8月19日


homspun    C/L ウェザーフリルカラーBIGOP

color      ホワイト

price      38000+TAX

SIZE      F


週末は閉店間際とおくの花火の音が聞こえてきたり、帰りに寄ったスーパーの駐車場にいた家族のやりとりで
「またね」「うん、また帰っておいでね」というのが聞こえてきたり。
まだ湿度を感じるお盆の終わりの夕暮れ時には、すこしだけ秋の気配も混ざっていてしんみりしました。
でも涼しいのはうれしい。。。
昨日はだいぶ街も人もゆったりと静かでしたが、そんなお休み最後の日にお立ち寄りくださったみなさま
お逢いできてうれしかったです。ありがとうございました。

お盆前より続々と秋物の入荷があり、少しずつ店頭にも並べはじめています。
暑い暑いといって涼しさ重視の服ばかりを繰り返し着てしまっていた自分にとっては、
homspunのこのワンピースを見ているだけで心が癒されるような、うっとりする可愛さ。
実際に着られるのはもう少し先だとしても、着られる時期の長い秋冬服を見てウキウキしています。
本格的な暑さもあとあと数日だと思えば乗り切れそうですし、少し先の季節をイメージしながら
モチベーションのひとつとして、届きたてホヤホヤのお洋服を見に来ていただけたらとおもいます。
勿論まだ今ちょうど着るなぁという服もありますので、Tシャツを買い替えたり買い足したい・・
という方も大歓迎です。


フリル好きには真っ先に見て欲しいと思うとびきり素敵な襟に、バサッと被ればたっぷりの布の落ち感が
絶妙なシルエットを作り、前後アシンメトリーになった裾の形など、容姿に惚れこんだ真っ白なワンピース。
夏にご紹介したサックスブルーが綺麗なリネンワンピースともデザインが似た部分がありますが、
襟の在る無しもそうですし生地も異なり、其々潔い単色の生地なのでそれだけでも着た際の雰囲気は違います。
素材はコットンリネンのパリっと目の詰まったウェザークロスを使用していて、そこまで厚地ではないですが
密度の濃い紙のようなハリ感が着ていてとても清々しい気持ちにさせてくれます。


homspunが手掛ける様々なお洋服の中でも、丸襟のシャツは定番として作り続けられていて
rasikuをオープンしてこれまでに、本当に沢山の方にお選びいただいてきました。
個人的にも今までもこれからもずっと変わらず大好きなシャツのひとつですが、同じように1枚2枚、
さらにもう1枚と生地違いで選んで下さるファンの方もいるくらい、愛されているhomspunの丸襟です。
過去にフリルカラーのブラウスもありましたが、また少しタイプの違うデザインで今回のフリルの形の方が
どこかロマンチックな仕上がりのように感じています。
花弁のような可憐さとクラシカルな雰囲気もあって、どう着合わせるかによってカジュアルダウンしたり
ドレスアップしたりの面白味もありますし、年齢を重ねることでキュートな丸襟が着る人の雰囲気を柔らかく
してくれてより似合っていったりとhomspunの丸襟に関しては、大人の女性にこそ着ていただきたいので
少しでも着てみたいというお気持ちがある方には、ぜひ試していただけたらなと思っています。


フリルカラーの中心部には小さな釦と釦ループがひとつ。両サイドにはポケット。
フロントの真ん中に継ぎ目があるプルオーバータイプのワンピースになります。
肩はドロップしていて肩線からまっすぐ身幅に繋がる身頃たっぷりな直線的なパターンなので、
上になにか重ねるとすれば袖周りのゆったり目な羽織ものやベストなど、デザインは多少選びますがレイヤードも可能。
腕周りざっくりとしたカーディガンやジャケットなどがあれば最高ですね◎
ただ素材がコットンリネンなので、生地の厚さ的にもちょうど夏の終わりから秋のはじまりぐらいに一枚で着ると
気温にもマッチして気持ち良く着ていただけるのではないかなと思います。
少し肌寒くなってきたらインナーで調節したり、身幅がたっぷりな分薄手のインナーを調節あれこれ
組み合わせて着るのも楽しいなと想像しています。


