4月2日


JUJUDHAU  FRY FRONT SHIRTS

color     DENIM

price     19000+tax

SIZE     FREE SOLD

昨日の雨で川幅が一気に広がり、水量もたぷたぷに。なので今日も遊歩道は途中までで迂回通勤。
3月が比較的あたたかく過ごせた分、この春の雨はどこかひんやりと感じてしまいます。
新年度となり、新しい生活がはじまった方も、色々あってこれからという方にも、こういう時だからこそ
誰かにとって一日や週の中で緊張がほぐれる時間や、好きなものに心が動く場所になれたらなと思います。
状況次第で臨機応変にとなりますが、今のところは毎日しっかり掃除と換気をしてお店を開けておりますので、
ふっと気が向いた時にお立ち寄りください。

ネパールを訪れることが出来たのが、なんだかもうだいぶ前の日のことの様にも感じますが
あの数日の間に触れたや匂いや人の暮らしなどの景色は、とても良い経験として記憶に残っています。
そんなネパールから届けられるのが”JUJUDHAU”の服。
春から特に夏の暑い日まで間違いなく出番が多いのがJUJUDHAUなのですが、その中でも個人的に着用率が
激しく高い一枚がFRY FRONT SHIRTSです。
シャツと言うよりはブラウスに近く、また一枚でさらっと着る以外にもカーディガンの様な重ね着もできる
その汎用性の高さが良いのですが、結局はフロントは留めて一枚でラフに着るのが一番しっくりくるシャツ。
春夏ではコットンリネンの薄くて涼しい生地のものを選ぶことが多く、今回は薄地ではあるものの透ける程ではない
柔らかいデニム生地に惹かれ、この形にこの生地はきっと相性が良さそうだなと思って選びました。


首元はしっかりと詰まっていて、インナーに何を着ても表に響かないのもうれしい。
TOP釦を留めずに中に薄手のタートルを合わせても良いですし、肌触りの良いクルーネックカットソーは
あえて釦を留めずにぱさっと羽織って着てみるのもいいなと思います。
肩は程よくドロップしていて、肩や腕を動かしたり重ね着をするのにも余裕があります。
何より着ていて窮屈さが無いのは気持ち的に楽なので、自然と着用頻度にも表れてしまうものです。
正面の釦は比翼型になっているので、身幅がゆったりしている割に印象としてはすっきりとしていて
着方によってきちんと見えたり、ラフにもなるしで、色んなボトムと着合わせが出来て万能さが際立ちます。


シャツなので袖にはカフスがあり、両サイドにはガゼットが付いています。
前後の着丈のアンバランスさも好きなのです。後ろの丈がお尻に掛かるぐらいちょっとだけ長め。
JUJUDHAUのちょっと抜けている様な、でもしっかりしている様な、掴み切れないニュアンスなのが楽しい。
着用したどちらかと言えばガーリーなデザインのスカートに、靴はカジュアルなスニーカーという組み合わせも、
また袖をぐるぐるっと捲って太いワークパンツを合わせて足元には可愛いフラットシューズというような、
アンバランスな組み合わせでも、すんなり馴染んで違和感を感じないのも、JUJUDHAUの服に漂う自由な空気感が
全てを包み込むからではないかと思います。
ふんわりとしている中にも、ちゃんと決まりや考えがあるので、柔らかくなり過ぎないのもすごく好きです。


表の表情等はまた変わって、背中には細やかなギャザーがあり、微かに甘さを感じられる部分。
身体と生地の間にもちょっと余白があるので、ふわっとした雰囲気や生地の柔らかさがより鮮明に
伝わるようにも思います。
薄いデニムのブルーは春の陽射しにも良く似合いますし、JUJUDHAUの服の良さは何より旅に向いていて
多少シワになっても気にならず、窮屈さが無く、そして着回しが利くなど良いこと尽くしなのです。
今はなかなか遠くへ出掛けるのは難しい状況ですが家にいる時でも、近所の散歩やちょっと買い出し行く時でも、
自分の心弾むような服に袖を通すだけで、多少気は晴れることもあるのではと思います。
物事の良し悪しはいつも隣り合わせ。
いずれ必ず、気ままに鼻歌でも歌いながら春をめいっぱい感じられる日がくると祈りつつ。

