4月11日

homspun   ノーカラー比翼ワンピース

color     ブルー

price     37400-(TAX IN)

SIZE     S    /    M

color     スミクロ

SIZE     S    /    M

今日は朝から特等席でコーヒーを頂ける機会があり、もうそれだけで十分に得をした気分になります。
外を歩けば風もなく、薄手のコートをさらりと羽織って丁度良く感じる気候で、数日前に雪が降っていたとは
思えないくらいに、綺麗な青空と中津川の雪解ブルーが素晴らしい。
北東北に訪れる生命力を感じる春の景色や風の心地好さを味わえる一日になりそうですね。

homspunから届いた半袖のワンピースは、暖かくなるのを今か今かと待ち侘びていてやっとご紹介できます。
展示会でお逢いする度に、デザインナーやスタッフの方がシャツをインナーにワンピースを重ね着する姿を
何度も何度も見ていていつも格好良く素敵な着方だなぁと、密かに着こなしを心の中にメモしていました。
私たちが考え続けている”何を着るか”よりも”どう着るか”を大切にしたいと思う部分を体現しているブランドでもあり
洋服の面白さや刺激を常に頂いている事は本当に嬉しく有難いなと思います。
気温によって使い分け出来るのが半袖のメリット。そのままワンピースとして着用するのもお勧めですし、
今時期のちょっとした羽織物として捉えて、長袖や七分袖のものと重ね着するのも◎
可愛らしさと格好良さの2つの要素が加えらるので服装の幅を広げてくれるのは間違いありません。

素材はコットン50%・麻50%の綿麻素材。
私達もこの混紡率が、最も着る期間が長く汎用性とタフさを兼ね備えた生地感ではないかと思っています。
表面に光沢がありハリとコシの強さを感じ、さらりとした心地の良い肌当たりも手を伸ばしたくなる理由。
秋冬のお洋服と比べた際に最も違いが出るのが、直接肌に触れる機会が春夏の場合は圧倒的に増えるという事。
それはシーズン問わずに気にしている点ではあるものの、比重として春から夏にかけてのアイテムはより
ストレスのない着心地というのはセレクトする際に重要視しています。

フロントはトップ釦以外は比翼の仕様で、この見え方が羽織物としても違和感なく溶け込む理由かもしれません。
大きなパッチポケットに、緩やかなAラインで動きに合わせて生地が程よく揺れる位のシルエット。
袖周りは比較的ゆったりとした設定なので、インナーにシャツ類を合わせたとしても窮屈にはなりません。

ベルトループなどは付きませんが、同生地でウエストをマークできるベルトが付属します。
着こなしにメリハリを出したい場合に、ウエストをぎゅっと絞るとアクセントにもなりますし
後ろ姿に動きを付けたり、その日の気分によってベルトも使い分けて頂ければ良いなぁと思います。

要所要所にhomspunのアイコンとも言える0番手糸の太いステッチワークが目に留まります。
ただハンガーに掛かっているのを見たりしていると当たり前に感じてしまいそうになりますが、こうした細やかな
一手間であったり、デザインの一部分として取り入れ続けている事が、1つの服として形になった際に人の心に
ぐっと突き刺さったり、特別な存在に感じたりするのではないかなと改めて思いました。
色は2色(ブルーとブラック)でサイズは2サイズの展開となっています。
着丈の長さがサイズによって変わりますので、体型や好みに合わせて選んで頂けるようになっています。
※ブルーSは完売です。
ちょうど今日くらいの気温(15度前後)ですと羽織物としても着れるタイミングに感じますし、
季節の移り変わりに合わせて、着こなしもアレンジしながらウキウキ着ていただきたいと思います。

3月27日

homspun   ハイカウントウェザー7分袖シャツ 

color     オフ白

price     24200-(TAX IN)

SIZE     F

color     サックス SOLD

昨日からはプロ野球も開幕。日中は春のセンバツ高校野球、家に帰ればプロ野球。とデータ収集などなど
チェックしなければならない項目が増えて、毎日忙しくも楽しそうにしている人がいて何より。
朝方は久々に肌寒さを感じましたが、徐々に気温も上がってきた模様です。
日々の気温差が植物にも影響を与えているのか、芽吹きからの成長がぐんっと早いように感じます。
明日は雨予報なので、今日がお洗濯&お出掛け日和ではないでしょうか?

