9月9日


JUJUDHAU  GATHER DRESS

color     KHADI INDIGO

price     32000+TAX

SIZE       F SOLD


週のはじまり月曜日。大型台風は昨日の夜にかけて関東を通過したようです。
今週も東京で展示会の予定が幾つかあるのですが、遠方から都内に出て来られてるブランドの方もいるので
影響は大丈夫だろうかと心配しつつ、少しずつ交通網も復旧しているようでほっとしています。
それにしても週末も、そして今朝も尋常じゃない蒸し暑さに一度は消したはずのエアコンを一日中付けっぱなし
という日々が再び訪れました。
手に取る服も風通しの良い涼しい服に舞い戻ってしまったので、夏服が着られるのも数える程しかないしね・・・
と、自分に言い聞かせては、店頭に並ぶ素敵な秋服を目で愛でるという時間を過ごしています。
BLOGではコツコツご紹介していきますので、ぜひ涼しい季節を想像しながらお楽しみいただけたらと思います。

そんな本日は、JUJUDHAUから届いた今季新しくリリースされたモデル”GATHER DRESS”をご紹介いたします。
今回も展開されていた数種類の生地の中から、自分達の中ですごくいい!と瞬間的に思えた生地があったので
同素材で色んな形を選びました。これからの季節にちょうど着たくなるような、程よい厚みと色味なので
ぜひ実際に見て触れてもらえたら良いなと思います。


今までもJUJUDHAUのワンピースは様々展開してきましたが、今回はちょっと新鮮さも感じられる
ティアード型の前開きワンピース。
胸下と腰下の位置で切り替えになっていて、細かなギャザーがふんだんに入っているので一見ドレッシーな
雰囲気にも感じられますが、デザインの甘さを可愛いという表現だけに落ち着かせないような風合いのある生地を
選ぶことで、何気なくばさっと着るだけでも大人な印象に映るワンピース。
首元はシンプルに飾らないクルーネック。肩や胸周りには余裕がありますが、全体の生地分量とのバランスを考慮して
袖は太くし過ぎず、すっきりと見えるシルエットに仕上げています。
その物だけを見ると、ボリュームがある様に感じられるかもしれませんが、実際に着てみるとたっぷりの生地感ながら
適度に重さがある分、そこまで横に大きく広がらなかったのも大事なポイントで迷わず選びました。


ギャザーとギャザーの間、両脇をごそごそっと探すとポケットが見つかりました。笑
全てネパールの地で、現地の職人の方々によって作られるJUJUDHAUの服。
機能性や効率を重視してより良いものを!というよりは、その土地で培ってきた方法で出来ることを
それがとても非効率的だとしても、それはある意味時代とは逆行した物作りとも言えるのかもしれませんが、
そこに大きな意味を持たせることもなく、当たり前に淡々と変わらずに作り続けられる服を見ていると
ある意味JUJUDHAUにしか出せない気配や時間の流れを感じます。
気張らずに手に取り易くすっと日常生活にもフィットする服が多いので柔らかな印象にも映りがちですが、
どこか芯に強さを感じさせるところも自分達がJUJUDHAUを展開し続けたいと思う理由のひとつかもしれません。


今回特別惹かれた素材はぷつぷつとネップ感のあるカディコットンをインディゴで後染めした生地。
写真ですとやや明るく感じますが、実際にはもう少し濃淡があり落ち着いた藍色をしています。
気温30℃ではさずがに暑いですが、朝夕の風がひんやり涼しくなってきたぐらいに適度に風を通してくれて
尚且つ美しい色目と表情豊かな風合いの良い生地は、着ているだけで快適で気分も上昇すること間違いないはずです。
一枚で存在感も十分なワンピースですので、足元をタイツや可愛いデザインや柄の靴下にきりっと革靴を合わせれば
仰々しくなく他所行き感も出ますし、ギャザーのディティールも活かしつつ程よく締まった着こなしが楽しめます。
もう少しカジュアルに着たい場合は、写真のコーディネートの様に裾がややテーパードしたすっきり目なパンツや、
あえてワイドな土っぽいメンズライクなボトムなどを合わせると、デザインと生地とも適度な調和が生まれ
さらりと着こなすことが出来ると思います。

