10月14日


FUJITO      FLEECE BLOUSON2

color        CHARCOAL

price        29000+tax 

SIZE        1    /    2    /    3

毎日洋服に袖を通していると、いつでも身に付けていたいと思える様なベーシックで飽きのこないデザインのものと
その時の気分で着たいなと思えるものとを組み合わせながら、天候や気温に合わせて服装をマッチさせて過ごせる事が
洋服の醍醐味であり楽しみかなと僕自身は思っています。
色々と展示会で各ブランドの商品を見ていた中で、僕自身の気分として着たいと思ったアイテムの1つが
ブルゾンタイプの羽織物です。何処か懐かしさと新鮮さがあって、今の気分で着たらどう合わせるかなと
ワクワクさせてくれる魅力があり、少し野暮ったいくらいが今の自分にとって心地良く感じてしまいます。
FUJITOがリリースしている″FLEECE BLOUSON″は昨シーズンも展示会で並んでいた商品。
今シーズンリリースされたモデルは更にグレードアップして、内側に滑りの良い生地を張り2枚仕立てにする事で
着易さと保温性を高める仕様に変更をされています。インナー使いも出来ますが、冬のコートまでの繋ぎとしての
アウターフリースとして重宝するのではないでしょうか。


毛足の長いフリースはモコモコとした見た目が何とも言えない愛らしい一面があります。
何となく袖を通すだけでは、アウトドアっぽい印象が強く雰囲気が出しにくいアイテムでもありますが
ファッションとしてどう落とし込めるか・・・というある意味では腕の見せ所にも感じます。
フリース自体は軽くて保温性に優れている機能的な素材で、アクティブに動いたりする日や旅行などに行く際に
重たい荷物を背負ったり、汚れなどを気にせずに服装を選びたい時に出番が増えてくると思います。
アウトドアブランドでもフリースを使ったアイテムは良く見かけますが、ブランドを象徴するようなロゴが付いていたり
ギアとしての要素が強く出てしまい、ファッションと言う目線でのデザインとシルエットは″FUJITO″ならではの
秀逸さを感じて頂けるはずです。
トップスがカジュアルな雰囲気になるので、足元を革靴で引き締めるたりするのもお勧めですし
僕自身は年齢を重ねてフリースをどう組み合わせたら今の気分に合うか・・・という余白を埋める楽しみがあります。


首元は切替しでアクセントを入れて、袖口は綺麗にパイピングで処理されています。
アームの太さが絶妙で、太すぎず細すぎずのギリギリのラインで調整をされている様に思います。
細くし過ぎるとインナーとしての要素が強く出過ぎますし、太くすると野暮ったさが前面に出てきてしまうので
ライナーとしてもアウターとしても成立するブルゾンに仕上げています。
一番上までジップを締めた状態にすると保温性がぐっと増しますしコートからちらりと覗く首元も格好良いので
真冬には風を通しにくいアウターをざっくりと羽織って過ごして頂きたいです。


FUJITOが作るモッズコート・マウンテンパーカーに首と袖にループが付いているので、そこに通してライナーとして
セットで着る事も可能。滑りの良い裏地も付いていますので、インナーとの相性をいちいち気にする必要はありませんし
ジップを閉めて着る事が多くなるはずですので、汎用性という部分においてもスタイルを選ばずに着て頂けると思います。
ベーシックなパンツに足元で遊びを入れるくらいで丁度良い塩梅になるはずです。


僕自身はどちらかと言えば天然素材を使った洋服に惹かれる傾向にありますが、全てがそういう風に偏るという訳ではなく
気分によって使い分ける事が洋服の楽しさだと思っています。
何を選ぶかも大切ですが、一番は「どう着る」のかだと思いますし、その人らしさに繋がる着方を見つけて頂きたいです。
年齢や性別に関係なく、野暮ったい洋服などをバランス良く上手く取り入れられる人を見つけると自然と目で追ってしまいますし
真似したくても出来ないなと感心してしまいます。きっと遊び心も必要ですし、心の余裕みたいなものがあると
もしかすると格好良く着られるのかもしれません。
モノは試しと思うくらいの気持ちで、フリースを取り入れて頂けたら嬉しいです。
朝と夜はこれくらいの羽織物がもう必要かもしれません!!

