10月7日


homspun   リネンバイオ 5PKワイドスリーブOP

color     ブラウン

price     38000+TAX

SIZE      F SOLD

color     ブルー

SIZE      F SOLD

homspunのリネンバイオシリーズ。
少し遅れての納品だったので、ちょっと着られる時期が短くなってしまったかなとも思ったのですが・・・
最低気温が一桁だった今日はともかくとして、日中でも太陽が出ていると少しじわりと汗ばむ陽気が
ついこの間まであったので、案外このぎゅっと詰まった高密度リネン素材が春と夏だけではなく、むしろ今のこの
夏の終わりが長引いたような秋にかけてが、実は一番活躍するのではないだろうかと思ってご紹介いたします。
店内にはウールのアイテムも徐々に並びはじめていて、例年には無い素材の混ぜこぜ感が何とも不思議ですが
体感温度も人によって結構差がみられる時期ですし、色んな気分にあったお洋服が見つかると良いなと思います。
色もベーシックな色目の洋服が多い店内では、ほんの少し珍しさも感じるというか個人的にもワードローブに
無かった色を選びましたので、一番洋服を着るのが楽しいこの時期だからこそ新鮮さを感じるアイテムを
選んでみるのも良いのではないでしょうか。


デザインは少し前のBLOGで同じモデルの生地違い(ストライプ)をご紹介しましたが、
何度見てもちょっとニヤッとしてしまう、正面にポケットがパチパチパチっと並んだユニークなデザイン。
ついつい手を入れたくなる大き目のポケットに、ひだり側だけに配した何を入れるでもないフラップ付きの
小さなポケット。機能性云々はあまり考えずにただポケットが沢山あるデザインが好きですし、かといって
そのデザインが激しく見えるわけでもなく、程よいアクセントとして留まっているところにも魅力を感じます。

つるりとした小さなトップ釦はループで留めます。
その下は簡単に開け閉めできるスナップボタンが配されていて、釦を留めて着た際の詰まった首元の印象と
開けて羽織って着た時の印象の違いも、ささやかながらも服を着る楽しさに繋がるのではないかと思います。
綺麗なネックラインなので、クルーネックのインナーを合わせる他に薄手のタートルなども着合わせとしては
お勧めです。


肩や身頃、腕幅もかなりゆったりとしています。
素材はリネン100%で風は抜ける涼しい素材ですが、今時期も着れる服として提案する理由はインナーにある程度
厚手のものを着てもそこまで干渉しないで着られるデザインだから。
この一着に保温力は無くても、重ね着が出来ればある程度温かさは確保できるので、インナーであったりボトムを
ウール素材にするなど工夫することで、季節はそこまで断定せずに着られるのではとも思います。
勿論リネン特有のサラリとした気持ちの良い生地感を体感したい方には、気温が20℃ぐらいの日に一枚で。がベスト。
どちらにせよ、しっかりと目の詰まったハリ感のある生地だからこそ、そこまで夏っぽくもなり過ぎずに
組み合わせ方次第で、着方に広がりが生まれるワンピースだと思います。


袖捲りがし易いという、袖口のスリットもhomspunの服に良く取り入れられるディティールです。
またポケットの縁取りや袖口、裾にはhomspun特有の0番手ステッチが刺繍の様に配されています。
強いミシンで縫製する事で、洗うとステッチ部分がくしゅくしゅっと縮み、それが自然と服の表情になり
着て洗ってを繰り返す程に良い風合いを生み出します。


写真に写すのがとても難しかった強い発色のブルー。
実際の色目はもう少し紫が入ったような濃い青なのですが、すごく芯がある印象で、道端でふと目に留まる
発色の良い花の色のような色のようだとも思いました。
はじめは見慣れない色に違和感があるかもしれませんが、着ているとそのはっきりとした色が徐々に清々しく
見えてきて、黒や白とも合いますし同系色との相性も良いので、着難さはそこまで感じないと思います。
もう一色のブラウンも茶色よりもほんのりと柔らかいチョコレートのような色。
ベージュやオフホワイトなどの色のアイテムと合わせて、ブラウンのグラデーションが個人的にもしたいなと
思って早速購入し色々とイメージしながら着ています。今まであまり選ばなかった色を手にすると、自分が
思いもしなかった反応があったり、合いそうだなと思ったけど合わないといったような驚きもあったりで
色んなドキドキがあって楽しいですね。
同素材・同色のデザインの異なるシャツも届いていますのでそちらもぜひ店頭でご覧ください。
まだ重たいアウターをそこまで必要としない季節だからこそ、色んな服を試してもらえたらと思います。