color     TWILL BEIGE

price     32000+TAX

SIZE       F 


もう一色選んだのは、今シーズン気になった色のベージュ。
素材はふんわり素朴な風合いと綾織りならでは表情が、カディとはまた違う空気感を放つコットンツイル。
色目的には今まではあまり率先して選んでこなかった様にも思うのですが、年々好みは変わらないようでいて
少なからず色に関しては苦手意識がどんどん少なくなってきたように思います。
そんな中でここ数年秋冬になると、ベージュやブラウンといった色がとても着たいなと思うようになり
JUJUDHAUだけに限らず、他のブランドでも自然と目がいってしまっていたのか・・・
現時点でも既に気付けばベージュのパンツが何種類も並んでいる始末。どれも気に入って選んだ服なので
全く問題はないのですが、あまりの偏りっぷりにはちょっと自分自身にびっくりしています。
ベージュ×ベージュ、ベージュ×ホワイト、ベージュ×ブラウンといったような、トーンの異なる同系色で
まとめたスタイルが気になる方にはぜひ今季のラインナップを見にいらしてください。


夏場に活躍した薄手で柔らかなカディのスカートに秋色のワンピースを重ね、足元にはブラウンのふかふかソックスを。
夏から秋へと移り行く季節を、洋服もあまりはっきりさせずグラデーションの様に繊細に変化させていけたらと思います。
店頭にはすでにウールとコットンの混合素材なども並びはじめていますが、これから着るのであれば
程よい厚みや、適度に風通しの良いコットン素材はインナーの組み合わせ次第で冬のはじまりぐらいまでは
着られると思いますし、また春先になって出番がやってきたりと一年で見ると長く重宝する素材ではないでしょうか。
JUJUDHAUの洋服は年月か経過してもトレンドなどに関係なく作られているモノばかりで、時間を置いても着ていたいと
思わせてくれる不思議な魅力と洗練され過ぎていない異国の匂いがある洋服。
どちらも魅力的な生地なので、是非お試しください。

7月5日


JUJUDHAU   PRIMP SHIRTS

color      BLUE STRIPE  

price      19000+tax 

SIZE      F SOLD

color      BLUE×WHITE CHECK  

price      19000+tax 

SIZE      F SOLD

天気がコロコロと変わり落ち着かないせいか気分にも不思議なムラがあった今週も、もう金曜日。
今日、明日から週末にかけても、市内をはじめ県内外の様々な土地やお店で展示や催し物が行われます。
今のところは傘のマークは出ていないようですが、どうか雨に降られずに穏やかな気候であってほしいですね。
7日(日曜日)は中津川の風物詩でもある″鮎釣り″の解禁日でもありますので、川沿いのお散歩しつつお店を巡り
夏のひと時、お楽しみいただければと思います。
そんなお出掛けの日にお勧めな、jujudhauのPRIMP SHIRTS。
jujudhauの服で多いのは、ノーカラーだったりヘンリーネックだったり襟の主張があまり無いタイプなので
こうした襟付きの服は割と珍しいのではないかと思います。
個人的にどんな襟の形状でも気分によって着分けるぐらいで、そこまでこの形が好き!などの拘りはないのですが
このPRIMP SHIRTSに関しては、襟形状が少し変わっていて可愛らしいところと、襟に対して身頃や袖のなんだか
アンバランスな様子と、それが自由気ままなjujudhauの雰囲気に繋がっている所が何とも言えず良いなぁと思い
昨年の夏から継続して展開しているモデルです。
そこまではっきりとしない涼し気なブルーのストライプと、開放的なブルー×ホワイトのブロックチェックという、
鉄板の柄二色でご用意いたしました。