7月3日


FUJITO     EAZY SHORTS

color       INDIGO BLUE

price       16000+tax 

SIZE       30    /    32


暑い暑いと・・・何度口にしたか分からないくらい30度越えの日々が続いております。
暑いの意味が全然違いますが、早朝に行われた「熱い」サッカーの戦いも、何とか後半から間に合いテレビの前で
釘付けになり応援していました。とてもしびれる試合だったなぁとしばらく余韻に浸り・・・
興奮冷めやらぬまま、いてもたっても居られず朝市へと繰り出しました。笑
そんな訳で色んな気持ちを切り替えて商品をご紹介したいと思います。
毎シーズン本当に少量ですが展開しているショートパンツ。
盛岡の短い夏を考えると、本数をそこまで必要としていないアイテムかもしれませんが、ここまでの気候が続くと
流石に穿く方が増えるのではないでしょうか。
僕自身もここ数日は、あまりの気温の高さに自然とショーツばかりに手に取ってしまっています。
今シーズン、セレクトしたショーツはFUJITOで定番で作られているファティーグパンツをベースに、レングス設定を
膝丈より短くしたすっきりとした大人な雰囲気が漂う1枚。ウエストはサイドからバッグにかけてゴムが付く仕様で
それにプラスしてアジャスターで調整が可能。ベルト要らずで簡単に穿く事が出来ます。


素材にはコットン65%/ナイロン35%の混合素材を使用。
超高密度に織られた生地は薄手ですがしっかりとした張り感があるのが特徴。
先染めのインディゴ糸を使っているので、通常のネイビーとも違う深い色合いが存在感を放ちます。
白系のカットソーやシャツなどの合わせは言うまでもなく相性が抜群で、汎用性の高さであったり着回しの良さを
考えてると確実に穿ける1本としてお勧めです。
コットンナイロンですが生地が薄く軽めの素材感なのでコンパクトに丸め易く、普段使いは勿論ですが旅行や出張などに
行く際に鞄に入れて、現地でアクティブに動く際にも重宝しそうです。
デザインがファティーグパンツなだけに足元は革靴で重厚感を出すも良いですし、軽さを意識してキャンバススニーカー
の組み合わせも間違い無くはまると思います。


ショーツの長さは好みが分かれる部分かもしれませんが、個人的には膝より短めの方が合わせ易くなると思っています。
もし長めに設定されているのであれば、裾幅の広いバギーシルエットが好みです。
基本的には少し着丈の長いシャツやカットソーと組み合わせると、全体のバランスがすっきりと綺麗に納まり易く
少しリラックスしたイメージで着ていただけるはずです。
海や川など遊びに行く方も増えてくる季節になるので、ショーツにサンダルを合わせて夏ならではの服装を楽しむのも
醍醐味の1つになるのではないでしょうか。僕自身もここ数日はショーツにサンダルで川涼み!?を満喫しています(笑)


ポケットは前にL字のベイカーポケット、バックポケットと4つのポケットが叩き付けられています。
直線的ではなく丸みを帯びた形状で、FUJITOらしさを表現しています。


今シーズンは、もう一型ショーツを提案しています。そちらはまた後日に紹介を致します。
あと1か月半くらいの盛岡の短い夏を、少しでも気持ち良く過ごす為のアイテムを探してみては如何でしょうか。
FUJITOが作るショーツ、シルエットや素材感も含めてやっぱり男前です。是非。

4月5日

 width=
FUJITO   WIDE SLACKS

color     BROWN

price     20000+tax 

SIZE      30    /    32    /    34


昨日の定休日、ちょうど春の選抜甲子園の決勝戦が行われていた。
勝負事だから、当然ながら勝ち負けの二択しかない状況の中でどちらにも勝って欲しいという矛盾した複雑な気持ちが
芽生えてしまい、勝敗が決まりマウンドで選手が抱き合う姿を見て、心にぽっかりと穴が空いてしまった水曜日の休日。
1つの物事に対して、あれだけの情熱を注げる球児の直向きな姿にがっちり胸を打たれてしまいました。
それに加えて、大谷君のホームラン1号・2号。人間の可能性は無限大ですね・・・
自分も含めて頑張れ!!松坂世代!!と、今日はいつも以上に張り切って店頭に立っています(笑)
FUJITOから、タック入りのワイドシルエットのトラウザーが入荷しています。
日頃はデニム・チノ・軍パンをローテーションで穿いていますが、冬場はウール素材のスラックス、春になると綺麗な
シルエットのトラウザーが気になってしまいます。ワーク系ブランドが作る様な、綿ポリのチープな素材でざっくりとした
直線的なアイテムも嫌いではないのですが、それよりも洗練された雰囲気で、今の気分で穿けるものがあればと思っていた
矢先に展示会で出逢った”WIDE SLACKS”
コットンサージを使った綾の織目がはっきりと分かる厚地のトラウザー。
腰回りやわたりなどはゆったりと設定し、膝から下にかけてきつくテーパードをさせたカジュアルでありながらも
何処か綺麗な部分と洗練されたシルエット。お尻周りが窮屈に感じたり、ラインが細く偏り過ぎているのが苦手なので
“WIDE SLACKS”の足し引きの巧さ、無駄をそぎ落としたバランス感に惹かれました。


