rasiku -official web site-

line

3月5日


FUJITO    JUNGLE FATIGUE JACKET

color      NAVY    

price      32000+TAX

SIZE      S   /   M   /   L

言わずとも知れたアメリカ軍がベトナム戦争で採用していたジャケット″JUNGLE FATIGUE″
立体的なマチ付のポケットがフロントに4つ叩きつけられた、軍モノらしく機能的なディティールが目を惹く1枚です。
オリジナルのイメージを大きく崩し過ぎずにFUJITOらしい解釈でアップデートして機能を付け加えた
″JUNGLE FATIGUE JACKET″は、古着を熟知したデザイナーだからこその付け加える所と、引く所のバランス感覚が
絶妙ですし、何より着ると分かるFUJITO特有の微かに香る男っぽさにやられてしまうのです。
カラー展開は直球の″KHAKI”と″NAVY”がありましたが、元々は土臭い印象のジャケットを着方によってクリーンで都会的な
印象も出せる″NAVY”を選びました。春夏の着こなしを想像した際に汎用性の高い1枚になると思っています。


素材には品の良い光沢感があるコットン×フランダースリネンを掛け合わせた混合素材を使用。
コットン80%・リネン20%で、肌に触れた感覚はドライでつるりとした質の良さを実感して頂ける生地感だと思います。
今時期はシャツやスウェットなどをインナーに合わせて、気温が高くなる季節は半袖Tシャツの上にざっくりと羽織るのも◎
その際には腕まくりをして着て貰うのがお勧めです。
シルエットに関しては、身頃と着丈をすっきりとしたバランスにしていますので着用写真の様に丈の長さで遊びを入れて
着るのも良いですし、パンツのシルエットも細身・ワイドどちらの着こなしにも対応出来る懐があるように思います。


オリジナルにないディティールとしてポケットに一工夫がされています。
サイドから手を入れられるようにハンドウォーマーになっていて、これが案外じわじわと良さを実感して頂けると思っています。
フロントは釦ではなくスナップで簡単に開け閉めが出来ると言う点も着ていて気持ちが良いです。
バックスタイルも背中にタックをいれてもたつきを無くしているので、シルエットの美しさを感じますが極端に腕を細くしたり身頃を
シャープに作っている訳ではないので動き難さは皆無です。


たまたま秋冬の展示会を観に行った際にデザイナーの藤戸さんが色違いの″KHAKI”を着用されていました。
何てことないスタイルだったのですが、左胸に付けれたペン差しのディテールにペンを1本さして話している姿は
何時ものことながら自然体で格好良く、いつか自分もそうなりたいと思わせてくれる目指すべき姿がある様に思いました。
普遍的でオーセンティックなアイテムを、薀蓄うんぬんではなく″色気″や″味″を出して着て貰えたら嬉しいです。

12月18日

img_0973
FUJITO   HOOD COAT

color     NAVY  

price     48000+TAX

SIZE     M   /   L   /   XL
img_0978

img_0987

img_1000
FUJITOの秋冬展示会を見た際に、コートやジャケットの完成度がどれも高くどの部分を切り取って提案しようかと
悩みに悩んだ結果、3シーズン対応可能な今シーズン新たにリニューアルされた″HOOD COAT″を展開する事にしました。
ビジネスにもカジュアルにも着れる懐の深いコートは、ワードローブの主力になる1枚として自信を持ってお薦めさせて頂きます。
冬場はインナーに暖かな素材のウールや薄手のダウンを着て頂ければ十分に冬を越せますし、少し季節が進んだ冬と春との
何を着ようか迷ってしまう境目に一番活躍するのではないかと思っています。寒さのピークを越えても、北東北は
そこから春の暖かさを感じられるまでが相当に長いので、張り切って薄地のコートを着るという訳にはなかなかいきません。
しっかりとした張りと肉感がある2枚仕立てコートは、クラシックなステンカラーコートをFUJITOらしいアプローチでポケットの数や
取り外し可能なフードなどオリジナルのディティールを付け加えています。今シーズンから着丈の長さも膝が隠れるくらいの
長さに設定した事によって、よりコートらしい見た目になったと思っています。
img_1002