ゆったり余裕のあるボックス型のシルエットにドロップショルダー。
5分から7分丈ぐらいの袖は幅もあるので風通しが良く、適度に肌を覆いつつ手首が見えてる分見た目は軽やかで
案外この袖丈が一番長く着られて重宝するのではないかなと思います。
シルエットはjujudhauらしい大らかなサイズ感ですが、やはりこのPRIMP SHRTSは何よりも襟がポイント。
フロントに釦などは無く、少し詰まった首元に添えられた小さな襟。
全体の緩やかな雰囲気をきゅっと引き締めるかと思いきや、なんだかその襟も少しとぼけた感じに見えるのは
私だけでしょうか。緊張感をまったく感じさせない素朴な襟。
ただこの襟が有るのと無いのとでは、まったく表情が違うので、やっぱりこの襟がとても良いなと思うのです。


前後で着丈がちょっと違って、後ろの方がやや長い設定になっています。
両サイドにはスリットが入っていて動きにも余裕が生まれますし、着丈がそこまで長くなく身頃にゆとりがある分
ボトムとのバランスも取り易く、着る人の身長や体型も選びません。
正面から見ると少しだけ真面目風。横から見ると立体感と動きがあってアクティブな感じがします。
また後ろの印象も一味違うので、それぞれにギャップがある事で合わせる服にも広がりが出せると思うと
それだけでとても楽しく、着る前からワクワクした気持ちになります。


首の後ろ襟と襟のあいだにボーン釦が一つだけあって、ループで留めると深いスリットの隙間を首筋から背中が
ちらりと覗く少し大胆な仕様が、また絶妙なバランスで大人っぽさを演出しています。
下着が見える程ではないのですが、気になる方は見えてもOKなキャミソールやタンクトップを一枚インナーに。
前後と横、それぞれのデザインの特徴が醸し出す雰囲気を、着る人がどうイメージしてボトムを組み合わせるのか。
きっとその人によって着方が全く違ってくるのだろうなと思います。
個人的には色落ちしたデニムや白いボトムな気分になりました。
jujudhauの着心地の良さを知っている方にとっても、ちょっと新鮮な気分になるのではないでしょうか?

5月30日


JUJUDHAU   KINCHAKU DRESS

color      BLACK×NATURAL CHECK  

price      33000+tax 

SIZE      F


4月の末から大型連休がはじまり、なんだかふわふわっとした不思議な空気の中で5月はいつもより
駆け足で過ぎていったなぁという記憶です。
暑い日が続く中、先日ほんの一瞬かくっと気温が下がったせいか珍しく発熱。休日はたっぷり寝て過ごしました。
来る新しい月に向けて体も一度リセットしようとしていたのかもしれません。
今週末は由利本荘から″みつばち″さんの出張SHOPが控えてますので、すっきりと万全の状態で
6月とみつばちさんをお迎えしたいなと思います。

今朝はすこし風が冷たく感じしたが、日中ともなればやっぱりカラッと暑いですね。
店頭でも涼しい素材のアイテムやTシャツなどお選びいただく方が多く、例年に比べ動きも早いように思います。
今季のJUJUDHAUの生地の中でも、春夏は毎回リネン100%の生地とコットンリネンの生地を選ぶのですが
今回幾つか展開された中からこれだ!と思ったのは、オリジナルのストライプと黒が基調のチェック柄の生地。
ストライプ地ではPUFF SLEEVE SHIRTやTUCK DRESSをBLOGでもご紹介しましたが、チェック地がまだでした。
同様の素材で数型セレクトしましたが、大分出てしまい今回は一型だけですがご紹介いたします。


ばさっと被るだけのシンプルでおっとりとした雰囲気のワンピースはウエスト位置の紐を絞ることで
元のずどんと直線的な形に様々な動きが加わり、見た目の変化を楽しみながら着る事ができます。
ウエストを絞らずに、たっぷりとした着心地を堪能するのも良いですし、ぎゅぎゅっと強めに絞って
前後トップス部分をふんわりとさせて着るのも雰囲気が違っていいです。
着用写真はちょうど間ぐらいの加減で軽く絞って、少しだけギャザーが寄るぐらいのラフな感じで着ています。
首の開きも詰まり過ぎず、首元が綺麗に見えるネックライン。
薄手ながらハリもあって、それでいてゆるゆると縦に流れる生地の落ち感がリラックスした印象を与えます。