フロントはワンタック入るデザインで、横に広がり過ぎずに縦型のシルエットを構築。
センタークリースもきっちりと入っているので、着こなしにメリハリが出るのと同時に気分を高揚させてくれます。
毎日クリースをきっちり入れて穿かなくても良いと思いますが、気分を変えたい日やジャケットなどを羽織った日に
一手間加えるだけで、着こなしが変わります。ちょっとした部分の変化を楽しんで頂ければ嬉しいです。
タックイン、タックアウトどちらのスタイルも良いですが、これから気温が上がってシャツを1枚で着れる様に
になればタックインでの着方が断然お勧め。やっぱりシャツはタックインしてこそ・・・という昔ながらの考え方、
言い方なのかもしれませんが、インシャツは出来ないより出来た方が良いと思います。
パンツとシャツのバランスをより考えるきっかけになるかもしれませんし、最初は着慣れないかもしれませんが
タックインし易いカタチのパンツなので、ぜひ挑戦してみてください。
プルオーバーのシャツやミリタリー物のチノシャツ等を合わせると男らしくて格好良いのではないでしょうか。
何を着るかを考える事も勿論大切ですが、僕はそれ以上にどう着るかを考える事に重きを置いた提案や、
お店で在りたいなと常々思っています。


裾の処理もダブルで仕上げているのもポイントですが、見た目のボリュームがかなりあるのでスタイルに合わせて
調整し直しても良いかと。色に関して言えば”BROWN”は新鮮に感じるカラーで同系色を組み合わせたアースカラーでの
着こなしがお勧め。足元は革靴で合せましたが、もう少し季節が進めばビルケンのサンダルなども良いかと思います。

FUJITO   WIDE SLACKS

color     NAVY

price     20000+tax 

SIZE      30    /    32    /    34 SOLD


もう一色は黒にも近い濃紺の”NAVY”をセレクトしました。
ストレートにマリンスタイルをイメージした組み合わせですが、オリーブ色の軍モノジャケット等をを羽織ると
よりまとまりが出でくると思います。サイズ感に関してもワンサイズアップで、わたりをゆったりと出す着方もお勧め。
横に広がりが出過ぎるパンツだとサイズアップをした際にだらしなく見えがちですが、縦にシルエットが出るパンツに
関しては、だらしなさが軽減されるので自分のイメージするシルエットに合うサイズを選んで頂きたいです。
自分の適性サイズをきちんと踏まえた上で、あえて崩したスタイルをしている方は格好良いと思います。
固執し過ぎないという事も洋服を愉しむ上では大切な事の1つではないでしょうか。


パンツを格好よく穿きこなす為には、様々なシルエット・素材感の物をある程度の時間をかけて穿きこんでいく必要
があると思います。その間に体型も変わってきてしまいますし、洋服の着こなしも年齢と共に変化をしてくるはず。
自分の中で軸をしっかりと持つ事と、それに対してぶれながら色々と挑戦していく事が重要に感じています。
トップスも大切ですが、それ以上にパンツの選び方、サイズ感や丈の合わせ方、靴との相性などのバランスを重視する方が
圧倒的に着こなしの幅は増えてくると感じています。
これから徐々にトップスが軽くなり、組み合わせるパンツのバランスも大きく変化するタイミングですので
新しいシルエットや素材感に挑戦してみては如何でしょうか。
最初は上手くいかない事も多いかもしれませんが、そういった経験をする事が何よりも大切です。
ぜひお試しを。