9月19日


homspun   フラワー顔料プリント ローウエストタックOP

color     アイアンブルー

price     42000+TAX

SIZE      F


昨日は東京出張へ。
しっかり現地の気温をチェックして着るものを考えて行ったのですが、着いた先の天気はまさかの雨で
普段持ち歩いてるはずの折り畳み傘もこんな日に限って忘れてしまい、泣く泣くビニール傘を購入するなど
気温だけ見て、天気をまったく気にしていなかったことにびっくりでした・・・。
歩いて回るのは大変でしたが、そこまで暑くなくてよかった!
そして来年の春夏も、素敵な服がお披露目できると思いますので、楽しみにしていただけたら♩

盛岡は秋晴れの中、サワサワ~っと良い風が吹き抜けています。
日差しが強い時間もほんの一瞬で、長袖の服も気持ち良く着られる気候になってきました。
フライングでちらっと載せてしまいましたが、このhomspunの花柄ワンピースもそろそろお披露目を。
届いた瞬間から、これはちょっと高い位置にディスプレイしたら存在感もあって店内でも映えるなぁと思い
窓際の光が綺麗に差し込む場所に掛けていましたが、立ち止まって見て下さる方も多く嬉しいです。
毎シーズン、オリジナルで花柄だったり幾何学的な模様だったり総柄のプリントアイテムは展開されていて
今までにも何度かセレクトしたりもしましたが、今回の花柄もそしてワンピースの形も個人的にとても好きで
着れば着る程、胸が高鳴る一枚でした。


しっかりと目の詰まったコットン100%の生地は、顔料プリントの効果もあってか薄手ながらもパリパリっと密度が高く
ちょっとくらいの風なら気にせず一枚で過ごせそうな、見た目の柄の可愛さに対して何とも頼もしい生地感。
フロントに連なる釦のサイズ感も相まって、羽織ではないけれどコートの様な雰囲気も纏ったワンピースです。
ローウェストな切り替えもデザインによっては幼く見えがちなところを、ウエストの両端に同布のリボンが在る事で
きゅっとラインを絞って着る事が出来たりと生地感やhomspunならではのデザインでしっかりとカバーされている点も
流石だなぁっと感動してしまいます。
生地アップの写真で見てもらうと柄はしっかり分かりますが、遠目から見ると細やかに配置された小さな柄は
キリっとしたアイアンブルーに細い白の線で所々擦れたように描かれていて、雪の結晶の様にも見えたり。。
鮮やかな色とりどりの花柄も好きですが、レトロな印象と色の静けさがとても大人っぽくて、年を重ねてもずっと
着続けたいと思える柄です。


きゅっと詰まった丸首にTOPは小さなループで留める釦。
先にも書きましたが、フロントの釦は途中まででフルオープンでは無くばさっと被る仕様になっています。
胸下の位置に並んだパッチポケット。これは手を入れると若干不自然な体勢になるので、ハンカチやリップ
おやつに飴?など小物入れには良いかもしれません。
ポケットの脇にはヒラヒラっとしているのがリボンになります。そのまま垂らしていても良いですし、
キュッと後ろで結ぶと、後ろ姿がエプロンをしている様で可愛いく映り、ギャザーの広がりが綺麗に見えます。
ユニークなデザインで在りながらも、ワンピースとポケットの柄がなるべく違和感の無いようになっていて
とても綺麗に配置されているところも素晴らしいなと思うのです。