ひとつ前のJUJUDHAUのブログに載せた、POCKET DRESS同様に肩線から身頃へと繋がるパターンに
短い袖が付いています。着ると6分~7分袖ぐらいの設定。
案外この袖設定も便利というか、とても着易く暑い日からちょっと涼しい日でも適温で着られるのと
袖を捲ったりする必要もないですし、腕の露出を気にすることもなく着られます。
楽というだけではなく、手首が見えているだけでも視覚的に涼し気に映りますし尚且つ上品な印象にも映ります。
アクセントとしてネックレスやバングル、ブレスレットだったりをプラスすると、カジュアルな服でもきゅっと
メリハリが生まれて夏らしさが感じられたりもしますので、ぜひ気分で小物をひとつ、ふたつ取り入れて
その季節ならではの装いを楽しんでみてください。


黒が基調で縦横一本ずつの細い生成り色の線がマス目のように見えるチェック柄。
甘さの感じるチェックという訳でもなく、むしろ整然とした格子模様からは落ち着きも感じますし
靴やボトムの組み合わせ次第で、さっぱりとしたメンズライクなイメージになったり、きりりと芯のある
女性らしい雰囲気を纏ったり、着合わせによってふり幅がぐっと広がるような色・柄に感じます。
とてもJUJUDHAUらしいなと思うところは、あれ?と思うようなとぼけた位置にあるポケットでしょうか。
こちらはぜひ実際に着てお確かめ下さいね。ふふふっとなります。

5月17日


JUJUDHAU  POCKET DRESS

color      LINEN H.B.WHITE  

price      27000+tax 

SIZE      F SOLD


ここ数日は長袖を通り越して、もうすでに七分袖や半袖が着たくなるような暑さの盛岡。
歩くと汗ばむ陽気ですが、さらさら~っと吹く風や新緑の香りに包まれる、こんな快適な気候が続く日は
そうそう無い気がして、屋内でBLOGを書いてる場合じゃない!という気持ちにすらなってきますね。。。
それぐらい気持ちの良い季節。

とは言えまだ5月ということで、何を着たら良いものかとちょっと、いえ結構悩ましいのも確か。
半袖も少しずつお求めになる方も増えてはいますが、涼しい素材の長袖シャツやざっくりと厚みのある麻、
薄手で風を通す綿、などなど今時期から夏まで着られる服の選択肢は様々ありますので、
ふらりとお立ち寄りいただけたらと思います。
ざっくりとした麻素材ですと夏に限らず春先から秋口まで着られるのと、着用を繰り返してもくったりと
柔らかくなり過ぎないタフさも好みで、特にJUJUDHAUで出逢ったこの生地はヘリンボーンだという事も
完全な決め手となり迷わずオーダーしました。


かほっとただ被るだけのシンプルなデザインですが、選ぶ生地によっても着る人の背格好によっても
印象が全く違って見えるのが面白くて、尚且つ着た際のシルエットはとても良くて、ここ数年は欠かさず
様々な生地でオーダーし続けているJUJUDHAUの″POCKET DRESS″
ハンガーに掛かった状態を見ると身頃がとにかくずどんと大きく幅も広く、ゆったり目なのは一目瞭然。
というかほぼ前身頃と後ろ身頃で構成されていて、袖はちょこんと付け足されただけにも見えるデザインは、
一見不格好で歪な形にも感じられるのですが、その何にも捉われずに独特の感性をそのまま表現した様な服は
きっと狙って作れるものではないのだろうなという感じがします。
そして実際袖を通してみると、着る前のイメージよりもあっさりというか歪さは消え、身体の収まり具合や
ほんのり曲線的なシルエットはむしろ計算されたかのように綺麗。
素朴ながらも独特な感性が良いスパイスになっていて、だからこそついつい手が伸びてしまうのです。