3月18日


FUJITO    MOUNTAIN PARKA

color      INDIGO BLUE  

price      38000+TAX  

SIZE      1    /    2    /    3  


FUJITOから、ここ数シーズン定番でリリースされている、フロントに「ハ」の字で付いた4つのZIP付きポケットが
クラシックな表情を生み出すマウンテンパーカー。シーズン毎に素材を変えながら展開をしているアイテムですが
今シーズンリリースされた″ネイビー″が、通常の″ネイビー″とは明らかに違う雰囲気を纏っていました。
その違いは、素材に先染めのインディゴを使用している点。室内や暗い場所だとと気付き難いのですが
太陽の下や自然光に当たると、深みのある藍色が目に焼き付いて離れません。
インディゴ素材を使った機能性のあるブルゾンは滅多に出逢う機会がなく、新鮮で格好良く感じましたし
デザインもアウトドアものに寄りすぎず、ギアとしてではなく街着をイメージして作られた洋服らしい佇まいが好印象です。
普段使いであればデニムや軍パンなどど合わせるのがイメージし易いですが、綺麗目のスラックスや白のパンツなどが
穿き易くなるので、クリーンな印象を持たせて着るのも良いのではないでしょうか。


素材はコットン35%・ポリエステル65%を混紡した、撥水性のある素材感で日常生活における雨風から身を守る位には
十分過ぎるくらいのスペックを兼ね備えています。日々進化を遂げているハイテクな素材感も悪くないですし
着心地もきっと良くなっていると思いますが、僕は60/40クロスなどのレトロな雰囲気が残る素材感がやっぱり好みです。
洗練させすぎない、何処か懐かしさを感じる服の着方が根底に沁みついてしまっているせいかもしれません・・・(笑)


フロントのデザインはジップにスナップが付く2重構造。
ジップの先にはナイロンテープが付けられていて、デザインとしても一役かっています。
着丈は長すぎずにお尻が隠れるくらいに設定をしています。短すぎないのでシャツなどの裾が出る事もありません。


内側のデザインにも拘るFUJITOの洋服。
総裏で贅沢にキュプラの生地が貼られています。袖通りもスムーズで色合わせも流石の一言です。
マガジンポケット、スマートフォンが入りそうなポケットも完備しています。
色々な洋服を見たり着ていますが、裏の作り込みと気遣いがここまでされているのは、そうそう出逢う事はありません。
ただ袖を通したぐらいでは直ぐに伝わらないのですが、実際に着用を繰り返して時間の経過と共に機能性であったり
着心地の良さを感じる事が多くあります。


これからより気温が上がって気持ち良く自転車が乗れる頃には、フード付きのブルゾンは重宝すると思いますし
首元までZIPで閉められるので、春の冷たい風を防いでくれる機能面もマウンテンパーカーならではの強みに感じます。
普段、車移動が多い方や、これから旅行などに行く際に何を着ていったら・・・思っている方にもお勧めです。
車移動の際には着丈が干渉しないのでストレスにならないですし、コンパクトに折り畳めるので嵩張らずに荷物に
なり難く、シワなども気にせずに着れるので、様々な場面で活躍してくれると思います。
丈の長いコートは持っていても、ショート丈の羽織物は選択肢は多くあるけれど気に入ったアイテムを見つけるのが
案外難しいと僕は感じているので、同じような感覚を持った方にも是非袖を通して頂きたいです。

2月18日


FUJITO     3B JACKET

color       NAVY

price       52000+tax 

SIZE       1   /   2   /   3

先日のジャケパンの提案に続き・・・
FUJITOから見た目も素材感も凛々しく男前な、肉厚リネン素材を用いたジャケットが届いています。
ここ数シーズンrasikuで提案をし続けている、3つ釦段返りの正統派とも言える雰囲気抜群の1枚。
日常着としてジャケットを羽織るというのは、いつもの装いにメリハリが生まれたり、自然と背筋が伸びたり
普段から着慣れてる方は別ですが、ここぞという時にスイッチが入るきっかけにもなるので、
先ずは一着、自分の体型に合った好みの物を見つけて、着ていただきたいなと思っています。。
いつも履いているデニムに、インナーはシャツかカットソーを合わせて、ジャケットをさらりと羽織る。
少し力を抜いたくらいの着方がお勧めで、ジャケットだからと言ってドレス系のシャツなどを無理に合わせる
必要はないと思います。それよりも個人的に気になる点は、ジャケットを着た際の靴の合わせ方で、
黒のプレーンな革靴は先ず間違いありませんし、これから春に向けては白系のローテクのスニーカーで
軽やかさを感じるスタイルなど、自分がどう魅せたいかによって靴でバランスをとるのが大事だと思います。