後ろ姿はとてもすっきり。
両サイドからきゅっと紐を結ぶことで自然と生地が集まって、背中部分にもギャザーが寄せられたりと
シンプルながら、思いがけず生まれたシルエットの美しさを惚れ惚れします。
サイズはフリーで肩はセットインになっていますが、脇下に曲線的な切り替えがあったりと
動きの多いところの可動域を広く設けた作りになっていますので、着ていてストレスは感じません。
身頃もゆったり目で小柄な方にとっては大きく感じるかもしれませんが、腰のリボンがある事で着る人の
体型や好みでシルエットを変える事が出来たりするので、もし大きいそうだなと感じても躊躇せずに
試していただけたらと思います。
いつもの通勤路には露草や朝顔そして秋桜など夏とはまた違った顔が並び、楽しみを運んでくれています。
涼しくなって、秋のイベントも盛沢山な季節になりました。
世の中は色々複雑になったり変わろうとしていますが、暑さが和らぎせっかく気持ちの良い季節がやってきます。
自分達もお気に入りの服を着て、お出掛けしたいなとそわそわしています。
店内も充実していますので、ぜひ見にいらしてくださいね。

9月6日


homspun   100/2 ストライプ 5PKT ワイドスリーブOP

color     ブルーストライプ

price     36000+TAX

SIZE       F SOLD


先日4日まで開催いたしました”SOWBOW”のイベント。
最終日にも駆け込みで足をお運びいただいたりと、客層も様々で色んな方にSOWBOWの服をお選びいただき
よい出逢いの瞬間がたくさんあったので、なんだかまだ幸せの余韻に浸ってます。
ご来店くださったみなさま、本当にありがとうございました。

店内は商品の入れ替えをして、また更に秋そして冬の気配も感じられて心躍る服のラインナップになりました。
そんな中、昨日ひとりは東京出張で来年の春夏の服を見て回ってまして、暑さは思ったより酷くなかった様ですが
今日になっていきなり30℃越えの盛岡、汗だくです。実際の気候と見ている商品との季節感の差に頭の中が混乱・・・笑
とは言え、朝晩は本当に涼しくて過ごし易くなったので、じわじわと秋の装いが気になります。
靴下や巻物などの小物類は動きが早めな気もするので、ぜひ見にいらしてくださいね。
今日からまたしっかり届きたての素敵な物を、ご紹介していきたいと思います。


homspunでストライプ地のアイテムに出会った時は、いつも唸ってしまいます。
今回は、色・柄そして太さの異なる線で配されたちょっと珍しい縞模様が特徴の生地で、爽やかなんですが
あまり夏っぽくもならずに、今時期から冬の入り口頃まで。そしてまた春にと長く着られそうな柄に惹かれました。
一見メンズライクにも思える生地も、homspunのデザインが合わさればたちまちキュートな表情になるのだから
不思議というか、やっぱり素敵だなぁと何度でも思ってしまうのです。
薄手ながらもパリっと張りのあるCOTTON100%の生地は、洗いざらしでそのまま気兼ねなく着られますし
気分によっては軽くアイロンを当てるだけでも、清々しい気持ちにさせてくれる素材です。
今回はそんな一目惚れなストライプ生地を使用したデザインがちょっと面白なワンピースと定番丸襟シャツの
二型をセレクトしましたので、ワンピースタイプの方からご覧ください。


フロントは前開きで、首元にはループで留める小さな釦が一つ。
そしてすぐ下にはスナップ釦でパチっと開け閉めが出来て、さらにその下から裾まで程よく存在感のある
サイズ感の釦がつらつらと並ぶので、ワンピースというよりも羽織物というような印象も与えます。
一番のポイントは左右の両胸と腰ぐらいの位置に配したパッチポケット。
左側の胸ポケットの下には、もう一つおまけの小さめなフラップポケットが付いてるユニークな仕様。
機能的でもありますが、こんなにポケットがあるのに、見た目ががちゃがちゃっと煩くならないですし
子供っぽく見えないのも、全てはhomspunのなせる業なのだなぁと惚れ惚れしてしまいます。


