2月18日


FUJITO     3B JACKET

color       NAVY

price       52000+tax 

SIZE       1   /   2   /   3

先日のジャケパンの提案に続き・・・
FUJITOから見た目も素材感も凛々しく男前な、肉厚リネン素材を用いたジャケットが届いています。
ここ数シーズンrasikuで提案をし続けている、3つ釦段返りの正統派とも言える雰囲気抜群の1枚。
日常着としてジャケットを羽織るというのは、いつもの装いにメリハリが生まれたり、自然と背筋が伸びたり
普段から着慣れてる方は別ですが、ここぞという時にスイッチが入るきっかけにもなるので、
先ずは一着、自分の体型に合った好みの物を見つけて、着ていただきたいなと思っています。。
いつも履いているデニムに、インナーはシャツかカットソーを合わせて、ジャケットをさらりと羽織る。
少し力を抜いたくらいの着方がお勧めで、ジャケットだからと言ってドレス系のシャツなどを無理に合わせる
必要はないと思います。それよりも個人的に気になる点は、ジャケットを着た際の靴の合わせ方で、
黒のプレーンな革靴は先ず間違いありませんし、これから春に向けては白系のローテクのスニーカーで
軽やかさを感じるスタイルなど、自分がどう魅せたいかによって靴でバランスをとるのが大事だと思います。


ネイビージャケットは汎用性の高さが最もある色で、デニム・チノ・軍パン・スラックスまで幅広く対応が出来るので
パンツの合わせ方で困る事は殆どないように感じます。
限界まで打ち込まれた品のあるリネンの表情、細かな運針の縫製などジャケットその物の作りの良さにも目を奪われます。
最初見た時はリネンとは思えぬほどの光沢と表面が滑らかで、触れた感じはウールサージの様な質感です。
仕立ては2枚でずっしりとした気持ちの良い重みが感じられ、春・秋・冬の3シーズン対応出来る生地感だと思います。
ネイビーのシンプルなジャケットはワードローブに一着あることで、きちんとした服装をしなければならない席や、
畏まった場所に行く際にも、派手すぎず地味すぎず、さらりと着こなしも決まるのでお勧めです。
ジャケット自体、着る機会もなく着慣れないという方もいらっしゃると思います。
直ぐに身体や顔に馴染むかと言ったら始めは難しいかもしれませんが、ふと目に留まった時に試してみたり
自分の今の顔や身体に似合う物を探すというのも、ジャケットを着るきっかけになるかもしれませんし、
いざ手にしたあとは、自分なりの着方じっくりと時間をかけながら見つける楽しみがあると思います。


バックスタイルはサイドベンツを採用。
英国のジャケットなどに良く使われる仕様で、よりクラシックな雰囲気と表情を演出してくれます。
袖口は本切羽の額縁仕上げ、本水牛の重厚な釦が2つ付きます。
人間の構造に合わせた袖の緩やかな曲線は、無理と無駄のない自然美という言葉がぴったりと当てはまりそうです。
派手さであったり、一目見て分かるディティールの様な物は一切なく、ブランド色が前面に押し出された洋服ではないですが
袖を通すとデザイナーの真摯な物作りに対する姿勢や気持ちを汲み取ることが出来、後からジワジワと気持ち良さであったり
目に見えにくい裏側の作りなど、愛着が湧いてくるポイントが沢山あるのがFUJITOらしさだと思います。


身頃裏はコットンのスレーキ、袖は滑りの良いストライプのキュプラの生地が貼られています
ウエストは自然なシェイプでアームホールなども細すぎない設定、滑りの良い生地が貼られているので
着用時のストレスは無く、自然と手が伸びるようなジャケットに仕立てられています。
ハンガーに掛かっているだけでも、雰囲気の良さと美しさが伝わってくる素晴らしい1着です。

FUJITO     CREW NECK SWEATER

color       TOP GREY

price       19000+tax 

SIZE       1   /   2   /   3


ジャケットのインナーに組み合わせて着ていた、V型汗止め付きのヴィンテージライクに仕上げられたコットンニット。
スウェットの様で、スウェットとはまた一味違った品の良さを感じる質感で、見た目もカジュアルなのに美しい。
コットンニットならではの着心地の良さと、接結編みで天竺を再現する事によって伸縮性に富んだ仕上がりになっています。
度詰でしっかりと編まれているので、よっぽど激しく着倒したりしなければ型崩れなども心配ないと思います。