何だか急に気温が高くなったせいもあり、ちらほらと薄手の洋服を見に来てくださる方がいて
それまではまだまだ先かなとのんびりしていたのですが、昨日慌てて売場へ並べはじめたのはここだけの話。
3月後半から4月中旬頃にかけてはタイムリーに今着る洋服と、先を見据えた薄手の洋服が並ぶ店内。
流石にニット類は仕舞いましたが、裏毛のパーカーやスウェット類は出しておりますので焦らずにご自身の
ワードローブを見直しながら必要なアイテムを選んで頂ければ嬉しいです。

昨年からhomspunが開襟シャツを作製していて、展示会では気になっていたもののその時はセレクトするには
至らなかったのですが、お客様からも置いている??と突っ込まれるなどもあったりして内心ちょっと焦り(笑)
数年前と比較すると気温は高くなる一方で、それなりに暑い日が続くと開放的な服装を求めるのは必然でもあり、
ようやくというか(遅いですが)自信を持ってオーダーしたい気持ちになり、白とサックスの2色を展開しています。
homspunの開襟シャツの特徴として首元の開きが深くないので、この手のシャツの首の開きの深さが得意でない方にも
取り入れやすいデザインだと思いますし、インナーの使い方や着ていて慣れてくるようでしたら更に1つ釦を外して
より涼し気な印象をプラスするのもお勧め。袖は七分袖で着回しや使い勝手の良さを実感して頂けると思います。

素材は綿50%・麻50%の混紡素材を使用。私達が好むしっかりとした張りと強さを感じる生地感で
ある程度年数を着込んでいってもコットンが半分入る事で、柔らかさに歯止めがかかるのが綿麻ならでは。
適度に風を通して、もしかすると真夏の本当に暑い日が厳しいかもしれませんが、それ以外の季節でしたら
ストレスなく過ごせるのではないかと想像をしています。長袖でもなく半袖でもないという部分で生地感と
見事にマッチしているように感じ、今時期でしたらコットンニットカーディガンなどと一緒に合わせると
そろそろ出番が見え始めるのではないでしょうか。

前丈に比べて後ろ丈が約5.5CM長く設定することで、お尻回りを包み込むようなバランスに。
サイドには深くスリットを配し、生地が動きに合わせて前後に綺麗に流れるようなイメージ。
全体的にシルエットもゆったりとして、身体と生地が纏わり付かないよう開襟シャツらしさはしっかりと抑えていて
開放感はありつつも開放的に振り過ぎない塩梅と匙加減がhomspunらしさではないかと捉えています。

着るだけでたちまち爽やかな風が吹くような、夏・先取りの開襟シャツ。
いつでもそこに引っ掛けておいて、洗って乾けばさっと手に取って着たくなるアイテムを作り続ける
homspunならではの安心感だったり、今の気分にフィットするワクワク感だったりがさり気なく感じられる
新しいシャツは、きっとワードローブの中でも懐かしさと新鮮さの両方の顔を見せてくれると思います。
スカートでもパンツでもどちらにも合わせ易くて、足元に合わせる靴で雰囲気も変わりそうなので
先にお勧めをお伝えしますと、これから入荷する予定のTRIPPENの鼻緒のついたサンダル”ZORI”や
素足履きでの”オーロラシューズ”も良いのではと想像しています。

3月15日

homspun   高密度ウェポンひも ワイドPT

color     カーキ

price     24200-(TAX IN)