釦はぴっちりと留めると、きゅっと詰まった衿元。
ちょっと真面目な印象になるも、フロントに並んだ賑やかなポケットを見ていると思わず和んでしまう服。
身頃、肩や腕回りもゆったりなので、ある程度中に着込むことが出来るサイズ感。
今時期はノースリーブやTシャツなどの上に軽く羽織って、シャツのようにさらっと一枚で着るのも◎ですし
薄手のタートルやシャツと組み合わせて、上からゆったり目のコートなどを羽織れば、もう少し先の季節の
装いとしても活躍するのではないかなと思います。


ワンピースとなってますが、身長がある方ですともう少し着丈が欲しいなというぐらいの長さなので、
お勧めはデニムにチノ、カーキのパンツなどベーシックなボトムに合わせて、カジュアルな日常着として
着ていただくのが良いなと思います。
小柄の方ですと、タイツを合わせてワンピースとして着るのもとっても可愛いなと想像します。
足元はスニーカーや、レースアップブーツもしくはサイドゴアブーツなどが似合いそう。
こうして秋の服のことを考えると、むくむくと秋服着たい欲が高まってきますね。
やっぱりこの季節の服は楽しい!そんな風に感じられる時間は単純に幸せだなと思うので、
ぜひ秋の初めの服に羽織にもなるhomspunのストライプワンピースを取り入れてみては如何でしょうか?
続いてもう一型。

homspun   100/2 ストライプ 裁ち切りフラットカラーBL

color     ブルーストライプ

price     19000+TAX

SIZE       S    /    M


定番のフラットカラーブラウスも同素材でセレクトしました。
同じ型の色違いは、少し前にご紹介したこちらと同じコットンリネン素材の無地ホワイト。
生地感で見ると、コットンリネンの方がサラリと涼しさも感じられるので今着るには丁度良いと思いますが、
ストライプ生地は恐らく第一印象というか、インスピレーションで選ばれる方が多いのではないかなと思います。
この秋冬はこういう着こなしがしたい!など、コーディネートのイメージが湧いた方にお勧めします。
ストレートデニムに、シャツの上にちょっと質の良いカーディガンやパーカなど、流行り廃りのないシンプルな
装いには、ずっと変わらずに側にあるいつものシャツが似合います。


このシャツの良いところは袖にカフスが無く、スリットが入っていて袖捲りに煩わしさが無いという所。
本当に些細なことかもしれないですが、この仕様が案外在りそうで無い仕様で、お仕事着としても普段から
着てくださっているお客様の中には、ここがポイントで選んで下さっている方がいると言っても過言ではありません。
このブラウスに限らず、homspunの他のアイテムの中には幾つか、ここの形が好き!と言ってリピートして
色違いを選んでいただくモデルがあって、そのデティールに関しても決して激しく目立つという訳でもなく
本当にさり気ない所だったり、ちょっと変わっていてほんのり可愛いというような感じの細やかなことでも
着る人にとっては、そのほんのちょっとの部分が日々の活力になったり、心を満たしてくれるのだと思うと、
デザインの力を感じずにはいられません。
裾のカッティングに関しても、ラウンドとスクエアと前後で違っているので横から見た際のラインがユニークで
ボトムがパンツでもスカートでも、どちらも合わせ易くて個人的にこのブラウスのお気に入りのポイントです。


はじめに定番のフラットカラーブラウスと書きましたが、今回のブラウスは定番とも少し違う箇所があり
襟部分の淵がよくよく見ると裁ち切りになっていて、それだけでもまた今までとは少しニュアンスが変わって
可愛いさの中に、ちょっと強気な印象というかワイルドな表情が加わったようにも感じられます。
襟の形は大胆ですが、襟以外をすっきりとシンプルなデザインに落とし込むことで、毎日でも着たくなるような
着易さと、服装を選ばずにどんなボトムにもすっと馴染むような親しみ易さのある丸襟ブラウス。
定番でありながらも、全く同じではなくその時々で生地だったり、ちょっとした仕様を変えたりするところも
homspunらしいところだと思います。ぜひ一度、袖を通して見てくださいね。