着丈はやや長めの設定ですが、前丈の方が曲線的なカッティングで短くなっていますので
パンツやスカート、レギンスなど組み合わせて着ていただくのがおススメです。
一枚でバサッと着るにしてもインナーパンツなどがあった方が安心ですし、写真の様にレイヤードの
アクセントになるようなアイテムに女性らしい靴を合わせることで、プライベートで少し畏まった装いが
必要な場面や場所にも着て行ける一枚だと思います。近々そんなイベントやお出掛けのご予定がある方にぜひ。
今回は同じ素材とお色で、丸襟の淵の部分が裁ち切りのシャツもご用意しています。
シャツですとより気軽に普段の着こなしにも取りいれ易いと思いますので、丸襟・フリルカラーという部分に
アンテナがピピッと反応されましたら、どうぞワンピースとシャツをご覧にいらしてください。
お待ちしております。

7月23日


homspun    リネンバイオ フラットカラー 半袖OP

color      ブルー

price      34000+TAX

SIZE      M

color      ネイビーー

SIZE      M


homspunのバイオリネンを使用したシリーズが入荷しています。
柔らかさとしっかり密度の高いハリを備えた上質な生地のワンピースは
毎シーズン形や色の変化を織り交ぜながら継続して展開されているシリーズ。
ラインナップが豊富なhomspunの展示会では毎回わわわーと目移りしながらも最終的には
やっぱりここに落ち着くというか、その生地が経年変化した後のそれからの良さも知っているからこそ
生地と毎回ちょこちょこっと変わるデザインに惹かれて、選ばずにはいられないシリーズの一つです。
今季はお馴染みのフラットカラーに、前開きタイプの半袖ワンピースを選びました。
昨年の夏の暑さがまだ記憶にも体感としてもしっかり残る時期に選んだこともあり
今まで好んで展開してきた涼しい服とも、また違う感覚で選んだような気もしていてとても新鮮です。


フルオープンのワンピースは、着丈がそこまで長くないので釦を留めずにシャツの様に羽織っても良いなと。
Tシャツ一枚だとちょっとカジュアルに感じる時や、ノースリーブを着たいけれど心許ない時など
着方のバリエーションが広い前開きタイプのワンピースはどの季節であっても色んな場面で重宝します。
身長によっても着方は様々、シンプルにワンピースとして着たい方は、TOP釦まできちんと留めれば
アイコンにもなる丸襟やフロントの白い釦がきりりと輝きます。


肩の仕様はセットインで、袖の幅も太過ぎず細すぎず程よく楽なシルエット。
袖丈は二の腕が隠れるぐらいの長さでタイトまではいかないですが、
全体的にすっきりときちんと感のある印象に仕上がっています。
襟やポケット、袖や裾の端には0番手の太いステッチが同色の糸で配されていて
はっきり目立つ訳ではなく、着た際にさり気なく服に表情を与えてくれるhomspun特有のデザインです。


homspunの丸襟シャツを着られている方なら「あ!」っとなるでしょうか。
定番の丸襟シャツと同様に、ワンピースも裾の形は前はラウンド、後はスクエアと前後で変化をつけて
横から見た際のカッティングからちらっと覗くボトムの色や柄やが印象的に映ります。
ベーシックなデザインの中に隠れる密かな遊び心。
可愛らしさと格好良さとがバランス良くミックスされた洋服は、年齢を重ねて着ていても色褪せることなく
やっぱり良いなと思ってワードローブに残り続けると思います。


暑さや湿度によってどうしてもラフで脱ぎ着が楽な服や、ゆるりとしたシルエットの服を
選んでしまう事が多くなってしまう季節ですが、homspunのリネン生地は微かに光沢があって
肌に触れればサラリとしていて、着るだけで身も心も爽やかな風に吹かれたような清々しさに包まれます。
肩回りや身頃など、ドロップしたり広がったり柔らかくなり過ぎずに比較的スッキリとしたシルエットですが
決して動きづらさや窮屈感などは感じさせず、心地良く日々の生活に馴染んでくれると思います。
腰に付いたベルトループを活用し、ウエストでベルトをマークして着用すれば日常着としては勿論ですが
ちょっとした食事会や集まりの場でも活躍すると思いますし、畏まり過ぎずに程よく緊張感が出せる服装は
想像以上に活躍の場が広がるのではないでしょうか。