SIZE     F SOLD

color     オフ白 SOLD

color     ベージュ SOLD

昨日の薄曇りの空とはがらりと変わって、朝から思い切り深呼吸がしたくなるような青空。
身体にも心にも染み込むようなフレッシュな空気に、足取り軽く何処かへ出掛けたくなる週のはじまりです。
遠くにいけば行くほど非日常を味わえて感性が大いに刺激されるのは間違いないのですが、たとえ遠出をしなくとも
身近な場所でもまだ知らない世界が沢山あることにも気付けたのは、今のこの状況のお陰かもしれません。
小さな発見や身近にある面白い事をコツコツと自分の中に積み重ねて、他に繋げていけたら良いですね。

homspunから届いたリラックス感のあるシルエットでウエストが総ゴム仕立てのイージーパンツ。
シンプルだけれども単純な作りにせずに、一癖というかぐっと心を掴むデザインを効かせた作りが
ブランドの特徴でもあり、年数が経っても色褪せずにずっと楽しく着続けられるというところも、
homspunが長年変わらずにお客様から愛され続けている理由だと感じています。
ウエストはゴムと紐と言う完全なイージーパンツでありながら、この生地感・・・というのは他ではあまり
見かけた事がない気がして、無骨とラフの混合がなんだかいいなぁと、面白さと興味も湧いてくる一品。
ブランドとしてはお馴染みとも言える、ウエストポイントの生地は本当に気を使わずに長く穿けるのですが
さらにイージーパンツとなると、穿く前からすでに大活躍の予感しかありません。

ウエストは前述にもあるように、ゴムとひもで調整していただく仕様なのでどなたでも気楽に穿けます。
ヒップからワタリにかけてもかなり余裕を持たせたワイドシルエットで、どれぐらい太いのかな・・・と、
穿いた時のバランスが気になるところだと思いますが、裾に掛けて極々微かにテーパードさせることで
パンツ全体のラインが強すぎないというか、ほんの少し柔らかな表情になっているように感じます。
些細な部分だとは思いますが、この少しの違いでも服との距離感や親しみやすさにも繋がると思うので
homspunの表現の素晴らしさは、とても格好良く可愛くても、日常にしっかり馴染む。というところ。
個人的にもこの高密度に織られた生地だからこその上品な光沢感が好みで、カジュアルなスタイルの中にも
空気がキリっと引き締まるような印象を与えてくれるので、オンオフ問わず穿いて頂けると思います。

両サイドに配したスラッシュポケットの位置は真横で、手を入れると前にも後ろにも空間がある。
ポケットを囲うステッチワークからは一見ベイカーパンツのようなニュアンスを感じるのですが、
でもベイカーパンツとも違う独特なポケットの仕様。
バックにも左右に叩きつけたパッチポケットがあるのですが、サイドポケットのスクエア型の縁取りが
後ろ側まできているので、バックポケットのサイズ感がやや小さ目?細目?できゅっとなっているのも
不思議で気になるところ。この文面で伝わるかは分かりませんが、ポケットの形状が視覚的にも影響を
与えるのは確かで、カクカクっとしたステッチワークと小さく縦長の形でゆったりとしたサイズ感も
どこかスッキリとして、横に広がらずに前後に立体感のある表情を作り出しているように思います。

春なので(と言いつつ今日もニット着用)色鮮やかなトップスとの組み合わせが、実際の気候ともいよいよ
マッチしてきそうですね。勿論ボトムが明るいのも気持ちが晴れやかになります。
店頭でも全体的に綺麗な色や元気の出るような色目を選んで下さる方が多く感じるのは、多少なりとも
長かった冬の厳しさや、其々が色んな事をぐっと耐えてきてやっと春に辿り着いた喜びや安堵する気持ちが
表れているのかなと、自分の事としてもそんな風に感じたりしています。
お色はどれも間違いなく、悩まずに馴染むようなベーシックなカラー展開だと思いますが、
気分的にはオフ白が”明るさ”の部分で言うとお勧めです。シーズン問わずに即戦力で穿けるパンツを
必要とされている方にはベージュとカーキが心強いのではないでしょうか。

ウエストを縛る紐も同素材で作製されていて、小さな部分にも抜かりなくしっかりとした作り込みがされています。
デザイン性があるものの毎日穿きたくなるような雰囲気を持ち合わせていて、デイリーウェアとしての機能性とタフさ
更に穿き易さをプラスした理想的な1本ではないでしょうか。
カラー展開も結局選びきれずの・・・(笑)3色展開しておりますので気になる色をお選び頂けると嬉しいです。