袖・裾のリブは2段リブを採用。
ヴィンテージウェアなどからデザインソースを取り入れるブランドらしい細かなディティールです。
スウェットなどをある程度の数を着てきて、少し違った視点で選ぶと言うのも良いでしょうし
着心地を重視するという方にも、コットンニットはとてもお勧めです。


どちらもシンプルでベーシックなアイテムですが、FUJITOが得意とする縫製の部分や力を入れて作っているニットなど
ブランドのエッセンスを落とし込んだ雰囲気を感じる仕上がりになっていると思います。
いつもと同じ服装を楽しむのも良いですが、日によって仕立ての良い洋服や繊細な素材も取り入れながら
色々を少しずつでも試す事も、洋服と付き合っていくという視点で考えれば、また違う楽しみ方が見つかるかもしれません。
どちらも、もう直ぐに活躍するアイテムですので、是非お試し頂ければと思います。

1月21日


FUJITO    COUNTRY JACKET

color      CHARCOAL

price      52000+tax 

SIZE       S   /   M   /   L

春夏シーズンに引き続き展開をしている、FUJITOらしいシンプルで癖のない3つ釦ジャケット″COUNTRY JACKET″
秋冬はウール100%のチャコールグレーの生地に、チョークストライプがうっすらとかかるクラシックで趣ある仕上がり。
ドレス専門工場で仕立てられるジャケットは、ハンガーに吊るしておくだけでも、その見た目の美しさに目を奪われます。
3つ釦段返りの正統派ジャケットですが、商品名にある通りラペルをスタンドにして着用する事も可能。
カジュアルな一面と上品な部分を上手に活かしたデザインに昇華をされています。
ウール素材のジャケットは冬場は勿論ですが、春先にアウター替わりに着るのにもお勧めでさらりとシャツやカットソーに
羽織るくらいの方が、肩の力が抜けて見えて畏まり過ぎずに着て頂けると思います。


ラペルを立てると、ラペルの下に隠れていたベルトが出てきてます。
留めて着る事で表情が変わり、エレガントさも漂いつつスポーティーな雰囲気にも見えますし、
イメージとしては首元にストールをして、ジャケットを羽織り革靴を合わせて、自転車に乗る。
そんなクラシックなスタイルにもはまると思います。
服装を少し変えるだけで、いつもとは少し違った雰囲気や景色を楽しめるのではないでしょうか。


ウエストは程よくシェイプされていますが、タイト過ぎずに日常着としてのバランスをしっかりと保っています。
袖は緩やかに前に振っていて、肩周りなどの可動域は広く設定をされているので窮屈さや動き難さは殆ど感じません。
ジャケットにありがちな堅苦しさが苦手な方にも、ストレス無く着用して頂けると思いセレクトをし続けています。


袖口は本切羽、バックスタイルはサイドベンツを採用しています。
アームも細すぎず太すぎずで、ミドルゲージくらいのセーターであれば着用可能。
ある程度の厚みのあるインナーを着られるというのは重要なポイントだと僕自身は思っています。
寒さの厳しい地域では下手に薄着は出来ないので、防寒対策が出来、着回しが効くジャケットは1枚あると重宝するはずです。


裏地は総裏で後身頃と袖で柄を切替しています。
素材はキュプラ100%で滑りが良いので、手に取ってさっと羽織って頂けると思います。
男性がさらりとジャケットを羽織る姿は単純に格好良いと思いますし、体型や生活スタイルに似合うカタチを探すことは
自分を知るということにも繋がる様な気がします。
いつも気張った服装をする必要はないと思いますが、日常に少しの緊張感やメリハリを出す意味も含めて
仕立ての良い洋服に袖を通してみるのも良いのではないでしょうか。
毎シーズン、これだと思うジャケットの提案はし続けていきたいと思っています。

10月3日


FUJITO     ZIP UP CARDIGAN

color       CHARCOAL

price       26000+tax

SIZE       S   /   M

FUJITOから毎シーズンリリースされるセーターは、クオリティに対して価格のバランスが良く春夏にはコットン素材
秋冬はウールを使って、どちらも自信を持ってお勧めしています。
今シーズンは、デザインに何処か懐かしさが漂うフルジップアップのハイネックカーディガンを選びました。
カラーは渋さが際立つ″CHARCOAL”で、インナーとしてもアウターとしてどちらでも活躍する1枚になると思います。
年齢を重ねる毎にこういったアイテムの良さが少しずつですが分かってきた様な気がしています・・・(笑)
クラシックなデザインですが、ダブルジップを使用する事で着こなしにちょっとしたアクセントが出せるので
インナーとの組み合わせも楽しんで頂けると思います。


