11月1日


JUJUDHAU  FLY FRONT SHIRTS

color     W/C GRAY CHECK

price     20000+tax

SIZE     FREE SOLD


早朝は雨でしたがスカッとした秋晴れの中、11月のはじまりです。
週間予報が表示する朝の気温の低さや、夕方歩いていると風に吹かれた木の葉が足元にはらりと落ちてきたりと
冬っぽいなぁと思う瞬間はあるものの、どこかまだ余裕があるというかなんというか・・・
そんな風に思っていると突然厳しめなやつが現れたりするので、油断はできませんね。なんせもう11月。
店内も今季秋冬オーダー分の商品はおおよそ納品されたので、今がまさに盛沢山な品揃えになっています。
ぬくぬくっとした幸せを感じられる服・小物類が勢ぞろいしていますので衣替えがお隅の方も、まだの方も
今年の秋冬を一層気持ち良く過ごすための一着を、どうぞお探しにいらしてください。

ここ数シーズン継続してオーダーしているjujudhauの”FLY FRONT SHIRTS”
フロントが比翼になっていて、身頃がたっぷり。着丈は前と後でちょっとだけ差をつけたボックス型のシャツ。
春夏では薄めの生地でオーダーする事が多く、長袖でも暑さをあまり感じずに着られるので、日差しを防ぎつつ
風通しの良いサラッとした着心地が良くて、個人的にもここまでヘビーにガシガシ着るのは珍しいと思う程に
お気に入り過ぎて、頻繁に着てしまうこの形。
秋冬の生地の物は持っていなかったのでもう一枚欲しいなぁという気持ちでオーダーしましたが
既にお色が欠けてしまい、残すところこちらのGRAY CHECKのみとなりました。
今シーズンはチェック生地の配色がとても良かったので、この生地のアイテムを色々ご用意しています。
ダークトーンになりがちなこれからの時期、色や柄のアイテムが思いがけず重宝するのでお勧めです!


襟の無い詰まった首元と、ゆったりな肩回り・袖幅に、そして身幅。
とにかくこのシルエットは着合わせが自由自在で、難しく考えずに重ね着できるのが嬉しい。。
クルーネックのカットソーにはじまり、タートルやシャツをインナーに合わせたりと組み合わせは如何様にも。
幅広い着こなしが出来るからこそ、インナーのデザインや色、他にもボトムや靴などの合わせ方で
自分らしい着こなしを楽しんでいただけたらと思います。
ワンピースやジャンパースカート、薄手のニットの上に釦を留めずにパサッと軽く羽織ったりと、
カーディガンやジャケット変わりにして着るのも良いのではないでしょうか。


jujudhauの服が面白いなと同時に凄いなと思うのは、パターンなどを見てもざっくりと直線的な物が多く
極めてシンプルで言ってしまえば簡素化したようなデザインにも感じるのですが、良く見てみるとシャツの
両裾脇にはガゼットが付けてあったり、袖のカフスやギャザーの入れ方。ボタンの付け方一つを見ても、
非常にちゃんとした作りであること。
伝え方が難しいですが、枠に捉われず大胆だったり自由な空気感は、雑である事とは全く異なりますし
限られた環境下であっても、それが真摯な物作りであれば気持ちが動かされるということ。
だからこそ着れば着る程に愛着の増すjujudhauという服が、ネパールという土地でどの様に作られるのかなど
興味は膨らむばかりです。


秋冬で選ぶことの多いウール50%・コットン50%の混合素材はしっかり詰まっていて、ほわんと温かい。
生地感も肉厚すぎず適度に保温性もあるので、真冬だけに限らず秋から春先までと長い期間着用出来る素材です。
袖の太さがゆったり過ぎるとコートと合わせられなかったりしますが、その辺に関してもこのシャツは心配無用で
上からコートも羽織れるぐらいの太さに抑えてあるので、インナーは温かくして釦をピシッと留めたシャツの上から
コートを羽織ることで空気の層が出来てある程度寒さもしのげますし、重たいニットなどが苦手という方には
薄いアイテムを重ね着する方が、ストレスなく冬を過ごせるのではないかなと思います。