6月25日


homspun    リネンバイオ ノーカラー プルオーバー BIG OP

color      ブルー

price      42000+TAX

SIZE      F


先週木曜日から開催した道具屋さんが営むもう一つのお店の古道具「日々」の出張店が終わり
昨日は新入りした什器にホクホクした気持ちで、商品の入れ替えや模様替えをしていました。
期間中に感じたことなどは、またBLOGに残したいなと思っています。それぐらい自分たちにとっては
初めて道具屋さんとご一緒したことも、古道具を展開できたことも全てとても楽しく良い機会でした。
勢いに乗って、また次回のお話も早々に相談させてもらっています。
今回来れなかった方も、ぜひその時を楽しみにしていてくださいね。

いろいろ通常モードに戻った火曜日。
湿気を含む空気が重たく身体を包みこんで、少し動いただけでもじわりと汗が滲みます。
雨は降らなそうですが、梅雨だなぁと思わせる風や土や草木の匂いがします。
じっとりとした梅雨らしい気候の時はみなさんどういう過ごし方をするのでしょうか。
静かに室内で過ごすのも良いですが、個人的にはこの重たい空気に頭がぼやーんとするのがすこし苦手で
思い切り動いて汗をかいてすっきりするか、涼しい服と気分の上がる柄や色で気分を上げるというのが
自分なりの梅雨対策?心地よい梅雨の過ごし方だったりします。
本日ご紹介するhomspunのワンピースも、サラサラっとしたリネンの肌当たりが気持ち良くて
蒸し暑さもどこ吹く風~と思わせる様なサックスブルーの色目にも爽やかさを感じる一枚です。


展示会で目にした時に第一印象のデザインが好みで、試着してやっぱり可愛い!と再確認したワンピース。
首元の釦の並びと裾の形が前後でアシンメトリーになっているところ。
honspunと言えばの遊び心の利いたステッチワークも。ばさばさっとしたたっぷりの布感も。
挙げてしまえば全部が良いよ。ということになってしまうのですが、この形はハンガーで釣ってる状態と
着た時の印象では大分見え方が違うので、ぜひ気になった方にはお試しいただけたらなと強く思います。
モデル身長が166cmで、画像を見ていただくと分かりますが着丈はやや長めです。
ただ後ろよりも前丈の方が短く、且つ曲線的なカッティングなので小柄な方でも着てみると平気!
という感じになり得る丈感になっています。


詰まった首元のTOPは小さなループ釦で、その下に中サイズの釦が3つ。
きちっと留めて着るのも良いですが、暑い日は1つ2つ釦を外して着てもそこまで大胆に開かないので
肌をあんまり露出したくない方にも気にせずに着ていただけます。
色鮮やかなブルーに白い釦。
曇り空の鬱々とした気分を、カラッと晴れやかにしてくれそうな色合い。無論、晴れの日も似合いますね。


肩・腕周りもゆったりたっぷりのドロップショルダー。
着る人の体の線に沿って流れるように生地が落ちるパターンがとっても好み。
ふつうに着ているとこんなに身幅や肩幅があるように見えません。手を伸ばした時の生地分量に驚きます。
そしてポケットの周りを囲む不思議な形の太いステッチワーク。
この部分に訳も無くきゅーっと心惹かれて、気になってポケットに手を入れてはちらちら見てしまうのです。


リネン100%のパリっと涼しい生地。
長袖なのを感じさせないくらい、肌に触れる生地はサラサラしていて不快感を与えません。
homspunのリネン生地は、くったりと柔らかいというよりは洗いを繰り返すほどにハリ感が増して
生地が強さを帯びていくイメージで、そこに程よく柔らかさが加わって、時間が経てば経つほど
風合いも増していきます。着ていった先に、より上質さを感じさせる大人なリネン生地です。
一枚でばさりと着ても雰囲気が在りますし、裾の形を活かしてフリルのインナーパンツを覗かせたり
着用写真の様に柄物のパンツなどを組み合わせても個性的でたのしいです。
これからの季節、見た目も着心地も爽快感のある服で涼しく過ごしてくださいね。