リブ編みで構成された凹凸のある表情、糸自体が特殊な立体構造で1本1本に沢山の空気を含ませる事によって
軽くて暖かさにも優れたセーターに仕上がります。展示会で見た際には重厚感があるように感じましたが、
袖を通してみて想像よりも圧倒的な軽さに驚かされました。世の中には軽くて暖かな素材は沢山出ていますが
見た目がクラシカルなスタイルに拘るのも、洋服の醍醐味であり面白さかもしれません。
自分のスタイルを持ち続けている男性は、いつの時代も格好良く映りますし着こなしも押しつけがましくなく目を惹きます。


肩はラグランスリーブの仕様で、動きを制限されずに着用出来ます。
袖・裾のテンションも程良く、左右にハンドウォマーポケットも付きますので機能的にも◎です。
首元がしっかりと暖められるので、ストールやマフラーをせずに過ごせますし真冬は風の通さないざっくりとしたコート
もしくはオイルドジャケットを羽織って、ZIP付きのハイネックがちらりと覗いてきっと良いアクセントになりますよ。
大人だからこそ出来る着こなしを楽しんでもらいたいですね。


10月になりましたので、温かいセーター類も店頭に並べ始めました。
日中は暖かいのですが、朝夕の冷え込みは身体が慣れるまでの間は気をいつも以上に張る必要があるなと感じています。
羽織のニットは温度調整がし易いと思いますし、今まで並べてこなかったカタチなので新鮮に映るのではないでしょうか。
在りそうで無いものを持っておくと、案外着る機会が多かったりするので隙間を埋める意味でもお勧めです。
セーターの選択肢の1つとしてご検討をいただければと思います。

8月25日


FUJITO   GURKA PANTS

color     INDIGO BLUE

price     20000+tax

SIZE      30   /   32   /   34   /   36


ヴィンテージアイテムとしても不動の人気を誇る″グルカパンツ″
ウエスト部分に特徴があるパンツで、シャツなどをタックインをして穿く事でフロントのデザインが活かされ
クラシックでモダンな井出達が何とも癖になる1本です。
グルカパンツをデザインモチーフにFUJITOらしくアレンジされた″GURKA PANTS″は、シルエットに関しては良い意味での
ミリタリー臭さは残しつつもワタリから裾にかけて綺麗なテーパードしたラインが目を惹きます。
着写は裾上げをしていない状態なので、裾に重さがありますがきっちりとしたレングスでステッチ幅を
太めに合わせればパンツの良さがより引き立つと思います。


素材はライトオンスのデニムを用いています。
フロントに2タック入る仕様で、ウエストを絞るアジャスターに加えてベルトループも完備されています。
オリジナルのグルカパンツの場合、ベルトループが付かないので機能をプラスした作りになります。
フロントに入っているタックを活かすのであれば、やはりタックインスタイルで着るのがお勧めです。
もしくは着丈の短い古着のスウェットなどを組み合わせる事で、雰囲気良く着られると思います。
ウエストが落ち着かない場合には、無理をするよりも付いているベルトループを活かして
細めのベルトでぎゅっと絞り込んで着るのも良いのではないでしょうか。


ワタリはやや広めに設定をしていますが、お尻周りはゆったりさせずに綺麗なバランスを保たせています。
FUJITOが作るミリタリーやワークパンツは、ルーズになり過ぎない絶妙なさじ加減でシルエットを構築しており
カジュアルにも綺麗目にもどちらにも振ることの出来る汎用性の高さもポイント。
シンプルな質の良い黒の革靴に白のシャツを合わせて、削ぎ落とした男性らしい格好良い着こなしがお勧めです。

color     BEIGE

SIZE     30   /   32   /   34   /   36


もう一色は光沢のある深い色目の″BEIGE”をセレクトしました。
しっかりとした強さとコシを感じる素材は、穿きこんでクタクタになってきた頃が雰囲気も増してくるはずです。
秋冬の着こなしを考えた際に、ネイビーやグレーのツィードのジャケットなどを合わせて着たいです。
基本的にはタックインがし易いので、シャツをインナーにしたジャケットスタイルがすんなりはまってきますし
いつも穿くチノパンではなく、ベルト部分が良いアクセントになってまた新鮮な見え方になると思います。