3月12日


JUJUDHAU  ROUND NECK COAT

color     CHINO NAVY

price     35000+TAX

SIZE      F SOLD


数日前の土砂降りの影響か、ずっと穏やかだった中津川の水量が増して久々に川の流れの勢いも強くなり
通勤路の途中は水が溢れて通り抜け出来ず、迂回して出勤しました。RPGの世界のようでちょっと面白い。
風はきりっと冷たいですが、空気が澄んでいて気持ちが良いので、少しの時間でも防寒対策をして外に出てみたり
思いっきり窓を開けて部屋の換気をすると、頭も心もすっきりして良いかもしれません。

今シーズンはjujudhauの立ち上がりと入荷が早く、少し前に色違いをご紹介した新型”ROUND NECK COAT”
そろそろ時期的にも、気候的にも色々としっくりと来るアウターかと思います。
生地はしっかりと目の詰まったチノ素材で、そこまで厚地ではないのですがハリと光沢感があるので
どことなく頼もしさも感じられるコートです。
これからの時期はシャツやカットソーの上にカーディガン感覚で軽く羽織っていただき、プラス巻物などで
調節していただくのが良いと思います。
夏は一度クローゼットでお休みしてもらって、また秋口から着用再開し上にざっくりとしたコートを羽織れば、
冬のはじまりぐらいまではミドルレイヤーとしてもお使いいただけると思います。


クルーネックでもなくボートネックとも違う不思議で絶妙な衿形状は、なんとも言えずユニークで
普通のシャツにも合いますが、タートルやスタンドカラーのシャツなど首元に重なりが見られる様な
着合わせもお勧めです◎
肩や胸回りはゆったりとしていますが、ドロップした肩から先の袖幅はややすっきり目なので中に着るものは
少しだけ選ぶかもしれません。生地に張りがあるため、着始めはより袖がタイトな感覚になると思いますが
生地が馴染めば、ある程度着易さも出てくると思います。
ここ最近はゆったり大き目サイズの流れから、コートもアームが太く着丈も長くてたっぷりとしたシルエットが
自分達も着用頻度が多く、そういう類のコートが多かったので小柄な方や、そこまでゆるゆるっと大き過ぎない
サイズ感のコートをお探しの方にも着易いのではないかなと想像しています。


バックシルエットは真ん中で縫い合わせていて、裾にはさり気なくスリットが入っています。
シンプルですがどこか引っ掛かりのある構造だったり、そこまで凝ったり作り込んだりはしないけれど
些細な部分に拘りが感じられたり。
気の抜け方と、ここは真面目に!という所のさじ加減が魅力で、一度ツボに入ってしまうと一着また一着と
気付けばワードローブに増えているjujudhauの服。
コートに関してはどういう場面で着るかによりますが、季節の変り目に気兼ねなく手に取って普段着に合わせて
着回せるものをお探しの方には、とても重宝する羽織だと思いますのでぜひ店頭でお試しくださいね。

JUJUDHAU  DUMPY LONG PANTS

color     CHINO NAVY

price     25500+TAX

SIZE      F


着心地や形は中々にお気楽でも、同素材をセットアップで合わせるとそれとなく雰囲気も良くサマになります。
以前から展開していたDUMPY PANTSのレングスを伸ばして、比較的身長や体型問わずに穿けるようになった
“DUMPY LONG PANTS”は今シーズンの一目惚れパンツ。
元々ちょっと個性的で好みは分かれるモデルでしたが、好きな方はとことん好きになって下さり生地違いで
穿かれている方もいらっしゃいます。ブラウスや少し着丈の長いシャツチュニックと組み合わせると、
装いの中に可愛らしさと格好良さがバランスよく含まれて、穿くだけで楽しくなるようなパンツです。
ただ丈の設定がやや短く、背が高い方でも生地によっては合うものもありましたが、ちょっと寸足らずな
印象だったので、ついに気兼ねなくこのずんぐりとしたパンツが穿けるとなって迷わずオーダーをしました。