8月19日


homspun    C/L ウェザーフリルカラーBIGOP

color     ホワイト

price      38000+TAX

SIZE      F 


週末は閉店間際とおくの花火の音が聞こえてきたり、帰りに寄ったスーパーの駐車場にいた家族のやりとりで
「またね」「うん、また帰っておいでね」というのが聞こえてきたり。
まだ湿度を感じるお盆の終わりの夕暮れ時には、すこしだけ秋の気配も混ざっていてしんみりしました。
でも涼しいのはうれしい。。。
昨日はだいぶ街も人もゆったりと静かでしたが、そんなお休み最後の日にお立ち寄りくださったみなさま
お逢いできてうれしかったです。ありがとうございました。

お盆前より続々と秋物の入荷があり、少しずつ店頭にも並べはじめています。
暑い暑いといって涼しさ重視の服ばかりを繰り返し着てしまっていた自分にとっては、
homspunのこのワンピースを見ているだけで心が癒されるような、うっとりする可愛さ。
実際に着られるのはもう少し先だとしても、着られる時期の長い秋冬服を見てウキウキしています。
本格的な暑さもあとあと数日だと思えば乗り切れそうですし、少し先の季節をイメージしながら
モチベーションのひとつとして、届きたてホヤホヤのお洋服を見に来ていただけたらとおもいます。
勿論まだ今ちょうど着るなぁという服もありますので、Tシャツを買い替えたり買い足したい・・
という方も大歓迎です。


フリル好きには真っ先に見て欲しいと思うとびきり素敵な襟に、バサッと被ればたっぷりの布の落ち感が
絶妙なシルエットを作り、前後アシンメトリーになった裾の形など、容姿に惚れこんだ真っ白なワンピース。
夏にご紹介したサックスブルーが綺麗なリネンワンピースともデザインが似た部分がありますが、
襟の在る無しもそうですし生地も異なり、其々潔い単色の生地なのでそれだけでも着た際の雰囲気は違います。
素材はコットンリネンのパリっと目の詰まったウェザークロスを使用していて、そこまで厚地ではないですが
密度の濃い紙のようなハリ感が着ていてとても清々しい気持ちにさせてくれます。


homspunが手掛ける様々なお洋服の中でも、丸襟のシャツは定番として作り続けられていて
rasikuをオープンしてこれまでに、本当に沢山の方にお選びいただいてきました。
個人的にも今までもこれからもずっと変わらず大好きなシャツのひとつですが、同じように1枚2枚、
さらにもう1枚と生地違いで選んで下さるファンの方もいるくらい、愛されているhomspunの丸襟です。
過去にフリルカラーのブラウスもありましたが、また少しタイプの違うデザインで今回のフリルの形の方が
どこかロマンチックな仕上がりのように感じています。
花弁のような可憐さとクラシカルな雰囲気もあって、どう着合わせるかによってカジュアルダウンしたり
ドレスアップしたりの面白味もありますし、年齢を重ねることでキュートな丸襟が着る人の雰囲気を柔らかく
してくれてより似合っていったりとhomspunの丸襟に関しては、大人の女性にこそ着ていただきたいので
少しでも着てみたいというお気持ちがある方には、ぜひ試していただけたらなと思っています。


フリルカラーの中心部には小さな釦と釦ループがひとつ。両サイドにはポケット。
フロントの真ん中に継ぎ目があるプルオーバータイプのワンピースになります。
肩はドロップしていて肩線からまっすぐ身幅に繋がる身頃たっぷりな直線的なパターンなので、
上になにか重ねるとすれば袖周りのゆったり目な羽織ものやベストなど、デザインは多少選びますがレイヤードも可能。
腕周りざっくりとしたカーディガンやジャケットなどがあれば最高ですね◎
ただ素材がコットンリネンなので、生地の厚さ的にもちょうど夏の終わりから秋のはじまりぐらいに一枚で着ると
気温にもマッチして気持ち良く着ていただけるのではないかなと思います。
少し肌寒くなってきたらインナーで調節したり、身幅がたっぷりな分薄手のインナーを調節あれこれ
組み合わせて着るのも楽しいなと想像しています。