ネイビージャケットは汎用性の高さが最もある色で、デニム・チノ・軍パン・スラックスまで幅広く対応が出来るので
パンツの合わせ方で困る事は殆どないように感じます。
限界まで打ち込まれた品のあるリネンの表情、細かな運針の縫製などジャケットその物の作りの良さにも目を奪われます。
最初見た時はリネンとは思えぬほどの光沢と表面が滑らかで、触れた感じはウールサージの様な質感です。
仕立ては2枚でずっしりとした気持ちの良い重みが感じられ、春・秋・冬の3シーズン対応出来る生地感だと思います。
ネイビーのシンプルなジャケットはワードローブに一着あることで、きちんとした服装をしなければならない席や、
畏まった場所に行く際にも、派手すぎず地味すぎず、さらりと着こなしも決まるのでお勧めです。
ジャケット自体、着る機会もなく着慣れないという方もいらっしゃると思います。
直ぐに身体や顔に馴染むかと言ったら始めは難しいかもしれませんが、ふと目に留まった時に試してみたり
自分の今の顔や身体に似合う物を探すというのも、ジャケットを着るきっかけになるかもしれませんし、
いざ手にしたあとは、自分なりの着方じっくりと時間をかけながら見つける楽しみがあると思います。


バックスタイルはサイドベンツを採用。
英国のジャケットなどに良く使われる仕様で、よりクラシックな雰囲気と表情を演出してくれます。
袖口は本切羽の額縁仕上げ、本水牛の重厚な釦が2つ付きます。
人間の構造に合わせた袖の緩やかな曲線は、無理と無駄のない自然美という言葉がぴったりと当てはまりそうです。
派手さであったり、一目見て分かるディティールの様な物は一切なく、ブランド色が前面に押し出された洋服ではないですが
袖を通すとデザイナーの真摯な物作りに対する姿勢や気持ちを汲み取ることが出来、後からジワジワと気持ち良さであったり
目に見えにくい裏側の作りなど、愛着が湧いてくるポイントが沢山あるのがFUJITOらしさだと思います。


身頃裏はコットンのスレーキ、袖は滑りの良いストライプのキュプラの生地が貼られています
ウエストは自然なシェイプでアームホールなども細すぎない設定、滑りの良い生地が貼られているので
着用時のストレスは無く、自然と手が伸びるようなジャケットに仕立てられています。
ハンガーに掛かっているだけでも、雰囲気の良さと美しさが伝わってくる素晴らしい1着です。

FUJITO     CREW NECK SWEATER

color       TOP GREY

price       19000+tax 

SIZE       1   /   2   /   3


ジャケットのインナーに組み合わせて着ていた、V型汗止め付きのヴィンテージライクに仕上げられたコットンニット。
スウェットの様で、スウェットとはまた一味違った品の良さを感じる質感で、見た目もカジュアルなのに美しい。
コットンニットならではの着心地の良さと、接結編みで天竺を再現する事によって伸縮性に富んだ仕上がりになっています。
度詰でしっかりと編まれているので、よっぽど激しく着倒したりしなければ型崩れなども心配ないと思います。


袖・裾のリブは2段リブを採用。
ヴィンテージウェアなどからデザインソースを取り入れるブランドらしい細かなディティールです。
スウェットなどをある程度の数を着てきて、少し違った視点で選ぶと言うのも良いでしょうし
着心地を重視するという方にも、コットンニットはとてもお勧めです。


どちらもシンプルでベーシックなアイテムですが、FUJITOが得意とする縫製の部分や力を入れて作っているニットなど
ブランドのエッセンスを落とし込んだ雰囲気を感じる仕上がりになっていると思います。
いつもと同じ服装を楽しむのも良いですが、日によって仕立ての良い洋服や繊細な素材も取り入れながら
色々を少しずつでも試す事も、洋服と付き合っていくという視点で考えれば、また違う楽しみ方が見つかるかもしれません。
どちらも、もう直ぐに活躍するアイテムですので、是非お試し頂ければと思います。

PageTOP