デニムに関してはセットアップで着用が可能なシャツジャケットも入荷済み。
グルカパンツ自体はパンツに機能性を持たせる為に作られたディティールだと思うのですが、こうして現代の
ファッションシーンに置き変えられている所も何だか面白いです。
シャツをタックインして着るだけでも少しだけ背筋がぐっと伸びる感じがありますし、合わせる靴もスニーカーでも
勿論良いと思いますが、スタイルとしてぱりっとした革靴が履きたくなってしまいますね。
どちらのカラーも汎用性がとても高いので、是非穿き比べていただけたらと思います。

4月11日


FUJITO     COUNTRY JACKET

color       NAVY

price       45000+TAX

SIZE       S   /   M   /   L


FUJITOの得意分野の1つでもある、仕立ての良いテーラードジャケットが届いています。
今シーズンはコットン35%×ポリエステル65%をミックスした、ぱりっとした表情のホップサックツィードと呼ばれる生地で作製。
この生地自体は春夏の高級スーツなどに用いられる素材で、元々はビールの原料となるホップを入れる為の袋から
その名がつけられています。生地の目はしっかりと詰まっていて、手触りはツィードライクな粗さを感じる質感。
ポリエステルを掛け合わせる事によって通気性が良くなり、夏にはさらさらと風が抜けて気持ち良く着て頂けます。
シャツに革靴で綺麗にオンスタイルの合わせも良いですし、カットソーにスニーカーを組み合わせて肩の力を抜いたジャケットスタイルを
楽しむのもお勧めです。その日の気候や行く場所・逢う人に合わせて着こなしを変えながら、自分なりに思い描く
スタイルを見つけて、落とし込んでいくのもテーラードジャケットの醍醐味だと思います。


フロントのデザインは3パッチポケット、ラペルは基本的には3つ釦段返りの仕様ですが、商品名にもある通りでカントリージャケット
という事でラペルを立てて着用する事も可能。素材の雰囲気は綺麗な印象がありますが、フォーマルな畏まった印象の
ジャケットではないので肩の力を抜いて着るくらいが丁度良いと感じています。
普段穿いているパンツにジャケットを羽織るくらいのニュアンスでイメージしていただけたら着易いかと思います。
少しずつインナーと靴との合わせ方を考えたり、自分の中で幅を持たせたコーディネートを楽しんで貰えたら嬉しいですね。


袖はやや前に振っているクラシックなデザインで、緩やかなカーブを描きます。
総裏仕立てで身頃にはコットンのスレーキ、袖裏はストライプのキュプラが張られていて袖通りも良くFUJITOらしい秀逸なパターンで
作製されているので、袖を通した際の堅苦しいイメージはないと思います。
テーラードジャケットは自分で良くある事ですが、着ていてストレスに感じるとどうしても出番が少なくなってきてしまうので
試着をして頂いて身体に添うようなシルエットと、縫製技術を含めた完成度の高さを実際に体感してお選び頂きたいです。


バックスタイルはサイドベンツ、後姿はクラシックな雰囲気が漂います。
袖口は本切羽の仕様で、釦を1つ外して折り返して着るのも良いと思います。


普段はカジュアルな服装をしていても、たまにはシャツを着て革靴を履いてジャケットを着る日を作るというのも
心と身体が引き締まった気持ちになるので、これからもrasikuでは提案をし続けていきたいと思っています。
丈夫で着易くて洗えて味を出す洋服とは違った良さを感じますし、一辺倒になり過ぎずに色々な服装を楽しむ
感覚や余裕も大切だと感じています。男性には幾つになっても格好良くあって欲しいという気持ちがありますし
せっかく選ぶなら良い物を手にして、それを着て食事をしたり音楽を聴きに行ったり、大切な人に逢ったりする方が
遥かにその時間と空間が楽しめる事が出来るのではないでしょうか。


ジャケットは着慣れていると着慣れないが分かり易くはっきりと出るアイテムですので、自分自身が着たいと思って進んで
手を伸ばさなければいつまで経っても板についてこないです。
僕自身も年齢を重ねるにつれて、リラックス出来る服装が心地良く感じるようになってはきましたが
着る頻度や回数は多くは無くともジャケットを格好良く着熟せるようになりたい・・・という思いが強くあります。
それこそ若い男性には背伸びをしてでも自らの意志で格好良くジャケットを着熟して貰えたらと思います。
何かのきっかけやタイミングでジャケットを日常着として取り入れて貰いたいですし、何処に行くにも人に見られてある程度
恥ずかしくない服装を心掛けてみるというのも洋服を着る上では大切な事ではないのでしょうか。

PageTOP