img_1003

img_1005
素材はコットン63%・ナイロン37%の超高密度に織られた混合素材を使用。60・40クロスをイメージして頂くと分かり易いと思います。
スーツスタイルに合わせてもマッチする落ち着いた質感に落とし込んでいる辺りも、着る人にとって汎用性や利便性を
大きく広げてくれていると思いますし、中途半端にスーツ用を考えるのであれば断然こちらをお勧めします。
コートをセレクトする中で重要視するポイントが、肩がセットインスリーブではなくラグランスリーブというのが僕自身は好みです。
セットインスリーブでも着易くゆったりとしていれば良いと思うのですが、シルエットを綺麗に見せるが故に袖と肩周りが
細目に仕上げていると、どうしても中に着込む事は難しくなるので出番が限られるのが難点だったりします。
ゆったりとしたラグランスリーブなので、ジャケットを着た上からでも対応出来ますし、厚手のニットなども問題ありません。
フロントにある2段式のポケットは人其々によって使い方は異なると思うのですが、1つはハンドウォマーポケットとして
もう一方はスマートフォンや小銭入れなど普段身に付けている細々した物を入れておくのに良さそうです。
大きさは1段目よりも2段目の方が深く大きめに設定をされています。
機能と美しさの両方を兼ね備えた洋服を作るというコンセプトにもしっかりとマッチしたディティールだと思います。
img_1007

img_1008

img_1010

img_1012
商品名の″HOOD COAT”にもある通り、ステンカラーコートには珍しく釦で取り外しが簡単に出来る大き目のフードが付きます。
北海道や岩手に住んでみて気付かされた事なのですが、雪がしっかりと降っている日は意外とフードが活躍して
被って傘をささずに歩けたりして、僕自身はコートについてるフードを冬場は多用してしまうので重宝するディティールだと
思っています。フードの内側もキュプラの生地でしっかりと作り込みされているのも◎です。
首元の簡易的なチンストラップも、軍モノのコートなどに良く見かける仕様でするとしないとでは保温効果が大きく違って
きますので、小さな部分ですが実用的なスペックが詰まっています。
img_1014

img_1016

img_1017
内ポケットは左右に付きます。
裏地は前・後身頃は茶系の生地、袖はグレーのストライプの生地で、どちらも贅沢にキュプラ100%を使用しています。
滑りの良い生地なのでストレス無く袖が通りますし、フックなどにかけておいても裏地や縫製がとても綺麗なので
置いておくだけでも十分に様になります。コートは外見の部分もとても大切でハンガーに掛かっている状態なども含めて
手に取りたいと思えるか、思えないかで出番がだいぶ変わってくるとも思っています。
何処に着ていくのにも恥ずかしくないコートだと思いますし、出張や旅行などに行く際にも脱ぎ着がスムーズで
動きの制限もされにくく重宝するのではないでしょうか。
サイズ展開はM・L・XLの3サイズで、ジャストサイズで合わせるのも良いですが、オーバーコートをイメージしてセレクトをしているので
ゆったりとしたサイズ感での着用をお勧めしています。
img_1022

color     CAMEL  

price     48000+TAX

SIZE     M   /   L   /   XL
img_1025

img_1036

img_1043
もう一色の″CAMEL”は濃いベージュの様な色目で、のっぺりと見えてしまいがちなベージュのコートが得意ではない
という方にも購入して頂いたりしていて、色での着難さは殆ど感じないのでは・・・と思っています。
サイズがMのみでしたので、メンズライクなコートをお探しの女性でも着て頂けると思って着用写真を撮った次第です。
しっかりと作り込まれていてるので、お仕事用としてもお勧めですしレディースブランドではサイズ感が合わない
という方にもお試し頂ければと思っています。
img_1045

img_1049

img_1048

冬場は極端に寒くなる日もあれば、今日のように肩をすくめずに過ごせる日もあります。
どちらの気候にも対応できるコートの選択肢があると、出掛ける際に1つを酷使する事がなくなり物が長持ちするのと同時に
冬の洋服を着る楽しみが出てくると思います。ウールのしっかりとした保温効果があるコート、セーターなどで暖かさを確保し
冷たい風を防ぐ為の薄くてもしっかりと目の詰まった生地感のコート。
どちらのコートも僕にとっては冬を過ごす為に欠かせないアイテム。
FUJITOの″HOOD COAT”も皆様のワードローブの中心で活躍する1枚になって頂けたら嬉しいです。
このクオリティと価格設定。FUJITOはとてつもなく素晴らしいコートを生み出していると僕自身は思っています。
是非、店頭で袖を通しにいらしてください。