首元は詰まり過ぎず、程よく開いたクルーネック。
インナーの着合わせもそこまで気にせずに、タンクトップでもキャミソールでも良いですし
季節によっては長袖のカットソーやタートルネックのインナーで重ね着も出来るので、
シーズンはそれなりに長く着用いただけます。
腕を伸ばすと分かる、身幅の広さ。
肩線から真っすぐ身頃に繋がるパターンなので袖は短いですが着ると七分袖ぐらいの長さになります。
中に着込める余裕は十分にありますが、ちょこんとついた袖はややすっきり目なので重ね着する際は
インナーでもあまり厚地な物だと、袖がキツくなるので要注意です。
フロントには大きなポケットが並びます。身幅が広いためか?ポケットもたっぷりサイズで
ついつい手を入れたり、お菓子などを忍ばせておきたくなるようなポケット。


白の面積が大きいと着る着ないの好みは結構はっきり分かれるのですが、華奢な白というよりは
生地も中肉で透ける事も無いですし、ざっくりとしたリネンで尚且つヘリンボーン生地ならではの
織が醸し出す雰囲気や表情が感じられるので、可愛いというよりは格好いい佇まいの白だと感じます。
ボトムは定番のタイプから、ギャザースカートだったりフリルやレースを覗かせたり様々合わせられるので
気分によって変えてみると、より着こなしの楽しみも広がります。
素材違いの薄いブルーデニムで同じ形もご用意あるので、よりカジュアルに着たい方にはそちらも◎です。
夏が加速しては、また少し寒さが戻ったり、まだまだ季節の入り口にいる段階だと思いますので、
ゆっくりとこれから始まる健やかな夏を楽しむべく、装いにも少しずつ夏を取り入れていただけたら。
ぜひ足をお運びください。

4月18日


JUJUDHAU  TUCK DRESS

color      BLUE STRIPE

price      31000+tax

SIZE      F


少しお休みをいただき、店頭はすっかり春物・そして初夏にいいのではというものもちらほらと並びました。
あらためて先週木曜日より開催しましたASEEDONCLOUD 19AW COLLECTION 展示・受注会に足をお運びいただいた
みなさま、ありがとうございました。
会期中は毎日、お客様の楽しくて真剣!な表情を見ることが出来たのが嬉しかったです。
週末在店してくださったデザイナー玉井さんとお客様が、並ぶ服のことから生地やデザインに関すること
かなり突っ込んだ内容をお話してくださっている様子が、とても感慨深く、洋服の面白さや奥深さを改めて感じれる
4日間となりました。オーダー頂いたお客様には、お届けまでのすこしの間、時折思い出したり楽しみにして
頂ければと思います。

良いお天気が続き、家の庭にも道のわきにも花が咲きはじめ、目に映る景色が日に日にカラフルに!
近くの公園は梅の花が見ごろで、ほのかに漂う花の香りにやっと春だね~と思わず話しかけたくなります。
陽にあたりながら草花や木々の力強さや美しさに触れているだけで、身体の隅々にいい気が巡っていくような
そんな気持ちです。
日中は歩くとコート要らずなほど気温も上がり、そろそろちゃんと春物が着られるのが嬉しいですね。
月末には大型連休も控えているところですし、ご予定のある方はお出掛けが一層楽しみになるような服を
探しにいらしてください。
今日はずっと出番を待ちわびていた、jujudhauの爽やかなリネンアイテムをご紹介いたします。


以前にも一度選んだことのあった涼し気なブルーストライプのリネン素材。
爽やかだけれど、ハッキリと濃く出過ぎないストライプのブルーの色味が好きでシャリシャリとした生地感が
絶妙にマッチしていて、きっとこの夏は気付けば着てるぐらい出番が多くなるんだろうなという予感がする生地と柄。
予感と言っても、大体夏場の湿度が高い日に自分がjujudhauを着てることがとても多いので、そう思うだけなのですが
jujudhauのストライプは、他の服でよく見るようなシャツ地のストライプともまたちょっとニュアンスが違うので
そこまで柄を意識せずに着られるというか、柔らかい印象で着られて実はさり気なくストライプ・・みたいな雰囲気が
良いのではないかなと思い選びました。