2月4日

homspun   コットンニット×バルキーシーチング CD

color     ベージュ

price     26000+TAX

SIZE     F SOLD

color     カーキ

SIZE     F HOLD

立春を迎えてからのほうが格段に寒い・・・という2月の現実を噛み締めています。
今、窓から見える外の景色は真横に斜めにと吹き乱れる雪で一面覆われており、なんて天気だよう・・・
と途方もない気持ちでいますが、こんな日だからこそ出来る事もあると気持ちを切り替えて。
今日は積読されている本の続きを読んだり、ただ歩くのに緊張して固まった身体を解したり(笑)
事務処理をしたりなどなど静かに過ごしたいなとおもいます。

こんな天気だからこそ?一足先に春物をちらり。
homspunより届春夏アイテムの第一便から、変化球ながら心をずばっと射抜くカーディガンが届きました。
コットンニットの身頃に、袖はパリッとしたシーチング。異素材を組み合わせた前開きのカーディガンは
春の入り口のまだ寒いけれどウールアイテムに手が伸びにくくなってきた頃に、見た目も気分もほろっと
柔らかく春仕様に変えてくれそうな、そんな1枚。
撮影時はさすがに寒すぎて震えましたが、ぜひ来る春を想像していただけたらなと思います。

袖や身頃の幅は広く、着丈はすっきりとさせたボックス型のシルエット。
釦などの留め具は無いので、前は開けたままでさらりと軽快に着こなしていただきたいです。
ですので、イメージは俄然春。秋も良いと思いますが、先ずは明るい色目のカットソーやスウェットの上に。
もしくはチェックやストライプのシャツやワンピースにも似合いそうと妄想は膨らむばかり。
ゆとりあるシルエットだからこそ、ボトムの選択肢も広がります。
シンプルなギャザースカート、正統派なストレートデニム、さらりとした生地のワイドパンツと
homspunの服は何気ない日常の中にすっと馴染むので、組み合わせは考え出すとキリがないかもしれません。

サイドから見るとやはりニットとは違うタッチの、布帛のパリっとした張り感が良い塩梅です。
コットンニットも春夏でセレクトした時期もあるのですが、実際には着るタイミングを図ってしまって
その時の気候にも左右され、中々出番が増えなかったりします。
そんな心の靄を掃うかのように、ニットと布帛という異素材が組み合わさる事でユニークさと着易さが
ミックスされ、より季節を限定せずに装いの中のアクセントとなるような愉しい服に仕上がっています。
こういうちょっとした羽織はあればあるほど良い。と自分達は思っていて、とにかく気温差が激しい盛岡の春には
二重のコートからはじまり、単衣の風を通しにくいコート、朝晩だけ出番のあるコンパクトな羽織などなど
様々な素材や形の羽織物が必要だと、かれこれ5年以上は言い続けています。(笑)
単純にコートが好きというだけかもしれませんが、その日の服装にプラス1枚は常に何か欲しい。
何気ないカットソーに羽織るだけで、気分も雰囲気も変わりますし。
そういった中でも、こんなhomspunらしいニヤリとしてしまう要素が詰まったカーディガン。
ファッション性と日常着の絶妙な落し所に一目見て心が奪われたアイテムで、アームがゆったりとしている分
気合わせの幅も広がる1枚になって頂けると思います。

後ろから見るとニットベストを着ている様にも見えますね。
明るすぎず絶妙なニュアンスカラーのカーキとベージュの二色をセレクト。
どちらも濃い色・薄い色のどちらにも合わせられる色なので、インナーには黒でも白でも良いですし
今回定番カットソーのシーズンカラーとしてリリースされた、ラズベリーのようなピンクや赤系の色も
ぜひ試していただけたら嬉しいです。
雪は一端やみましたが、想像以上に積もっている。。。
今日の夜は暖かい鍋焼きうどんでも食べて、明日への鋭気を養いましょう。