5月11日


homspun   C/Lウェザー フラットカラーOP

color     ブルーグレー

price     42000+TAX

SIZE     M SOLD

color     ブラック SOLD


今日もすっーと気持ちの良い青空が広がっています。
気温も暑すぎず過ごし易い日中。街行く人を見てみると長袖を着ている人、半袖の人にショーツ+サンダルの人
この時期ならでは?とも言える、十人十色で季節感が入り混じった様々な装いが目に留まります。
個人的には一重の薄手の羽織など、普段着る頻度はそこまで多くは無いけれどあると便利なコート類は
夕方の気温が落ちてきた頃でも心地よく過ごせるので、ここぞとばかりに手にしています。
homspunから春夏シーズンにリリースされる、私達の中ではアイコン的な存在のワンピース。
ワンピースとコートを組み合わせたようなデザインで、生地分量を贅沢に使い丸襟で柔らかさを表現。
大きなパッチポケット、トレンチコートに付随するような腰紐などを配してコートの様な雰囲気を漂わせます。
着た時の高揚感や可愛らしさは、薄着になる時期の洋服ではなかなか味わうことは出来ないと思います。
釦を外してカットソーの上からコート代わりに羽織るも良いですし、釦を締めてワンピースとして着るのもお勧め。
ブルーグレーと、あえてこの季節に着る黒が好きなのでブラックと2色ご用意しました。


素材は中肉のコットン55%・リネン45%の混紡素材。
しっかりと張りのある素材でリネンが入る事で風の抜けが良くなり、これからの季節にとても心地よく
過ごせると思います。リネン100%の洋服も好きで着ますが、コットンにリネンを掛け合わせる事で
生地自体の強さが増して、ある程度の時間着用をしていった時もしっかりとした素材感が続くのが好みです。


丸襟のデザインはhomspunがシャツ・ワンピースに良く取り入れていて、可愛らしいだけではなく大人っぽさの
2つの顔を持ち合わせたデザイン。ただ可愛いだけになってしまうと丸襟が強調されてしまいそうですが、
そうならないバランス感や落とし所の深さを感じてしまいます。 
店頭で接客をしていると丸襟は着たことが無いという方もいらっしゃるのですが、素材感がしっかり目で
甘くなり過ぎない分、丸襟自体も可愛さが和らぐので取り入れ易いと思いますし、気温20℃前後の
何を着ようかと迷う日にコートとしてもワンピースとしてもどちら共に出番が増えるはず。
着用を繰り返しながら年齢を重ねていくと、より生地も人もこなれてきて雰囲気抜群に変化を遂げて
いつしか手にした時以上に、良い服だなぁと感じていただける存在になるのではないかと思っています。
主張が大きくある訳ではないのに、格好良さと可愛らしさの2つの要素を同じくらい併せ持った素晴らしい
1枚だと感じています。


腰紐は両サイドにベルトループがあるので、通しておいて使わなくても良いですしウエスト付近でマークして
シルエットに変化をつける事も可能。紐を結ぶだけでも印象が変わるので色々な着方を楽しんで頂きたいです。
しっかりとした生地感なので日常着として重宝しますし、小さなお子様のいるお母さんにもお勧め出来ます。
カラーがブラックであれば食事会や、お出掛けの際にも対応出来ると思います。
世代を問わず、むしろ歳を重ねていったほうがますます似合ってくる様にも思うhomspunの服は
日常着であることを前提にした服であることもあり、着ていると日々が気持ちよく過ごせて
背伸びせずに自然と心も整うような服だと感じます。
特別な何かというよりは、ふと自分の気持ちと向き合う時間を大事にしたいという時や、健やかに
暮らしを楽しみたいという気持ちが湧いた時に、一着自分のために選んでみていただけると嬉しいです。

3月19日


homspun  L/C ツイル VネックフレアOP

color    イエロー

price    42000+TAX

SIZE    F SOLD


店の窓への日の入り方や時間帯が変わったり、日がのびたなぁと感じたり。。
明るさの増してきた店内や、歩いてくる途中の道の脇に草花がちいさく芽吹いてるのを見つけると
そろそろ色のある服を並べたいな~という気持ちが自然と湧き上がってきまして、毎日ちょっとずつ
気分に合わせて展開内容を変更中です。お店の中も花の芽吹きの様に色が増えつつあります。
homspunから届いたこちらのワンピースも、店内に並べるのを楽しみにしていたものの一つ。
素材自体はコットン×リネンのツイル地で、毎シーズンこの生地が好きで欠かさず選んでいるシリーズですが
その時々で色・形・デザインは変わるので、自分達も展示会で見ては毎回、良いね~と心躍らせています。