正面から見るとかなりプレーンな印象ですが、背中のヨークとたっぷり入ったギャザーで柔らかく。
チェックアイテムは完全に気分と配色の好みで選ぶのですが、このGRAY CHECKはそこまで明るすぎず
黒やチャコールのウールのボトムや、普段穿いているデニムやチノにも合うなぁと思ったのでした。
ネイビーやベージュのコートの下からチェックがちらり覗いていても良い感じがしますよ。
同じ生地のスカート・ワンピース・チュニックが揃っています。ぜひそちらもご覧くださいね。

JUJUDHAU  MONPE PANTS

color     MELTON BLACK

price     22500+tax

SIZE     FREE SOLD


シャツと一緒に合わせたパンツは久しぶりにBLOGでご紹介する、jujudhauの”MONPE PANTS”
この形が好きで何本も生地違いでお持ちの方もいる程、穿くと病みつきな魅惑のパンツでもあります。
病みつきになってしまう理由の一つは「絶妙に整ったシルエット」にあると思うのですが、あまりにも穿き心地が
ストレスフリーなうえに、ウエストはゴムで腰回りからヒップ、ワタリにかけても十分にゆとりを持たせてあり
裾に掛けて細くテーパードさせたパンツは、イージーながらとてもすっきり綺麗なシルエットを作り出します。
今回選んだ生地はウール70%にアクリル30%を含む厚手のメルトン生地なので、よりしっかり目な印象。
あまりに楽なのに見た目が野暮ったくならないMONPE PANTSは旅行などにもあると便利ですし、日常使いでも
時間が無い時や自分に優しくしたい日の一本として、ぜひお選びいただけたらと思います。


jujudhauのボトムに関しては、毎回ラインナップの中から2~3、多くて4種類ぐらいに絞って選び
その時展開されている生地で、これは!と思った素材でオーダーをしています。
冬用のパンツは沢山はオーダーをしていないのですが、岩手でも温かく過ごせるものを厳選してセレクトをしていて
ネパールも山岳地帯で寒い地域という事もあり厚手で良い素材が見つかるのも嬉しかったりします。


気負わずにさっと着られて、それでいてきちんとも見える洋服は、ただそれだけでその日一日が楽しく
心地良く過ごせるという、日常着としての役割をしっかりと果たしてくれると思っています。
ハレとケで言うと、ケの服。どちらも大切な時間には変わりないですが、自分達が提案したい服はあくまでも
日常着で、その人の暮らしの延長線上にある様々な瞬間にそっと手を添える様な役割になれたらと思っています。
jujudhauはrasikuに並ぶ服の中でも、独自の空気感を放っていて、自分達の生活にも欠かすことの出来ない
存在になっています。是非異国の地で作られる洋服に袖を通してみては如何でしょうか。

10月15日


JUJUDHAU  SOUTIEN COLLAR COAT

color     TWILL BROWN

price     35000+TAX

SIZE       F


日は出ているものの、室内に入ると冷やっとした空気。そろそろ灯油を買いにいかないと・・・。
いや、まだ我慢かな。と、よく分からない心の葛藤を繰り広げています。
店内でもコートをご試着される方が増えてきたり、セーターなども少しずつ並びはじめていたりと
ゆっくりと確実に季節が移ろいでいるような瞬間を、ここ数日はそこかしこに感じます。
今シーズンは真冬の衣よりも、秋から冬のはじまりに着る服を意識して選びましたので、この時期に必要な服を
お探しのお客様にはぜひ充実している内に、色々お試しいただけたらと思います。

jujudhauからは昨年も好評だった、SOUTIEN COLLAR COATが届いています。
フロントが釦で留まる仕様のコートがjujudhauではそこまで多くない為、珍しいですねという
お声をいただくこともしばしば。
「気軽に羽織れる」という点においては、EAZY COATと比較しても劣らぬ良さがあるので、あとは生地感や
デザインの好みでお選びいただくのが良いというのは言わずもがなですが、ワードローブを一度見返して
コートのバリエーションが必要な方には、お勧めしたいと思える一着です。
オーダーしたカラー(生地違いも含む)は全部で三種類なのですが、そのうちの一色が届いていて
他はこれからの納品になります。まとめて・・・とも思ったのですが、先にご紹介を進めます。