ウエストは総ゴムでイージーな履き心地。一度知ってしまうと手放せなくなるので困りものですが
ストレスなく穿けるのはやはり嬉しいので、時々他のパンツで引き締めつつお楽しみいただけたら。
正面はギャザーを寄せる事で横に大きく広がらずすっきり見えて、それでいて表情豊かに映ります。
DUMPY PANTSの顔とも言える股上の深さは、レングスが伸びた分そこまで強調されなくなりましたが
ちょっと足を動かした時や、横から見た時に面白味を演出してくれます。
装いが軽くなり、ベーシックなシャツやTシャツなどさらりと一枚で着たい時に少し癖のある形だったり
迫力のあるワイドなボトムは、ただ穿くだけでコーディネートした様に見えるので一本あると重宝します。
足元にボリュームのあるサンダルとも相性が良いので、日常着として良く穿いてしまうパンツの
ローテーションの一角に鎮座するのではないかと想像をしています。
この他にも同素材(CHINO NAVY)でパンツを2型入れていますので、そちらも併せてご覧頂ければと思います。

2月16日


JUJUDHAU  ROUND NECK COAT

color     CHINO BEIGE

price     35000+TAX

SIZE      FREE SOLD


昨日までのぽかぽか陽気と打って変わって、冷たい霧雨とどんよりと重たい雲が広がる日曜日。
こんな日は自宅で暖かいコーヒーを飲みながら溜め込んでいた本を読み耽ったり、見たいと思っている映画を観たり
感性が穏やかになり、心の充実を図れる様な1日にしたいですね。
先日実際に足を運んで空気を感じてきたネパール。JUJUDHAUのお洋服は全てこの地で作製をされています。
商業的になり過ぎずに人間味が溢れる土地で作れる洋服は、自然とその雰囲気を纏っているように思います。
新作としてリリースされたROUND NECK COATは、冬から春へと移行時期によそよそしくなり過ぎずに
気軽に羽織れる1枚仕立てのコート。選んだチノベージュの色目もグレーが混じったような絶妙な色合い。
シンプルで着心地の良いカットソーをインナーに併せて、首元はストールでボリュームを出して冷たい風を防ぐと
春の気温差にも上手く対応出来て、見た目のバランスが取り易いのではないでしょうか。


素材はコットン100%のチノ素材を選びました。
中肉で打ち込みが良く適度な張りもあって、このコートの他にもパンツ類も同素材でセレクトでするくらい
良い生地だと感じました。日常着としての丈夫さと気の利いたデザイン、パーツの選び方など着れば着る程に
汎用性の高さとワードローブの隙間を埋めてくれるような力強い存在になってくれるはずです。
昨日ご紹介をしましたholkの様な作り込みの良いコートと、もう少しラフな服装をしたい時に1枚仕立ての
お気に入りの羽織を持っていると、春の気温変化に対応が出来ると思います。
これは私達の持論なのですが岩手の様な寒暖差の大きい(1日で10度以上の温度差)がある地域で春の気候を
楽しむ為には最低でも2~3枚くらいの素材とデザインの違う羽織物を持っているのが理想だと感じています。
勿論暖かなコートを着てインナーを薄手にしても問題なく過ごせるのは理解していますが、日本には四季があって
食べ物にも旬があるように服装にも同じことを当てはめてみると、より生活に彩が生まれるのではないでしょうか。
寒暖差の大きい気候条件の中でも持っていたら役に立ちそうだな・・・着る機会が必ず在るだろうなというのを
厳選してセレクトをしているつもりですので、お試しいただけたら嬉しいです。


