案した「ROLF」は、デザイナーが10年後に着ていたいと
思えるスウェットをイメージして作製されていて、その年数に耐えうるだけの糸の選定から始まり生地の厚みやテンション
飽きてもまた手に取りたくなる様なシルエットや色目など、1つ1つの小さな事柄を緻密に計算してカタチにしています。
自分だけが納得して着続けれる様な、マイヴィンテージと言えるくらい愛着を持って着て頂けたら嬉しいです。
是非店頭で実際に触れて、袖を通して、肌で違いを感じて頂ければと思います。

9月14日


FilMelange    DUOMO

color         CHAMPION MELANGE

price         11000+tax 

SIZE         2    /    3    /    4    /    5

color         NAVY MELANGE

SIZE         2    /    3    /    4    /    5

color         BLACK

SIZE         2    /    3    /    4    /    5

color         SNOW MELANGE

SIZE         2    /    3    /    4    /    5

僕自身が、春と秋の季節の変わり目でちょっと肌寒いな~と感じる時に、首を暖めて体温調節するのに
良く着ているカットソーが、FilMelangeのモックネックタイプのTシャツ″DUOMO”
モックネックのカットソーは3年前くらいから提案をし続けていますが、店頭でじわじわと浸透をしてきている様な
気がしています。シンプルなデザインなので、ただ着るだけでは格好良いという感じにはならないのが逆に心地良く
性格的に天邪鬼な私にはぴったりなアイテム。シルエットはボックス型で、身頃がゆったり着丈は短めで身体のラインを
強調しないゆったりとした着心地も好んで着ている理由の1つ。
FilMelangeで定番で提案している半袖Tシャツ″DIZZY″と同様の素材を使っているので着心地に関しては折り紙つき。
冬になるとチクチクするセーターのインナーにも着れるので、夏以外の3シーズン着ている印象があります。
立ち位置としては主役ではないものの、微妙な気候の時など何を着ようかと迷った際の頼もしさたるや。
派手さや華やかさはありませんが、ふわっと体を包む保温性や着心地は、それだけで十分と思わせられる
万能なカットソーだと自信を持ってお勧め出来ます。


素材はFilMelangeが独自で開発しているオーガニックコットンと生産過程で振り落とされた良質なリサイクルコットンを
掛け合わせて出来たオーガニックラフィー。厚すぎず薄すぎずの中肉な質感は柔らかくて耐久性にも優れています。
一度袖を通すと肌が覚えて忘れられなくなってしまうくらい気持ちの良い素材です。
僕自身も半袖・七分・長袖・モックネックの4種類を季節に応じて着回していますが、1枚で着ても様になる厚地の生地感と
身体そっと囲う様な絶妙なシルエットも、色違いやデザイン違いで買い足し続けてしまう理由です。
今シーズンの新色″BLACK”は今までリリースされてきた、ヴィンテージライクな杢の色目とは一味違う
ソリッドカラーならではの洗練された雰囲気を感じます。


僕が良く着ている組み合わせはベスト。
ニットベストやワークベストなど種類は様々ですが、首元と体幹がしっかりと温められてジャケットやコート類を
羽織った際にも肩周りの動きが制限されにくく、機能性と見た目のどちらも両立した組み合わせで気に入っています。
春先はコットン中心、秋冬はウールなど時期によって素材を変えると、インナーの見え方や雰囲気ががらりと変わるので
季節に合わせた着方を楽しんで頂ければと思います。
個人的に良く着るカラーは″SNOW MELANGE″
重ね着を考えると春と秋のどちらの季節にも万能に活躍するのと、コートなどを組み合わせ際に首元から覗く「白」が
全体の印象を柔らかくするので、差し色として気に入っています。