きちっとし過ぎていない襟のカタチや、ドロップした肩。
全体的にゆったりと落ち感のあるシルエットからも、生地やコートその物の雰囲気の柔らかさが伝わるかと。
生地の厚さは中肉で、薄いという感覚は無いですが裏地は無く一枚仕立てなので、適度に安心感のある生地感です。
完璧な防寒としての役割までを求める場合とは、目的の異なるコートになると思います。
肩線から真っ直ぐに身頃へと繋がる直線的なパターンは、生地分量に対して実際に着てみると体型に沿って
すとんと落ちる為、決してシルエットは大きくは見えないと思いますが、中に十分着込める余裕もあるので、
内側の装いを温かく保つ事で着られる時期も変わってくるのではないかと思います。
素材はウール70%・アクリル30%の混合素材。ツイル地の織目が柄とまではいかないものの、
平面的ではない、味わい深く落ち着いた表情を作り出しています。


目の詰まった厚みのあるメルトンの様な生地と比べると、くったりとしたしなやかさのあるウールの生地は
どこか優しいナチュラルなイメージを想像するかもしれないですが、些細なデザインやパーツで見てみると
案外このコートは可愛いというだけではなく、柔和な空気を渋い生地で包み込んだような趣を感じさせます。
フロントは比翼釦で正面から見るとごちゃっとせずに静かな佇まいですし、控え目な襟は立てても寝かせても
顔の周りの邪魔にもならずに首元をそっと包んでくれるようなさり気なさ。
上からぐるっとストールを巻いても気になりません。
比翼に隠された釦も、雰囲気の良い水牛の釦。案外こういったパーツの選び方がどんな印象を与えるかの
重要な役割を担っていて、それはどちらが良い悪いということでもなく、バランス感覚の様なもので、
自分の中の好みにも影響してきます。個人的にjujudhauのこういった物作りがとても好きだなと思います。


かちっとした装いに・・・というよりも、日常使いのし易さや、カジュアルな服装にも合わせられて
それでいて適度にきちんと見せてくれるという絶妙な塩梅をさくっとくみ取ってくれるjujudhauのコート。
冬真っただ中では保温力に限界がありますが、今は機能性に優れたインナーダウンなどを合わせて頂ければ
十分に真冬でも過ごせるコートだと思っています。
そろそろ冬に向けた物選びをしてみるのも良いのではないでしょうか。
デザイン・価格・素材感、どれをとってもお勧めの1枚です。

9月9日


JUJUDHAU  GATHER DRESS

color     KHADI INDIGO

price     32000+TAX

SIZE       F SOLD


週のはじまり月曜日。大型台風は昨日の夜にかけて関東を通過したようです。
今週も東京で展示会の予定が幾つかあるのですが、遠方から都内に出て来られてるブランドの方もいるので
影響は大丈夫だろうかと心配しつつ、少しずつ交通網も復旧しているようでほっとしています。
それにしても週末も、そして今朝も尋常じゃない蒸し暑さに一度は消したはずのエアコンを一日中付けっぱなし
という日々が再び訪れました。
手に取る服も風通しの良い涼しい服に舞い戻ってしまったので、夏服が着られるのも数える程しかないしね・・・
と、自分に言い聞かせては、店頭に並ぶ素敵な秋服を目で愛でるという時間を過ごしています。
BLOGではコツコツご紹介していきますので、ぜひ涼しい季節を想像しながらお楽しみいただけたらと思います。

そんな本日は、JUJUDHAUから届いた今季新しくリリースされたモデル”GATHER DRESS”をご紹介いたします。
今回も展開されていた数種類の生地の中から、自分達の中ですごくいい!と瞬間的に思えた生地があったので
同素材で色んな形を選びました。これからの季節にちょうど着たくなるような、程よい厚みと色味なので
ぜひ実際に見て触れてもらえたら良いなと思います。