rasiku   sasaki

11月26日

img_9961
FUJITO    SINGLE P-COAT

color      NAVY

price      55000+TAX

SIZE      M   /   L   /   XL 
img_9968

img_9973
FUJITOから着丈を長めに設定した、クラシックで大人な雰囲気漂う″SINGLE P-COAT″が入荷をしています。
rasikuではDUFFLE COATは毎シーズン欠かさずに展開をしていますがP-COATを扱うのは初めての事。
自分自身もコートが好きと言う割に、実は今まで手にしてこなかった事もあり、いつか自分が着たい!と
思えるものに出逢えたら展開しようと思っていたアイテムの1つ。
しっかりと作り込みがされている上に、一番の決め手は子供っぽく見えない点に心が惹かれました。
素材はガチガチの厚地メルトンでなく、中肉でしっかりと目の詰まったものにチェックの裏地を張り合わせている仕様。
袖を通した印象としてはコートとジャケットの中間を着るくらいの感覚で、汎用性という面においても申し分ないと思います。
お尻が隠れるくらいの着丈なので裾の干渉が少なく、普段車移動の多い方や、そこまで本格的なコートや厚地のものを
求めていない方にお勧めしたい1枚です。保温性の違うコートを、その日の気候や気分に合わせて何枚かを使い分けながら
冬を過ごすのが好きなので、中肉のメルトンコートは想像よりも使い勝手が良い1枚になると思っています。
保温効果が少し物足りなさを感じる場合には、薄手のインナーダウンを1枚挟んで着るのもお勧めです。
img_9983

img_9984
通常P-COATの釦は左右に並んで付きますが、あえてシングルにした事により見た目がすっきりとした印象に映ります。
FUJITOらしい解釈で落とし込まれたコートは、クラシックな一面は残しつつもP-COAT全体の印象を殆ど崩していない
という点が素晴らしく、ヴィンテージなどの古き良きものに精通しているデザイナーだからこその足し引きのバランスの
巧さが際立っていると思います。古着で探してもなかなか良いモノが見つかり難いアイテムだと思っているのですが
新品で作っているブランドの多くは、どちらかと言えば着易くというか着丈が極端に短かったり、素材が柔らか過ぎて
しまったりと、大人が格好良くきちんと着られるP-COATは選択肢が少ないと僕自身は感じています。
img_9985

img_9995
首元のチンストラップは冬の冷たい風から身を守る為に必要なディティールの1つ。
チンストラップを収納できるスペースも衿の裏に完備しているので、スタンドにはせずに巻物をして着るのも良いと思います。
img_9988

img_9997

img_9992

img_9994
デザインソースは軍モノからですが、素材選びや絶妙なシルエットでエレガントに現代的に作り変えるのがFUJITOの真骨頂であり
コレクションブランドという立ち位置ですが、年数を重ねてもデザインが古くさく感じさせない良さがあると思っています。
ジーンズに合う洋服を作るというぶれない軸があるからこそで、SINGLE P-COATもお気に入りのデニムに合わせて
足元は軽さを出してキャンバスのスニーカーでも良いですし、男らしくプレーンな革靴で合わせるのも◎だと思います。
img_9986

img_9998

img_0003
コート自体は無骨な雰囲気がありますが、何処か柔軟さを持ち合わせている点もFUJITOらしいモノ作りの特徴でもあり
ファッション性を意識しながらも日常着としての機能があってこそというのがしっかりと伝わってきます。
チェックネルの裏地、袖は滑りの良いストライプのキュプラ、表から見えない部分にもきちんとした拘りを持って作られている洋服は
袖を通す度に気持ちが上がりますし、無意識的な感覚でついつい手に取ってしまう気がしています。
特にコートに関して言えば着心地はとても重要で、表地・裏地共にクオリティの高い素材を使用しているので袖を通した時の
感覚で納得して頂けると思っています。天然素材ならではの温かみのある生地感、深みのあるネイビーは冬が来る度に
引っ張り出してきて擦り切れるくらいまで愛着を持って着たいと感じさせてくれる1枚になると思いますので
じっくりと時間をかけて付き合って頂けたら嬉しいです。
今シーズンはこの他にもう一型、FUJITOのコートが入荷していますので、また後日ご紹介致します。
rasiku sasaki