肩のラインはドロップショルダーで、袖周りはそこまでゆったりという設定ではありません。
インナーには中肉のカットソーくらいまでがベストで、もし寒さが気になる場合は大判のストールなどを
肩から掛けるなどする方が良いです。生地はたっぷりと使っていますが、素材感も相まって広がったりナチュラルな
雰囲気がそこまで感じられない点もJUJUDHAUの作る洋服の特徴と言えます。
この辺りのニュアンスは文章で説明するのがとても難しいのですが、一度袖を通して頂ければ言葉の意味が
何となく理解して頂けると思っています。


コートは前から見る姿も良いのですが、後ろから見た時の佇まいの方が良さがより伝わると思っています。
直線的なパターンで生地がストンと落ちるので、変にデザイン性を追い求めるのではなく一切の無駄のない
潔さを感じる作り。全体的にはすっきりとさせていますが、着心地にストレスは感じさせない可動域を
しっかりと確保している点もJUJUDHAUの洋服の面白さだと感じています。
多少の汚れなどを気にせずに、クタクタになるまで着ていただきたいと思える素材感。
よそよそしくなく、日常着をメインとして雰囲気良く着れるので頼りになる1枚なのは間違いないはずです。

JUJUDHAU  DUMPY LONG PANTS

color     DENIM

price     25500+TAX

SIZE      FREE


JUJUDHAUらしいボトムスの1つが、お尻にボリュームを持たせて作製されている”DUMPY PANTS”
今シーズンから新したに裾丈の長さを伸ばしたDUMPY LONG PANTSタイプがリリースされました。
身長が高い方にはとっては”DUMPY PANTS”は中途半端な着丈になってしまい、穿き方が限定されていたのですが
裾の長さが長くなることによって、今までの着方よりも自由度がぐっと増した印象。
これから気温がどんどん高くなる季節にトップスのボリュームに対して、ボトムスを主役にしたコーディネートにも
上手くハマってくれると思います。
ライトオンスのデニムなので穿き始めから柔らかくウエストもゴムのイージー仕様なので、ストレスフリーな穿き心地。
お尻に溜まる布のバランスなどを含めて愛嬌のある表情が何とも言えず好みです。


フロントはタックを入れる事で横の広がりを最小限に留めていて、ワタリから裾まであまりテーパードは入れずに
しっかりとしたボリュームを保ちます。これからの季節はサンダルなども視野に入ってくるので裾の太さに
負けないくらいのBIRKENSTOCKなどポッテリとした靴と組み合わせたりするのもお勧め。
一度穿き始めると癖になるパンツで、休日でリラックスして過ごしたい日などに在ると便利な1本。
旅行などで長時間移動される方などは出来る限り動きやすい服装をしたいと思うので、だらしない服装になり過ぎずに
カジュアルで程好いバランスに溶け込んでくれるのが良さだと感じています。


コート・パンツ共にワードローブの中心になり得る1枚で、リラックスして袖を通せる洋服は自然と手が伸びてしまいます。
異なる国同士の感覚が適度に混ざり合い、ゆっくりとした時間の流れがもたらす大らかで自由な発想力。
JUJUDHAUらしさがとても出ているアイテムに感じますし、お手持ちの服に程よいスパイスとなってくれると思います。
まだ気温は低く春と冬が行き来している状態ですが、少しずつ春らしい素材、色を取り入れてみては如何でしょうか。

1月23日


JUJUDHAU  DOUBLE BUTTON SHIRTS

color     TWILL BEIGE

price     20000+tax

SIZE     F SOLD


大寒を過ぎても、まだ当然気温は低いものの、朝の陽射しの中にほわっとしたものを感じたり
あとは夕方16時頃になると今までは暗闇だったのが、日が少しだけ長くなったこと。
雪が少ないというのも確かに過ごし易いですが、やっぱり陽の光を感じられると嬉しいです。
そこに春夏商品の入荷もあると、より一層気持ちだけは春へ春へと進んでいくのでした。
いま店内はバランスを見ながら季節問わずな感じで服が並んでいるのでじっくり探すと面白いと思います。
その中で何かお気に入りを見つけていただけたら良いなと思うので、ぜひお運びください。