今までもJUJUDHAUのワンピースは様々展開してきましたが、今回はちょっと新鮮さも感じられる
ティアード型の前開きワンピース。
胸下と腰下の位置で切り替えになっていて、細かなギャザーがふんだんに入っているので一見ドレッシーな
雰囲気にも感じられますが、デザインの甘さを可愛いという表現だけに落ち着かせないような風合いのある生地を
選ぶことで、何気なくばさっと着るだけでも大人な印象に映るワンピース。
首元はシンプルに飾らないクルーネック。肩や胸周りには余裕がありますが、全体の生地分量とのバランスを考慮して
袖は太くし過ぎず、すっきりと見えるシルエットに仕上げています。
その物だけを見ると、ボリュームがある様に感じられるかもしれませんが、実際に着てみるとたっぷりの生地感ながら
適度に重さがある分、そこまで横に大きく広がらなかったのも大事なポイントで迷わず選びました。


ギャザーとギャザーの間、両脇をごそごそっと探すとポケットが見つかりました。笑
全てネパールの地で、現地の職人の方々によって作られるJUJUDHAUの服。
機能性や効率を重視してより良いものを!というよりは、その土地で培ってきた方法で出来ることを
それがとても非効率的だとしても、それはある意味時代とは逆行した物作りとも言えるのかもしれませんが、
そこに大きな意味を持たせることもなく、当たり前に淡々と変わらずに作り続けられる服を見ていると
ある意味JUJUDHAUにしか出せない気配や時間の流れを感じます。
気張らずに手に取り易くすっと日常生活にもフィットする服が多いので柔らかな印象にも映りがちですが、
どこか芯に強さを感じさせるところも自分達がJUJUDHAUを展開し続けたいと思う理由のひとつかもしれません。


今回特別惹かれた素材はぷつぷつとネップ感のあるカディコットンをインディゴで後染めした生地。
写真ですとやや明るく感じますが、実際にはもう少し濃淡があり落ち着いた藍色をしています。
気温30℃ではさずがに暑いですが、朝夕の風がひんやり涼しくなってきたぐらいに適度に風を通してくれて
尚且つ美しい色目と表情豊かな風合いの良い生地は、着ているだけで快適で気分も上昇すること間違いないはずです。
一枚で存在感も十分なワンピースですので、足元をタイツや可愛いデザインや柄の靴下にきりっと革靴を合わせれば
仰々しくなく他所行き感も出ますし、ギャザーのディティールも活かしつつ程よく締まった着こなしが楽しめます。
もう少しカジュアルに着たい場合は、写真のコーディネートの様に裾がややテーパードしたすっきり目なパンツや、
あえてワイドな土っぽいメンズライクなボトムなどを合わせると、デザインと生地とも適度な調和が生まれ
さらりと着こなすことが出来ると思います。

color     TWILL BEIGE

price     32000+TAX

SIZE       F  SOLD


もう一色選んだのは、今シーズン気になった色のベージュ。
素材はふんわり素朴な風合いと綾織りならでは表情が、カディとはまた違う空気感を放つコットンツイル。
色目的には今まではあまり率先して選んでこなかった様にも思うのですが、年々好みは変わらないようでいて
少なからず色に関しては苦手意識がどんどん少なくなってきたように思います。
そんな中でここ数年秋冬になると、ベージュやブラウンといった色がとても着たいなと思うようになり
JUJUDHAUだけに限らず、他のブランドでも自然と目がいってしまっていたのか・・・
現時点でも既に気付けばベージュのパンツが何種類も並んでいる始末。どれも気に入って選んだ服なので
全く問題はないのですが、あまりの偏りっぷりにはちょっと自分自身にびっくりしています。
ベージュ×ベージュ、ベージュ×ホワイト、ベージュ×ブラウンといったような、トーンの異なる同系色で
まとめたスタイルが気になる方にはぜひ今季のラインナップを見にいらしてください。