10月30日

img_9882
FUJITO     CREW NECK RIB KNIT SWEATER 

color       BROWN   

price       19000+TAX

SIZE       M   /   L
img_9885
color       GRAY

SIZE       M   /   L SOLD
img_9835
前回の冬も好評でしたFUJITOのセーター、今シーズンの新色も、これもまた良い色です。
昨年は単色でベーシックな色目だったものを、柔らかさを感じる″MIX糸″に変更をしてより深みのあるクラシックな
表情に仕上げています。5ゲージの太めの糸を用いる事である程度ボリュームがあって、ざっくりとした見た目は
父親が着ていた様な昔ながらのイメージと今の時代背景をバランス良く組み合わせているように思います。
厚みがあるのでジャケットのインナーというよりは、ダウンベストやコートに合わせる方が袖や肩のごろつきが少なく着用出来ると
思いますし、1枚で着た際の存在感が際立つセーターだと感じています。
ミドルゲージのセーターはいざ探してみると案外見つかりにくく、軽さを求めるとより選択肢の幅が無くなると思いますので
一度店頭で質感などを確かめて頂きたいです。
img_9836

img_9839

img_9841
ディティールの特徴として、肩の作りをセットインスリーブではなくラグランスリーブを採用している点が挙げられます。
セーターを着る際に肩のラインが窮屈であったり、体型に合わないと長時間着ているうちに段々とストレスになってきて
手が伸びにくくなる事がありますが、撫で肩や肩幅の広い方にも幅広く対応出来るシルエットだと思います。
前と後ろ身頃は凹凸のある畦編みを採用し、見た目の大きなアクセントになると共に収縮性に富んだ作りになっています。
首元、袖、裾の切り替えしはFUJITOらしい細かく美しさを感じる仕上がりに。
単純に先鋭的に新しい物という訳ではなく、だからと言って製品に古臭さを感じない理由が、こういった1つ1つの
丁寧な仕事があるからこそで、全体を見た時の印象の違いにも大きく影響を与えます。
言うまでもなくデニムとの相性は抜群で、インナーはシャツの合わせも良いですが個人的には首元の立体的なデザインを
活かしたクルーネックでの着用がお勧めです。
img_9843

img_9847

img_9848

img_9849
カラーは汎用性の高い″GREY″と、より見た目の印象がクラシックになる″BROWN″の2色展開。
″BROWN”に関してはベージュ系のボトムスにネイビーのコート、足元は黒の革靴もしくは白のスニーカーが思い浮かびます。
セーターのバリエーションは薄手・中肉・厚手と最低でも3種類くらいある方が、気温と気候に合わせて選ぶ事が出来ますし
カラーバリエーションもネイビー・グレーなどの汎用性の高いカラーは押さえておいて間違いないと思います。
上に羽織るコートやジャケットとの相性(袖の滑り)もあると思いますので、保温性を重視したセーターの選択肢の1つとして
FUJITOのCREW NECK RIB KNIT SWEATERは、お勧めしたいです。
img_9892
FUJITO     TURTLENECK KNIT SWEATER

color       NAVY   

price       21000+TAX

SIZE       S   /   M   /   L
img_9890
color       KHAKI

SIZE       S   /   M   /   L SOLD
img_9850
もう1型FUJITOから、柔らかなウールを用いた新作のタートルネックセーター。
袖を通すと身体を包み込んでくれるようなふかふかとした質感に、胸部分で切り替えた編地が良いアクセントになります。
厚すぎず薄すぎずの素材感はジャケットのインナーに着ても重宝しそうですし、大人な雰囲気漂う1枚です。
何シーズン前からか男性がタートルネックを着ている雑誌を多く見かけるようになりましが、寒さの厳しい盛岡に住んで冬を
過ごしているとファッションで着るという感覚よりも、僕自身は本気の防寒着として見ていて、店頭でも寒いので・・
と言って選ばれる方が多い気もしています。暖かくて、尚且つ雰囲気の良いものであれば嬉しい。といった感じ。
人によってはチクチクする感じであったり、窮屈な感じが苦手という方もいらっしゃると思いますが首元を暖めるだけで
寒さの感じ方は全然違ってきます。インナーに1枚、薄手のコットンのタートルネックを挟んで着ると俄然着心地が良くなりますし
素材によってチクチクするしないも変わってきますので、先ずは物は試しでというくらいの気持ちで
着て貰えればいいなと思っています。
img_9863

img_9864

img_9866
シルエットはすっきりとしたバランス感でジャストサイズも良いですが、あえてワンサイズアップでゆったりと着るのも◎
カラー″KHAKI”は新鮮な色目に映りましたし、やや土っぽい着合わせがイメージに浮かびます。
ニット自体が綺麗な印象なので、色でコーディネートを考えると格好良く着熟せて貰えるのではないでしょうか。
黒のパンツにベージュのコート、足元は軽めにスニーカーが映えそうですね・・・
img_9867