12月18日


homspun   ノースリーブOP 

color     チャコール

price     34000+TAX

SIZE     M SOLD

color     ブラック

SIZE     M SOLD


今年もやってきました白鳥ファミリー。川の水量が少なく姿は見えないのですが声が聞こえました。
家の前の川の流れはとても穏やかで、そこを拠点にする白鳥の群れが朝晩ととても賑やかに鳴くのですが
聞いていると何かすごい話題があったのか、ガっと盛り上がる瞬間があって、毎回笑ってしまいます。
今年も元気に一緒に冬を越えましょう。よろしくお願いします。

寒さがほんの少し和らいで(と言っても最高気温3℃・・・)陽が出ている喜び。
今日も家の洗面所は凍結したままですが、恐ろしいツルツル路面だけはなんとか融け切って欲しいものです。
中々外に出ようという気にはならないかもしれませんが、暖かい冬服・冬小物がしっかり揃っていますので
近くに用事があったりした際には、お立ち寄りいただけたら嬉しいです。
本日はこの春夏にも別素材で展開のあった、homspunのノースリーブOPをご紹介致します。


制服やスーツなどに用いられるサージ素材を使用した、シンプルなノースリーブワンピース。
ウールとは言っても厚地過ぎず、触り心地はスルスルとした滑らかな生地なので季節も冬だけに限らず
秋も春もお楽しみいただける素材となっています。
homspunのノースリーブワンピースは一枚で着るというよりは、カットソーやシャツなどと重ねて着たいなと
自然と思えるのは、欲しい部分にさり気ないゆとりがちゃんと設けられているからだと思います。
ネックラインは開き過ぎず、けれど詰まり過ぎず襟がきちっと覗く良い塩梅。
脇下に少し余裕があるくらいだと、ニットを組み合わせてもモゴモゴせずに気持ち良く動けます。
ただのゆったりサイズとも違って、極力デザインはシンプルにすることで先ず第一印象がすっきりとした印象になり
その中で余裕を持たせる部分と、生地が綺麗にシルエットを生み出すようなタックを入れたりなど工夫があります。
年々窮屈さや動き難さを感じる服よりは、リラックスして気分良く過ごせる服が着たいという気持ちが増している
と同時に気楽さと・きちんとのメリハリは忘れずにとも思うと、その両方をバランス良く表現するのは案外難しく、
自分達が知る中ではhomspunの服は、年齢を重ねてもずっと着続けたいなと思える唯一のブランドと言えるくらい
本当に素晴らしくて、いつでもワクワクする楽しい物作りをされています。


隠してしまうのは勿体ないなと思う、homspunの服のアイコンでもある太番手のステッチワーク。
首元や脇回り、裾にしっかり配されていますので、目に留まった際には自分の中でにやりと楽しみましょう。
ばさっと被るだけなのでとても楽に着れてしまいますが、生地に光沢感があるので気分的にちょっと綺麗に
着たいなんて言う日にも、十分に出番のあるワンピースかと思います。
丸襟やフリルのシャツなど組み合わせて、あとはアクセサリーで装飾をプラスして、足元には革靴を。
着丈が120cmと長めの設定なので、ブーツなどを履くとすっかり隠れてしまいますが、せっかくなら
靴下やタイツなども柄や色など着合わせを楽しんでいただけたら嬉しいです。


大人数での集まりの機会は減ってしまったかもしれませんが、こじんまりとでも好きなお店で過ごす時間や
家で大切な人とのご飯を食べたりする際に、装いも軽くドレスアップすることで気分もぐっと上がるのでは
ないかなと思ったりもします。
ノースリーブなので、上にコンパクトなジャケットやカーディガンを合わせても袖が嵩張らないですし
ブルゾンやパーカーなどテイストや生地感の異なる組み合わせも、案外相性よく着られるワンピースです。
今回はチャコール・ブラックどちらもMサイズのみとなりますので、どうしても着丈で悩まれる方もいらっしゃると
思いますが、お直しなどもご相談していただけたら承りますので、気になる方はお気軽にお試しください。

PageTOP