夏場に活躍した薄手で柔らかなカディのスカートに秋色のワンピースを重ね、足元にはブラウンのふかふかソックスを。
夏から秋へと移り行く季節を、洋服もあまりはっきりさせずグラデーションの様に繊細に変化させていけたらと思います。
店頭にはすでにウールとコットンの混合素材なども並びはじめていますが、これから着るのであれば
程よい厚みや、適度に風通しの良いコットン素材はインナーの組み合わせ次第で冬のはじまりぐらいまでは
着られると思いますし、また春先になって出番がやってきたりと一年で見ると長く重宝する素材ではないでしょうか。
JUJUDHAUの洋服は年月か経過してもトレンドなどに関係なく作られているモノばかりで、時間を置いても着ていたいと
思わせてくれる不思議な魅力と洗練され過ぎていない異国の匂いがある洋服。
どちらも魅力的な生地なので、是非お試しください。

7月5日


JUJUDHAU   PRIMP SHIRTS

color      BLUE STRIPE  

price      19000+tax 

SIZE      F SOLD

color      BLUE×WHITE CHECK  

price      19000+tax 

SIZE      F SOLD

天気がコロコロと変わり落ち着かないせいか気分にも不思議なムラがあった今週も、もう金曜日。
今日、明日から週末にかけても、市内をはじめ県内外の様々な土地やお店で展示や催し物が行われます。
今のところは傘のマークは出ていないようですが、どうか雨に降られずに穏やかな気候であってほしいですね。
7日(日曜日)は中津川の風物詩でもある″鮎釣り″の解禁日でもありますので、川沿いのお散歩しつつお店を巡り
夏のひと時、お楽しみいただければと思います。
そんなお出掛けの日にお勧めな、jujudhauのPRIMP SHIRTS。
jujudhauの服で多いのは、ノーカラーだったりヘンリーネックだったり襟の主張があまり無いタイプなので
こうした襟付きの服は割と珍しいのではないかと思います。
個人的にどんな襟の形状でも気分によって着分けるぐらいで、そこまでこの形が好き!などの拘りはないのですが
このPRIMP SHIRTSに関しては、襟形状が少し変わっていて可愛らしいところと、襟に対して身頃や袖のなんだか
アンバランスな様子と、それが自由気ままなjujudhauの雰囲気に繋がっている所が何とも言えず良いなぁと思い
昨年の夏から継続して展開しているモデルです。
そこまではっきりとしない涼し気なブルーのストライプと、開放的なブルー×ホワイトのブロックチェックという、
鉄板の柄二色でご用意いたしました。


ゆったり余裕のあるボックス型のシルエットにドロップショルダー。
5分から7分丈ぐらいの袖は幅もあるので風通しが良く、適度に肌を覆いつつ手首が見えてる分見た目は軽やかで
案外この袖丈が一番長く着られて重宝するのではないかなと思います。
シルエットはjujudhauらしい大らかなサイズ感ですが、やはりこのPRIMP SHRTSは何よりも襟がポイント。
フロントに釦などは無く、少し詰まった首元に添えられた小さな襟。
全体の緩やかな雰囲気をきゅっと引き締めるかと思いきや、なんだかその襟も少しとぼけた感じに見えるのは
私だけでしょうか。緊張感をまったく感じさせない素朴な襟。
ただこの襟が有るのと無いのとでは、まったく表情が違うので、やっぱりこの襟がとても良いなと思うのです。


前後で着丈がちょっと違って、後ろの方がやや長い設定になっています。
両サイドにはスリットが入っていて動きにも余裕が生まれますし、着丈がそこまで長くなく身頃にゆとりがある分
ボトムとのバランスも取り易く、着る人の身長や体型も選びません。
正面から見ると少しだけ真面目風。横から見ると立体感と動きがあってアクティブな感じがします。
また後ろの印象も一味違うので、それぞれにギャップがある事で合わせる服にも広がりが出せると思うと
それだけでとても楽しく、着る前からワクワクした気持ちになります。


首の後ろ襟と襟のあいだにボーン釦が一つだけあって、ループで留めると深いスリットの隙間を首筋から背中が
ちらりと覗く少し大胆な仕様が、また絶妙なバランスで大人っぽさを演出しています。
下着が見える程ではないのですが、気になる方は見えてもOKなキャミソールやタンクトップを一枚インナーに。
前後と横、それぞれのデザインの特徴が醸し出す雰囲気を、着る人がどうイメージしてボトムを組み合わせるのか。
きっとその人によって着方が全く違ってくるのだろうなと思います。
個人的には色落ちしたデニムや白いボトムな気分になりました。
jujudhauの着心地の良さを知っている方にとっても、ちょっと新鮮な気分になるのではないでしょうか?