img_9868

img_9873

img_9874

img_9875
FUJITOのセーターは型数は多くありませんが、シーズン毎にデザインと着心地に拘った優秀な日本製のセーターを作っています。
インポートにはインポートなりの良さがあって店内にも毎年欠かさずに並ぶニットがありますが、FUJITOの手掛けるニットからも
分かる様に、細やかで正確な技術であったり仕上がりの美しさ、袖を通す度に気持ち良く心を豊かにしてくれるであろう
繊細な作りは日本製ならではな部分かと思います。どちらにも良さがあって、其々の違いを見つけるのもセーターの醍醐味。
新品の状態も良いですが、何年か着用をして少し撚れてくたっとなったセーターは肌馴染も良く、カットソーとは違って
消耗品にはなり難いのでそれはそれで味わい深いものがあって好きです。年齢を重ねる毎にセーターの本当の意味での
機能や価値に気付けてきた様にも思いますし、寒い地域に居るからこそより必要性も感じる事が出来ている気が
しています。冬の足音が一歩ずつ近づいてきていますので、冬支度を兼ねてお気に入りの1枚を探しにいらして下さい。
rasiku  sasaki

7月26日

IMG_5495
FUJITO     ACER

color       INDIGO   

price       25000+TAX

SIZE       28  /  29  /  30  /  31  /  32  /  33  /  34
※36サイズのみ8月の入荷となります 
IMG_5513
雪が溶けはじめる春先と夏から秋にかけて年に2回、FUJITOのデニムをフルサイズで入れるようになりました。
一度手にしてしまうと普通に穿いて2年から3年くらいは新しいデニムを買う気にはならないのですが
それでも洋服の軸になるアイテムというのはいわずもがなですし、お店にデニムがある安心感とでもいうのでしょうか。
どのブランドを穿くというのはともかくとして、シンプルな飾り気のないジーンズを格好良く穿きこなすというのは
洋服を好きになってからの永遠の課題の様な気がしていて、ちょっとずつは似合ってきている気もしますが
まだまだ穿きこなすまではいっていないと感じる今日この頃です。
FUJITOが2002年にブランドを立ち上げてから、一切の変更をせずに作り続けているデニムパンツ″ACER”
力織機で織られた14.5OZの肉厚なセルヴィッチデニムは、糸の段階で一度染めの行程をおこなってから製品染めをするので
通常のデニムよりもゆっくりと色が落ちていくので独特の表情をみせてくれます。
IMG_5514

IMG_5517

IMG_5518
フロントのデザインはボタンフライでトップボタンは月桂樹のドーナツ釦が付きます。
ステッチの糸も箇所箇所によってオレンジとバナナイエローを使い分けていて、ヴィンテージデニムに精通するデザイナーの拘りを
しっかりと感じて頂けると思います。
IMG_5508

IMG_5520
レザーの革パッチにはFUJITOがブランドを立ち上げた時に、大きく飛び立てるようにと白鳥が刻印されています。
10年以上も同じ物を作り続けるのは容易では無い事だと想像してしまいます。作っていて当然飽きもくるでしょうし
色々な葛藤が少なからずあると思いますが、それでも貫き続けられるポリシーがしっかりあるからだと感じています。
FUJITOの洋服自体もデニムに合うという事が大前提で作られていると聞い事があります。色々な洋服に合わせる事で
デニムスタイルが完成するのであって、デニムの本当の格好良さはどう合わせたり着熟したりするかだとFUJITOのデニムが
入荷する度に改めて考えるきっかけにもなります。
IMG_5481

IMG_5484
ACERを購入して2年くらいが経ちましたが、週に1度くらいのペースで穿いているので色落ちも比較的ゆっくりです。
シルエットはヒップ周りをすっきりとさせていますので、通常穿かれるサイズよりも1サイズもしくは2サイズくらい上を選ぶ方が
ストレスなくシルエットも良い様に思います。丈の設定が長めなのでお好みに合わせてチェーンステッチで丈詰めも承っています。
僕自身は少しロールアップしてソックスが見える位が好みで、ソックスの選び方によって着こなしにちょっとしたアクセントを出せるので
マンネリしがちな時は、今日みたいに赤のソックスなどで遊びを入れる事が多いです。
IMG_5492

IMG_5493

IMG_5491

IMG_5490
シンプルで誰もが手にした事があろうアイテム程、奥が深くて何が正解で・・・というのが見つからない気がしています。
自分なりの解釈や捉え方であったり自然な着方で、落としどころを見つけた人がきっと格好良く見えるんだろうと
デニムに関しては強くそう思います。新しいデニムを今から慣らしておけば、秋と冬の装いに無理なく合わせていけると
思いますので、サイズが揃っているうちに是非お試しください。デニム。穿くとやっぱり良いですね。
rasiku  sasaki

line

PageTOP