JUJUDHAUの秋冬シーズンでオーダーしたツイル地のシャツとスカート。
コットン100%なので真冬よりもきっと秋と春に着たくなるし似合う素材だなと思っていたので
せっかくならセットアップで着てみよう!とこれもまた暖かさのお陰か、BLOG用の撮影の意気込みも違います。
気分が茶やベージュ、白、生成に向かっているため、個人的にはセットアップが想像以上に好みでしたが
無理にお勧めはしません。それぞれ別々に着ても恐らくすんなりと日常着に仲間入りしてくれると思います。


正面の真ん中で生地を折りたたむようにしてひだを作り、首元を二つの釦で留める。
なんともJUJUDHAUらしい大胆さとユニークさと、絶妙な可愛さを混ざり合わせた”DOUBLE BUTTON SHIRTS”
重なる部分を釦で留めているので、釦ホールは4つ開いている。
単純な構造で一見すると普通に感じますが、中々に斬新であまり出逢うことの無いデザインは
着てみても、どことなく曖昧な感じと少しの違和感を纏う感じで、それがなんとも癖になってしまいます。

JUJUDHAUに用いられる釦は、動物の角や骨を削ったボーン釦。
すべすべの触り心地と、コロンと丸い小さなフォルムが服のアイコンとしても際立ちます。


肩はドロップしていて身幅にも余裕があります。
釦をすべて外せば首回りも広く開くのでプルオーバーの懸念されがちな着難さもそこまで感じません。
着丈は短めで、袖幅と袖丈はすっきり目。
ほんの少しですがフレアなシルエットになりますが、大きい印象では無いので小柄な方にも気兼ねなく
着ていただけるサイズかと思います。
ボトムとのバランスも取り易いので、ワイドなパンツもボリューミーなスカートもばちっと合いますし
テーパードタイプやスタンダードなデニムでゆるりとした着合わせも良いなと思います。


背中のデザインも特徴的。
内側に入ったプリーツにより肩回りが動きやすく、また後ろのシルエットに立体感が生まれます。
コンパクトなようで着ると空間があって着心地も楽だったり、全体的にたっぷり大きめに見えて
着るとすとんと生地が落ちてドレープが綺麗であったり、着る人それぞれの体型に沿って形が決まるような
JUJUDHAUの服。決まりも正解もなくて自由に着て楽しいと思える服なので、ぜひ目に留まった方には
お試しいただけたら嬉しいです。

JUJUDHAU  GATHER SKIRT

color     TWILL BEIGE

price     18500+tax

SIZE     F SOLD


セットアップで着たかったのも、このスカートとのバランスがとても良かったから。
左右にポケットの付いたシンプルなギャザースカートは、今までも何度か生地違いで展開してきた
定番の形になります。
ウエストは総ゴムですが緩くなりすぎず、腰まわりのギャザーはある程度しっかりと入りつつ膨らみは優しく。
この塩梅が意外と難しかったりするので、形の良いJUJUDHAUのギャザースカートは定期的にセレクトします。


スカート丈は約80cmなので、大体ひざ下か脛あたりぐらいの位置から足首が覗くぐらいの丈感で
穿いていただけると思います。
ツイル地の柔らかさと強さ、そして何よりこのベージュ。白から黒までどちらに振ってもまとまり易く
せっかくならワントーンでの装いも楽しんで頂きたいなと思わせてくれる色味です。
コットンですがそこまで薄地では無いので、ウールタイツやレギンスを下に穿けば今からでも着られますし
春には白シャツやパーカにカットソーといった、春と言えばなアイテムと軽やかに組み合わせるのも良いですね◎
同素材のパンツも一型ございますので、ぜひ店頭で見つけてください。