5月30日


JUJUDHAU   KINCHAKU DRESS

color      BLACK×NATURAL CHECK  

price      33000+tax 

SIZE      F


4月の末から大型連休がはじまり、なんだかふわふわっとした不思議な空気の中で5月はいつもより
駆け足で過ぎていったなぁという記憶です。
暑い日が続く中、先日ほんの一瞬かくっと気温が下がったせいか珍しく発熱。休日はたっぷり寝て過ごしました。
来る新しい月に向けて体も一度リセットしようとしていたのかもしれません。
今週末は由利本荘から″みつばち″さんの出張SHOPが控えてますので、すっきりと万全の状態で
6月とみつばちさんをお迎えしたいなと思います。

今朝はすこし風が冷たく感じしたが、日中ともなればやっぱりカラッと暑いですね。
店頭でも涼しい素材のアイテムやTシャツなどお選びいただく方が多く、例年に比べ動きも早いように思います。
今季のJUJUDHAUの生地の中でも、春夏は毎回リネン100%の生地とコットンリネンの生地を選ぶのですが
今回幾つか展開された中からこれだ!と思ったのは、オリジナルのストライプと黒が基調のチェック柄の生地。
ストライプ地ではPUFF SLEEVE SHIRTやTUCK DRESSをBLOGでもご紹介しましたが、チェック地がまだでした。
同様の素材で数型セレクトしましたが、大分出てしまい今回は一型だけですがご紹介いたします。


ばさっと被るだけのシンプルでおっとりとした雰囲気のワンピースはウエスト位置の紐を絞ることで
元のずどんと直線的な形に様々な動きが加わり、見た目の変化を楽しみながら着る事ができます。
ウエストを絞らずに、たっぷりとした着心地を堪能するのも良いですし、ぎゅぎゅっと強めに絞って
前後トップス部分をふんわりとさせて着るのも雰囲気が違っていいです。
着用写真はちょうど間ぐらいの加減で軽く絞って、少しだけギャザーが寄るぐらいのラフな感じで着ています。
首の開きも詰まり過ぎず、首元が綺麗に見えるネックライン。
薄手ながらハリもあって、それでいてゆるゆると縦に流れる生地の落ち感がリラックスした印象を与えます。


ひとつ前のJUJUDHAUのブログに載せた、POCKET DRESS同様に肩線から身頃へと繋がるパターンに
短い袖が付いています。着ると6分~7分袖ぐらいの設定。
案外この袖設定も便利というか、とても着易く暑い日からちょっと涼しい日でも適温で着られるのと
袖を捲ったりする必要もないですし、腕の露出を気にすることもなく着られます。
楽というだけではなく、手首が見えているだけでも視覚的に涼し気に映りますし尚且つ上品な印象にも映ります。
アクセントとしてネックレスやバングル、ブレスレットだったりをプラスすると、カジュアルな服でもきゅっと
メリハリが生まれて夏らしさが感じられたりもしますので、ぜひ気分で小物をひとつ、ふたつ取り入れて
その季節ならではの装いを楽しんでみてください。


黒が基調で縦横一本ずつの細い生成り色の線がマス目のように見えるチェック柄。
甘さの感じるチェックという訳でもなく、むしろ整然とした格子模様からは落ち着きも感じますし
靴やボトムの組み合わせ次第で、さっぱりとしたメンズライクなイメージになったり、きりりと芯のある
女性らしい雰囲気を纏ったり、着合わせによってふり幅がぐっと広がるような色・柄に感じます。
とてもJUJUDHAUらしいなと思うところは、あれ?と思うようなとぼけた位置にあるポケットでしょうか。
こちらはぜひ実際に着てお確かめ下さいね。ふふふっとなります。

PageTOP