着丈はやや長めの設定ですが、前丈の方が曲線的なカッティングで短くなっていますので
パンツやスカート、レギンスなど組み合わせて着ていただくのがおススメです。
一枚でバサッと着るにしてもインナーパンツなどがあった方が安心ですし、写真の様にレイヤードの
アクセントになるようなアイテムに女性らしい靴を合わせることで、プライベートで少し畏まった装いが
必要な場面や場所にも着て行ける一枚だと思います。近々そんなイベントやお出掛けのご予定がある方にぜひ。
今回は同じ素材とお色で、丸襟の淵の部分が裁ち切りのシャツもご用意しています。
シャツですとより気軽に普段の着こなしにも取りいれ易いと思いますので、丸襟・フリルカラーという部分に
アンテナがピピッと反応されましたら、どうぞワンピースとシャツをご覧にいらしてください。
お待ちしております。

7月23日


homspun    リネンバイオ フラットカラー 半袖OP

color      ブルー

price      34000+TAX

SIZE      M

color      ネイビーー

SIZE      M SOLD


homspunのバイオリネンを使用したシリーズが入荷しています。
柔らかさとしっかり密度の高いハリを備えた上質な生地のワンピースは
毎シーズン形や色の変化を織り交ぜながら継続して展開されているシリーズ。
ラインナップが豊富なhomspunの展示会では毎回わわわーと目移りしながらも最終的には
やっぱりここに落ち着くというか、その生地が経年変化した後のそれからの良さも知っているからこそ
生地と毎回ちょこちょこっと変わるデザインに惹かれて、選ばずにはいられないシリーズの一つです。
今季はお馴染みのフラットカラーに、前開きタイプの半袖ワンピースを選びました。
昨年の夏の暑さがまだ記憶にも体感としてもしっかり残る時期に選んだこともあり
今まで好んで展開してきた涼しい服とも、また違う感覚で選んだような気もしていてとても新鮮です。


フルオープンのワンピースは、着丈がそこまで長くないので釦を留めずにシャツの様に羽織っても良いなと。
Tシャツ一枚だとちょっとカジュアルに感じる時や、ノースリーブを着たいけれど心許ない時など
着方のバリエーションが広い前開きタイプのワンピースはどの季節であっても色んな場面で重宝します。
身長によっても着方は様々、シンプルにワンピースとして着たい方は、TOP釦まできちんと留めれば
アイコンにもなる丸襟やフロントの白い釦がきりりと輝きます。


肩の仕様はセットインで、袖の幅も太過ぎず細すぎず程よく楽なシルエット。
袖丈は二の腕が隠れるぐらいの長さでタイトまではいかないですが、
全体的にすっきりときちんと感のある印象に仕上がっています。
襟やポケット、袖や裾の端には0番手の太いステッチが同色の糸で配されていて
はっきり目立つ訳ではなく、着た際にさり気なく服に表情を与えてくれるhomspun特有のデザインです。


homspunの丸襟シャツを着られている方なら「あ!」っとなるでしょうか。
定番の丸襟シャツと同様に、ワンピースも裾の形は前はラウンド、後はスクエアと前後で変化をつけて
横から見た際のカッティングからちらっと覗くボトムの色や柄やが印象的に映ります。
ベーシックなデザインの中に隠れる密かな遊び心。
可愛らしさと格好良さとがバランス良くミックスされた洋服は、年齢を重ねて着ていても色褪せることなく
やっぱり良いなと思ってワードローブに残り続けると思います。


暑さや湿度によってどうしてもラフで脱ぎ着が楽な服や、ゆるりとしたシルエットの服を
選んでしまう事が多くなってしまう季節ですが、homspunのリネン生地は微かに光沢があって
肌に触れればサラリとしていて、着るだけで身も心も爽やかな風に吹かれたような清々しさに包まれます。
肩回りや身頃など、ドロップしたり広がったり柔らかくなり過ぎずに比較的スッキリとしたシルエットですが
決して動きづらさや窮屈感などは感じさせず、心地良く日々の生活に馴染んでくれると思います。
腰に付いたベルトループを活用し、ウエストでベルトをマークして着用すれば日常着としては勿論ですが
ちょっとした食事会や集まりの場でも活躍すると思いますし、畏まり過ぎずに程よく緊張感が出せる服装は
想像以上に活躍の場が広がるのではないでしょうか。

PageTOP