1月7日


JUJUDHAU  BOX DRESS

color     GRAY CHECK

price     27000+tax

SIZE     F


今日の最低気温-8℃の予報通り、今朝もキーンと冷え込みました。
この冬はめちゃくちゃ寒い日が連日続くということなく過ごせてきていたので、幾分楽かな?なんて思ったのが
甘かったです。一番寒いのはこれから、そう、これからなんです。
ウールのパンツやフワフワのニットなど、暖かな冬の衣が本領を発揮するのもこの時期ですね。
冬物に限らずですが、先を焦らずとも今の気分に耳を澄ませて、お買い物を楽しんでいただけたらなと思います。
そんな中、今日ご紹介するのは最初はjujudhauのウールのパンツをと思ったのですが、合わせたワンピースの丈で
殆ど隠れてしまったため、せっかくなのでワンピースを先にご覧くださいませ。
jujudhauの冬の素材と言えば、このウール50%コットン50%のふわりと優しいオリジナルの生地。
自分が一番最初に手にしたjujudhauの服もこのコットンウールの生地を使用したものだったこともあって
とても馴染み深く、変わらず好きで季節が訪れる度に手にする服です。
生地もそこまで厚すぎず適度な保温性。見た目もむくむくにならないので、時期も限定せずに着られます。
見るからに暖かそうな服も良いですが、この生地感だからこそコーディネートに広がりをもたせることが出来ますね。


白と色の異なる二色のグレーで構成された優しい色合いのチェック地。
jujudhauのラインナップには柄物は殆どなく、唯一の柄と言えばチェックなのですが、その配色であったり色目は
日本で展開されるものとはどこか雰囲気が違っていて、ネパールで作製されるオリジナルの生地ならではな空気を
纏っているのが特徴。このグレーのチェックも一見ありそうな感じなのですが、やっぱり少し独特な様に思います。
今回はこの色目ともう一色、とても気に入った色のチェックがあったので、それぞれの生地で違う形の服を
幾つかセレクトしています。
BOX DRESSは今までにも何度かBLOGでもご紹介してきました。
シーズン毎に必ずと言って良いほど選んでいるくらい、好きな形のワンピースです。
選ぶ生地によってもシルエットが違ったり、大胆かつシンプルであっさり目な形なのに、さり気なく細かい部分が
面白いデザインだったり、静かに的確にくすぐってくるのがjujudhauの魅力ですね。


首元はすっきり綺麗なクルーネック。
程好い詰まり具合で、そのままでも開き過ぎず、また中に一枚インナーを挟んでも苦しくないのが良いです。
肩線は身頃に真っすぐ繋がっているので、肩から胸の周りまでゆったりで余裕がたっぷりあります。


身幅の広さに対して、袖の形は袖先にむかうにつれて、キューンと細くなっていきます。
時々この袖口が細すぎて驚くこともあったりするのですが、今回の袖は許容範囲な細さですのでご安心ください。
袖先にはカフスとも一味違う切り替えがあって、そこから更に細くなった袖先にループで留める釦が一つ。
このバランス感と斬新なシルエットはなかなか出逢わないですし、こういうデザインにしようと思って作製された
ネパールの職人の方々の感性にほんのりと触れている様で、着ていてとても楽しい気持ちになります。


タックやギャザーも一切入らない直線的なBOX型ワンピースは、広げてみると素っ気なくて無骨な印象にも見えますが
いざ袖を通すと、着る人も体型も選ばず身体にそって生地がすとんと落ちるので、一瞬にしてその人の服になるのです。
曲線的な美しいシルエットではないのですが、わざとらしくなく大らかで飾らない懐の広い服。

着丈は119cmとワンピースの平均的なものよりも、少し長めの設定だと思います。
身長のある方でも一枚で着られるくらいに十分な長さがありますが、腕を上げると肩線で引き上げられるので
上の写真の様にぐんと着丈があがります。
実際に着て動いていると、そこまで長さがあるように感じなかったので着丈を測ってびっくりしました。笑
コットン×ウールの素材感は北東北の春先に丁度良い生地感になると思いますので、春の温かさをじっと耐えて待つ季節に
打って付けと言えるのではないでしょうか。

PageTOP