軍物のジャケットやワークジャケットのインナーとして着るのも好きな合わせで、全体が少し野暮ったい雰囲気に見えるのが
逆に良かったりします。FilMelangeのアイテム自体も古き良き時代の製品などを参考にして物作りをしている部分もあるので
組み合わせて着ると相性の良さを感じる事が多く、精通する事柄などは少なからずあると思っています。
一見すると何処にでもありそうなカットソーに見えるかもしれませんが、シンプルなもの程、奥が深く、本当に気に入って
着続けたいと思える物に出逢うのは本当に難しいと思っています。
首元を覆うだけで随分と体感温度も変わりますので、寒くなる前に是非試して頂きたいです。
※サイズ2に関しては、レディースで展開をしています。

6月21日


FilMelange  OLSEN

color      BLACK NAVY  

price       17000+tax 

SIZE       3     /     4  SOLD

16日(土曜日)からスタートしましたFilMelangeのイベントも今日が最終日。
沢山の方に世界に一枚のFilMelangeプリントTEEを作って頂き、準備の段階で試行錯誤した甲斐あったなぁと
一先ずほっと胸を撫で下ろしつつ、明日撤収してしまうのが名残惜しい気持ちも・・・。
こういった機会を、また何処かのタイミングで出来たら良いなと思っております。
今日はTシャツではなく、FilMelangeが毎シーズン提案をしているポロシャツをご紹介。
rasikuではセレクトしたりしなかったりですが、今シーズンは素材感と色目が良かったので最も汎用性が高いと思う
″BLACK NAVY″のみを提案。カジュアルな着こなしは勿論ですがクールビズなどのビジネスシーンにもお勧め。
アフリカ東部のタンザニア地方のオーガニックコットンを用いて、織物ではなく編地で鹿の子を表現しています。
ニットにも関わらずしっかりと硬さのある生地に仕上げているので気を使わずにデイリーに着て頂けます。
編み機を使う事で、袖や裾の処理にステッチなども無く、見た目も美しく着心地にも影響してきます。
見ためでは判断し難い細部まで突きつめた素晴らしいポロシャツに仕上がっていると思います。


シルエットはオーソドックスなボックス型で、前丈よりも後丈が少し長めに設定されています。
抜群な着心地は勿論ですが、オーセンティックなディティールを絶妙な塩梅で取り入れる事で基本に忠実でありながらも
カジュアルに振り過ぎず、綺麗目とも違うどこか抜け感のある表情に仕上げている点に惹かれました。
日常着として着る場合には、チノパンやグレーのスラックスに足元は革靴を合わせたいですね。
サンダルなども良いと思いますが、個人的には崩し過ぎない着合わせが″OLSEN″のバランスには合うと思います。


襟はややワイドに開いた減らし襟を採用。
ジャケットのインナーに合わせる際にも、衿元がしっかりとした存在感を放つので適度に綺麗目な印象を
演出してくれると思います。釦は「F」と「M」のロゴが入ったオリジナルのシェル釦が2つ、
△のステッチも遊び心が効いていて◎です。


空紡糸を2本、撚り合わせて編地を度詰にすることで、しっかりとした肉感と鹿の子ならではのドライなタッチを表現。
ポロシャツには完成系とされるアイテムがあるだけに、ある意味でごまかしが効かない様に思います。
ニットポロでもなく、スポーティーなポロシャツでもない、独自のエッセンスがしっかりと反映させている点に
オリジナリティを感じてしまいます。


イベントの最終日も沢山の方に足を運んで頂きました。
Filmelangeというブランドは何となく知っていても、こういったイベントをきっかけに最初の1枚を
手にして下さるお客様が沢山いたことが何よりもとても嬉しかったです。
原材料や糸や生地の素材にとことん拘り、それぞれの職人が携わり理想を追って製品にする。
単純な事かもしれませんが、こうして目の前にある商品の1つ1つの過程などを知れば知るほどに、
以前にも増して、今まで着てきたFilMelangeへの愛着が深まりました。
rasikuでセレクトしているFilMelangeの商品は継続して店頭に並びますので、
そちらも是非引き続き、ご覧いただければと思います。

明日は商品入れ替えの為、臨時休業とさせて頂きます。
明後日22日(土曜日)は12:00から営業となりますので、皆様のご来店をお待ちいたしております。

PageTOP