きゅっと詰まり気味なボートネックが特徴のTUCK DRESS。
ボートネックがどことなく新鮮な気分だったり、着た時にもさっぱりとした清々しい印象を感じさせるので
首元のデザインひとつで雰囲気が変わったり、自分の思い描くイメージを表現できる大事な要素かもしれません。
少しだけ横に開きがあるので、気になる方はタンクトップなどのインナーや薄手の羽織でカバーすると良いと思います。
脇下からの切り替えと大きめのタックで、服を持っただけでも生地分量が多いのが分かるのですが、胸の下から裾までの
生地のボリューム感はかなりしっかりたっぷりです。
こういったデザインがとても好きな反面、タックの入り方や生地によってはとても大きく見えてしまう事があるので
着てみないと分からないという所もあったりしますが、でも大体は着ていれば気にならなくなってそのぶわっと大胆な
ボリューム感もそれはそれで素敵だなと思えてくるので、ぜひ見た目で躊躇わずに試してみたいただけると嬉しいです。


ゆったり身幅に対して、袖は太過ぎず細すぎずの設定で、手首がのぞく七分袖。
着丈も膝に掛かるぐらいなので、そこまで長くはありません。
一枚で着用するには個人的にはもう少し丈があった方が安心ですが、小柄な方にはワンピースとして着るのに
ちょうどいいバランスで着られる丈かなと思います。
贅沢な生地分量以外は、他に大胆さや目立つようなものもなくて、むしろ素っ気ないぐらいのシンプルなデザイン。
だからかというの分かりませんが、着ていて気負いがないというか、ちょっとほっとするような気楽さがあり、
後から、この生地の風合いが好きだなぁとか、デザインがちょっと面白いなという事に気付くので
やっぱりjujudhauの服のイメージは、ちょっと不思議だけど凄くいい距離感の服という言葉が思い浮かぶのです。

JUJUDHAU   PUFF SLEEVE SHIRTS

color      BLUE STRIPE

price      19000+tax

SIZE      F SOLD 

同素材の″PUFF SLEEVE SHIRTS″です。
このモデルはここ2・3年ぐらい?継続して展開しているモデルで、ユニークで可愛い袖の形が好きで
rasikuでも生地を変えながらオーダーしています。
今時期よりも、もう少し季節がすすんで初夏から真夏に入ったぐらいに、Tシャツ感覚でさらりと着ていただくのが
気持ち良いのではないかと思いますが、自分も含め買ったら出来るだけすぐ着たい!タイプの方には、
袖の形を活かして上に何か羽織るというよりはインナーに薄手のカットソーなどを合わせて、カーディガンの様に
羽織ったりするのも、良いかなと思います。


リネンのくしゃっとした表情にプラスして、衿元にはさり気なく細かなギャザーが入ることで
正面からの見た目も、すっきりとしたTUCK DRESSとはまた違った映り方になります。
″衿″とも言い難い、でもほんの少しだけ首元を縁取るようなデザインのネックラインはどこかエスニックな
空気感も纏っていてリラックス感もあって、jujudhauらしさが感じられるところ。
肘が隠れる長さのパフスリーブも、その名前からイメージするそれよりもはるかに控え目で、一見気付かないかも?
ぐらいのさり気ないふわっと感なので、普段カジュアルな服装の方でも、変に意識せずに着ていただけるかなと思います。
ちょっと袖口が窄まってるかな~ぐらいの感覚で。


ゆったり身幅とすっきり着丈のボックス型で、比較的どんなボトムでも合いやすいシルエットなので
着心地の良さに加えてコーディネートし易さまで兼ね備えているとなれば、出番が増えないはずは無いです。
じっとり汗をかいても湿度高めでも、さらりと肌に触れる生地は不快感が一切なく、むしろ汗だくでも清々しいと
感じるほどに、着用を繰り返すにつれて肌触りが良くなっていくjujudhauのリネン素材。
ただくったりと馴染むだけではなく、ハリ感が程よく残るところにその気持ちよさの秘密があるように思います。
ワイドなチノやオンスの軽いデニムに、レザーのサンダル。かごバッグか少し遊び心を効かせたバッグをアクセントに。
長期連休の予定はがお決まりの方も、まだの方も。
jujudhauの服は移動や畳んでバッグにしまって出来るシワも気にならず、洗濯しても乾きが早いので旅先にもおすすめです。
他にも違う生地でリネンアイテムも揃ってますので、ぜひ見にいらしてください。

PageTOP