首元はVネックで前は留め具の無いコートの様に羽織るタイプのワンピース。
被って一枚で成立するワンピースとは違って、インナーやボトムとの着合わせが必要ではありますが、
脱ぎ着がサッと出来て、ある意味自由に着方が楽しめるデザインはジャンルや世代も問わずに、
いつまでも色褪せず着続けられる形だと思います。
homspunでも素材だったり姿かたちは変えながら、ずっと欠かさず展開されているこのワンピース。
時折展示会でもデザイナーさんが着られている姿を見るのですが、コーディネートごと真似したいくらい
とにかく素敵で、生地もくたっといい具合に馴染んでいて気負わずさらりと着ていて格好良いのです。
いつかそんな風に着熟せるようになりたい!という憧れの気持ちも抱きつつオーダーしています。笑
今時期はハイゲージのタートルなどの上に着てさらに上からコートを羽織るぐらいが丁度よいと思いますが
気温上昇と共にインナーを薄手のものに切り替えていくと、春から梅雨時期ぐらいまで着て頂ける素材です。


春のほわほわっとした空気の様な色だと思いました。
鮮やかな黄色も春に似合いますが、淡く優しい黄色味が何とも言えず儚さもあって春らしくて素敵です。
長袖なので今時期から重ねれば着られますし、夏には汗ばんだ肌に触れる生地がサラサラと気持ち良く
冷房や直射日光と肌の間に一枚挟む事で、肌を守ったり快適に過ごせたりと万能な一枚になってくれます。
リネンとコットンが混ざった生地は、着続けていくと次第にくったりとした柔らかさを帯びてくると同時に
水通しすることでハリ感が強くもなります。
強さと柔らかさが混在し、何とも言えない抜群の風合いとなり着心地もお気に入りのタオルケットのように
肌身離さず着続けたくなる生地感になっていきます。


袖や裾に施された0番手の太いステッチ糸が腰紐にも。
着て洗ってを繰り返していくと、ステッチ部分がクシュクシュっとなったりあたりが出てきて、
風合いとなり見た目の雰囲気の良さにも繋がります。


腰紐は結んでも結ばなくても、その日の気分と服の組み合わせ次第で使っていただければ。
使わないときは左右にループも付くので通して先をポケットにしまい込んでも良いですし後ろで結んでも◎
ポケットと言えば、homspunではここ数シーズン色んなモデルで特徴的でユニークなデザインのポケットが
あったのですが、実は今回も密かに二重構造なポケットになっていたりと、斬新且つキュートで飽きさせない
オリジナリティに富んだデザインはhomspunの揺るぎない魅力だと感じます。
そしてポケットブームは続きます。
裾にかけての生地分量をたっぷりとったワンピースですから、ゆったりとした裾の広がりや余分な生地が
勝手に折りたたまれて表情が生まれたりと、着こなしだけじゃなく着て動いた時の生地の重みや揺らぎなども
堪能していただけると嬉しいです。

color    ネイビー SOLD


もう一色は定番のカラーネイビーをセレクト。
はっきりとした濃い紺色が潔く、ベーシックな色だからこそ着合わせの幅もぐぐっと広がります。
homspunの定番カットソーのシーズンカラーは発色の良い綺麗な色や、とにかく絶妙なニュアンスカラーなど
着たことのない色でもあり着てみたい色が展開されるので、そういった色物カットソーにさらりと羽織ると
色の難しさもさほど感じずに着れちゃったりします。
もちろん色・柄の明るいものばかりではなく、普段出番の多いベーシックアイテムとは問題なく合います。
インナーに白いカットソーやボーダーカットソー、ボトムには色落ちしたデニムにサンダルやスニーカー。
春らしい爽やかな装いがしたくなります。白いボトムも穿きたくなります。


カットソー一枚だと、ラフに見えすぎたり心許ないという方にも、こういったコート兼ワンピースアイテムは
さっと羽織るだけで様になり、時間が無いときや急いで出掛けなくてはならない時なども、きっと重宝します。
動いたりする際には脱いで、肌寒くなれば羽織る。
気持ち的にラフなスタイルでも、見た目はきちんと見えるというのは、とても重要な部分だと思います。


着丈はやや長めですが、小柄な方が足首が隠れるぐらいの丈感で羽織ってもとても格好いいです。
肩回りや袖はすっきり目なサイズ感なので、そこまで体型も選びません。
裾にかけての広がりも生地の重みによって大きく膨らむことはなく、腰から下はまるでギャザースカートの様な
広がりと落ち感を見せています。
パンツに限らずスカートやワンピースの上に纏って、裾がちらりと覗くようなイメージで
カジュアルながらも気持ちが華やぐ重ね着をお楽しみくださいませ。

PageTOP